段ボール木馬の工作は材料5つで出来る!おもちゃが簡単に作れちゃうんです。

家の中での遊び

段ボール工作、第二弾!

「ダンボール滑り台」があまりにも娘に好評だったので、今度は夫が、段ボールで木馬作りに挑戦しました(^^)

 

 

娘は、気に入ってくれるかなぁ♪

第一弾では500円で出来る段ボール滑り台の作り方に書いたように、ダンボールで滑り台を作りました\(^o^)/

 

写真は1年経って、シートがボロボロの滑り台です(汗)でも、強度は十分あるので、まだまだ遊んでいます\(^o^)/

と、話が脱線しましたが、ダンボール木馬作りに、早速とりかかりましょう\(^o^)/

 

早速、大体の木馬の設計図が出来たところで、近くのホームセンターに手頃なダンボールを3枚ほど頂きに出かけました。

 

ちなみに大きな工作をするときは、段ボールは「同じサイズのもの」で統一すると、作業しやすく、強度も出しやすいのでオススメです\(^o^)/

 

テッシュやトイレットペーパーが入っていた段ボールなら、綺麗で大きいのでねらい目ですよ(笑)

 

木馬完成までの準備物は

  • 大きめの段ボール3枚
  • カッター
  • ボンド
  • ガムテープ
  • ペン

なんと、ほぼ家にあるものだけで作れました(^^)/

 

 

ガムテープやボンドはたくさんある方が、安心です\(^o^)/

スポンサーリンク

ダンボールで木馬を手作り工作。材料と行程

木馬は下のアール部分が大切なポイントのため、アール部分だけ簡易のコンパスで下書きをし、後は、大体の馬の形になるように在断していきます。(この辺は、アバウトにやっていきました 笑)

 

また、今回は曲線が多いため、カッターでの裁断に、なかなかの時間がかかってしまいました(汗)

娘も一生懸命、メジャーでダンボールを採寸したり…邪魔…いや、手伝ってくれて、とっても楽しそうです(^^)

 

写真を撮り忘れたので、手書きの図で説明します。

 

木馬の本体は、下の図のような形にしました。

赤丸部分にも余白をもたせた理由は、完成した木馬のバランスが、後ろに傾かないようにするためです。

 

 

好きな形に木馬に外観をカットしたら、強度を出すために、同じ型紙を3枚ずつ作って、ガムテープやボンドで固定し強度を出します。(さらに、同じものを、もう1セット作って乾かします)

 

木馬の下の土台部分も、長めの長方形を4枚目切り抜き、ガムテープやボンドで固定し乾燥します。

乾燥時間の確保のため、ここまでで1日目は終了。

 

 

ダンボールで手作り木馬。切り出した部品の組み立て開始

次の休みの日、完全に乾いた部品の、組み立て作業に取りかかります。 娘も嬉しそうにお手伝い\(^o^)/

 

妻は写真撮影と、邪魔にならないように応援です(笑)

 

2枚の木馬のフレームを合体させていきます。

長めのダンボールで覆い、ガムテープで固定していきましょう。

 

『ところで、ダンボール木馬の中身の補強はどうするのかしら…』と、疑問を抱く妻を遠くから呼ぶ声。

 

 

 

夫「ちょっとこっちに来て~」

(おや?もう出来たのか?早いじゃないか)

夫「補強、こうしてみた(笑)どう?」

妻「おっ…おう!なかなか斬新ね」

夫「今回は数で補強してみたよ(笑)」

 

 

以前のダンボール滑り台は、設計図から製作も入念に行っていた夫。

割り箸で釘まで作り、なかなか手間暇かかって作り込んでいましたが、今回は「簡単に」が彼の中でのテーマだったそうで…(笑)

 

THE・余った段ボール押し込み作戦で補強!

ギュウギュウに中にダンボールを押し込んで、強度を出し、ボンドとガムテープで固定し強度を出しておられました。

 

 

安全な乗り物なら、妻は何も言うことはありません(笑)

 

 

ところで、木馬の頭の部分の穴は「目」かと思っていたのに、ダンボールを丸めたハンドルが貫通するとは…なかなか斬新です(汗)

写真は、木馬を上から見た様子。

この中には、何枚ものダンボールが詰められて、強度を出しています。

外観部分の間もダンボールでしっかり覆い、椅子部分を取り付け、いよいよ作業も終盤です!

黄色い丸部分に、椅子部分のダンボールを追加でセットします。

横から見た木馬です。

もはや、馬でもありません!(汗)

すでに、娘にシールを貼られています(汗)

 

ここで娘に試し乗りをさせてみたところ…あっ…足が届きません!

 

 

つま先立ちで何とか床に足を付ける娘。しかも楽しんでない上に、怖いのか泣いている(笑)

夫・妻「…チーン」

 

と…とりあえず、残りの作業を片付け、完成に向けて走り続ける夫!

 

そんなこんなで、完成~♪(パチパチ~♪)

 

でも、怖がって乗らない娘(笑)

 

 

つぎはぎだらけの外見以外は、クオリティーは高めで、しっかり安定した安全な木馬が出来ました\(^o^)/

 

 

木馬にならなかった外見はまた手を加えて、バイクみたいにカッコイイ感じにしていこうかな♪(一旦、木馬は忘れよう 笑)

 

追記。

最近は娘も足が届くようになり、積極的に遊んでくれるようになりました(^^)/

 

作ってよかった~♪

 

 

段ボール工作のメリットは、いらなくなったらすぐに捨てられること。

子供がいると知らない間にオモチャが増えてしまいますから。

 

壊れてないオモチャを捨てにくいし時はおもちゃを幅広く買い取っています【なんでもんホビー】を利用すれば、何でも買い取ってもらえますよ(^^)/

 

 

 

手作りおもちゃは、大人も真剣になるので、作る過程も楽しめます\(^o^)/

あなたも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

かわいい「木馬」を作ってあげて下さいね\(^o^)/

 

 

 

歯科衛生士おすすめ!0歳から使える、飲み込んでも安全な歯磨き粉まとめ

赤ちゃんの歯が生え始めたら始める歯磨き。

 

歯磨き粉を上手に使うと、虫歯予防の効果が更に高くなります。子供はもちちろん、まだ、うがいのできない赤ちゃんにも使える歯磨き粉です\(^o^)/

 

歯科衛生士が自分の娘に使っている、おすすめ歯磨き粉を紹介します。

合わせて読みたい→0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント