500円で「段ボール滑り台」を手作り!少ない材料でも作り方の手順は簡単!

家の中での遊び
スポンサーリンク




部屋の中を早歩きする娘。

部屋の中だけでは体力があり余るのか、時間を見つけて近所の公園に連れて行き遊ばせています。
でも最近は、雨だったり寒かったり…と結局、部屋の中で遊ぶことも多い今日この頃…。

 

そんな娘のために家の中でも遊べるようにと、わたしは「ダンボールキッチン」を手作りし、夫は「ダンボール滑り台」を作ってくれたので、作り方の行程や材料などをまとめておきます!

ダンボールキッチンの作り方と行程

 

 

ダンボールキッチンの作り方は↓の記事を参考になさって下さいね!

300円で完成!手作りダンボールキッチンは100均の材料でできるし作り方も簡単です!
男の子でも女の子でも、ままごと遊びは大好きですよね! ママがいつもキッチンで料理をする姿は、子供達にとって憧れ。そのため、ままごと遊びが好きな子が多いそうなんです。 全部保育士さんに聞いた話です(笑) ...

 

 

スポンサーリンク

手作り工作!段ボール滑り台の材料は家にあるものでできる!

夫が急に「滑り台ってダンボールで作れるんじゃない?」と言い出したことから、急遽ダンボールで滑り台を作ってみることに。

 

それに、ダンボール滑り台なら

  • 壊してもいい
  • いらなくなった時すぐ処分できる
  • 部屋のサイズに合わせて作れる
  • 落書きやシールを貼って遊べる
  • 分解できる
  • コストがかからない

 

とメリットはたくさんですよね!

 

夫の中ではもう設計図は完成している様子。どんな滑り台ができるか、わたしも娘もワクワクです!

 

しかし、滑り台に強度を出すためには、ダンボールが大量に必要なことが判明しました。まずは大量の段ボールの確保からスタートです!

 

結局、使った材料は

  • ダンボール約6枚
  • ガムテープ
  • 木工用ボンド
  • 割りばし
  • カッター
  • ハンマー
  • 飾り用シート

と、これだけです。

こう見ると、とても少ない材料でできますよね!

 

割りばしの先を鉛筆のように削って「釘」の代わりにし、ハンマーで打ち付ければ、簡単にダンボール同士をくっつけることができますから、用意しておくととても便利ですよ。

 

ボンドとガムテープは意外と消費しますから、多めが安心です♪

基本は家にあるものばかりなので、約500円で出来ました!

 

段ボール滑り台の作り方!階段部分の作成方法

まずは材料の調達。

近くのホームセンターに買い物ついでにダンボールをもらいに行くと、ラッキーなことに同じ大きさのダンボールを6枚頂けました。

 

同じサイズのダンボールの方が後々便利です。

トイレットペーパーやテッシュペーパーのダンボールの箱は、綺麗で大きいので狙い目ですよ!

 

今回は、階段部分と滑る部分をセパレートして作りました。

 

その方が、組み合わせ方次第で形を変えることができて、どこでも置け、結果コンパクトにまとめことができるからです。

 

セパレートしてても、クッション材の上に置いているのでズレることもなく、問題なく遊べています♪

 

まずは階段部分を作りましょう!

 

 

さっそく階段部分の制作をスタート!

箱形のダンボールをL字型に切り、一気に1つのダンボールで2段分の階段を作ります!

 

写真のように、「L字型」にダンボールを切り目を入れて(完全には切り離さないように注意しましょう)切り目を折って一気に階段にします。


箱の中には、同じ高さに切って丸めたダンボールを入れて強度を出しています。


階段の2段目は、同じ高さに切ったダンボールの板を4枚重ね、ボンドとガムテープで止め「太い板」を2枚作って、「縦」にダンボールの中に入れ強度を出しています。

 

ダンボール滑り台の「滑る部分」部分の作成

次は「滑り台」の部分を作成しましょう!

 

同じ大きさに切った「直角三角形のダンボール」を3枚用意します。

裁断した3枚をダンボールを、ボンドとガムテープで張り合わせて、下の図のような太いダンボール板を作ります。

ダンボール滑り台の作り方

同じものを4組作りましょう!

できた4組のダンボールを、箱形に組み立てたダンボールの中に入れることで、強度を出していきます!

箱型のダンボールは、下の図のように切って、出来た4枚の板をダンボールをの中に入れていきましょう!

ここで、割り箸の釘を作ります。

割りばしを半分にして、鉛筆を削るようにカッターで先を削り「釘」にします。

 

手間ですが、削った方がダンボールに打ち込みやすいですよ!

滑る部分の板の作り方

次に滑る部分の板を作ります。

 

先ほどと同じように、同じ大きさのダンボールを4枚切って重ねてボンドで貼りつけ、丈夫な長方形の板(滑る部分)を作ります!

 

ボンドが乾いたら、土台部分と合体していきましょう!

 

滑り台の土台部分の仕上げ

滑り台の土台部分の仕上げに入ります。

 

下の写真の赤線部分に、さっき作った4組の三角形のダンボールの板を入れて強度を出しています。ガムテープで仮止めして、割りばし釘で最終固定します。

(赤線部分に下の図のダンボール板4枚が入っています!)

 

三角形の4枚の板を土台のダンボールの中に入れたら、下の図の黒い斜線部分を閉じます。

閉じた部分に「滑る部分の板」をセットし、割り箸釘をハンマーで打ち付けて固定していきます。

 

下の写真の赤丸部分は、割りばしの釘を打ち付けた所です。


しっかり打ち付けると、滑った時も引っかかることなく滑らかです。ハンマーで叩けば、女性でも軽い力で簡単に割りばし釘が打てますよ!

 

待ちきれない娘は、もう滑ろうとしています(笑)

余ったダンボールを丸めて「手すり」を作り、割りばし釘で打ち付けましょう。

 

ママ
ママ

待ちきれず、もう滑ってる(笑)

完成したら、好きな飾り用シートを貼って下さい。飾り用シートを貼った方が、ダンボールだけの時より100倍可愛くなりますよ!

 

制作時間は、昼の休憩と娘と遊びながらの時間も含んで約4時間でした!

高さ60cm位のサイズなら、作るのはそんなに難しくありません!

 

ママ
ママ

もっと大きなものになると、強度や材料もたくさん必要になるので大変そうね(汗)

 

何より娘が大はしゃぎなので、本当に作ってよかったです!

 

「材料集めが大変そう…」というママには簡単に組み立てられるダンボール すべり台も売っていますよ。

ダンボール滑り台を作って1年経過

ダンボール滑り台を作って1年。

 

飾り用シートを剥がされたり、噛まれたりしたため、ガムテープで補修や修繕を繰り返し、今はこのような状態に…。

 

1年間ほぼ毎日遊んでいますが、土台は全く壊れていません!

現在体重11Kg。

 

強度をしっかり出して作ることで、本当に長く遊べますよ♪

 

【補足】滑り台と運動機能

赤ちゃんの脳を育む本によると、滑り台を「滑り降りる」動きは頭の位置をうまくスピードに合わせて固定して、外からの力に対応することを覚えるそうです。

 

実際に娘も、最初は頭がふらついていたり座ったまま滑れず倒れた状態で滑っていましたが、何度も遊ぶうちに座ったままバランスをとれるようになりました。

 

運動機能を高める点でも、滑り台はオススメですね!

 

最近では、逆から登って遊んでいますよ(笑)

 

ぜひあなたも子供達のために滑り台を作ってあげて下さい!

 

やる気があれば半日でできますから♪

 

ダンボール工作のメリットは、いらなくなったらすぐに捨てられること。子供がいると、知らない間にオモチャが増えてしまいますよね…。

もし壊れてないオモチャが捨てにくい時は、【買取専門店トレジャー】で要らないものを買い取ってもらえますよ。

 

買い取りサービスを上手く利用しながら、子供の成長に合わせておもちゃの量も調整していきましょう!

 

▼歯科衛生士が我が子に使っている歯磨き粉を紹介します▼

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。
赤ちゃんがつかう歯磨き粉は、絶対に適当に選ばないで下さい! わたしが歯医者で働いているとき、ママ達からの質問で多かったのが ①赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方が分からない。 ②うがいができないのに歯磨き粉を使っていいの? ...

 

▼育児の合間にできるパパやママの歯周病ケアの方法もぜひ参考になさって下さいね▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
毎日歯磨きしているのに、 歯ぐきがブヨブヨする 口臭が気になってきた 歯磨きすると歯ぐきから血が出る 歯磨きしていても虫歯が繰り返しできる と、気になっていませんか? これら虫歯や歯周...

 

▼育児の合間にできる「歯の美白ケア方法」はこちらが参考になります▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
「歯磨きしてるのに歯の黄ばみが気になる…」 「歯がもっと白くなったらいいな…」 と、女性なら誰でも思いますよね。 独身の頃なら、自分の歯のケアにも時間がかけられたかもしれません。 でも子供が生まれると...

 

 

 

コメント