繰り返す虫歯の本当の原因が唾液検査で分かる!費用や方法は?保険でできるの?

唾液の効果
スポンサーリンク




口の中のイラスト

虫歯や歯周病に悩む人は、本当に多いです。

 

虫歯で穴があいたり痛みがあれば、見ただけで「虫歯になってる!」と分かりやすいですが、奥歯や歯の間など「見えにくい場所」で広がった虫歯は、なかなか気づくことができませんよね(汗)

 

繰り返しできる虫歯に、あなたも嫌気がさしていませんか?

 

虫歯予防には

  • 歯磨き
  • 食生活の見直し

も大切ですが、口の中の細菌の数を調べて「自分が虫歯になりやすい体質かを調べられる方法」もあるんです♪

 

「虫歯になりやすいかどうか」が事前に分かっていれば、自分に合ったケア方法で、虫歯予防ができますよね\(^o^)/

 

では、具体的にどんな風に検査をしていくのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

虫歯の検査で何が分かるの?メリットは?

細菌・ばい菌のイラスト「悪い顔のキャラクター」

口の中の環境や、虫歯の原因となる細菌の数を知ることが出来れば、食事(糖質)の摂り方も考えやすくなったり、なんといっても歯磨きのモチベーションにもつながります(^^)

 

 

また歯科医や歯科衛生士も、虫歯や歯周病のリスクを科学的に調べることで、1人1人に合った治療や予防方法が提案できるし、検査の結果に応じて、定期検診の間隔を決める目安にもなるんですよ(^^♪

 

 

虫歯のリスクが低いなら、定期検診は6カ月~1年ごとに延ばせますが、ハイリスクなら短い期間で来院してもらわなければいけませんよね…(汗)

 

リスクに応じた治療や予防処置を進めていくことで、歯や歯ぐきを健康な状態に維持しやすくなるんです(^^)

 

虫歯になる4つの条件。虫歯の検査で何を調べるの?

虫歯は、「細菌」「糖」「宿主」「時間」の要因が重なることで発生しますが、この4つの要因のうち「細菌」と「宿主」は、検査で調べることができます。

 

でも、「検査って何をするの?大変なの?痛みはないの?」と、心配になりますよね。

ご安心あれ(^^)

 

あなたがすることは専用のガムを噛んで唾液を吐き出したり、専用の綿棒で舌の表面をこするだけ!です。

 

意外に簡単ですよね(^^)

 

採取した唾液を調べることで、唾液に含まれる虫歯菌の数や、虫歯菌に対する抵抗力を調べて、本当に「虫歯になりやすい体質」かどうかを知ることができるのです(^^)

 

 

唾液検査の費用や検査で分かること

「チェック」のマーク

検査は保険適用ではなく自費治療になります。

 

虫歯の検査で分かることは以下の4つ。

①唾液の出る量で、歯の周りの汚れを洗い流す力を調べる

唾液の量は、年齢や個人差があったり時間帯で分泌量も変わります。

 

出る量が多ければ、口の中の汚れを洗い流す働きが高くなりますが、唾液が少ないと虫歯のリスクが高くなってしまいます。

 

関連記事→唾液はどこから出るの?知らないと損!唾液の量が少ない3つの場所と虫歯の危険。

 

②酸性になった口の中を中性に戻す力を調べる

唾液を試験紙に付けて1分後の色の変化で、口の中の「酸性を中性に戻す力」を判定します。

 

普段、口の中は「中性」に保たれていますが、食事をすると「酸性」に傾き、歯の表面のエナメル質が溶けて脱灰してしまうんです。

 

でも大丈夫!

唾液中のリンやカルシウムによって、歯の表面は修復されていきますから♪

 

検査では、酸性から中性に戻す力を調べることができます。

 

③唾液のPHを調べる

酸性度が低いと、歯のカルシウムが溶けやすくなります。

④唾液の細菌の数を調べる

唾液を採取して培養し、色の変化によって細菌の数を調べていきます。虫歯菌の代表的なものに、ミュータンス菌やラクトバチラス菌があります。

 

ラクトバチラス菌は、乳酸菌の一種。砂糖の摂取が多いと繁殖しやすい菌です。

 

唾液検査の時間や料金は?

円・お金のマーク

虫歯の検査時間は、およそ30~60分くらいかかることが多いです。検査して、結果の説明もあるので、2回は通院すると思って下さい(^^♪

 

検査料金は保険がきかずに自費治療になりますから、事前に確認しておくと安心ですよ♪
(5000円前後で検査をしている歯医者が多いようです。)

 

まとめ

実は生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいません。虫歯菌は、悲しいことにわたし達パパやママから赤ちゃんにうつしていたのです(汗)

 

つまり、ママやパパの口の中の虫歯菌が多いほど、赤ちゃんへの虫歯の感染の確率は高くなる!ということ。でも逆に考えれば、大人の口の中を清潔にすることで、赤ちゃんや子ども達への感染リスクを下げることができる!ということですよね(^^)

 

唾液の検査をして体質が分かれば、もっと効率的に虫歯予防ができるし、わたし達歯科衛生士も、あなたに合った予防方法が提案しやすくなるメリットがあるんですよ(^^)

 

 

「毎日歯磨きしているのに、なんで虫歯になるの…?」というあなたの謎が、検査を受けることで、解けるかもしれません(^^♪

 

興味がある方は、ぜひ唾液検査を行ってみて下さい♪ただし、歯医者によっては検査を行ってない病院もあるので、口コミ歯科・歯医者で近くの病院を探してみましょう\(^o^)/

 

 

▼家でできる虫歯や歯周病予防にきく歯磨き方法は、こちらにまとめています▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

▼子どもの虫歯予防に効果的な歯磨き粉は、こちらもどうぞ▼

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

 

 

 

 

コメント