口臭の悩みは舌の黄色や白い汚れを磨けば解決!ニオイが気になる時に使えるおすすめスプレー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

自分の「口臭」って気になりますよね…。

あなたも自分の息が家族にかからないよう距離をとったり、口に手を当てて話していませんか?

保育園のお迎えや買い物中は、マスクが手放せなくなっていませんか?

子供に「ママの口クサイ!」なんて言われたら、もう立ち直れませんよね…(汗)

口臭があるだけで、本当にストレスが溜まります!

歯医者で働いていると、口臭を気にされている患者さんと接する機会も多くあったんです。

口臭はデリケートな問題。そのため、人にも相談できず一人で悩んでいる方も多いんです。

そこで歯科衛生士からの提案です!

口臭が気になっているときは、まずは「舌」を磨いてみませんか?

実は、口臭の原因で多いのが舌の汚れ。

舌は面積が広く細菌が繁殖しやすい場所。そのため、舌の汚れが口臭の原因になっていることも多いんです(汗)

口臭に悩んでいるあなたは、普段から「舌のお手入れ」をやっていますか?

「もちろん毎日舌は磨いています!でも口臭がなくならない…」

という方は、舌磨きの方法がそもそも間違っている可能性が高いです!

舌はとてもデリケート。正しく磨くにはポイントがあるんです(^^)

大丈夫!

正しい方法でケアすれば、あなたの口の中の環境は必ず良くなりますから!

早速見ていきましょう\(^o^)/

スポンサーリンク



口臭の原因になる舌の黄色や白い汚れ。朝起きたら口臭を感じやすい理由

口臭の原因は細菌です。

中でも舌は面積が広いしタンパク質も豊富なので、細菌達の絶好の繁殖スポット。

舌の上で細菌は、硫黄の分子を持つアミノ酸を使って「ニオイの原因」となるガスをせっせと作っています。そう!このガスこそが口臭の原因です…(汗)

でも逆に考えれば、細菌の量を減らせば「口臭改善の道」が開ける!ということ(^^)

口臭の原因の多くは、舌に溜まった汚れの舌苔(ぜったい)から発生するので、正しい舌のお手入れが、口臭予防には必要不可欠なんですよ(^^)/

舌の汚れ(舌苔 ぜったい)とは

舌の表面をよく見てみて下さい。

あなたの舌にも、白や黄色っぽい汚れが付いていませんか?

その舌の汚れが口臭の原因になっている舌苔(ぜったい)です。

特に「舌の奥」は窪みがあって、舌苔が溜まりやすい場所。

でも舌の奥は、歯ブラシで磨こうとしても『オエッ~!』となりやすく、磨きにくい場所ですよね。そのため、ますます汚れが溜まりやすくなってしまうんです…(泣)

「じゃあ、うがいをしてとればイイんじゃないの?」

と思ってしまいますが、舌苔は細菌や口の中の剥がれた粘膜や食べカスからできて「ネバネバ」しているため、うがいだけでは取れないんです(泣)

舌の汚れを綺麗に掃除するためには、ちょっとしたテクニックが必要なのです。

口臭予防には朝食前の舌磨きが鉄則

舌はただ磨けばいい!というものではありません。

磨き方のポイントは

①1日に1度「朝」磨く。

②磨くときに力を入れない。

③水でブラシを濡らして磨く
(歯磨き粉は刺激になるので、つけなくてOK)

④鏡を見ながらブラシは「奥から前へ」移動しながら磨く。
(ブラシを往復すると、奥に汚れを戻してしまいます)

の4つです(^^)

特に夜寝てる間は、唾液の量も減って細菌が繁殖しやすく、ニオイづくりもはかどる時間帯そのため、朝は特に口臭が強くなってしまうのです…(汗)

つまり舌を磨くタイミングは、「朝食前」がオススメ♪ということ\(^o^)/

ただし、舌の汚れは「取りすぎ」もよくありません(><)

舌を掃除しすぎると、傷ついたり唾液の量が大幅に減って、口臭が余計に悪化することもありますから…(汗)

舌磨きは優しく、気になった時にほどほどにお願いします♪

オエッ!となりにくい舌磨きの姿勢

舌苔は見えにくい「舌の奥」に付きやすい汚れです。
だからと言って奥までブラシを入れてしまうと、『オエッー!』となって舌磨きの度に涙目になってしまいますよね…(汗)

舌磨きのポイントは、少し「前かがみ」になった姿勢で、舌をめいっぱい出してから磨くこと(^^)

もしくは、舌の先をガーゼでつまむと奥まで磨きやすくなりますよ(^^)/

汚れがブラシについたら、途中で水で洗いながらキレイな状態にして舌を磨きましょう。

舌を磨く時の道具には、

  • 歯ブラシ
    (柔らかい毛先のものを選びましょう)

  • 舌ブラシ
    (柔らかい毛で舌の溝まで届き、柄が長いので舌の奥まで掃除できます)
  • 舌ヘラ
    (ヘラで汚れをかき出します。ヘラなので溝の中までは掃除しにくいかもしれません…)

の3種類がありますが、初めは「歯ブラシ」や「舌ブラシ」で磨くことをおすすめします(^^)/

口臭ケアスプレーを使って口臭ケアをする

歯磨きや舌磨きで口臭ケアをしていても、口のニオイが気になる場面も多いと思います。

気になる口のニオイには、口臭ケアグッズを使ってみましょう!口臭予防のアイテムも最近は充実しているので、試す価値は十分ありますよ(^^)/

口臭ケアで大切なことは、まず手軽さ!

手軽にケアできないと、周りの人に気づかれてしまいますし、何より育児や仕事の忙しい合間に続けることはかなり困難になってしまいます(汗)

友人や家族と話す時もニオイが気になって会話に集中出来なかったり、つい口元を手で隠していませんか?

そんなことをしていては、自分に自信がなくなってしまいます!

行動や仕草があなたの内面を決めます!

顔を上げられず下ばかり向いていては、その気はなくても知らないうちに何事にも否定的になってしまいます(汗)

口臭のせいで、自分に自信がなくなって「どうせ…自分なんて…」と卑屈になる毎日では、あなたの人生や時間がもったいないです!

だって口臭は正しくケアすれば、今よりニオイをおさえることが出来るんですから!

毎日の口の中のケアはもちろん、「いますぐ口のニオイをなんとかしたい!」という時は、即効性がある口臭予防アイテムを上手く使っていきましょう(^^)

口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロなら、外出先や人と会う前、歯磨きやうがいが出来ない時でも、手軽に「シュッ」とスプレーして口臭ケアができるので、手軽に続けやすいアイテムです。

少し値段が高いので、毎日は使わなくてもいいです!

でも「いざ!」という時のために1つは備えておくと、気持ちに余裕が生まれると思いませんか?(^^)

口臭を気にしなくていいだけで、顔を上げて話せるようになるし、車など狭い空間でもニオイを気にする必要もなくなります。

(もちろん、焼き肉やニンニク料理を食べた後にも手軽に使えます)

口臭に悩んで会話が楽しめなかったり、いつもストレスに感じているのなら、一本持っておく価値は十分あります!

隙間時間に「手軽に口臭ケアができる!」と思うだけで、気持ちも軽くなりませんか?(^^)

いざという時の為のお守りとして、バックやポケットに口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロを1つ入れておきましょう(^^)

まとめ

口臭は人にも相談しにくい問題ですが、決して一人で悩まないで下さい。

どうしても自分の口臭が気になるときは、例えば、心を許せる人に「昨日ニンニク食べたんだけど、におわないかな?」と聞いてみるのも口臭を確かめるいい方法になりますよ(^^)

口臭の原因は細菌です。

特に舌は細菌が繁殖しやすいスポット。舌に汚れを溜めないことが口臭予防の第一歩(^^)/

舌の汚れが気になった時は、

  • 1日に1度朝行う。
  • 力を入れて磨かない。
  • 水でブラシを濡らして磨いていく。
    (歯磨き粉は刺激になるので、つけなくてOK)
  • 鏡を見ながらブラシは「奥から前へ」移動しながら磨く。
    (ブラシを往復すると、奥に汚れを戻してしまいます)

を守って優しく舌を磨きながら口臭ケアをしましょう(^^)/

そしていざという時の為のお守りとして、バックやポケットに口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロを1つ入れておけば、気持ちにゆとりが生まれて、手で口元を隠さなくても会話をもっと楽しめるようになりますよ(^^)

あなたが「口臭をなんとかしたい!」と思っているのなら、もう悩む時間はもったいないはずです!

「今」行動すればそれだけ早く、ストレスがかからない時間が手に入るんですから(^^)

あなたもぜひ!

▼口臭ケアグッズの口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロは、こちらから成分や使い方が確認できます▼

▼口臭が圧倒的に少なくなる歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→虫歯と歯周病の予防法を極める!おすすめ歯ブラシと歯磨き粉の選び方をプロが解説。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする