あれ?白い模様が両側の頬っぺたの内側にある!ヒリヒリした痛みの原因と治療方法とは

口の中のトラブル

口の中の粘膜に、

  • 白いレース状の網目のような模様がある
  • 周りの粘膜に「赤み」がある
  • 左右対称に同じような線がある

なら、扁平苔癬(へんぺいたいせん)を疑いましょう。

 

実はよく知られている口内炎を始め、粘膜疾患にはいくつか種類があるんです。

 

今回は、口の中の粘膜にできたレース状の白い線の原因や予防方法ついてまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい(^^)/

 

 

ただし、レース状ではなく上の写真のような「白い線」が両側の頬っぺたにみられる時は、頬っぺたの内側に線状の白い筋がある原因は100%「あの癖」を疑ってを、まず読んでみてください(^^)

 

 

スポンサーリンク

頬っぺたや唇や歯ぐきの白いレース状の網目の線は扁平苔癬が原因

口の中の粘膜にレース状の網目のような白い線があれば、その原因は扁平苔癬(へんぺいたいせん)かもしれません。

 

何やら聞きなれない言葉ですよね…(汗)

 

扁平苔癬とは、口の中の粘膜が角化して炎症を起こす「慢性の粘膜疾患」のことです。

 

扁平苔癬が見られる場所は、口の中の

  • 頬っぺたの粘膜
  • 歯ぐき

に現れることがあります。

 

 

扁平苔癬かどうかの判断基準として

  • 白いレース状の網目のような模様
  • 周りの粘膜に「赤み」がある
  • 左右対称に現れる

の特徴があります。

 

実は、口の中に扁平苔癬ができても「自覚症状」がないことも多いんです。

 

しかし、中には食べ物などの刺激でヒリヒリした痛みが出たり、しみたり、触れると痛むこともあります。(食事ができないくらい痛い場合もあります)

 

また、口の中が荒れたり出血する場合もあります(汗)

 

口の中に白い膜のような扁平苔癬ができる原因

歯科検診のイラスト

扁平苔癬は、30〜50歳代の女性に多くみられると言われていますが、残念ながらはっきりした原因は分かりません。

 

しかし

  • 歯科で使う金属が原因でのアレルギー
  • ストレス
  • 代謝障害
  • 遺伝

が原因ではないか…と考えられています。

 

 

粘膜にできた白い模様が「扁平苔癬かどうか」の検査方法は、組織を切り取りって顕微鏡で組織検査をしたり、パッチテストで金属アレルギーの検査をして調べます。

 

皮膚科や口腔外科で、検査してもらえますよ(^^)

 

もし「金属アレルギー」が原因の場合は、原因の金属を取ってプラスチックや別の金属と交換する治療をおこないます。

 

 

白い線ができた時の治療方法と予防方法

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(女性)

扁平苔癬の治療には、

  • うがい薬で口の中を清潔にする
  • ステロイド薬を塗布
  • 飲み薬や漢方を飲む
  • 抗生物質を含む
  • 軟膏を塗布
  • レーザー治療

で治療や対処をしていきます。

 

しかし「今のところ医学的に基づく治療法はない」と言われていて、多くの場合は長期的に経過を見ていくことが多くなります(><)

 

 

家での予防方法!粘膜に刺激が少ない歯磨き粉

口の粘膜に刺激を与える「歯磨き粉」や「うがい薬」を避けることも、粘膜疾患予防になります。

 

せっかくなので、歯科衛生士おすすめの刺激の少ない「歯磨き粉」や「マウスウォッシュ」も紹介しておきますね\(^o^)/

 

まずはBRIAN(ブリアン)

 

BRIAN(ブリアン)刺激がなく成分も安心なので、粘膜に刺激を与えない歯磨き粉になっています。

 

しかも「粉タイプ」の歯磨き粉なので粒子がとても細かく、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所までしっかり粒子が届いて、虫歯や歯周病の原因になるプラークを取り除いてくれるんです(^^)

 

フロスや歯間ブラシを使わずに、歯ブラシ1本で磨きにくい「歯の間」や「歯ぐきの間」まで綺麗にすることができれば、毎日続けやすいし嬉しいですよね(^^)

 

もし「コレだ!」という歯磨き粉にあなたが出会えていないなら、BRIAN(ブリアン)を使う価値は十分あります(^^)

 

使って気に入らなくても、60日間の返金保障もあるので安心して試せますよ♪

アマゾンや楽天でも販売されてない商品ですから、まずは歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』から確認してみてくださいね(^ ^)

 

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、一度試す価値はあります!

 

▼より詳しい歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 

刺激の少ないマウスウォッシュ

歯磨き後はもちろん、丁寧に歯磨きできなかった時はマウスウォッシュ(シシュテック)でうがいをして口の中を清潔に保ちましょう!

 

シシュテックでうがいをすることで

  • 虫歯予防
  • 歯周病の予防
  • 口臭予防

の効果が期待できます(^^)/

 

使い方は歯磨き後にキャップ1杯を口に含んで、10秒ほどクチュクチュして口をゆすぐだけなのでとても簡単です\(^o^)/朝と夜の1日2回使ってみましょう。

ただし、マウスウォッシュは刺激の少ないものを選ばないと、口の中の刺激になってしまいます。選ぶ時は低刺激の歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』を選ぶようにしましょう\(^o^)/

 

 

▼より詳しいマウスウォッシュの使い方はこちらを参考にして下さい♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

まとめ

「よくなった♪」と思っても、再発することが多い扁平苔癬。

 

わたし達が出来ることは扁平苔癬が悪化しないように、口の中を清潔にすることを心掛けて、虫歯や歯周病があれば早めに治療することです(^^)/

 

 

家で気を付けられることとしては

  • 歯磨きをして口の中を清潔にする
  • 強い刺激や傷となるような歯磨きをしない
  • 刺激の強い歯磨き粉やマウスウォッシュを避ける
  • タバコを控える

 

ことが大切ですね(^^)/

 

家でのケアには、普段から刺激の少ない

を選んで予防しましょう(^ ^)

 

口の中の粘膜は「色」も人によってさまざまで、同じ人でもその日の体調によって変化します。

 

そのため、歯磨きの時に歯だけではなく、

  • 舌の下
  • 上あご
  • 唇に隠れている粘膜
  • 頬っぺたの内側

など口の中の粘膜も見る癖をつけておくと、日々の変化も感じやすくなりますよ(^^)

 

 

 

「なんだかおかしいな?」と思ったらそのまま放置せず、皮膚科や口コミ歯科・歯医者で医師に相談してみましょう(^^)/

 

 

歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』成分は、こちらから確認できます▼

 

コメント