外出先で歯磨きできない時に歯ブラシ以外で虫歯リスクを減らす2つの方法。

口臭対策

外出先での歯磨き方法

外出先で歯磨きしたくても出来ないとき、あなたはどうしていますか?

人と合う前や、車の中など狭い空間では、口のニオイも気になるため何とかしておきたいですよね。

 

実は歯磨き以外にも

①よく噛んで唾液を出して汚れを洗い流す

②間食の内容をコントロールする

③うがいをする

の3つの方法で、口の中を「ある程」度綺麗にすることができるんです(^^)/

 

外出先で歯磨きができない時やうっかり歯ブラシを忘れた時でも大丈夫!

いざという時に役立つ「歯磨き以外で口の中を綺麗にする方法」を、歯科衛生士がまとめたのでぜひ参考にして下さい(^^)

 

歯磨き嫌いの子供にも使える方法なので、パパやママも必見です!

 

スポンサーリンク

①食後に歯磨き出来ない時でも口の中を綺麗にする方法

キャベツの断面のイラスト

歯磨きできないときは、ぜひ「よく噛んで食べること」を意識してみましょう。

 

実はよく噛むことで

  • 唾液の自浄作用(じじょうさよう)で口の中が綺麗になる
  • 歯のかみ合わせ面がこすれて綺麗になる

 

2つの効果が期待できるんです(^^)/

 

さらに「繊維が多い葉物野菜」をよく噛むことで、口の中の汚れを「かなり」少なくすることができます♪

 

例えばケーキを切った時、包丁の刃にはクリームやスポンジがたくさんつきますよね。でもキャベツを切った時、包丁にはほとんどキャベツは付きません。

包丁を「歯」と考えると、何を食べると虫歯の原因になるのかが、よく分かりますよね。

 

繊維が多い葉物野菜や小魚をよく噛んで食べると、歯の表面をこすってくれ、さらに唾液の量も多くなるため、歯の汚れを自然に落としてくれます(^^)/

 

まさに、自然の歯磨き♪

 

外食で歯磨き出来ないときは、キャベツやレタスなど葉物野菜の多いメニューを選んでよく噛んで食べたり、歯磨きを嫌がる子供には「よく噛める食事」を作ってあげることで、虫歯のリスクを下げることができる!ということはぜひ知っていてくださいね(^^)

②子どもが歯磨きを嫌がる時は間食の摂り方を考えよう

もし子供が歯磨きを嫌がって、仕上げ磨きも出来ない状態なら、ジュースやお菓子など「柔らかいもの」を食べさせないことです。

 

そして食事をよく噛めるもの(繊維の多い野菜や小魚や海藻など)にして、歯磨きの回数が少なくても、虫歯のリスクを下げられるように工夫していきましょう。

多くの食べ物が精製され、柔らかく舌触りの良いものが好まれるようになった現代の食事。

その結果、口の中の環境も悪くなり虫歯や歯周病の人が増えてしまいました…。

 

歯周病は大人だけの病気じゃない!

 

子供達が「柔らかいもの」ばかり食べていては、いくら歯磨きしても虫歯や歯ぐきが腫れて歯周病に進むリスクが高くなってしまいます…(泣)

 

でも嫌がる子に力ずくで歯磨きをすれば、ますます歯磨き嫌いが加速します。だったら、食べ物をコントロールして、口の中に汚れを溜めさせないようにする方が賢い選択ですよね(^^)

 

どうしても嫌がって歯磨き出来ない時は裏技!1~2歳の歯磨き嫌いや怖がる時の磨き方と子供のイヤイヤ期の克服方法を参考に苦手別に対処していきましょう!

 

③歯ブラシがない時は「ぶくぶく」うがいで口の中を綺麗にする

ブクブクうがいのイラスト

歯磨き出来ない時は、食後にうがいをすることも口の中を綺麗にするイイ方法です。

うがいには

  • 汚れを取るブクブクうがい
  • 喉をきれいにするガラガラうがい

の2種類がありますよね。

 

食後に「ブクブクうがい」をすると、口の中に残っている食べカスを「ある程度」取ることができるので、歯磨き後のうがいは効果的です(^^)/

 

でも、クッキーやチョコとアイスクリームでは、うがいの方法は同じでも口の中を「きれいにする度合」が変わってきます。クッキーやチョコは歯に「べタ〜ッ」と残りますが、アイスクリームはほとんど歯に残りませんよね。

 

つまり、おやつを選ぶ時も「歯にくっつきにくいもの」を選ぶようにすれば、虫歯のリスクを減らすことができるんです!

 

そう!何を食べるかが、歯に残る汚れの「差」となり、虫歯や歯周病に大きく関わってくる!ということなんです(^^)

 

さらに可能なら、水ではなくマウスウォッシュでうがいをしてみましょう!

今は低刺激で口の中がピリピリしないマウスウォッシュの(シシュテック)もあるので、マウスウォッシュの刺激が苦手…という方も使いやすくておすすめですよ(^^)

関連記事→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

実はわたし達歯科衛生士でも、歯ブラシだけで歯の間や歯ぐきとの境目までケアすることは難しいことなんです(汗)

 

でもシシュテックでブクブクうがいをすれば、殺菌成分やオーガニック成分が口の中の隅々まで行き渡って効果的に口臭や歯周病対策が行えます(^^)

 

市販のものと違い10秒でケア出来るのも続けやすいポイントですね。

 

今すぐ確認したい方は歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』から確認してみましょう!

 

 

まとめ

歯磨き以外にも

  • よく噛んで唾液を出し、汚れを洗い流す
  • 間食の内容をコントロールする
  • うがいをする

の3つの方法で口の中を綺麗にできます(^^)/

 

もちろん上の3つは、歯磨きのように完全に歯の汚れを取ることはできません。

しかし繊維の多い野菜や自然に近い食べ物をよく噛んで食べたり、うがいをすることは口の中を綺麗にするいい方法です(^^)

 

さらにマウスウォッシュ(シシュテック)でうがいをすることで

  • 虫歯予防
  • 歯周病の予防
  • 口臭予防

の効果も期待できます(^^)/

 

使い方は、歯磨き後に洗口液を口に含んで10秒ほどクチュクチュして口をゆすぐだけなのでとても簡単です\(^o^)/朝と夜の、1日2回使ってみましょう。

ただし、マウスウォッシュは刺激の少ないものを選ばないと、口の中の刺激になってしまいます。選ぶ時は低刺激のシシュテックを選ぶようにしましょう!

 

外出先で歯磨きができない時やうっかり歯ブラシを忘れた時は、「歯磨き以外で口の中を綺麗にする方法」をぜひ実践してみて下さい!

 

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』

 

 

 

▼虫歯や歯周病予防にきく歯磨き方法は、こちらにまとめています▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 

 




口臭対策
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント