歯科衛生士流!赤ちゃんの歯磨きのやり方と乳歯ブラシの4つの選び方

歯磨き方法
スポンサーリンク




赤ちゃんの乳歯が生え始める6〜8ヶ月頃。

 

この時期になると、

「赤ちゃんの歯磨きっていつから始めればいいの?」

「よくガーゼで拭くだけでいいって聞くけど、イマイチやり方や使う道具が分からない…」

「歯磨きは寝る前だけでいいの?」

 

など、「赤ちゃんの歯磨き方法」に対して疑問が出てきますよね。

 

そこでこの記事では歯科衛生士が

  • 仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方
  • 赤ちゃんの歯の磨き方

について解説していきます。

 

乳歯の歯磨き方法で悩んでいるあなたは、ぜひ本文で紹介している方法を取り入れて、乳歯を虫歯から守りましょう!

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めればいいの?

子供の仕上げ磨きの歯ブラシの選び方

6〜8ヶ月頃になると、下の歯ぐきから乳歯が生え始めます。

この頃の歯磨きの目的は、歯を磨くことより歯ブラシを口の中に入れることに慣れてもらうことです。

 

ママ
ママ

確かに赤ちゃんが歯ブラシを拒んだり嫌がれば、仕上げ磨きどころではなくなっちゃうわね…(汗)

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そうね。赤ちゃんに歯ブラシの感触を覚えてもらうために、最初はオモチャ代わりに歯ブラシをかじらせたり、舐めさせてみましょう♪

 

しかもちょうどこの頃の赤ちゃんは、手に取ったものを何でも口の中に入れたり舐める時期になっています。

 

赤ちゃんが舐める時期はいつまで続く?なんでも口に入れる2つの理由
赤ちゃんがなんでもなめたり噛む理由と、舐め回しがいつまで続くのか解説します。赤ちゃん舐める理由は「それ」が何なのか確かめて、病気に負けない体をつくる大切な2つの意味があります。赤ちゃんがなんでも舐める時期との上手な付き合い方が分かります。

 

この素晴らしい時期をうまくつかって、歯ブラシの感触に慣れてもらいましょう!

 

ただし、歩きながら歯ブラシをくわえさせると、転んだときに歯ブラシで喉を付くなどの事故につながります。歯ブラシを持たせるときは、必ず目の届く所で座らせてから持たせるようにしましょう。

 

なお、赤ちゃんに歯ブラシを持たせるときは、あやまって喉をつかないように、ストッパー付きの歯ブラシを選ぶようにしましょう。

 

最初の歯磨きは手短に!歯みがきシートをつかうのもいい方法です

赤ちゃんが歯ブラシの感触に慣れてきたら、機嫌が良いときに生えかけの歯を手短に磨いてみましょう。
歯科衛生士
歯科衛生士

このときの歯磨きは、汚れを取るよりも「歯ブラシで磨かれる感覚」に慣れることを目的としています♪

 

歯ブラシに慣れてきたら、少しずつ歯磨き時間をのばしていきます。

 

もし歯ブラシを嫌がるときは、歯磨きシートをあなたの人指に巻いて、口の中を触られる感覚に慣れてもらうといいですよ。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ただしゴシゴシ磨いたり、奥まで指を入れると口の中を傷つけたり嘔吐する原因になるので、優しく汚れを拭ってあげましょうね。

 

詳しくは、下の記事↓で方法を紹介していますので、合わせて参考になさってくださいね。

赤ちゃんが歯磨きを嫌がったり苦手なら、歯磨きシートで1日1回磨く方法を勧める2つの理由。
赤ちゃんが歯磨きを嫌がらないための準備方法を紹介します。赤ちゃんの初めての歯磨きの準備には歯が生える前の赤ちゃんが何でも口に入れ始める3ヶ月~4ヶ月ごろから赤ちゃんをママの膝の上に寝かせたり、おむつ交換の時を利用して、手足や顔や口の周りを触りながら、清潔な指を口の中で触ってあげると、自然に口の中を触られることに慣れてきます。始めはガーゼで拭うところから始めましょう。

 

 

 

赤ちゃんの仕上げ磨きを嫌がる2つの原因

あかちゃんに歯磨きをしているお母さんのイラスト

「仕上げ磨き」というとテクニックばかり気になるところですが、意外に重要なのが「歯ブラシ選び」です。

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる原因で多いのが

  • 歯磨き方法が間違っている
  • 口の中に合っていない歯ブラシで磨いている

の2つです。

 

例えば、赤ちゃんの口に合わないサイズの歯ブラシを使えば、痛いし、細かいところまで磨けませんよね。

 

「合わない歯ブラシ」が赤ちゃんを歯磨き嫌いにする原因になっていたのです!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とは言っても歯ブラシの種類は多くて、ドラックストアに買いに行っても、結局どれがいいのか迷ってしまいませんか?

 

でも4つのポイントさえ押さえておけば、赤ちゃんにピッタリの歯ブラシが見つかるんですよ♪

 

仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方の4つのポイント

仕上げよう歯ブラシの選び方のポイント

「仕上げ磨き用の歯ブラシ」の選び方のポイントは、

  1. 毛先の状態
    (毛先が短く、毛が密集しているもの)
  2. 毛先が柔らかくて細いもの
    (1本1本磨けるように、毛先が柔らかく細いもの)
  3. 小さなヘッド
    (小さな乳歯のサイズに合うように、小さなヘッドのもの)
  4. ブラシが平らなもの
    (歯に直角に当てやすく磨きやすい)

の4つです。

 

小さくまだ未熟な赤ちゃんの歯や歯ぐきを痛めないように、歯ブラシはオーラルケアのように、痛くない歯ブラシを選んであげましょう♪

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

赤ちゃんは歯ブラシをよく噛みます。毛先が開いたら頻繁に交換できるように価格が安く、磨きやすいものを選んで、定期的に交換するようにしましょう。

 

 

逆に、つかうと赤ちゃんが痛がる歯ブラシは

  1. 毛先が長いもの
  2. ヘッドが大きいもの
  3. 山切りカット
  4. 毛が硬いもの
  5. 毛先の先端が鋭いもの

 

の5つです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

これらの歯ブラシを使っていれば、赤ちゃんは歯磨きを痛がってしまい「歯磨き嫌いの道」にまっしぐらに突き進んでしまいます(汗)

 

また、あまりに安すぎる歯ブラシを買うときは、毛先の形状をよ~く見てから購入するかを決めたほうが安心ですよ…。

 

 

赤ちゃんに歯磨き粉は必要なの?

まだうがいのできない赤ちゃんは、歯磨き粉をつけて磨く必要はありません。

 

しかし、虫歯予防のためやフッ素を使いときは、うがいのできない赤ちゃんでも使える歯磨き粉もありますので、つかってみるといいでしょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

大人用のものは刺激が強いので、必ず赤ちゃん用の歯磨き粉を少量つけて磨くようにしましょうね。

 

なお、赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方は下の記事↓↓にまとめているので、合わせて参考になさってくださいね。

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
うがいの出来ない0歳の赤ちゃんから使える歯磨き粉3つと選び方を紹介します。赤ちゃんの歯磨き粉は飲み込んでも安全なように成分にこだわって選びましょう。選び方のポイントや使ってよかったおすすめ品を紹介します。

 

 

1歳頃の仕上げ磨きの姿勢と磨き方

仕上げ磨きの方法

次は仕上げ磨きの方法です。

 

仕上げ磨きをするときは、可能ならあなたの膝の上に赤ちゃんの頭を乗せて寝かせてあげると、口の中がよく見えて歯磨きしやすくなります。

 

でも、もしゴロンの姿勢を嫌がるときは、

  • 授乳の時のように横抱きにして磨く
  • 赤ちゃんと対面になって磨く

など、別の体勢も試してみて下さい。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

キレイに歯磨きをしようと必死になっているママの顔を怖がる赤ちゃんもいるので、赤ちゃんの機嫌をみながら体勢を変えていきましょう!

 

 

仕上げ磨きの時におすすめ!痛くない歯ブラシの持ち方

仕上げ磨きの歯ブラシの持ち方

仕上げ磨きをおこなうときは、歯ブラシを鉛筆を持つように持ってから磨きましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

鉛筆持ちで歯ブラシを持つと、余計な力がかかりにくく、細かく歯ブラシを動かせるようになります。

 

歯の磨き方は、まず歯に対して歯ブラシを直角に当てて1〜2本ずつ磨いていきます。

 

力加減は強くすると赤ちゃんが痛がるので、チークを付けるときのように軽い力で横磨きをしましょう♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

毛先がきちんと歯に当たっていれば、軽い力でもきちんと汚れは落ちますから大丈夫です♪

 

場所別の磨き方はこちら↓↓にまとめています!

乳歯が虫歯になりやすい4つの場所!プロが実践する正しい仕上げ磨き方法とは。
乳歯が虫歯になりやすい場所を知ると、仕上げ磨きがやりやすくなります。奥歯の上下4本、上の前歯、歯と歯の間、歯ぐきとの境目は注意。歯の表面の汚れを効率よく落とすポイントは、歯ブラシを歯に直角にあてこまかく動かす。歯ぐきを傷つけないよう優しく磨きましょう。前歯の裏、奥歯の内側、かみ合わせ面などの磨き方を写真付きで解説します。

 

 

赤ちゃんの仕上げ磨きの方法

そのときぜひ歯ブラシを持った手の指を、赤ちゃんの歯や顔に置いて「固定」しながら磨いてみましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

手の固定が上手にできるようになると、驚くほど歯ブラシが安定するので優しい力で磨けるようになるんですよ。

 

さらに反対の人差し指で赤ちゃんの頰っぺたを引っ張ったり膨らませながら磨くと、口の中がよく見えるようになってさらに磨きやすくなります。

 

【子供が歯磨きを痛がる原因】仕上げ磨きを嫌いにさせない4つの方法
仕上げ磨きや歯磨きを子供が嫌がる原因は、大人の磨き方が痛いから。力が強くなり過ぎないためには、歯ブラシを持つ手を子供の顔に添えて固定すること。安定した力加減で細かいところまで正確に磨けます。固定しないと安定せず力を抜いて歯磨きが出来ません。歯ブラシを持つ手が宙ぶらりんでいれば、大きく動く動かしすぎ、力が入りすぎてしまうんです。適切な力加減や固定の方法を紹介します。

 

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時の対策方法

とは言っても、中には歯磨きを嫌がったり逃げたり大暴れする子もいますよね。

 

嫌がるときは無理はせず、機嫌の良いときに虫歯になりやすい奥歯のかみ合わせ面を磨いたり、歯磨きの動画や絵本を見せて楽しく磨けるように工夫しましょう。

 

他にも、おやつやジュースを控えて口の中に砂糖が残らないようにして、しっかり歯磨きできなくても虫歯になりにくい環境にしておくことも大切です。

 

なお、下の記事に嫌がる原因別の対処方法を紹介しているので、合わせて参考になさってくださいね。

歯磨きしない口を開けない1歳〜2歳のイヤイヤ期!嫌がる時の対策法4選
歯磨きが嫌いな子や苦手な子の対策方法をまとめました。歯磨きを嫌がったり、怖がったり、首を振って拒否したり、歯ブラシを噛んで離さなかったり大暴れしたり子供によって嫌がり方はさまざまです。嫌がる原因で多いのが仕上げ磨きが痛い事。痛くない歯ブラシを選んで短時間で歯磨きが終わるように工夫していくことが大切です。寝かせ磨きが難しい時は対面など他の姿勢で磨いてみるなど工夫しましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

この頃の仕上げ磨きは、夜だけでもかまいません。でも、嫌がるときは、1日のうちでも機嫌が良いときにおこなうのでも大丈夫です!

 

 

仕上げ磨きはいつまでやるの?

3歳頃になると、乳歯も20本全部生えそろってきます。

この頃から自分でも磨けるように、子供の手を持って歯ブラシを一緒に動かして磨いてあげたり、あなたが磨く姿を見せながら、一緒に磨く練習を始めましょう。

 

まだまだ子供だけでは上手に磨けない時期ですが、本人のやる気を尊重しながら仕上げ磨きをしていきましょう。

 

なお、仕上げ磨きは小学校3〜4年生まで続けてください。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ちょうどこの頃から、子供達は細かい文字や絵を書けるようになりますよね。

 

細かい手の動きができるようになると、歯ブラシでも丁寧に磨けるようになるので、歯磨きを任せてもいい時期になってきます♪

 

磨けているか心配なときは「染め出し液」をつかうと、磨き残しがひと目でわかるので、週に2〜3回ほどつかってみるといいでしょう。

 

詳しい使い方は下の記事↓が参考になります。

子供の磨き残しには赤い染め出し液がオススメ!効果とデメリットを解説。
磨き残しが分かる染め出し剤の使い方や効果を紹介します。子供が歯磨きが苦手な理由は、どこに磨き残しがあるのか分からないから。自分の磨き癖を知ることで磨き残しは確実に減ります。染め出し剤を上手に使えば、磨き残しを目でハッキリ確認することができます。プラーク(歯垢)は細菌の塊です。爪楊枝などで歯をこすってとれる黄白色のネバネバしたもの。プラークは細菌や細菌の生産物からなる有機物なので色素で染められます。歯垢染め出し剤は、液体、錠剤タイプがあり、プラークを染め出して汚れた場所を分かりやすくします。食用色素が使われているので安全に使えます。

 

 

 

赤ちゃんの仕上げ磨きの方法まとめ

歯が少しでも生えてきたら、歯ブラシの感覚に慣れてもらったり、口の中を触られる感覚に慣れてもらうために、赤ちゃんにも歯ブラシを持たせてかじったり舐めさせてみましょう。

 

赤ちゃんの頃から楽しく歯磨きする習慣を身につけていれば、本格的に離乳食が始まってもスムーズに仕上げ磨きができるようになりますよ。

 

ぜひ赤ちゃんが歯磨きを楽しめるように、

 

  • 毛先の状態
    (毛先が短く毛が密集しているもの)
  • 毛先が柔らかくて細いもの
    (1本1本磨けるように、毛先が柔らかく細いもの)
  • 小さなヘッド
    (小さな乳歯のサイズに合うように小さなヘッドのもの)
  • ブラシが平らなもの
    (歯に直角に当てやすく磨きやすい)

 

の4つの条件を満たした歯ブラシで優しく磨いてあげて下さいね!

歯ブラシ選びに迷ったときは、オーラルケアの歯ブラシを試してみましょう!

 

 

 

▼歯磨きに慣れたら歯磨き粉を使って虫歯予防をしましょう。赤ちゃん用の歯磨き粉の選び方もぜひ参考になさってくださいね♪▼

【0歳でも安心】歯磨き粉を飲み込む赤ちゃんも使えるおすすめ3選!
うがいの出来ない0歳の赤ちゃんから使える歯磨き粉3つと選び方を紹介します。赤ちゃんの歯磨き粉は飲み込んでも安全なように成分にこだわって選びましょう。選び方のポイントや使ってよかったおすすめ品を紹介します。

 

 

▼大人の虫歯や歯周病予防には、こちらで紹介している方法を試すと口の中がスッキリしますよ♪▼

毎日の歯磨きで血が出る原因は?突然の出血を止める2つのテクニック
口臭や歯周病予防に効果的な歯みがき粉を紹介します。なたまめ柿渋歯磨きは、合成界面活性剤や合成発泡剤など不要な成分は一切配合してない、自然派の歯磨き粉です。そのため口臭予防はもちろん歯周病などで傷ついたデリケートな歯ぐきにも安心して使うことができるんです。効果的な使い方や成分など実際に使った写真を混ぜて丁寧に紹介しています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました