子供用の椅子のおすすめは2つ!食事中に足が付かないベビーチェアで歯並びが悪くなる理由とは。

歯の生え変わり
スポンサーリンク




矯正治療なしで、子ども達の歯並びを綺麗にしたいと思いませんか?

実は子供達を綺麗な歯並びにしたいなら、「歯」だけを見ていてはダメなんです(><)

 

歯が並ぶ土台の「あごの骨」の成長も、キレイな歯並びには欠かせない要因です!

 

実は歯並びの良し悪しは、

  • あごの骨の大きさや歯の形などの「遺伝的な問題」
  • 癖や姿勢などの「環境の問題」

の2つの要因で決まります。

 

関連記事→受け口の原因には2つある!タイプ別の治療のベストの時期は?

 

と言われても、なんだか分かりにくいですよね(汗)

 

でも、この事実を知るか知らないかで将来の子供の「歯並び」や「顔つき」にまで大きな影響を与えてしまうことは間違いありません!

 

特に食事中に猫背になっている子は、椅子の選び方に問題があります!

 

子供達を綺麗な歯並びにしたい方はもちろん、子供用に椅子を探しているパパやママは、ぜひじっくりこの記事を読んでみて下さい(^^)

 

足が床につかないような椅子を使っていると、子供達の「顔の成長」や「歯並び」にも悪影響がでる理由が分かっていただけると思います!

スポンサーリンク

子供を綺麗な歯並びにしたいなら、猫背と癖を直して正しくあごの骨を成長させよう

「あごの骨」とは、歯が並んでいる骨のこと。

 

歯が並ぶアーチ状の骨は歯列弓(しれつきゅう)と呼ばれていて、理想的な形は左の図のようにU字型で緩やかなカーブをしています(^^)/

 


もし、あごの骨がU字型でなく「まっすぐな形」だったら、そのまま「まっすぐ」伸びて成長するだけでいいのですが…。
なにせ、あごの骨はU字型で曲がっています…(汗)

 

曲がっているあごの骨が成長するには、「縦」や「横」や「斜め」など、あらゆる方向にバランスをとりながら形を保たないと「綺麗な形」に成長できませんよね。

 

そのため、あごが成長する過程で一箇所だけに強い力が「グッ」とかかってしまえば、綺麗なU字型のあごの形は崩れ、バランスがおかしいまま成長してしまうのです。

 

「あごの骨のバランスが崩れる」ということは、「歯が並ぶ土台も崩れている」ということ。

 

例えば、子供達にこんな癖はありませんか?

  • 頑固な指しゃぶり

(対処方法→赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで大丈夫?3歳〜4歳までは歯並びに影響が出にくい驚きの理由。

  • 本を読む時やテレビを観る時に、毎回同じ方向に顔を傾ける
  • 頬杖をつく
  • いつも同じ方向を下にして寝る
  • 片方ばかりで噛む
  • 口呼吸

(対処方法→【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!

  • 鉛筆や爪を噛む
  • 唇を舐めたり噛む
  • 噛みしめ

(対処方法→1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法とは

  • 足がしっかりつかない椅子で食事をしている

 

など、普段無意識にやっている癖や姿勢が原因で

  • あごの骨をゆがめる
  • 歯列弓の形がV字型(右の図)になる
  • 歯並びが悪くなる
  • 立った時の姿勢が傾く
  • あごがズレてしまう
  • 顎関節症のリスクが上がる

 

など骨の形が崩れ、歯並びも悪くなって子供達の可愛い顔のバランスが崩れてしまうのです。

しかもそのまま何の対策もしなければ、成長するにつれ症状はますます悪化します!

 

わたし達ママやパパが出来ることは、まず上に書いたような子供の癖を直すこと、そして子供の姿勢を直すことです。

 

特に食事中に猫背になっている子は、椅子の選び方に問題がありますから。

食事中に足がつかないベビーチェアや椅子を使うと猫背になりやすく歯並びや顔つきが悪くなる原因になる

ちょっとした「癖」でも、毎日積み重ねれば大きな時間と力になります。

 

歯並びの問題を解決するには、噛む力を骨に正しく伝えてあごを成長させるだけでなく、日頃の姿勢や座り方を正すことも大切です。

 

例えばゲームに熱中して、子供達がおばあちゃんのように猫背になっていたら要注意!そのままではバランスのとれた骨の成長は期待できませんよね。

 

猫背の子供達をよく観察してみて下さい。あごを突き出す様な姿勢になっていたり、口元はだらしなく開いていませんか?

 

実は猫背になると、上あごが前に傾いて頭を後ろに反らせるような姿勢になるんです。

 

すると頭のバランスを保とうと下あごが後ろに後退し、本来前に発達すべき顔を下方へ成長させ、あごの発達や顔つきに悪影響を与えてしまうのです。

 

他にも、猫背になる原因はたくさんあります!

子供達の普段の食事中の姿を思い出してみて下さい。

 

「食事の時、足が床に付いていますか?」

 

足が床に付いていないと体のバランスがとれずに猫背になって、しっかり噛めなくなるばかりか、歯並びの悪化につながります(;_;)

 

もし椅子に座っても子供の足が「宙ぶらりん状態」の時は、段ボールや雑誌を重ねて足がつくように工夫し、姿勢を安定させましょう。

 

もし床に座って食べるなら、正座やパパやママの膝の上で食べさせましょう。足を投げ出して食べると、体が傾く原因になってしまいますから(汗)

 

関連記事→初めての離乳食は、向き合って赤ちゃんに食べさせてはダメな理由。

わたし達大人も、スマホやパソコン作業中や何かに夢中になっていると、無意識に姿勢が悪くなってしまうことも多いですよね…(汗)

 

でもその無意識を続けていると「顔つき」や「歯並び」にまで影響がでる!ということは絶対に忘れないで下さい!

歯並びは、ちょっとした普段の「癖」や「姿勢」の影響を簡単に受けてしまいます。

だからこそ、「普段の姿勢」を気を付けておくことが、綺麗な顔つきや歯並びになる近道なんですよ(^^♪

 

使って実感!足がしっかりつく子供の用のおすすめの椅子

あなたがもし、どの椅子にしようか迷っているなら、子供がまだ小さいうちならキコリの小イスキコリのテーブルがおすすめです(^^)

 

 

可愛い子供用椅子はキコリの小イスとテーブルがオススメ!組み立て方と使用感は?でも紹介しましたが、今うちの2歳の娘も使っていて、なかなか使用感もよく足もしっかり付くので、子供用の椅子としてはかなり使いやすくておすすめですよ(^^)

 

足がしっかり床につくので、座った時の姿勢も自然に背筋がまっすぐ伸びています!

支援センターなどでもキコリの小イスを置いているところがあるので、気になる方は使用感や高さを実際に確かめてから購入してみましょう。

我が家は赤色を購入しましたが、他にもブラウンや白や木目調など色の種類も豊富なので、部屋の雰囲気をこわすことなく使えていますよ(^^)

 

食事をするだけでなく、お絵かきやままごとなどオールマイティーに使える頑丈な机と椅子なので、まだまだ長く使えそうです(^^)

 

実は以前はベビーチェアを使っていたのですが、足が付かなかったため、気づけばどんどん娘が前に滑り落ちてしまい、結局、膝の上に座らせて食事を食べさせていたんです。

 

足置きを使っても蹴飛ばされて、なかなかうまくいきませんでした。

我が家の様な失敗をしないためにも、最初から足がしっかりつく椅子を使って猫背を予防していきましょう!

 

小学生頃の椅子は姿勢矯正の座椅子を使って姿勢を直そう

小学生頃の子供達に使ってほしい椅子は、座るだけで自然にいい姿勢になる背筋を伸ばす座椅子です!

 

気づけば食事以外にも、勉強中や読書やゲーム中に姿勢が悪くなっている子も多いですよね。

だからと言って一回ずつ「姿勢悪いよ!」と注意するとなれば、今度はママが大変です…(汗)

 

そんな時は、座るだけで自然にいい姿勢になる背筋を伸ばす座椅子を使ってみましょう!

普段使っている椅子の上でも使えるから、わざわざ他の椅子を買う必要もなく食事中も自然で綺麗な姿勢を保つことができますよ(^^)

ボリュームがある背もたれなので、180度倒してストレッチすることも可能です。勉強の合間の息抜きとしてはもちろん、わたし達大人も、体を伸ばすときに使えますよ(^^)

更にこんな使い方も!横隔膜を支えてくれるので、猫背になりがちなゲーム中でも姿勢を保ってくれるんです♪

子供の姿勢を1回ずつ注意することは、忙しいママやパパにとっても大変なことです。

でも、悪い姿勢のままでは、子供の歯並びが悪くなるリスクは避けられません!

 

だったら、背筋を伸ばす座椅子で「正しい姿勢」に矯正していく方法が、家でできる一番いい予防になると思いませんか?

 

普段使っている椅子の上に置いても使えるので、新しく椅子を買う必要もなく経済的ですよ(^^)

 

 

足がぶらぶらしなくなったら食事をよく噛んで食べさせよう!片噛みをしていると顔が曲がる原因になる理由

骨はわたし達が使いやすいように変化していきます。

例えば、スポーツをしていても「利き腕」の方が太くなってきませんか?

 

それは顔も同じ。

「片噛み」など偏ったあごの使い方をしていれば、使い方に合わせて骨も変形してしまいます(汗)

鏡で顔をよーく見てみて下さい。口角が左右どちらかに上がっていませんか?

口角が上がっている方が、あなたが普段「よく噛んでいる側」です!

 

口はよく使っている方向に上がっていきます。

つまり右ばかりで噛んでいる人は口角も右に上がる!ということ。そのまま片噛みを続けていれば、顔はどんどんよく噛んでいる方向に引っ張られて曲がってしまうのです。

 

でも片噛みになる原因は、子供達が悪いのでしょうか?

 

実は子供達が「片噛み」になる根本的な原因は、普段の食事が「柔らかい」からです!

1口5回で飲み込める、ハンバーグやグラタンやパスタばかりでは「片噛み」になるのは当然ですよね。

でも、タコのぶつ切りのように100回ほど噛まなくては飲み込めない料理を食卓に出していたらどうでしょうか?

 

片噛みで噛んでいるとあごが疲れるので、口の中で食材を右に動かしたり左に動かしたりと、自然に両側の歯を使って噛むようになりますよね(^^)

 

だからこそ

  • 子供の顔を曲げないため
  • 片噛み予防のため

にも普段から食事を「食べにくく」作って、噛む回数を増やすことが大切なんですね(^^)噛む回数が増えれば、バランスよく筋肉と骨が成長していけますから♪

 

「え?大変そう?」

大丈夫\(^o^)/

あなたが普段している料理方法より、絶対に簡単な方法でできます!

 

詳しくは【重要】子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!を参考にしてみて下さいね(^ ^)

 

主食を玄米にすると簡単に噛む回数が増える理由

もっと簡単に噛む回数を増やしたいなら、ぜひ主食に「玄米」を取り入れてみましょう!

  • 主食を玄米にする
  • 白米に玄米を混ぜて炊く

たったこれだけで、簡単に子供達の噛む回数を増やすことができるんです\(^o^)/

 

しかも、玄米のメリットはそれだけではありません!

実は穀物には、エネルギーだけでなく食物繊維やビタミンBなどたくさんの栄養が含まれています。

 

ビタミンBは、炭水化物や脂質やたんぱく質が働く時に必要な栄養素。また、皮膚や粘膜の発達にも大きく関わっている栄養素です。

 

しかし、玄米を白米に精白すると、なななんと!ビタミンや食物繊維やカルシウムは、半分近く減ってしまうのです…。

これ、すっご〜く勿体無いですよね(泣)

 

 

つまり主食を玄米に変えるだけで、子供達の噛む回数が勝手に増えて、栄養バランスも格段に良くなる食事に大変身できるんです!

 

貴重な栄養素を捨てないで下さい(汗)

 

とは言っても、玄米は人によっては好き嫌いが分かれる食品。もしいきなり何キロも玄米を買ってしまえば、余ってしまう可能性だってありますよね…。

 

もし玄米を食べたことがない方は、最初は少量から試してみましょう\(^o^)/

 

ファンケルの発芽米なら量も少ないし低価格なので、玄米を初めて食べる方も味や食感を試しやすくてオススメです(^^)

 

もちろん家まで届けてくれるので、妊娠中や小さな子供がいるママでも始めやすいですよ(^^)

玄米臭さも気にならず甘みもあるので、子供達も抵抗なく食べてくれるはずです。(うちの娘もバクバク食べています 笑)

もし初めから玄米100%は無理な時は、まずは白米に混ぜて食べてみることから始めてみませんか?

 

玄米を白米に混ぜれば食べやすいですし、「よく噛んで食べなさい!」と怒らなくても子供達の噛む回数が自然に増えますから!

 

ファンケルの発芽米は低価格で少量から始められるので、試さないのはもったいないですよ(^^)

【ファンケル】「玄米」以上の栄養価とおいしさを兼ね備えた理想的なお米♪

 

万が一玄米が難しい方は、熊本発!!国産33雑穀米を試してみましょう。玄米より食べやすいですから(^^)

まとめ

子供達を綺麗な歯並びにしたいなら、「歯」だけを見ていてはダメなんです(><)

歯が並ぶ土台の「あごの骨」の成長も、キレイな歯並びには欠かせない要因です!

 

まだまだ子供たちは、あごの骨も筋肉も成長途中!

 

癖や生活習慣をよくしていけば、あごの骨がズレていても改善の余地は十分あるし、いい方向に成長していきます。

 

 

あごがズレる原因にならないように、

  • 頑固な指しゃぶり
  • 本を読む時やテレビを観る時に、毎回同じ方向に顔を傾ける
  • 頬杖をつく
  • いつも同じ方向を下にして寝る
  • 片方ばかりで噛む
  • 口呼吸
  • 鉛筆や爪を噛む
  • 唇を舐めたり噛む
  • 噛みしめ

など「悪い癖」を見つけたらなるべく早く直しましょう!

 

家でできる対策は、

  • 悪い癖を直すこと
  • 足を床に付けて食事をすること
  • 食事を左右バランスよく噛むこと(主食をファンケルの発芽米にする)

の3つ。

どれも今日からすぐ実践できますね。

 

もし「子供用の椅子選び」に迷ったら、ぜひ我が家でも使っているキコリの小イスキコリのテーブルを使ってみて下さい!デザインも可愛いし、姿勢も安定して食事が出来るのでおすすめですよ(^^)

 

 

 

そして小学生位の子供達は、背筋を伸ばす座椅子で「正しい姿勢」に矯正していきましょう!

 

 

あごの骨が変形したり歯並びが悪くなれば、将来矯正治療を考えないといけなくなります…。でも「今」意識することで、将来の歯並びや顔つきに大きな「差」生まれることは間違いありません!

 

「癖」や「姿勢」を甘くみてはいけないんです!

きちんと今のうちから直しておかないと、子供達の顔が曲がったり歯並びが悪くなる未来が待っているんですから。

 

歯並びで気になることは早めに自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる病院で相談してみましょう。

 

 

 

▼歯科衛生士推薦!食後の歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

 

 

▼パパやママにおすすめ!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

コメント