あれ?他の歯より高さが低い乳歯がある!原因と治療方法を知っておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

子供の口の中に、他の歯より「高さが低い乳歯」がありませんか?

仕上げ磨きの時など、子供の口の中を見た時に…。

「あれ?高さが低い乳歯がある…」なんて気づく事があります。(上の写真の赤矢印の乳歯のように、他の永久歯の歯より高さが低い歯のことです)

低位乳歯(ていいにゅうし)とは、噛み合わせに問題なかった乳歯が、何らかの原因で他の噛み合わせ面より低くなった状態の歯のことで、特に乳歯の奥歯に多くみられます。

他の歯より背が低い乳歯。

「これ以上伸びてこないのでしょうか?」

「そのまま放っておいてもいい歯なのでしょうか?」

気になりますよね。

この記事では、奥歯に多い「高さが低い乳歯」の原因や治療方法を解説していきます。パパやママはぜひ参考にしてみて下さい(^^)

スポンサーリンク



乳歯の奥歯が他の歯より低くなる原因と治療方法

「乳歯の高さが低くなる」原因は、残念ながらはっきりした事は分かっていません。

しかし上の図の歯根膜という歯の根っこの周りの組織が、周りの骨とくっついて動けなくなった結果、乳歯の高さが低くなってしまったのではないか…と考えられています。

また、ほとんどの場合「低い乳歯」は全体の歯の噛み合わせに関係しないので、

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 歯並びや噛み合わせに問題を起こす

などのトラブルも多くなってしまいます(><)

しかも高さの低い乳歯は虫歯になっても治療しにくい問題もあるため、プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!を参考に、より丁寧な歯磨きを心がけましょう。

他にも、高さが低い乳歯があるせいで隣の歯が倒れてきたり、後から生える永久歯の隙間がなくなるなどトラブルも多くなります。

伸びてこない乳歯がある時の治療方法

高さが低い乳歯がある時の治療方法は2つです。

①かみ合わせなど他に問題がない場合は、そのまま様子を見ていきます。

②一方で、もし上に書いたように隣の歯が倒れてくるなどトラブルが起こりそうな時は、乳歯を抜いて、倒れた歯を矯正治療で起こすような治療が行われます。

ただし高さの低い乳歯は、周りの骨とくっついている場合があるので、歯を抜く時も周りの骨を削るなど、普通の抜歯より大変になる場合が多いです。

低い乳歯の下には永久歯がない場合もある

実は「低い乳歯」の下には、本来、乳歯の下にあるはずの永久歯が最初からない場合もあるんです。

関連記事→【歯の数が足りない】乳歯がなかなか抜けないし永久歯が生えるのが遅い原因と3つの治療方法。

でも、口の中を見ただけでは永久歯があるかどうかは分かりませんよね。

そのため、高さが低い歯やなかなか抜けない乳歯がある時は、早めに歯医者でレントゲンを撮って確認してもらうことをおすすめします!

まとめ

明らかに「他の歯より高さが低い乳歯」があるときは、周りの骨とくっついている場合があります。

そのまま放っておけば、隣の歯が倒れてきたり、永久歯が生える隙間がなくなる可能性があるので、気になる時は早めに歯医者にいきましょう。

そのまま経過を観察するか歯を抜くかは状況次第なので、気になる歯がある時は口コミ歯科・歯医者で、気軽に相談することをおすすめします!

▼子ども達の歯を虫歯にしない方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼育児の間で簡単に「歯を白くする方法」も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする