歯列矯正をもう一度やり直したい!費用はいくら?後戻りが起きる3つの原因

矯正治療
スポンサーリンク




せっかく矯正治療で綺麗になった歯並び。

でもあなたが「あること」を続けていると、簡単に歯並びが悪くなってしまうんです!

せっかく矯正治療で綺麗な歯並びを手に入れても、一生その状態が続くとは限りません。

 

むしろこれからが、ある意味でスタートになります…。

 

実は矯正治療を終えた歯は「見かけ上」は綺麗でも、周りの歯ぐきや組織はまだ「新しい位置」になじんでいません。

 

そのため装置が外れると、少しずつ元の位置に戻ろうとしてしまうんです。

いわゆる「後戻り」

 

約2年程度は「後戻り」が起こりやすい時期なので、歯並びが乱れないようにきちんと保定装置でおさえておく必要があるんです。

 

そしてもう1つ!

あなた自身が「あること」に気をつけなくては、残念ながらキレイな歯並びを一生キープすることはできません!

 

しかし「後戻り」は、程度は違えど大なり小なり全員に起こるもの…。

完全に元に戻ってしまうことは稀ですが、時間もお金もかけて綺麗にした歯。

長い間キープしておきたいですよね?

 

そこで今回は、矯正治療後に歯並びが乱れてしまう原因や対処方法について解説していきます!

治療をやり直す場合、金額や治療期間はどのくらいかかるのでしょうか?

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

矯正治療が終わったら歯の後戻りを防ぐためにリテーナーを使う

歯列矯正後の後戻りの治療

矯正治療をすれば一生綺麗な歯並びでいられる…と思っていませんか?

 

残念ながら中には、綺麗な歯並びがまたガタガタになって矯正治療をやり直す方がいらっしゃるんです(汗)

 

上にも書いたように、矯正治療を終えた歯は「見かけ上」は綺麗でも、装置が外れると少しずつ元の位置に戻ろうとします。

 

そのため、歯や周りの組織が落ち着くまでの約2年程度は、後戻りを最低限におさえるために「リテーナー」という保定装置を口の中に入れておく必要があるのです。

 

保定装置には

  • 取り外し式
  • 固定式

のものと2種類がありますが、どちらを使うかは担当医の判断になります。

 

取り外し式の保定装置

取り外し式の保定装置

取り外し式の保定装置は、マウスピースのような透明のプラスチックタイプの装置です。

 

矯正装置を外して1週間程度は、食事や歯磨き以外の時は1日中マウスピースを入れてもらいます。しかし、それ以降は夜だけの使用になるので、口の中の負担もグッと減りますよ。

 

人によりますが大体2年程度使うことになりますので、失くしたり壊したりしないように注意しましょう。

 

2年ほど経つと、歯ぐきや周りの組織も新しくつくり変えられるので、保定装置を使わなくても歯並びが落ち着いてくるんです♪

 

 

固定式の保定装置

固定式の保定装置

固定式の保定装置は、直接歯に接着剤でワイヤーを引っ付け、歯が動かないように固定する装置です。

 

固定しているので

  • 自分で取り外す必要がない
  • 入れ忘れや失くすことがない
  • 歯の裏から付けているので見た目も綺麗
  • 違和感もほとんどない

のがメリットです。

 

しかしワイヤーがある分、

  • 歯磨きしにくい
  • フロスが使えない
  • 歯石がつきやすい

デメリットもあります。

 

そのため保定期間中も定期的に歯医者に通って、ワイヤーが外れていないかチェックしたり、歯のクリーニングをして口の中を清潔に保ちましょう。

 

人にもよりますが、装置が外れない限りは一生固定していく場合もあります。

 

矯正治療後に歯並びが戻ってしまう3つの原因

後戻りが起きる原因

矯正装置を終えて、歯並びが乱れる原因は大きく3つあります。

 

  1. リテーナーを毎日使わない
  2. 舌で歯を押す癖がある
  3. 噛みしめや食いしばりの癖がある

 

場合は「後戻り」をする可能性がグッと高くなるので注意しましょう!

 

実は歯は、弱い力でも継続して力がかかり続ければ必ず動いてしまうんです!

 

装置を使わないことはもちろんダメですが、②や③のように必要以上に歯に力をかけ続ければ、歯並びは簡単に崩れてしまいます。

唇を舐める・舌を噛む癖や頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの原因
子ども達を「キレイな歯並び」にしたいなら、「歯」だけを見ていてはダメです! それはなぜか。 その理由は、歯が生える「あご」が成長してないと、歯はキレイに生えることができないからです。 歯科衛...

