手作りダンボールレンジの作り方と材料は?100均と家にあるもので作れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

最近、「ごっこ遊び」が大好きになった娘。わたしのマネをしたいのか、台所のレンジの開け閉めが今イチオシの遊び。らしいです。

それだけならまだ許せるのですが、レンジの中に積み木やら、おむつやらを勝手に入れられるので、使う前に、中に何も入ってないかチェックして使う。というなんとも手間のかかる日々を過ごしております(汗)

レンジが相当お気に入りなのか、児童館に行っても、真っ先に数あるオモチャの中でレンジに一直線。

オモチャのお皿や魚、コップ…と何でもレンジの中に入れては出す…。を繰り返して永遠に遊んでいます。

そんな我が子を見て、今回はレンジを作ろう!と母は心に決めたのです。

スポンサーリンク



段ボールで電子レンジを手作り!材料は家にあるもので作れます。

ダンボール工作も気づけば第4弾。

参考記事→500円で出来た!段ボールで【滑り台】作成!

参考記事→段ボールで【木馬】は材料5つでオモチャが作れます。

部屋の中は、過去のダンボール工作の作品だらけ…。(いろいろ作ったなぁ〜)

わたしのダンボール工作のモットーは、家にあるものでなるべく作ること。

今回のダンボールレンジの材料は

  • ダンボール2箱(今回は洗剤の箱)
  • ガムテープ
  • ハサミ
  • カッター
  • クリアファイル
  • 黒ビニールテープ
  • 100均の飾りシート
  • 磁石2つ
  • マジック
  • ペン

で、できました(^^)

100均の飾りシート以外は家にあったものなので、実質100円で完成です!

なんと、お手軽なんでしょう(笑)

ダンボールレンジの作り方

さて、早速作っていきます。まず、ダンボールを開きます。こちらが本体部分。

こちらが、扉部分。

組み立てます。

箱型に組みてたら、スイッチ部分を貼れるように写真の右部分に、余っているダンボールで厚みをつけます。

中からみると、こんな感じ(^^)

同じ大きさのダンボールを用意しておけば、継ぎ足すときも形が揃っているので便利なんですよ(^^)

扉部分を仮にセットしてみました。

扉部分に四角い穴を開けます。

(もっと大きめの窓にしたかったけど、強度の問題からこの大きさに)

クリアファイルを裏からガムテープで貼り付けます。2枚重ねて貼ると強度が出ますよ(^^)

「スタート」ボタンを準備します。

表示画面は「30」にしたかったのに、できてみれば、なぜか「38」に!(笑)

扉部分はしっかり開閉できるように、磁石を使いました。

一方はクリップでいけるかな?と思いましたが、強度が弱かったので、しっかり開閉できるように、やはり磁石2つで対応。

扉側にも磁石を取り付けます。

扉をセットして、取っ手を付けてひとまず完成。ここまで約30分。

飾りシートを全体に貼っていきます。

わたしは全部作ってから飾りシートを貼ってしまいましたが、これは失敗。

扉部分や取っ手部分がものすごく貼りにくかったので、先にシートを貼ってからセットした方がおすすめですね(汗)

後からシートを貼ってしまったので、端っこ部分は黒いビニールテープで補強する羽目に…。

木目のレンジにした理由は、先に作ったキッチンを木目調にしていたので、統一感を出すためにあえて木目のレンジにしました。(ここ重要!笑)

ここまで、約1時間。

出来上がったレンジを娘に渡すと、嬉しそうに扉を開け閉めしたり、中にオモチャを突っ込んで早速遊んでくれています\(^o^)/

磁石の扉が良かったのか、なかなか楽しそう(^^)

完成品のレンジを夫に見せると、開口一番、「なんで数ある家電の中でレンジを作ったの?!」と驚かれ?ました(笑)

とりあえず、娘用のキッチンができて良かった〜。

ちなみにダンボールレンジは、ネットでも売られています(^^)

あえてオモチャを手作りする理由

あなたのうちには、どのくらいおもちゃがありますか?

子どもが成長してくると、どんどんできることも増えて、オモチャもレベルアップしてきますよね。

我が家では基本、娘と一緒にオモチャを作っています。

「買おうよ」という妻の言葉に、「買うのは簡単。でも、一緒に何かを作る工程をこの子にも見せたいし、体験させてあげたい」という夫の言葉から、我が家は作れそうなオモチャは、材料集め、作る工程や仕上げの作業まで、家族で製作することに。

娘も一緒にダンボール工作を楽しんでいます\(^o^)/

もちろん、まだ1歳児。一緒に作れるわけではありません。でも、不思議なんですよね。親が真剣に作業していると、娘も真剣に余ったダンボールで「何かの遊び」を始める。

「集中している空気」みたいなものが、自然に伝わるのだと思います。

大人が真剣に何かに取り組む姿は、言葉よりも子どもに伝わるものが大きいようです。

無心で集中できる工作はやっぱり楽しいなぁ〜(^^)

いらないオモチャの処分方法

段ボール工作のメリットは、いらなくなったらすぐに捨てられること(^^)子供がいると、知らない間にオモチャが増えてしまいますから…。

でも、「まだ使えるオモチャを捨てるのはもったいないし、だからといって、あげる人もいない…」なんて時は、【買取専門店トレジャー】を利用すれば要らないものを買い取ってもらえますよ(^^)/

本業の歯科衛生士の経験から紹介したい記事も読んでみて下さい

▼子どもの仕上げ磨き方法や歯磨き方法のポイントは、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

仕事や育児に追われて、自分の「」歯のメインテナンスが不十分になっていませんか?

歯の色も、見た目の印象を変える大事な要因です。

黄ばんだ歯では、鏡を見たときもテンションが上がりませんよね(汗)わたしも、黄ばんだ自分の歯を見るたびに、悲しい気持ちになっていた一人。

でも、1ヶ月でここまで白くなっています\(^o^)/もちろん画像の加工はしていません!

手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があるんです。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができるんです。

歯が白くなる歯磨き粉は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/ほんっとに、白くなりますよ!

合わせて読みたい→家で歯を白くする歯磨き粉の効果。歯が白くならないと諦めてたあなたも1ヶ月試してみて!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする