歯がしみる知覚過敏の原因は?プロおすすめの2つの歯磨き粉で劇的に予防する方法。

歯ぎしりとイビキ
スポンサーリンク




img_0636

「歯がしみるっ!」

「歯磨きすると歯が痛いっ!」

 

あなたもこんな症状に悩まされていませんか?

 

もし虫歯や神経の炎症など他に問題がないのに、歯がしみたり痛い場合は知覚過敏の可能性を疑ってみましょう(><)

 

 

歯がしみる知覚過敏ですが、症状はずっと続かず「一時的な痛み」が特徴の病気です。時には歯ブラシが当たったり「熱い・冷たい」などの刺激でも、痛みが引き起こされてしまいますよね…。

 

でも、なぜ知覚過敏になるのでしょうか?

 

その理由をお話します(^^)と同時に知覚過敏に効果がある2つの歯磨き粉もご紹介しますね(^^)

 

実際に患者さんに使ってもらって効果があった歯磨き粉なので、あなたもぜひ参考にしてみて下さい。今は症状がなくても、知覚過敏はあなたにも突然起きる問題ですから…。

 

スポンサーリンク

続く歯の痛みやしみる症状!知覚過敏の原因とメカニズム

歯の表面のエナメル質は、歯医者で歯を削っても痛みを感じることはありません。(だから、小さい虫歯だと、麻酔をせずに治療することもあるんですね)

 

 

しかし、エナメル質の下の象牙質は削ると痛みを感じます!

 

象牙質には、表層部から神経までつながっている象牙細管(そうげさいかん)というパイプがあって、中には体液(象牙細管内液)が入っています。

 

健康な象牙質を歯ブラシや歯科用の器具でこすると、圧力が象牙質のパイプの中に伝わって体液が働きます。この体液の動きが神経を刺激して「痛み」となって感じるのが、知覚過敏の仕組みだったんです。

 

 

知覚過敏の痛みの原因は他にもある

実は、痛みの原因となる象牙質の中の体液を動かす刺激は、他にもあります。

 

  • 冷たいものや熱いものの刺激
  • 甘いものや酸っぱいもののなど、成分濃度の違いで体液が動く時の刺激
  • 噛みしめの刺激
  • 歯ブラシの刺激

の4つがあります。

 

いずれにせよ、象牙質のパイプの中の体液が移動することで「痛み」が起こるのが、知覚過敏のメカニズムだったんです。

 

 

知覚過敏の5つの対処法と歯磨き方法

知覚過敏の治療には、自分でできるセルフケアと歯医者で行うプロフェッショルケアがあります(^^)

 

自分でできるセルフケアには、

  1. 歯磨きの時に力を入れず優しく磨く。
  2. 知覚過敏用の歯磨き粉(システマセンシティブ)を使う。
  3. 柔らかめの歯ブラシを使う。
  4. 乳酸飲料やお酢などの、酸の多い食べ物や飲み物を多く摂らない。
  5. 歯周病予防をする。

の5つの方法があります。

 

関連記事→お酢やスポーツ飲料も!歯を溶かす食べ物・飲み物の3つの上手な取り方とは。

 

 

特に歯ぐきが下がって歯の根っこが出た部分は、

  • 根っこ部分が削れやすい
  • 歯の根っこ部分が磨きにくい
  • 表面がザラつき汚れが溜まりやすい
  • 磨き残しが多く虫歯になりやすい

 

のリスクが高い場所になります…(汗)

 

でも、「しみるから…」と歯磨きを避けていると症状は悪くなる一方です。

 

もし歯磨きの刺激で「歯が痛い」などの症状がある時は、歯ブラシも「柔らかめ」のものを選んで、刺激の少ない方法で磨いていきましょう\(^o^)/

 

 

知覚過敏の時の歯磨き方法

乱暴な歯磨きは、歯の表面を削って知覚過敏を起こす原因になってしまいます。

「歯ブラシの毛先がすぐに広がっていませんか?」

 

実は、歯磨きのちょうどいい力加減は150gくらい。試してみると分かるのですが、150gは「え?こんなに軽い力でいいの?」と驚くくらいの軽さです(笑)

 

写真は実際に、計りで150gの力をかけた時の歯ブラシの様子です。150gの力なら、歯ブラシの毛は「しなって」ないですよね?(白い矢印部分)

image

でも150gを超えてしまうと歯ブラシは大きくしなって、歯ぐきにも痛みや出血などトラブルを起こす可能性が高くなります…!

 

試しに、強い力で手の甲に歯ブラシをゴシゴシしてみて下さい。痛いですから…。

 

知覚過敏で痛い時は、 知覚過敏用ハブラシのような柔らかくて毛先の細い歯ブラシで、力を入れずに磨きましょう(^^)

 

 

 おすすめの知覚過敏用の歯磨き粉はシュミテクトとシステマセンシティブ

最近では、知覚過敏専用の歯磨き粉も多く売られていますよね。

 

実はしみる症状が軽い時ほど、知覚過敏専用の歯磨き粉が効果的なので試す価値あり!なんです\(^o^)/

 

知覚過敏って「冷たいものがしみる」「風がしみる」など、一時的に痛みが起こり、痛みとなる刺激が無くなると、症状が消える特徴があります。

 

 

実は、この段階ですぐに「知覚過敏専用の歯磨き粉」を使うと、効果を実感しやすいんですよ♪

 

知覚過敏の歯磨き粉を使うことで、神経の興奮を抑えてくれる効果が期待できます。選ぶ時は、研磨剤が入っていないものや低研磨性のものを選びましょう。

 

 

有名なのがシュミテクト

 

でも、システマセンシティブの方が個人的にはオススメです。

 

歯科医院でもよく取り扱っている知覚過敏専用の歯磨き粉で、開いたパイプを封鎖して中の体液の移動を阻止し、神経の刺激を抑えてくれる働きがあります(^^)

 

またフッ素も入っているので、虫歯や歯周病予防にも効果が期待できるのも嬉しいですよね♪

 

繰り返しますが「知覚過敏かな?」と思った段階で、歯磨き粉を早めに試すの方が効果が実感しすいので、早い段階から知覚過敏用の歯磨き粉を使うようにしましょう\(^o^)/

 

歯医者での知覚過敏の治療方法

セルフケアをしても症状が改善しなければ、歯医者での治療をオススメします。

 

歯医者での知覚過敏のケアは

  • 歯の表面にコーティング剤を塗って刺激を遮断する
  • フッ素を塗る
  • プラスチックを詰める
  • レーザー治療
  • 痛みがひどい時は神経をとる
  • 噛み合わせの調整

 

など、薬を塗ったりプラスチックを詰めて刺激をふせぐ処置をします(^^)

 

知覚過敏の治療では、基本的に大きく歯を削るような治療はしませんから安心して下さいね(^^)

 

 

でももし「痛い」「しみる」の症状や痛みがであっても、大きな虫歯があったり、痛みが1分以上ずっと続くなら歯髄炎を疑いましょう。

 

まとめ

知覚過敏は一時的な痛みですが、痛みが続くと食事もしにくく不快ですよね(汗)

 

「知覚過敏かな?」と思ったら、すぐにシュミテクトシステマセンシティブを使って早めに対策をしましょう!

 

システマセンシティブはフッ素も入っているので、虫歯や歯周病予防にも効果が期待でき、個人的にはこちらの方がオススメです(^^)

「しみる!」と思ったら早めに知覚過敏用の歯磨き粉を使って、症状を緩和しましょう。と同時に、普段の歯磨き方法も見直して歯周病予防をすることも知覚過敏対策になりますよ(^^)

 

 

▼歯周病対策になる具体的な歯磨き方法はこちらにまとめています♪▼

 

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 

 

コメント