舌磨きおすすめ3つのブラシ!オエッと吐きそうにならず奥まで舌を磨く方法があるんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯磨きのついでに舌を磨いている人も多いと思います。

口臭の原因には、舌の汚れの舌苔(ぜったい)が大きく関係しています!

と言うことは、舌の汚れを取れば「口臭問題」も解決の道が見えてくるはず(^^)

しかし中には、舌を磨く度に「オエッ!」と吐きそうになったり、上手く奥まで舌が磨けずに困っている方も多いと思います。

 

でも…。

舌の汚れはどうやったらうまく取れるのでしょうか?

普段使っている歯ブラシで、舌の汚れは取れるのでしょうか?

実は、舌の汚れ(舌苔)の取り方にはちょっとしたポイントがあるんです。

方法を間違ってしまえば、逆に舌を傷つけたり口臭が強くなる可能性もあるので、ぜひ効果的な舌磨きの方法をマスターして、口臭問題を解決しましょう(^^)

舌に白や黄色っぽい汚れが付いている方や自分の口臭が気になる方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい\(^o^)/

スポンサーリンク



おすすめの舌磨きアイテム!舌ブラシ、舌ベラの特徴を知って奥の舌苔を取ろう

舌を磨く時の道具には、

  • 歯ブラシ
    (柔らかい毛先のものを選びましょう)

  • 舌ブラシ
    (柔らかい毛で舌の溝まで届き、柄が長いので舌の奥まで掃除できます)
  • 舌ヘラ
    (ヘラで汚れをかき出します。ヘラなので溝の中までは掃除しにくいかもしれません…)

の3種類があります(^^)/

もちろん、どれを使ってもいいのですが…1つ注意点があります(><)

舌の表面は柔らかい粘膜でとてもデリケートです。

そのため強く磨くと舌に傷をつけてしまう可能性があるため、正しい使い方を知ってから舌の汚れを落としていきましょう。

取れない奥の舌の汚れを綺麗にしたい!正しい舌の磨き方

舌の掃除は、上でも紹介したように

  • 柔らかい歯ブラシ
  • 舌ブラシ
  • 舌ヘラ

を使って磨きましょう(^^)/

舌の表面は柔らかい粘膜です。

そのため、1日に何度も磨くと舌を傷をつけてしまう可能性があるので、優しい力で1日に1回磨きましょう。(舌に汚れが付いていなければ、磨く必要はありません)

磨くタイミングは、朝!

実は夜寝てる間は、唾液の量が減って細菌が繁殖しやすく細菌のニオイ作りもはかどる時間帯。そのため、朝は特に口臭が強くなってしまうのです…(汗)

だからこそ舌を磨くタイミングは、朝起きてからの朝食前がオススメなんですね♪

と、ここまで読んで頂いたあなたは、「よ~し!舌の汚れを毎朝綺麗に取るぞ~!!」と、気合が入っているかもしれません。が、ちょっと待って下さい(汗)

実は舌の汚れは「取りすぎ」も良くないんです(><)

舌を掃除しすぎると、傷ついたり唾液の量が大幅に減って、口臭問題が余計に悪化することもがあるんです…。

舌磨きは優しく、「回数」と「力加減」は気をつけながらほどほどにおこないましょう♪

まとめると舌の磨き方のポイントは

  • 1日に1度「朝」磨く。
  • 力を入れず優しく磨く。
  • 水でブラシをぬらして磨いていく。
    (歯磨き粉は刺激になるのでつけなくてOK)
  • 鏡を見ながらブラシは「奥から前へ」移動しながら磨く。
    (ブラシを往復すると、奥に汚れを戻してしまう可能性があります)

の4つを守って下さいね(^^)

ちなみに、子供の口臭が気になるときは子供の口臭9つの原因と対策を参考にして下さい(^^)/

吐き気や嘔吐が起こらない舌磨きの姿勢

舌の汚れは、磨きにくい「舌の奥」に付きやすい汚れです(汗)
だからと言って、奥までブラシを入れてしまうと『オエッー!』吐きそうになりますよね…。

吐きそうにならないためには、少し「前かがみ」になった姿勢で舌をめいっぱい出してから磨くのがポイントです♪

もしくは、舌の先をガーゼでつまんで磨くと奥まで磨きやすくなりますよ(^^)/

汚れがブラシについたら、途中で水で洗いながらブラシをキレイな状態にして舌を磨きましょう。

まとめ

舌の汚れと口臭には深~い関係があります(><)

でも舌の汚れはただこすって磨くだけでは、逆に舌が傷ついてしまう可能性があります…(泣)

舌磨きのポイントは、

  • 1日に1度、朝磨く。
  • 力を入れず、優しく磨く。
  • 水でブラシをぬらして磨いていく。
  • 鏡を見ながらブラシは「奥から前へ」移動しながら磨く。

の4つを守りましょう。

正しい方法と道具で舌を磨けば、口臭予防にもなるし味覚もはっきりしてご飯がより一層美味しくなりますよ\(^o^)/

決して難しい方法ではないので、口臭が気になっている方はぜひ明日の朝から試してみて下さい(^^)

▼寝起きの口臭予防のために、夜の歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

口臭ケアしながら歯を白くする方法

口臭ケアしながら手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で口臭ケアと歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば口臭予防にもなるし、簡単に歯の白さを持続させることができますよ\(^o^)/

歯が白くなる歯磨き粉は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/

合わせて読みたい→家で歯を白くする歯磨き粉の効果。歯が白くならないと諦めてたあなたも1ヶ月試してみて!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする