歯石除去は絶対した方がいいの?黒色と白色の歯石の原因と付くのを防ぐ方法。

口臭対策
スポンサーリンク




歯のクリーニングのイラスト「歯科衛生士さんと子供」

あなたは、歯医者で「歯石取り」をしてもらった経験はありますか?

 

歯石取りって、何度も通わないといけないし、何やら「歯ぐきの中の歯石」まで取られる始末。

「歯の汚れだけチャッチャと取ってくれればいいのに〜」なんて思いますよね(笑)

 

でも、なぜ歯石を取らなくてはいけないのでしょうか?

歯周病の治療で歯石は「敵」にされがちですが、そもそも歯石って、そんなに悪者なのでしょうか?

 

そもそも歯石は、プラーク(歯垢)が唾液中のカルシウムやリンと結合して固まったもの。

 

実は歯石自体は、歯ぐきに害を与えたり炎症を起こしたりはしないんです。でも、歯石に細菌が感染すると、たちまち歯ぐきに炎症が起きてしまうのです(汗)

 

そう!歯石そのものが炎症の原因になっているのではなく、炎症の原因はあくまでも細菌。

 

歯石を拡大してよーく見てみると、軽石のようにザラザラでスカスカした形になっています。細菌からしてみれば、絶好の「すみか」になりますよね。

 

つまり、歯石があることで細菌の温床になり、さらに、歯石に住み着いた細菌が毒素を出し、歯ぐきや骨にダメージを与えていくため、歯石は嫌われ者になっていたのです(泣)

 

スポンサーリンク

歯石は2種類ある!歯ぐきの下の黒い縁下歯石が歯周病を悪化する正体

実は歯石には

  • 歯ぐきの上に付く白い縁上歯石(えんじょうしせき)
  • 歯ぐきの下に付く黒い縁下歯石(えんかしせき)

の2種類あります。

 

歯ぐきの上の歯石が「白い」のは唾液を材料にしているから。一方、歯ぐきの下の歯石が「黒い」のは、歯ぐきから出血した血液が固まったものだから。

 

しかも、歯ぐきの下に歯石が付いていれば、かなり歯周病が進んでいる証拠!歯石が常に歯ぐきに触れているため、歯ぐきの炎症が悪化しやすく、歯周病の進行も速いのです(泣)

 

また歯ぐきの下の歯石は、歯や周りの歯ぐきに隠れて目で確認ができないので、自分では付いているか分かりませんよね(汗)

 

歯医者で触診や検査をしてもらって、どのくらい歯石がついているのか調べてもらわないと、ハッキリした歯石の量は分からないのです。

 

歯医者での歯石取りに時間や回数がかかるわけ

歯医者の建物のイラスト

歯石は歯ブラシでは取れないので、歯医者さんで取ってもらうしかありません。

 

歯ぐきの上の歯石は、平らな部分についているので除去しやすいのですが、問題なのは歯ぐきの下の歯石。

 

歯の根っこは凸凹になっているので、どうしても歯石を取るのに時間や回数がかかってしまうんです…。

 

歯石取りで何度も歯医者に通わされるのには、理由があったんですね(^^)

歯医者で歯石取りや洗浄をしてもらう効果

「重要」のマーク

歯医者で、歯石取りや歯ぐきの中の洗浄をしてもらうことで

  • 歯石を取るだけでなく、歯ぐきの中の細菌の数を劇的に減らしてくれる
  • 新しく細菌の層ができる時も、善玉菌が増えていくので、細菌が「質」が変わる

2つの効果があります。

 

しかし、「やった〜!口の中の環境がよくなった!」と大喜びするのも数ヶ月だけ。

 

時間が経てば、徐々に元の状態に戻ってしまうんです(汗)

 

せっかく歯石取りをしても、また細菌の層が戻っては意味がありませんよね。できるだけ「いい状態」を保つために、わたし達ができることはあるのでしょうか?

 

家での歯周病ケアには歯磨き

せっかくの「綺麗な口の中」。できるだけ長くいい状態を保ちたいですよね。

 

そのために家でできるケア方法は、歯磨きを丁寧にすること。歯磨きができていないと、口の中も不潔になり、後戻りが早くなってしまいますから(汗)

 

それに、歯の汚れは歯ぐきの下のプラークの栄養になります。つまり、歯磨きが悪いということは、歯周病菌の住みやすい環境を自分でつくっている!ということになるんです(汗)

 

もし、うっかり歯磨きを1日忘れると…『やったぜ!チャンス!』と、プラークは増え始め、強い粘着力でしっかり歯にくっつきます(泣)

 

当然そのままにしておくと、唾液に含まれてるカルシウムやリンとタッグを組んでプラークは固くなり、約2週間で『歯石』に変化してしまいます。

 

要するに、1日1回でもいいので、丁寧にプラークを取ることが歯周病予防のポイント!ということ(^ ^)

 

▼簡単に実践できる虫歯や歯周病予防にきく歯磨き方法は、こちらにまとめています▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

また、口の中の細菌の数を減らすためにBRIAN(ブリアン)を使う方法もあります。

市販のペースト状の歯磨き粉と違って「粉タイプ」の歯磨き粉なので、磨き残しの多い歯の間や歯ぐきの間に粒子が届いて、汚れを効率的に落としてくれますよ\(^o^)/

 

 

▼詳しくはこちらから成分や使い方が確認できます▼

まとめ

歯石の原因はプラークです。

 

つまり、プラークが付きにくい口の中にすれば歯石も付きにくくなる!ということ(^^)歯ぐきの下まで歯石がつけば、歯周病はどんどん進んでしまいますから…。

 

 

健康な歯ぐきは綺麗なピンク色で引き締まっていますが、プラークや歯石が付いた歯ぐきは、腫れて出血や膿が出たり炎症が起きています。

 

 

正しい歯磨きと歯石取りで症状は改善しますが、歯磨き方法が自己流な場合は、磨けてないことが多いので、口コミ歯科・歯医者で定期的にチェックしてもらいましょう(^^)

 

さらに、口の中の環境を整えたい時はBRIAN(ブリアン)を試してみて下さい(^ ^)

 

とても細かい粒子なので、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所までしっかり粒子が届いて、虫歯や歯周病の原因になるプラークを取り除いてくれますから(^ ^)

 

虫歯や歯周病になって何度も歯医者に通うより、家で予防する方が時間もお金も節約になります!何度も歯医者に通う時間を合計すると、結構な時間になりますから…。

 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

 

 

 

 



口臭対策
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント