【短期間で白い歯に】歯医者でするホワイトニングの値段と治療のデメリットを解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

「自分の歯の色がもっと白くなればいいのになぁ…」と、あなたも一度は考えたことがありますよね?

実は「ホワイトニング」と言っても種類があって、

と、どちらか一方を選んだり、2つの方法を組み合わせながら歯を白くしていく方法があるんです(^^)

また、白くしたい歯が

かどうかで、ホワイトニング方法も変わってきます。

歯の状態によっては、ホワイトニングより被せ物をして白い歯にする方が良い場合もありますから、自分の口の中の状態に合わせた方法でホワイトニングができるように、担当医や歯科衛生士と相談してから始めましょう(^^)/

今回は、歯医者でできるホワイトニングの方法や金額について紹介していきます。メリットやデメリットもしっかり知った上で歯を白くしていきましょう\(^o^)/

スポンサーリンク



歯医者で行うホワイトニングの料金はいくら?家でするホワイトニングの金額とどっちが安いの

歯医者で行うホワイトニングは、虫歯などの「病気の治療」が目的ではなく「審美目的の治療」になりますよね。そのため、保険が使えす自費治療になるため、費用も数万円と高価になります。

値段は病院ごとに違いますが、一般歯科で約3~5万円前後。

ただし、白くする歯の数によっても金額も変わるので、最初によく確認しておきましょう。また、ホワイトニング前に行う歯のクリーニングの料金が約5000円程度別でかかるので注意して下さい。

ちなみに家で自分で行うホワイトニング約2~4万円前後なので、歯医者で行うホワイトニングの方がなんだか割高に感じますよね。

しかし1回で効果が実感できるなど、金額以外のメリットもたくさんあるので、あなたのスタイルに合った方法で歯を白くしていきましょう!

歯医者でするオフィスホワイトニングのメリットとデメリット

歯医者でおこなうオフィスホワイトニングのいいところは、高濃度のホワイトニング剤が使えるので、すぐに白さを実感できることです。

つまり

  • 通院回数が少なくてすむ
  • 医師によってコントロールされた処置が可能
  • 部分的に白くすることもできる
  • 知覚過敏などのトラブル時には、すぐ対応してもらえる

など、4つメリットがあるんですよ(^^)/

しかし一方で

  • 1回の治療時間が、1時間程度と長い
  • 治療費が高い
  • 高濃度のホワイトニング剤を使うので、知覚過敏になる可能性が高い
  • 前歯~小臼歯(糸切り歯の後ろの歯)までの限られた部分の漂白がメイン
  • 色の後戻りがホームホワイトニングに比べて約3ヶ月〜6ヶ月と早い

の5つのデメリットもあります。

短時間で歯が白くなる一方で、値段の高さや後戻りの早さなどホームホワイトニングに比べてデメリットもあるので、よく説明を受けてから始めましょう(^^)/

ただし歯の変色が濃い時は十分な効果が期待出来ないこともあるので、説明をきちんと受けて納得してから始めることをオススメします(^^♪

歯科医で行うオフィスホワイト二ングの手順

歯医者でのホワイトニングの方法は、

歯石やタバコのヤニなどの着色や、コーヒーなどのステインをクリーニングをします。歯の表面の汚れを取ることで、ホワイト二ングを効果的に行うことができます。

  • 歯の色を決める

どのくらいの白さにするのか、「色のサンプル」を見て白さの程度を決めていきます。

  • 粘膜などの組織を保護する

img_1350

ホワイトニング剤が歯ぐきや粘膜に付かないように、保護カバーをします。
薬剤が強いので歯ぐきに付くとピリピリして、人によっては歯ぐきが白くなり痛みが出る事もあります。

でも安心して下さい(^^)

もし痛みがある時はビタミンEを含む軟膏を塗ってあげると、3~6時間後には痛みも白さも消えていきますから♪

  • ホワイト二ング剤を歯の表面に塗る

ホワイト二ング剤を歯の表面に1~2㎜の厚さになるように塗ります。

  • 光を当てる

ホワイトニング剤を塗って5分経ったら、ホワイト二ング剤の活性化のために特殊な光を当てます。

でも、光の中には強い紫外線を含むものもあるので、過度の加熱で神経に影響が出たり知覚過敏の原因になることも。

光線に対して過敏症のある人は避けた方がいい場合もあります(><)

 

  • ホワイト二ング剤が白く変化したら拭き取る。
  • ホワイト二ングが終われば、保護カバーを外してフッ素を含んだペーストで磨きます。

このような手順で行います(^^)/

ホワイトニングの治療後に知覚過敏になったらどうする?

ホワイト二ング終了後は歯がデリケートになっているため、人によっては「知覚過敏」になる可能性もあります…。

もし知覚過敏の症状があれば、

  • フッ素入りのジェルを使う
  • ホワイト二ングの間隔や時間を調整する
  • 場合によっては中止して様子をみる

方法で対処していきましょう。

しかし知覚過敏は、一時的な症状なら数時間から数十時間で症状は消えますから心配しなくても大丈夫です(^^)/

あらかじめ知覚過敏の症状を防ぎたい時は、ホワイト二ングをする2週間前から、知覚過敏に効く、システマセンシティブのような硝酸カリウムが含まれた歯磨き粉を家で使うといいですよ(^^)/

また歯医者でもホワイト二ングが終わった後も、知覚過敏予防で

  • 歯にフッ素を塗る
  • 硝酸カリウム配合の歯磨き粉をトレーに入れて歯に装着してもらう

など、知覚過敏の予防対策をしてくれますから安心して下さいね♪

ホワイト二ング終了後の食べ物や飲み物の注意点

ホワイト二ングは、歯の表面の「エナメル質」に作用させていく処置です。

ホワイトニング後の歯を顕微鏡で見ると、表面が荒れてデリケートな状態になっているんです…。そのため施術後の24時間は色の濃い物や酸性の飲食物は摂らないようにしましょう。

特にお酢やスポーツ飲料も!歯を溶かす食べ物・飲み物の3つの上手な取り方でも書いたように、「酸性の飲食物」はエナメル質を溶かしてしまう可能性があるので、歯がデリケートになっている時は過剰に摂ることは避けましょう。

ホワイト二ング終了後から「歯の後戻り」は始まっています。

そのため処置後に、コーヒー・お茶・コーラ・赤ワイン・醤油・ソース・ケチャップなど、色の濃い飲食物やタバコを避けることで、歯の白さをより持続できますよ(^^)

ホワイトニングの効果は3~6ヶ月でだんだんと色落ちするので、人によっては経過観察の時に、追加のホワイト二ングをすることもあります。

色落ちが気になったら、早めに担当医に伝えましょう(^^)/

まとめ

歯医者でのホワイトニングは、家でするホワイトニングより回数が少なくてすむなどのメリットがあります。

一方で治療費がホームホワイトニングに比べて高価だったり、知覚過敏が出るデメリットもあります。

時間をゆっくりかけながらホワイトニングをしたい方はホームホワイトニングを選択して、高価でも1回で白さを実感したい方は、歯医者でのホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか?

ただしどんなホワイト二ングでも、必ず後戻りをします!

少しでも長く歯の白さを保つためにも、色の付きやすい食品に注意したり、後戻りが気になったらその都度ホワイトニングを追加しながら歯の白さを維持しましょう。

また家では、ホワイトニング用の歯磨き粉の【プレミアムブラントゥース】を使えば、より白さが長持ちするのでおすすめです(^^)

ホワイトニングは自費治療です。期待する結果になるように、ホワイトニングに力を入れている精密審美歯科や、その他の場所では、口コミ歯科・歯医者で信頼できる歯医者を探してみてくださいね♪

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

もっと手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、歯医者の治療と並行すれば、白さを長く持続することができますよ(^^)

もちろん、歯磨き粉だけでも白い歯にすることができます!

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)今まで使ったどの歯磨き粉よりも歯が白くなりました(^^)

1ヶ月で、ここまで白くなっています(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい!

使っているから言えます。簡単だから続けられる【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

あなたもぜひ!

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→やっと見つけた!研磨剤なしで歯の黄ばみが白くなるおすすめ歯磨き粉は2つ!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする