トイレトレーニングはいつから?始め方とやり方は?おむつ外しの疑問をプロに聞いたまとめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

トイレトレーニングのイラスト

もうすぐ2歳の娘。そろそろトイレトレーニングを始めることに。

でも…。

「あれ?どんな風に始めていけばいいの?」

「すぐにできるものなの?」

なんて疑問がいっぱいのわたしは、とにかく得意の情報収集開始\(^o^)/

先輩ママに体験談を聞いたり、保健師さんや支援センターの先生、小児科の先生に聞いたアドバイスやナマの声をもとにトイレトレーニング方法をリサーチ!

これからトイレトレーニングを始めるママに少しでも役立つように、収集した情報を残しておこうと思います。

その道のプロや経験した先輩ママから聞く話は、ネットの情報や専門書とはまた違った気づきがありました(^^)

スポンサーリンク



おむつを取る方法!トイレトレーニングを始める前に知っておくべきこと

きれいなトイレのイラスト

1歳半〜2歳頃の時期に

①気温があたたかいこと

②子供のおしっこの間隔があくこと

③子供が素直に言うことを聞いてくれること

の3つの条件が整えば、子供の方からおしっこを教えてくれるようしつけることができるんです。

いきなり「トイレに行きたい感覚」を子供たちから教えてもらうことはできませんよね。それに子供たちは、おしっこをおむつの中ですることを「当たり前」だと思っています。

だからおむつの中におしっこをすることは「異常なこと」だと、まずは体で覚えてもらうことからトイレトレーニングは始まります(^^)

そのためには解放感を与えることが一番!

おむつを外してスッポンポンやパンツにすることで、子供たちに今までなかった感覚や風通しの良さを感じてもらいましょう(^^)

子供たちにとって、おむつの中に体温と同じ温度のおしっこをすることは、不快なことではなく膀胱の緊張感がなくなってスッキリする行為です。(大人のわたし達からすれば、分からない感覚なんですが…笑)

でも、おむつから解放された状態でおしっこすれば、生ぬるい液体が太ももから足の下に流れていく違和感を感じますよね。

この感覚、今までおむつだった子供には「不快感」でしかありません!

今までは黙っておむつの中におしっこをしていた子供たち。でも、この不快感をママやパパに教えるために「シーシー」などの言葉で訴えてくるようになるんです。

大切ことは、もし漏らしてしまっても「もう~!出る前に言ってよ!」と絶対に叱らないこと。

不快感を教えられるようになった成長をまずは喜んで、「おしっこ出たの分かって偉かったね♪」と褒めるようにしましょう(^^)

また濡れた状態が気持ち悪く、乾いている方が気持ちイイことを覚えてもらうためにも、わたし達大人がすすんでトイレに連れて行ってあげることも大切です。

繰り返し続けていけば「おしっこをする前にママに教えれば、不快な思いをしなくてイイんだ!」と、子供が体で覚えていけるようになりますから(^^)

おしっこの度に教えてくれるようになれば、トイレトレーニングは成功です\(^o^)/

トイレトレーニング開始に適した時期はいつから?

赤ちゃんのイラスト(アジア人・女)

1歳半〜2歳頃の子供たちはトイレトレーニングを始めてもいい時期です。

特に気温があたたかい5月や6月頃からだと、スッポンポンやパンツにしやすいですよね(^^)

暑くなってくるとおむつの中もムレてくるので、おむつをとってあげると赤ちゃんも解放感を得られやすくなりますよ\(^o^)/

しかもあたたかい時期の方が、わたし達ママにとっても都合がいいんです(^^)

頻繁にトイレに連れていくにしても、パンツだけのほうがスムーズですし、失敗したときの洗濯も簡単ですから(笑)

また暑い時期は汗をかくのでおしっこの回数も減ります。その結果、ママがトイレに連れて行く回数が少なくなるメリットもあるんです\(^o^)/

(ただし水分補給が多い子はおしっこの回数も多いので、なかなか時間がよめないの場合があります。そんな時は時間を決めてトイレに座らせるなど工夫が必要です)

反対に、寒い時期はスッポンポンやパンツだけにはできませんよね。かと言ってズボンやタイツをはかせてしまえば、子供も解放感も覚えにくく洗濯も大変です(汗)

やはり、トイレトレーニング開始はあたたかい時期がおすすめですね\(^o^)/

おむつを外す時期と準備物

おむつを外す時期は、

①こちらの言葉や動作を理解できるようになった。

②おしっこの間隔があくようになった。(2時間くらい)

の2つがトイレトレーニング開始の目安になります。

おむつを頻繁にチェックしておしっこの間隔がどのくらいあくのか調べておくと、目安がつきやすくなりますよ(^^)

またおむつを外す1ヶ月くらい前からトイレの中に連れて行ったり、補助便座 を買って使い方を教えたり、実際にトイレの中で座らせて事前に準備をしておくことも大切です(^^)

トイレに行ったことない子は「シー」とか「おしっこ」という言葉が分かっていないので、トイレにいく時に、今から「おしっこしようね」と言葉も一緒に関連付けて覚えられるようにしましょう\(^o^)/

トイレの絵本を読んで上げるものいい方法です(^^)

わたしは今、トイレいけるかな ノンタンおしっこしーしー を読んでいます。

トイレトレーニング開始前は、部屋の中でおしっこをされてもいいように、マットや洗濯できないものは片付けてできるだけ床は何もない状態にしておきましょう。

失敗してもすぐ片付けられるように、掃除道具を取り出しやすい場所に置いておくことも忘れないで下さいね\(^o^)/

おむつ外し(トイレトレーニング)のやり方

便座の閉じたトイレのイラスト

事前の準備と部屋の中の環境が整ったら、トイレトレーニング開始です!

①まずはあたたかい気候を選んでおむつを外したら、パンツもしくはスッポンポンで過ごさせます。

おむつをまた付けなくていいように、外出しない日が数日ある日を選んで始めるようにしましょう。

②水分補給をさせて2時間に1回はトイレに座らせる。

2時間に1回ペースやママやパパがトイレに行くタイミングで子供も一緒に連れて行って、トイレの使い方や服のおろし方を教えるのもいい方法です。

まずは昼間のおしっこから成功させて、夜やウンチの練習は少しずつ進めていきましょう。

食事の時間が一定なら、おしっこやウンチの出るタイミングも

  • 起きてすぐ
  • 朝食後

など、決まっていることも多いはずです。

大体の時間が決まっているなら、時間をみはからって「トイレに行こう」と連れて行ってあげると成功しやすくなりますよ\(^o^)/

もし子供が「シー」や「おしっこ」と教えてくれたときや、トイレでおしっこできたときは、大袈裟に褒めることが大切です\(^o^)/

褒められるのが嬉しくて、子供はまた「シー」を教えよう!という気になってくれますから(^^)

また2歳頃になれば、言葉もよく理解できるようになるので、トイレを教えてくれたり便器にも落ち着いて座ってくれ、トイレトレーニングもうまくいくことが多くなりますよ(^^)

トイレトレーニングの成功は子供の性格にも関係する?

今までおむつの中におしっこをしていた子供たち。いざ、トイレに連れて行ったり便器に座らせると、その子の性格がでてきます。

「さて、トイレに行くよ〜!」とママが言った時、素直に行く子と行かない子がいる。

また遊んでいるのに途中で中断されると、その後の機嫌が悪くなる子もいます。そうなると、なかなかトイレに行ってくれないことも…(汗)

解決策としては、子供が遊びに夢中になっていないときを見計らってトイレに誘うこと。

他にも、

  • その子用のトイレのスリッパを用意する
  • トイレに好きなキャラクター物を置く
  • トイレに行く度にシールを貼る

など、トイレに行くことに興味が出るよう工夫してあげましょう(^^)

トイレトレーニングが失敗する例

「重要」のマーク

トイレトレーニングが上手くすすまない理由は、子供が失敗した時に怒ってしまうから。怒られるのが怖くてトイレに行くことを嫌がってしまう場合があるんです。

またトイレトレーニングの途中で、お腹をこわすなど体調を壊したときも要注意!

もう一度おむつをつけることでおむつの中でおしっこする快感を思い出し、出ても言わなくなることがあるんです(汗)

パンツだけやスッポンポンにしておく解放感が、トイレトレーニングには大切です!

もし10日間ほどねばっても上手くいかないときは、一度中断して2〜3週間あけてからまたチャレンジし、それでも嫌がったらまたの機会にしましょう。

トイレを嫌がっているのに無理に行かせようとすると、ますます反抗してうまくいきませんから…。

おむつがずっと取れずに大人になった人なんていませんよね(笑)

誰だってトイレは行けるようになります!無理せず怒らず、できるようになる時期を待ちましょう\(^o^)/

おしっこよりウンチの方が成功しやすい理由

うんち・便のキャラクター

実はおしっこは失敗しても、ウンチは上手くできることも多いんです(^^)

ウンチの前は

  • 子供の様子がおかしくなる
  • 隅の方に行く
  • 動きが止まる
  • 力を入れて変な顔になる

と様子がおかしくなるのでママも分かりやすいですよね(笑)

もし子供がウンチを出しそうになったら、すばやくトイレに連れていって便器に座らせれば間に合う場合もあります。

その流れでおしっこもできるようになる子もいるので、ウンチが間に合いそうなときはぜひトイレに連れて行ってあげましょう\(^o^)/

(ただし、ウンチが柔らかくて回数が多い場合はうまくいかないこともあります)

まとめ

トイレトレーニングを始める時期は

①言葉や動作を理解できるようになった。

②おしっこの間隔が2時間くらいあくようになった。

ことを目安に始めていきます。

方法は、

①あたたかい気候を選んでおむつを外したら、パンツもしくは何も履かせず過ごす。

②2時間に1回はトイレに座らせるようにする。

ことです(^^)

大事なことは失敗しても怒らないこと!失敗したときは「気持ち悪かったね。もう少し早く教えてね」など、大きな気持ちで見守りましょう。

そして成功したらとにかく大袈裟に褒めてあげて下さい\(^o^)/

一人でトイレに行けない大人はいませんよね。だからもし「今」は上手く出来なくても、時期がくれば必ず子供たちも一人でトイレに行けるようになります(^^)

成長に飛び級は必要ありません!

早く出来たほうが親は楽かもしれませんが、なかなか出来なくてもその子の能力が低いわけではありませんよ(^^)

これからトイレトレーニングを始めるママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼トイトレの時期にきたら「0歳から使える歯磨き粉」で歯磨き方法もマスターしましょう▼

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする