歯を早く生やす驚きの方法!歯が生えてない赤ちゃんからすぐできる3つの対策!

歯の生え変わり
スポンサーリンク




赤ちゃんの乳歯を早く生やす方法がある!

と聞くと、なんだか怪しい感じがしますよね?

 

でも面白いことに顔の筋肉や口の周りの筋肉をよく動かすと、あごの骨が成長して歯が生える準備になるんですよ(^^)

 

つまり赤ちゃんの歯がまだ生えてない時期から、顔や口の周りの筋肉を使う(おっぱいを飲んだり、笑ったり、泣いたり表情を変える)ことは、あごの骨の成長にとっても、非常に大切なことなんです。

 

赤ちゃんがいるパパやママは、ぜひこの記事を読んでみて下さい!赤ちゃんのあごを成長させる大切さを知っていると、将来子供達が「良い顔つき」になったり「歯並びのいい子」になる可能性が何倍も上がりますから(^^)

 

今実践すれば、将来100万円かけて矯正治療で歯並びを直さなくてすみますよ(^^)

 

スポンサーリンク

歯が早く生える!顔や口の周りの筋肉をよく動かせばあごの骨の成長が活性化する理由

歯は、

  • 歯ぐきの上に出ている頭部分
  • 歯ぐきの中にある根っこ部分

の2つに分かれていて、歯の根っこには歯根膜(しこんまく)という歯と骨をくっつけている繊維が存在しています。

 

実はこの「歯根膜」。

「刺激」があればあるほど強くなっていく特徴があるんです!

つまり、食事をよく噛めば噛むほど歯根膜の繊維が栄養を吸収して強くなっていく!ということ(^ ^)

 

しかも歯に伝わった「噛む力」は、周りの骨にも伝わって骨に歪みを与えます。

 

すると、どうなるか。

 

なんと骨の中にある「骨を作る細胞」にも刺激が伝わって、骨を作る働きが活性化するんです。

 

わたし達の顔には「咬筋」や「側頭筋」などたくさんの筋肉がついています。たくさんの筋肉があるから、口を動かしたり表情をつくることができるのです(^^)

 

もちろん歯がまだ生えていない赤ちゃんも

  • おっぱいを飲む
  • おもちゃや手足など、いろんなものを口に入れて舐めたり噛む
  • 「アーアー」「ウーウー」など、言葉じゃない「喃語」で声を出す
  • 表情を変える

 

ことで筋肉を使えば、あごの骨にも力の刺激が伝わって、骨をつくる働きを活性化させることができるんですよ(^^)

 

歯が生える時期の赤ちゃんは、むずがゆいのかよくオモチャを噛んだりしますよね?でもその噛む刺激も、歯の形成の促進に関係していた…とは驚きですね。

 

母乳をよく飲んだ赤ちゃんの歯並びが良くなる驚きの理由

子供の将来の歯並びの良し悪しは、赤ちゃんの時にどれだけしっかりおっぱいを飲んだかで決まります!

 

「歯並び」というと『歯の並び方』ばかりが気になってしまいますが、『歯が並ぶあごの骨』が十分成長してないと、綺麗に歯は並びませんよね。

 

ではどうすればいいのか。

答えはとてもシンプルで、おっぱいをしっかり飲ませることです(^^)

 

赤ちゃんが母乳を飲んでいる口元をよく観察してみて下さい。上下にあごを動かしながらおっぱいを飲んでいますよね?

 

実は赤ちゃんは、おっぱいを『吸って』飲んでいるのではなく、乳首を舌で上あごに押し付け、上下にあごを動かしながら『搾り出して』飲んでいるのです。

 

しかも、おっぱいを搾り出して飲むためには、

  • 頬っぺた
  • あご
  • 口の周りの筋肉

と、とにかくいろんな筋肉を使わないと飲むことができません。

 

あごを上下に動かしながら母乳を飲む動きは、まさに「噛む」基礎になる動き!

 

つまりおっぱいをしっかり飲んでいる赤ちゃんは、骨の中にある「骨を作る細胞」にも刺激を伝え、骨を作る働きを活性化していたのです\(^o^)/

 

大事なことは、直接ママのおっぱいの飲むこと。

搾乳したおっぱいを哺乳瓶で赤ちゃん飲ませても、(栄養は摂れても)口の正しい使い方は身につきませんから…(汗)

 

 

一方で

  • 赤ちゃんの時にしっかり母乳を飲まなかった
  • 『吸って飲む哺乳瓶』を使ってきた

赤ちゃんは、あごや口の周りの筋肉を十分動かせないまま育ってしまうため、骨や歯に十分な刺激を与えることができないんです。

 

でも安心して下さい。

 

もしミルクで育てる時は、「哺乳瓶の形状」にこだわって選んでみましょう(^^)歯科衛生士がおすすめする哺乳瓶はビーンスタークです。

 

 

なぜビーンスタークの哺乳瓶をわたしがおすすめするかと言うと、知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由にも書いたように、ビーンスタークの乳首の内側には「弁」がついているので、吸っただけではミルクを飲めない構造になっているからです。

 

つまり母乳と同じように、舌を上あごの付けて乳首を搾り出さないと飲めない哺乳瓶!ということ(^^)

ビーンスタークの哺乳瓶は穴が開いただけの哺乳瓶の乳首と違って、あごや筋肉をしっかり動かせるので、骨の中にある「骨を作る細胞」に刺激を伝え、骨を作る働きを活性化することができるんですよ。

 

 

赤ちゃんの歯を早く生やしたり歯並びのいい子にしたいなら柔らかい離乳食を作っててはいけない!

もう一つ「骨を作る細胞」に刺激を伝えるために大切なことは、「食事をよく噛むこと」です。

例えば赤ちゃんの離乳食。

まだ歯が生えてないから…と、離乳食を裏ごししたり、ペースト状にしていませんか?

 

実は柔らかい食事は、裏ごしや食べやすい離乳食は作らないで!赤ちゃん用の食事が招く危険とはにも書いたように、口の成長面から言えば非常に「よろしくない形態」なんです(><)

 

あなたも、歯がないと赤ちゃんは離乳食が食べられない…と思っていませんか?

 

実は赤ちゃんは歯がなくても、歯ぐきや舌を使って舐めなわしながら口をモゴモゴさせ「何とかして食べてやろう!」と工夫できるんです。

 

そして歯が生えてくれば、今度は歯を使って噛み切ったり、食べ物をすり潰せるようになるんですよ(^^)←この過程がものすごく大切です!

 

でもペースト状の離乳食では「噛む刺激」が骨に伝わりませんし、赤ちゃんが丸飲みする原因になってしまいます…。

 

柔らかい食事が、赤ちゃんや子供達の「歯や口の成長のチャンス」を奪っている!ということに、わたし達大人はもっと危機感を持たなくてはいけないんです(汗)

 

関連記事→赤ちゃんがご飯や離乳食を丸呑みする原因は?プロ実践!丸飲みを治す方法は簡単です!

 

例えば「切れ味抜群の包丁」があっても、料理が全くできないパパでは、上手に包丁を使いこなせませんよね。

 

力を調整できる筋肉や骨があってこそ、ママみたいに「トントントン~♪」と軽快に切ることができるのです(^^)/

 

「歯」はあくまでも道具!

 

立派な道具(歯)があっても、使いこなせる筋肉や骨がないと上手に食べることは出来ないし、刺激が骨にも伝わりません。

 

柔らかい食事で十分あごを動かさずに育ってしまうと、赤ちゃんの噛む筋肉は発達しないし「口の機能」も低下してしまうのです(汗)

まとめ

顔の筋肉や口の周りの筋肉をよく動かすと、あごの骨が成長して歯が生える準備になります。

 

赤ちゃんの歯やあごの成長のためにも、

  • 母乳をしっかり飲ませる
  • 赤ちゃんを笑わせる
  • 噛める離乳食を食べさせる

3つの方法で、顔や口の周りの筋肉をどんどん使ってもらいましょう♪

 

よく噛んで食べれば、歯から刺激が周りの骨に伝わって骨を作る力が活性化します。

その結果、あごが成長し歯が余裕を持って並ぶ隙間が出来ることで「将来の歯並び」にもいい影響が期待できるようになるんですよ(^^)

 

あごび刺激を与えるにも、「柔らかく食べやすい離乳食」は作ってはいけません。

 

でもわたし達は「離乳食=柔らかいもの」と一種の洗脳のように思い込んでいます…。

だからこそまずは拍子抜けするほど簡単な離乳食の始め方を参考に、離乳食の進め方を見直していませんか?

 

赤ちゃんの頃からしっかりおっぱいを飲ませたり噛める離乳食を食べさせて、骨の中にある「骨を作る細胞」に刺激を伝えて活性化させましょう\(^o^)/

 

 

 

歯科衛生士おすすめ!0歳から使える、飲み込んでも安全な歯磨き粉まとめ

赤ちゃんの歯が生え始めたら始める歯磨き。

小さい子供が「飲み込んでも安全」な歯磨き粉を選んでいますか?

歯磨き粉を上手に使うと、虫歯予防の効果が更に高くなります。子供はもちちろん、まだうがいのできない赤ちゃんにも使える歯磨き粉です\(^o^)/

 

歯科衛生士が自分の娘に使っている、赤ちゃんが嫌がらない歯磨き粉を一緒に使いませんか?(^^)

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

 

 

 

 

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

育児に追われて、自分の歯のメインテナンスが不十分になっていませんか?

 

黄ばんだ歯では、鏡を見たときもテンションが上がりませんよね(汗)わたしも、黄ばんだ自分の歯を見るたびに、悲しい気持ちになっていた一人。

 

ホワイトニングは高い…でも、歯を白くしたいときは、歯磨き粉で歯を白くする方法があります!

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ\(^o^)/

 

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)今まで使ったどの歯磨き粉より歯が白くなりました(^^)

 

1ヶ月で、ここまで白くなっています(^^)

 

普段の歯磨き粉として使うだけなので、小さな子供を子育て中のわたしでも、手間や続けるストレスは全くありません!

 

まさに、今までのホワイトニングとは比べ物にならないほどの快適さで「歯を白く」することができますよ(^^)

子育て中でもストレスなく、しかもホワイトニングより断然安く歯を白くできる【プレミアムブラントゥース】をあなたもぜひ試してみて下さい\(^o^)/

 

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

 

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

 

 

コメント