【時短で歯磨き】たった4つのステップで短い時間でも楽に口の中がスッキリ綺麗になる方法

歯磨き方法

あなたの歯を守れるのは、結局、あなたしかいません!

歯磨きを丁寧にしたいけど、小さい子がいると毎日ヘトヘト。

 

「歯磨きしなきゃ…」と思っても、子供を寝かしつけながら一緒に寝てしまったり、疲れて歯磨きも「適当」になっていませんか?

 

でも、虫歯や歯周病にならないためには最低1日1回、夜だけは丁寧な歯磨きが必要です。

それはなぜか。

その答えは夜寝ている間は、特に唾液の出る量が減ってしまう時間帯だからです。

 

つまり寝る前の歯磨きが適当だと、虫歯や歯周病のリスクをドーン!と上げてしまうのです(汗)

 

でも安心して下さい!

 

この記事では、忙しくて歯磨き時間が満足にとれないあなたでもできる「虫歯や歯周病にならない方法」をご紹介していきます!

 

子育てにおわれ、時間がなく満足に歯磨きできてないパパやママはは、ぜひじっくり読んでみて下さい(^^)

 

スポンサーリンク

時短歯磨き①自分にピッタリな歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方

そもそも歯磨きは「長い時間をかければOK!」という単純なものではありません。

 

大切なのはその内容。

 

短い時間で歯磨きするなら、まずは「あなたにピッタリ合った歯ブラシ」を見つけることが大切なんです(^^)

 

「でも、自分にはどの歯ブラシが合っているか分からない…」と思いますよね。

 

そんなときは、歯磨きが苦手で下手な人必見!歯ブラシを変えるだけで簡単に磨き残しを減せますを参考に、まずは自分にぴったりな歯ブラシを探しましょう(^ ^)

 

歯ブラシの大きさや毛先など、歯や歯ぐきの状態に合った歯ブラシを選ぶことが、効率よく歯磨きするコツですから(^ ^)

時短歯磨き②磨き残しを意識して磨く

染め出し液の使い方

歯磨きは無意識で磨いていると「磨き残し」が多くなってしまいます。

 

まんべんなく汚れを落とすためにも、歯磨きの「自分ルール」をつくってみましょう。

やり方は簡単です!

 

まず染め出し液で磨き残しをチェックし、自分が「どこに磨き残し」があるのか確認してみましょう!

 

液体タイプのはみがき上手 イチゴ味 180mlなら、歯磨き粉の役割もあるので、磨いた後に歯磨き粉を付けてもう一度磨く手間がかかりません。

 

もちろん、歯ブラシで簡単に取れるので使いやすいですよ(^^)

 

磨き残し部分が分かるだけで、驚くほど効率的に磨けるようになりますから♪

 

子供の磨き残しには赤い染め出し液がオススメ!効果とデメリットを解説。
毎日歯磨きしているつもりなのに、 虫歯になる 歯周病になる 歯医者で磨き残しを指摘される 歯石が付きやすい など、あなたも悩んでいませんか? 自分では磨いているつも...

 

歯を磨く順番を決める方法

磨き残しが分かったら、歯を磨く順番を決めて歯磨きを始めましょう。

磨き始めはどこからでもいいのですが、「磨き残しの多い部分」からスタートする方が、磨き残しが劇的に減ります。

 

もし磨く順番が特に決まっていない方は、下の写真のように「一筆書き」で磨くと、磨き忘れがなくなりますよ(^^)

歯磨きの順番
磨き残し部分が上手に磨ければ、もう8割は歯磨きが終わったようなもの!

 

でも、頑張りすぎて強い力で磨かないように注意して下さい。鉛筆持ちで歯ブラシを持って、ゆで卵を磨くように軽い力で磨きましょう(^^)

 

大丈夫!軽い力でも毛先がきちんと当たっていれば歯の汚れは落ちてくれますから(^^)/

 

時短歯磨き③歯磨きが面倒な人こそアイテムにこだわる

歯ブラシの選び方

もし可能なら、歯ブラシ以外の道具も夜だけ取り入れてみませんか?

 

例えばあなたがメイクする時も、メイクブラシをパーツごとに変えますよね?チークブラシで眉は描きませんよね?

メイクも、パーツごとにブラシの種類を変えたほうが仕上がりが綺麗です(^^)

 

これは歯も同じこと。

 

歯ブラシ1本で全てを磨こうとするよりも、歯並びによってはパーツごとにワンタフトブラシフロスや歯間ブラシなど、アイテム数本を使い分けたほうが実は早く磨けるんですよ(^^)/

 

 

7種類のフロスの効果を比較!おすすめの選び方と使い方を写真で解説!
「あ~ぁ。なんで歯磨きしてるのに虫歯ができるの…」 「フロスや糸ようじを使おうと思って、使い方も選び方もぜんぜん分からない…」 あなたも、歯の間に繰り返しできる虫歯に悩んでいませんか? 実は歯の間の汚れは、...

 

でもどうしても、歯間ブラシやフロスが使えない時は、

  • マウスウォッシュ
  • 歯の間の汚れが取れる歯磨き粉

を使うのも1つの手です(^^)

 

低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー
朝の口臭やネバつき予防のために、歯磨き後に10秒うがいをしませんか? 寝起きの自分の口臭が気になっていませんか? 急に子供に顔を近づけられた時、「ママの息クサイ!って言われたらどうしよう…」と不安になることはありませんか...

 

 

ここがすごい!歯の間や隙間の汚れが取れる歯磨き粉

歯磨き粉の選び方

歯周病や虫歯の多くは「歯の間」「歯ぐきの間」から侵されていきます。つまり、歯の間や歯ぐきの間の汚れを上手に取ることが歯周病や虫歯予防の要になる!ということです。

 

でもあなたが

「歯の間って磨きにくいけど、毎日歯間ブラシやフロスが使えない…」

「もっと楽に虫歯や歯周病予防がしたい!」

 

と思っているなら「歯の間の汚れがとれる歯磨き粉」を使って、歯磨き時間を短くしましょう\(^o^)/

とは言っても、歯磨き粉は種類も多いし、正直どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね(汗)

 

あなたも「なんとなく」値段の安いものや話題の歯磨き粉を手にとっていませんか?

 

その歯磨き粉を使って、実際に効果はありましたか?

 

もし「コレだ!」という歯磨き粉にあなたが出会えていないなら、歯科衛生士のわたしがおすすめするBRIAN(ブリアン)を使ってみて下さい(^^)

 

なぜわたしがBRIAN(ブリアン)をおすすめするかというと、市販のペーストの歯磨き粉は「泡」で汚れを落としていくものが多いのに対して、BRIAN(ブリアン)は「粉」の歯磨き粉。

 

そのため細かい粒子で、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所までしっかり粒子が届いてプラークを取り除いてくれるんです!

 

他に道具を増やす必要もなく、歯ブラシだけで歯の間の虫歯予防ができれば、時短になるだけでなく毎日続けやすいですよね\(^o^)/

 

フロスや歯間ブラシを使えば、歯磨き時間はその分どうしても長くなります。

歯磨き時間がとれる方なら問題ありませんが、歯磨きに時間がとれないなら「時間をかけずに効率よく歯磨きする方法」を探すべき!

 

「虫歯になりたくない!」という最終ゴールは同じでも、ゴールを目指す方法はいくらでもあります!あなたに合ったやり方で歯磨きしていけばいいのです(^^)

 

子育て中で自分の歯磨き時間がないパパやママは

「フロスや歯間ブラシって毎日使うの面倒だな…」

「丁寧に歯磨きする時間がない」

と感じていますよね。

だったら、歯ブラシ1本で歯周病予防ができるのはかなり魅力的ですよね♪

 

 

▼すぐに確認したい方はこちらから確認できます▼

善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉

 

 

ブリアンの2つのデメリット

せっかくなので、わたしが感じたBRIAN(ブリアン)のデメリットも紹介します。

それは歯磨き粉の中では値段が高いことです。

 

数百円で買える歯磨き粉がある中で、「わざわざ値段が高い歯磨き粉を買う必要があるの?」と、思いませんか?

 

でもその時だけの物の値段で、全ての価値は決められません!

だって、健康な歯や歯ぐきを保つための「健康への投資」と考えれば、決して高くない金額!ですよね。

 

もし歯周病や虫歯になって歯医者に通えば、時間もお金もついでにストレスもそれなりにかかってしまいます…。

 

それに、何度も歯医者に通ったり「詰めもの」をする金額を考えると、結果的に歯磨き粉の方がずっと安く歯を健康に保てると思いませんか(^^)

 

「歯周病や虫歯になっても、治療すればいいんじゃないの?」とあなたは思うかもしれません。

 

でも、一度削った歯は2度と元には戻らないし、歯周病で痩せた歯ぐきが元に戻ることは難しいのです!

 

「今」あなたが虫歯や歯周病などトラブルを抱えているなら、「何か」を今までと変えないと、残念ながらこの先も状況は変わりません!むしろ状況は悪くなっていきます!

 

自分の歯で食事ができなくなることは、とても味気ない人生になってしまいます(汗)

 

しかも歯を失ってインプラントをしたり虫歯で高い被せものにすれば、歯のメインテナンのためにずっと歯医者に通わなくてはいけませんよね(汗)

 

それなら予防に投資した方が安上がりだし絶対にいい!と、わたし自身いろんな患者さんを診てきて、本当に強く思うのです!

 

毎日丁寧に歯磨きする時間がないなら、まずはすぐ始められる「歯磨き粉」から変えてみませんか?

 

歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』

 

時短歯磨き方法まとめ

子育てに追われていると子供中心の生活になって、自分の歯磨き時間が満足にとれないことも多いですよね。

 

だからと言って、「ササッ」と雑に磨いても何の意味もありません!時間がないからこそ、短い時間の中で効率的に磨く方法を考えるべきです!

 

その為には、

①自分に合った歯ブラシや歯磨き粉を選ぶ

②歯並びによっては、他の道具も組み合わせる

③磨き残しを知って、自分の癖を知る

④磨く順番を決める

 

の4つのステップを踏んでいけば、短い時間でも綺麗に磨けるようになりますよ(^^♪

 

また、定期的に歯のクリーニングをしてもらうことで、圧倒的に虫歯や歯周病のリスクを下げることが出来ます!

 

信頼できる歯科衛生士に気軽に口の中を診てもらえるような環境をつくれば、トラブルを未然に防ぐことが出来ますから(^^)

 

全身の健康は口もとから。

子供の歯のケアも大切ですが、自分をの歯や歯ぐきももっと大切にしてあげませんか?(^^)

 

▼虫歯や歯周病予防ができる歯磨き粉はこちらから確認できます▼

善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉

 

 

 

コメント