歯並びが良くなる離乳食

離乳食の進め方や始め方に歯の生え具合は関係ない!前歯しか生えてない赤ちゃんでも食べられる理由。

赤ちゃんの離乳食開始の目安はしっかり母乳が飲めてお座りができる頃、アレルギー予防のためにも満7ヶ月を過ぎた頃の2つの条件を満たした時期から、少しずつご飯を食べさせはじめ、「おっぱいを飲むこと」から「食べること」へ移行させていきます。赤ちゃんが離乳食を食べる目的は、家族と同じものや同じ味のものが食べられるようになること。育児書に書かれているベタベタやドロドロのものを食べるようになることではないんです。別メニューを作って味付けをすることは将来親と違う味覚になってしまう可能性があります。同じ食卓は家庭の味を覚えコミュニケーションの場にもなります。
口臭対策

前歯が長くなった気がするのはなぜ?歯ぐきが下がる3つの原因と改善方法。

歯ぐきが下がってしまう原因は元から骨がない、間違った歯磨き方法、歯周病が主な原因です。歯ぐきが下がった場所は虫歯のリスクが高くなり、傷つきやすい部分。まっすぐ歯ブラシを当てる、研磨剤入りの歯磨き粉は使わない、唾液をよく出して間食の摂り方を見直してこれ以上歯ぐきが下がらないように注意しましょう。おすすめの歯磨き方法や歯磨き粉の選び方を紹介します。
歯の生え変わり

子供用の椅子のおすすめは2つ!食事中に足が付かないベビーチェアで歯並びが悪くなる理由とは。

歯並びが悪くなる原因と予防方法を紹介します。歯並びのいい子に育てたいなら歯並びだけ見ていてはいけません。あごの骨を正しく成長させる事が大切なんです。あごの骨の成長は癖や姿勢で変形し、歯並びにも影響してしまいます。猫背・指しゃぶり・頬杖をつく・いつも同じ方を下にして寝る・片噛みなどの癖であごは曲がったりズレやすくなります。「癖」も毎日積み重ねれば大きな力になります。
妊娠・赤ちゃんの歯

子供の仕上げ磨きはいつまで(何歳まで)続ける?やめるタイミングと歯磨きを任せていい時期とは

仕上げ磨きの方法や時期を説明します。仕上げ磨きは小学校の中学年~高学年まで続けましょう。細かい手の動きが上手にできない子たちは磨き残しが多いです。手がうまく動かせるまでは子供任せに歯磨きをしておくのは危険です。歯ブラシの磨き方や持ち方、仕上げ磨きの姿勢、磨く順番や時間帯など決めておくと、生活の一部になりやすくオススメです。上の奥歯の外側→内側→下の歯の奥歯の内側→外側→全てのかみ合わせ面と磨きましょう。
家の中での遊び

ウェルスナビの始め方。10万円からスタートできる口座開設と申し込み方法。

ウェルスナビはロボアドバイザーが資産運用に関するプロセスを自動化してくれます。自動でやってくれるなら、変に感情も邪魔しないし、時間もかけなくてすみます。「ほったらかし」でもOKだという手軽さから、今回ウェルスナビをスタートすることにしました(^^)今回は、口座の作り方などを中心に紹介していきます
虫歯・歯周病予防

フッ素入り歯磨き粉はうがいの回数で効果と濃度が決まる!上手な4つの使い方。

フッ素入りの歯磨き粉の効果的な使い方。フッ素入り歯磨き粉を使う時は3分間は磨く、途中で吐き出す回数を減らす、最後はブクブクうがいを2回ほどして終了、磨いた後飲食しない方法を守って上手に使いましょう。フッ素入り歯磨き粉で0.5gで歯磨きした場合、1時間以上歯の再石灰化を促進してくれるフッ素が唾液の中に含まれます。途中の吐き出しや最後のうがいを少なくしてフッ素を口の中に残すことで低濃度のフッ素をまた歯の表面に働かせていることになり、歯を強くする効果が期待できます。
口臭対策

歯周病の予防方法と2つの原因。歯医者で歯周病が治らない理由は全身の病気が関係しているから

歯周病の原因には口の中の細菌が原因で起こる歯周病は歯磨きが不十分で、歯にプラークや歯石が付いて細菌の毒素で炎症が起こります。全身的な要因で起こる歯周病は糖尿病など病気が原因の歯周病です。口の中だけの治療では改善が難しく、全身的な問題を改善する必要があります。歯周病の原因はプラークです。予防にはプラークを溜めないことが一番!病気を治すことはもちろん、他にも普段の食生活、歯磨き方法を見直すだけでも、プラーク(細菌)の量を減らすことができます。歯周病の予防方法を紹介します。
矯正治療

抜歯しない矯正で失敗しない!矯正治療で歯を抜く・抜かないメリットとデメリット。

矯正治療では抜歯することも多いです。子供の場合はあごを広げることで非抜歯になる可能性もあります。でも骨の成長が止まった大人の場合は小臼歯を前後左右4本抜いて歯が並ぶ隙間を作っていきます。虫歯や歯の根っこの状態が悪い歯があれば優先して抜くことも。抜歯した後の隙間は、治療中に閉じていきます。抜歯のメリットやデメリットについて説明します。
矯正治療

【矯正歯科の選び方】病院選びのポイントや矯正治療の流れを歯科衛生士が解説します。

矯正治療の流れや病院の選び方を紹介します。矯正を始める前に初診で歯並びや噛み合わせなど今の状態を診てもらい、治療の可能性や限界や治療途中の引越しの際の対応なども聞いておきましょう。治療前にレントゲンの撮影や顔や口の中の写真や上下の歯型など資料を取ります。治療方法・歯を抜く抜かない・期間・どんな装置を使うのか・治療費の合計・支払い方法なども聞いておくと安心です。矯正治療は2~3年かかり、外した後の保定期間は2年程、全部で5年程度のお付き合いになるので、病院選びは慎重にしましょう。病院選びに迷った時は、矯正専門医の病院で治療した方がオススメだし確実です。
口の中のトラブル

歯ブラシのかたさの種類!やわらかめ、ふつう、かための選び方と実際の使用感に違いを感じる理由。

自分にあった歯ブラシのかたさの選び方を紹介します。『かため』『ふつう』『やわらかめ』と3種類の表記。JIS規格の『座屈強度の測定』というもので分けられ、条件を統一させるため歯ブラシの毛の長さを7㎜で切り揃えて、均等に荷重をかけて、どの位の力で歯ブラシの毛先がしなるかを見ていきます。『ふつう』歯ブラシも人によっては『かため』に感じたり『やわらかめ』と感じてしまう人もいます。
スポンサーリンク