【乳歯のすきっ歯】2歳〜3歳頃の前歯の隙間がある・ないが永久歯の歯並びを決める!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯並びの悪い人のイラスト

2歳半から3歳頃の子どもの歯並びを見て、

「あれ?乳歯の歯並びに隙間がある!」

「うちの子、すきっ歯になってる!」

と、心配になっていませんか?

子ども達のあごの骨はまだまだ成長途中!

当然あごも成長して広がっていくので、一時的に歯の間に隙間があくことがあるんです。

つまり乳歯の隙間は、心配するどころか順調にあごが成長している証拠!まったく問題ありません(^^)

しかも乳歯は全部で20本なのに対して、永久歯は28本(親知らずを除く)と、乳歯より8本も数が多いんです。なのに、歯が生えるあごは乳歯と同じあごの中。

当然、あごの骨が成長していないと、永久歯の並ぶ隙間がなくなってしまいますよね…。

乳歯の隙間には、大切な役割があります!

では、もっと詳しく「乳歯の隙間」について解説していきますね。逆に隙間がないと永久歯の歯並びが悪くなる可能性があるので、子どもがいるパパやママはぜひじっくり読んでみて下さい(^^)/

歯科衛生士おすすめの「家庭でできる子どものあごを大きくする方法」も、一緒にご紹介しますね(^^)

スポンサーリンク



2歳半から3歳頃の乳歯の歯並びがすきっ歯になる原因

十分あごが成長した子ども達は、3歳前後になると「左右の乳歯の糸切り歯~糸切り歯の間」に隙間ができ、永久歯が綺麗に並ぶための準備を始めます。

つまり、2歳半〜3歳頃のいわゆる『すきっ歯』は、正常な発育の過程でできている隙間がほとんど。将来、乳歯から「幅の大きい永久歯」へスムーズに生え変わるための隙間なので、心配する必要は全くありません(^^)

逆に乳歯の間に隙間がない歯並びは、一見「歯並びが綺麗」に見えてしまいますが…、喜んではいけません(汗)

隙間がないと、永久歯の生える隙間がなく「将来ガタガタの歯並び」になる可能性が高くなってしまいますから(><)

関連記事→早いほど効果的!あごが小さい・歯並びが悪い子供が増えている原因と改善方法はこれです!

さらに、乳歯ですでに「ガタガタの歯並び」の場合は、永久歯になっても歯並びが悪くなる可能性がかなり高いので、早めに自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で対処してもらいましょう。

矯正歯科での治療方法

矯正歯科では乳歯の隙間が「どのくらいあるか」によって治療方法が変わります。

例えば、

①乳歯の隙間が足りてる時は、順調な生え変わりができるので様子をみます。

②乳歯の隙間が少しだけ足りない時は、隣の乳歯を少し削ったり、乳歯を抜いて「隙間」を作って歯を並べていきます。

③乳歯の隙間が全然足りない時は、矯正装置であごを広げたり歯を抜いて対処します。

と、こんな感じで「隙間の量」によって対処方法が変わります。

治療でタイミングよく歯が生え変わるよう導いたり、あごを広げることで、綺麗な永久歯の歯並びを手に入れることができるんですよ(^^)/

すきっ歯にならない子は、永久歯の歯並びにも影響する!あごが小さい子や細い子が増えている理由

ハンバーグとスキレットのイラスト

実は最近、

  • あごが小さい子
  • あごが細い子

など、あごが広がらず乳歯の歯並びに「隙間がない子ども達」が増えているんです。

それはなぜか。

その答えは今の食生活です。

例えば

  • とろ~りハンバーグ
  • オムライス
  • グラタン

…など、子どもが大好きなメニューは噛まなくてもいい「柔らかいもの」が多いですよね。

身体の筋肉は運動することで成長していきます!

口にとっての運動は…そう!噛むことです。

「よく噛むこと」であごの骨は成長します!

よく噛むと顔の筋肉が動いて、骨の細胞を引っ張ったり押さえたりする力がかかります。
その結果、骨をつくる細胞が栄養を取り込んであごの骨が成長し、歯が並ぶ隙間ができるのです!

口の運動は食事でしか出来ません!

なのに柔らかい食事ばかりでは、あごを成長させるチャンスがなく、永久歯が並ぶ隙間がつくれませんよね。

子ども達によく噛んでほしいなら、答えは一つ!

子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!を参考に、噛みにくい食事を作ればいいのです(^^)/

噛みにくい食事と言っても「固いもの」ではなく、繊維の多い葉物野菜を大きく切って食卓に出せばいいだけだから、作るのもすっごく簡単ですよ(^^)

主食を変えれば簡単に噛む回数が増える

もっと簡単なところでは、主食を「玄米」に変えれば手軽に噛む回数を増やせます(^^)

しかも穀物には、エネルギーだけでなく食物繊維やビタミンBなどたくさんの栄養が含まれてるんです。

ビタミンBは、炭水化物や脂質やたんぱく質が働く時に必要な栄養素。また、皮膚や粘膜の発達にも大きく関わっています。

でも玄米を白米に精白すると、なななんと!ビタミンや食物繊維やカルシウムは、半分近く減ってしまうのです…。

これ、すっご〜く勿体無いですよね。

つまり主食を「玄米」に変えるだけで、噛む回数も増えて、栄養バランスが格段に良くなる食事に変身できる!ということ。

どうか、貴重な栄養素を捨てないで下さい(汗)

とは言っても、「玄米」は人によっては好き嫌いが分かれる食品。もしいきなり何キロも玄米を買ってしまえば、余ってしまう可能性だってありますよね…。

玄米を食べたことがない方は、最初は少量から試してみましょう!

ファンケルの発芽米なら量も少ないし低価格なので、玄米を初めて食べる方も味や食感を安心して試しやすくオススメです(^^)

玄米臭さも気にならず「甘み」もあるので、子ども達も抵抗なく食べてくれますよ(^^)

我が家はもちろん玄米です!(2歳の娘もバクバク食べています!)

しかもファンケルの発芽米なら家まで届けてくれるので、妊娠中や小さな子供がいる家庭でも始めやすいのがメリットです\(^o^)/

主食に玄米を取り入れるだけで、本当に家族全員の噛む回数が増えます!

ママも子ども達にもいちいち「よく噛んで食べなさい!」と怒らなくていいので、本当に楽でおすすめの方法ですよ(^^)

ぜひ、騙されたと思って玄米を試してみて下さい(^^)

【ファンケル】「玄米」以上の栄養価とおいしさを兼ね備えた理想的なお米♪

万が一玄米が難しい方は、熊本発!!国産33雑穀米を試してみましょう。玄米より食べやすいですから(^^)

 まとめ

2歳半〜3歳頃の乳歯の歯並びの隙間は、永久歯が並ぶための大切な隙間です!

もちろん心配いりません(^^)

反対に隙間なく「ギチッ!」と並んでいる子は、永久歯の歯並びが悪くなる可能性があるので、早めの対策が必要です。

歯並びの「良い・悪い」は遺伝的な要因も確かにありますが、生まれてからの生活習慣や食生活での影響も大きな要因になっています!

子ども達を「綺麗な歯並び」にしたいなら、あごの幅を広げて歯が並ぶ隙間をつくることが大切です。

子どものあごはまだまだ成長中!だからこそ、普段から食事をよく噛ませる事がとっても大切なんですね(^^)

綺麗な歯並びは、食事をよく噛むことでつくれます!

でも「よく噛んで食べなさい!」と怒る必要は全くありません\(^o^)/

やることは簡単です!

今日から「食べやすい食事」はつくってはいけません!

野菜を大きく切るなど食べにくい料理にしたり、主食をファンケルの発芽米にして、無理なく家族の噛む回数を増やしましょう\(^o^)/

主食を玄米に変えるだけで、子ども達の「噛む回数」も勝手に増えて、栄養バランスも「グッ」と良くなりますから♪

少量の【ファンケル】北海道産玄米100%使用!発芽米お試しセット♪なら低価格なので、玄米を初めて食べる方も味や食感を試しやすくてオススメです!

家まで届けてくれるので、妊娠中や小さな子供がいるママでも始めやすいですよ\(^o^)/

あなたもぜひ低価格の「お試しセット」から試してみて下さい!

▼詳しくはこちらから確認できます▼

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!仕上げ磨きにも使える虫歯予防に効く歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

▼パパやママにおすすめ!家で安く歯を白くする方法もぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする