知れば納得!妊娠5〜6週に辛いつわりで吐き気が起こる原因は赤ちゃんからのメッセージだった

妊娠・赤ちゃんの歯

妊娠初期に「つわり」で赤ちゃんの存在に気が付くママも多いのではないでしょうか?

 

「つわり」って、吐き気がするし身体もしんどいため、ママもつらい時期ですよね(汗)

 

 

「つわり嫌い…」と、わたしも何度思ったことか…。

 

でも進化の過程を知ってしまうと、つわりのしんどさも半減し、ますます赤ちゃんが愛おしく感じることができるんです♪

 

それはなぜか。

その理由は、つわりの症状をゼロにするのは難しいことですが、つわりに対する意識なら変えることができるからです(^ ^)

 

でもなぜ、つわりが起きるのか…。
その謎に迫る、面白い本を読んだのでご紹介します(^^)

 

この地球上に初めて生命が誕生したのが、今から30億年前といわれている。
30億年以上かけて、今の私たち姿になっていったということ。その過程を赤ちゃんはママのお腹の中で再現しているということ。

単細胞の生命体から始まって、心臓が動き出し、受精後30日くらいから魚類になって両生類になり、手が生まれ、足が生まれ、爬虫類になり、哺乳類になり、やがてヒトになっていく。

引用元「赤ちゃん」の進化学

妊娠って、精子と卵子が出会い「受精卵」になることから始まり、ママのお腹の中で1個の受精卵が分裂を繰り返しながら、赤ちゃんの姿に成長していきます。

 

本によれば、赤ちゃんは「人類の進化」をママのお腹の中で約300日(10か月)の妊娠中に再現していると書いてありますね。

 

つまり、ママのお腹の中での赤ちゃんの1日は、160万年以上の進化と同じスピードが流れていることになるのです!

 

「改めて、赤ちゃんって…凄いです」

 

スポンサーリンク

妊娠5~6週頃につわりが始まる理由

妊娠中の「つわり」は赤ちゃんが進化していくことに、とても関係しています。

 

「つわり」が始まる妊娠初期は、進化の歴史でいえばどんな状態なのでしょうか?

実は地球は長いスパンでみれば、気候といい地形といい、つねにが変動している。四億年前やはり地球は大変動が起きていた。海が浅くなり、干上がりかけた陸地に取り残こされたのが多くの古代魚だった。

陸地でみずから干上がる危機に瀕(ひん)していたこれらの古代魚は、それまで海水の中で鰓(えら)呼吸をしていたが、今度は陸上で空気中から酸素の呼吸を余儀なくされた。重力が水中の六倍となり、過酷な環境にあたって、古代魚は「のたうち回って」空気中から鰓で呼吸を続けるうち、血圧が上がり空気呼吸に対応できる肺ができてきた。こうして鰓から肺への呼吸が移っていき、これらの古代魚は、やがて陸上の生息に適応できるようになったのである。

(中略)

ちょうど妊娠初期の三十二日目から三十八日目の間である。ちょうどこの時期から「悪阻 つわり」がおきるのである。

 

引用元「赤ちゃん」の進化学

つわりが始まる妊娠初期は地球の歴史からみれば、古代魚がのたうち回ってた時期に当たります。

 

つまり妊娠初期のお腹の中の赤ちゃんは、お腹の中で「のたうち回る苦しみ」を体験している!ということ。

 

そう!赤ちゃんの苦しみが「つわり」となって、ママの体に現れていたんです!まさにママと赤ちゃんは運命共同体だったのです(^^)

 

 

つわりは赤ちゃんからのメッセージ

つわりは早いママで妊娠5~6週頃から始まります。ママも体がしんどい時期ですね(汗)

まだ胎動も感じない時期だから、「つわり」で苦しいのは自分一人だけ…と思ってしまいます。

しかし視点を変えると、ママのお腹の中で赤ちゃんも「壮絶な身体の進化」をしているのです。

 

「ママ〜。わたしは今こんなに苦しいんだよ〜!」というメッセージが、つわりとなってママの身体に現れていたのです。

 

苦しみを乗り越えながら、赤ちゃんはママのお腹の中で進化(成長)している。

そう考えると、少し元気がでてきませんか?(^^)

まとめ

ママによってしんどさに「差」はあれ、「つわり」って本当にしんどいものです…。

 

しかし視点を変えると、赤ちゃんもママに会うために壮絶な進化にお腹の中で耐えている時期。
ママも妊娠中は体調の変化が多い時期ですが…。

 

しんどい時は無理せず【家事代行サービスのキャットハンド】でプロの手を借りて体をしっかり休めましょう!

 

赤ちゃんとママは一心同体。
10か月を無事に乗り切って、可愛い赤ちゃんに会いましょう(^^♪

 

進化論が気になる方にはおすすめの一冊です\(^o^)/

 

さらに妊娠中はどうしても食生活も不規則になるし、歯磨きやりにくくなる時期ですよね(汗)

歯磨きがやりにくい時は、無理せずつわりの時の歯の磨き方を参考にして、少しでも楽な方法で口の中をキレイにしていきましょう(^^)

 

 

▼隙間時間で10秒でできる口臭ケア方法もぜひ参考にしてみましょう♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 


コメント