銀歯を入れてから口の中が荒れるし痛い、舌や頬が赤くなった原因は金属アレルギーを疑おう。

口の中のトラブル

痒い男の子のイラスト

  • 粘膜炎で赤くなっている
  • 口内炎がなかなか治らない
  • 金属の周りの歯ぐきが白くなっている
  • 金属に接触している頬っぺたや舌が赤い
  • 手や足に水泡ができて赤くなっている

 

ときは「金属アレルギー」を疑った方がいいかもしれません。

 

金属アレルギーとは、指輪やネックレスやベルトなどの金属の部分と、皮膚の接触によって起こるアレルギーのことです。

いわゆる「金属かぶれ」ですね。

 

 

しかし金属アレルギーは、肌に身につけるものだけが原因で起こるわけではありません。なんと、歯医者で使われている金属も「金属アレルギー」の原因となるのです(汗)

 

口の中に入っている金属が唾液で溶かされ「イオン化」し、体の中に入ることで体のタンパク質と結びつきます。

すると、免疫細胞が過剰に反応して(敵を倒そうとして)アレルギー症状を引き起こしてしまうのです…(汗)

 

 

金属アレルギーは誰でも起こる可能性があるし、突然症状が現れます。
そう!あなたも他人事ではないのです…。

 

あなたも銀歯や金属類が口の中に入っていませんか?

 

誰でも起こる可能性がある「金属アレルギー」。万が一、あなた自身や大切な人に何かあったときのために、ぜひじっくり読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

舌が痛いし口内炎が治らない!銀歯が原因での金属アレルギ-の症状

大きな口を開けている人のイラスト(女性)

歯科で使う金属が原因の「金属アレルギー」は、口の中に金属が入ってすぐに症状が出る場合もあるし、時間が経ってから症状が出る場合もあります。

 

 

こんな症状がお口の中にあるときは要注意です。

 

ときは「金属アレルギー」を疑った方がいいかもしれません。

(もちろん歯周病などが原因の場合もありますが、金属アレルギーが原因の可能性もあることは、覚えておきたいですね)

 

 

舌や口の中が荒れる!歯医者での金属アレルギーの治療方法

歯医者の建物のイラスト

万が一「金属アレルギー」の症状が出てしまったら、どうすればいいのでしょうか?

まず、歯医者では

  • 口の中の原因となる金属を取る
  • 原因の金属に接触しないようにする
  • 金属を含まない材料で治療する

などの対策がとられます。

 

原因の金属を取り除くことで、症状は徐々に改善していくことが多いです(^ ^)

 

もし粘膜に赤みや腫れなど炎症症状があるときには、副腎皮質ホルモンを含む軟膏を塗ったり、症状に応じて皮膚科に行ってもらう場合もあります。

 

 

パッチテスト(金属アレルギーの検査)とは

「チェック」のマーク

自分が金属アレルギーかどうか調べる方法として、「パッチテスト」がよく知られていますよね。

 

パッチテストとは、皮膚に金属イオンを作用させてアレルギー反応を調べる方法です。

 

イオン化された金属を染み込ませた絆創膏を背中や腕につけてもらい、48時間後・72時間後・7日後の皮膚の反応をみていく検査です(^ ^)

 

 

絆創膏をつけている間はお風呂に入れないので、夏場は検査できません(汗)
また「ステロイド性抗炎症薬」や「抗アレルギー薬」の薬を飲んでいる場合は、薬を控えてもらう必要もあります…。

 

 

パッチテストの結果、万が一、金属アレルギーの反応が出た場合は、

  • 歯科治療で使う材料を他の材料に変更する
  • 口の中に金属の詰め物はしない
  • 古い詰め物は「水銀」が入っているものもあるので、他の材料と交換する
  • 詰め物は、金属を使わない歯科用のプラスチック材でなどで詰める

 

必要があるので、担当医とよく相談しましょう(^^)/

 

ただし、使う材料によっては保険がきかずに「自費治療」になることもあるので、材料の説明を受けて、納得してから金属を取り除きましょう。

 

 

金属アレルギーの予防方法

金属アレルギー予防に一番効果的な方法は、当たり前ですが金属を口の中に入れないことです。

 

「金属を口の中に入れない」ということは、つまり「虫歯にならない!」ということですよね(^^)

 

でも中には「毎日歯磨きしても虫歯になってしまうんです…」と思う方もいらっしゃると思います。

 

大丈夫(^^)

 

日頃の口の中のお手入れはもちろん、歯科衛生士流!簡単献立でおやつとご飯で子供を体と口の中を健康にする方法!を参考に、間食の摂り方を見直すことで虫歯のリスクを「グッ」と下げることが出来ますから(^^)

 

虫歯にならなければ、歯を削って詰め物をする必要もないので、金属アレルギー予防に一番効果的な方法ですね\(^o^)/

 

まとめ

金属アレルギーは花粉症のように突然起きる症状です。しかも誰でもなる可能性がある病気(汗)

 

  • 粘膜炎で赤くなっている
  • 口内炎がなかなか治らない
  • 金属の周りの歯ぐきが白くなっている
  • 金属に接触している頬っぺたや舌が赤い
  • 手や足に水泡ができて赤くなっている

 

ときは「金属アレルギー」を疑った方がいいかもしれません。

 

 

そして、金属アレルギーの症状は、口の中だけではなく全身に現れることも珍しくありません。

ベルトやネックレスはすぐ取り外せますが、口の中の金属はすぐに取り外せませんよね(汗)

 

手足に湿疹が出たり、治療後に口の中に異常を感じたら、早めに病院で相談することをオススメします。

 

 

金属アレルギーにならないためにも虫歯予防に効く歯磨き方法を習得しよう!

金属アレルギー予防には、虫歯にならないことが一番!

 

ママやパパはもちろん、子どもの仕上げ磨き方法のコツをまとめました\(^o^)/歯科衛生士のわたしが我が子に実践している方法です。

子ども達を虫歯にしない方法は、知っていれば絶対にですよ!

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

 

 

▼パパやママにおすすめ!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

コメント