 

 

つまり、矯正治療後も綺麗な歯並びをキープするには、

  1. リテーナーを毎日使う
  2. 舌で歯を押さない
  3. 噛みしめや食いしばりをしない

の3つを守れるかがポイントになるのです!

 

▼噛みしめの直し方はこちらが分かりやすいです▼

1秒でできる歯を離す方法!家でできる噛みしめ癖やくいしばり治し方
最近下の前歯がズレてきた気がする…。 歯の間に隙間があいてきた…。 薬を飲んだり整体に行っているのに、頭痛や肩こりが直らない…。 あなたもこんな症状に悩んでいませんか? 実はこれらの症状は、あなたが普...

 

 

歯が後戻りしたときの対処方法と再治療の料金と期間

矯正後の再治療の料金

 

ママ
ママ

万が一歯並びが「後戻り」したら、わたし達はどうすればいいの?

まずはできるだけ早く治療した矯正歯科で、「今の状態」を診てもらいましょう!

 

再治療の料金は、病院や後戻りの状態によってさまざまなので、一概には言えません…。

 

でも例えば、「リテーナー」を全然使わなかった結果「後戻り」した場合は、自己責任のため、最初の治療と同じくらいの金額になる場合が多いです。

 

一方で「リテーナー」を外す指示が早かった場合は、病院側の責任のため再治療の費用がかからない場合もあります。

 

再治療の期間は、後戻りの程度によりますが、

  • 軽くガタガタになっている場合は、半年〜1年程度の治療期間。
  • ガタガタが大きい場合は、最初の矯正治療にかかった期間(約2年程度)。

 

の時間がかかる場合が多いです。

 

 

矯正治療はゆっくり歯を目的の場所に動かしていく治療です。そのため、治療には時間がかかってしまうんです(汗)

 

再治療の期間や金額は病院によって方針が違いますから、最初に「再治療」についても詳しく聞いておくことをオススメします。

 

矯正治療のやり直しの料金や期間まとめ

矯正治療は装置が外れたら終わりではありません。

むしろ矯正装置が外れてからの方が大切です!

 

繰り返しますが、歯は継続して力がかかると簡単に動いてしまうんです。

 

しかも矯正治療を終えたばかりの口の中は、歯や歯ぐきが新しい位置に馴染んでなく、元に戻ろうとしています。

 

そのため、矯正治療が終わって2年程度は歯が動きやすい期間!ということは、しっかり頭に入れておきましょう!

 

矯正治療が終わった後の「綺麗な歯並び」をずっとキープしていけるかどうかは、

  1. リテーナーを毎日使う
  2. 舌で歯を押さない
  3. 噛みしめや食いしばりをしない

3つを守れるかどうかが、大切なポイントになります。

 

せっかく時間をかけて手に入れた綺麗な歯並び。

それなのに再治療でまたお金がかかったり、また何年も治療に時間をとられることは、本当にもったいないことですよね…。

 

矯正治療が終わったら、今度は保定装置をしっかり使うことはもちろん、歯に力がかかる癖や噛みしめのをコントロールして、いつまでもキレイな歯並びを守りましょう!

 

 

もちろん虫歯や歯周病予防も忘れずにお願いします!

 

 

虫歯や歯周病予防にきく歯磨き方法まとめ

矯正治療が終わっても、虫歯や歯周病予防は続きます。

歯科衛生士オススメの、虫歯や歯周病予防の歯磨き方法をまとめました。簡単な方法なので、ぜひ参考にして下さい!

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
毎日歯磨きしているのに、 歯ぐきがブヨブヨする 口臭が気になってきた 歯磨きすると歯ぐきから血が出る 歯磨きしていても虫歯が繰り返しできる と、気になっていませんか? これら虫歯や歯周...

 

 

 

▼歯並びが良くなったら今度は歯の色を明るくして口元の印象を明るくしましょう!▼

【写真で比較】ホワイトニングより3万円も安く歯を白くする歯磨きジェルの効果と使用方法は?
「あ~ぁ。もっと歯が白かったらいいのになぁ…」 「歯磨きしてるのに、なんで歯が黄ばむの?!」 とあなたも鏡を見るたびに、自分の歯の色が気になっていませんか? 歯を白くするには「ホワイトニング」という選択肢が...

 

 

 

 

 

 



矯正治療
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント