早く矯正治療を終わらせたい!矯正期間を短くできるインプラントのメリットとデメリット。

矯正治療
スポンサーリンク




知っていますか?

矯正治療でインプラントを使うと、治療期間を短くできるメリットがあるんです。

矯正治療にはいろいろな方法がありますが、ワイヤーを使って歯を動かしていく治療が一般的な方法ですよね。

 

代表的な矯正装置には(上の写真のような)マルチブラケット装置があります。

歯1本1本に、ボタンのような装置(ブラケット)を歯科用のボンドで付けていき、ブラケットの溝にワイヤーを通して、歯を目的の場所まで動かしていく治療方法です(^^)

 

でも最近では、インプラントを使って矯正治療をする方法も増えているんですよ(^^)

 

 

でも、インプラントを使う矯正治療とはどんなものなのでしょうか?

誰でもできるものなのでしょうか?

 

早速、詳しくみていきましょう\(^o^)/

 

スポンサーリンク

歯列矯正治療を早く終わらせたい!インプラントを使った矯正治療とは

最近では、上の写真のような「インプラント」を使った矯正治療も多くなっています。

 

インプラントと言っても、よく聞く「歯がないところに埋め込んで人工の歯を作る」インプラントとは少し形が違っています。

 

矯正で使うインプラントは、「小さなネジ」を1~2mmあごの骨に埋め込むだけ。ちょこっと麻酔をして埋め込んでいくので、30分もかからず完了です。

出血もほとんどなく、術後の痛みもほとんどありません\(^o^)/

 

埋め込んだネジを支点にして歯を引っ張ることで、短時間で効率的に歯を動かせるメリットがあります(^^)/

 

それに、インプラントは歯と違って歯根膜がないので、力をかけてもインプラント自体は動きません!その為、強い固定源になるので歯をより動かしやすくなるんですよ(^^)/

 

もちろん矯正治療が終われば、インプラントも矯正装置も撤去します。撤去も簡単に出来ますし、痕も残りませんから安心してくださいね(^^)/

 

インプラント矯正のメリットとデメリット

治療期間も短くなるインプラントを使った矯正ですが、もちろんメリットもあればデメリットもあります。

 

詳しく見ていきましょう\(^o^)/

インプラントのメリット

インプラントを使った矯正治療のメリットは

  • 固定源がしっかりしているので、歯が動かしやすく治療期間が短くなる
  • 強い力をかけることができるので歯の移動距離が大きくなり、歯を抜かずに矯正できる可能性がある
  • 動かしたい歯だけ効率的に動かせる
  • インプラント自体は小さなネジなので、他の装置より手入れが楽にできる

 

インプラントのデメリット

一方でインプラントを使った矯正治療のデメリットは

  • インプラントを埋め込むためには、簡単とはいえ手術をしなくてはいけない
  • インプラントの周りを清潔に保っていないと、歯ぐきが炎症を起こす
  • 治療が終われば、また取り出す必要がある
  • あごの骨の具合によっては、きちんと埋め込めずグラグラすることがある
  • 骨がしっかりでき上がった年齢(16歳以上)しか適用できない

 

 

こともあり、インプラントを使った治療は誰でもできる治療ではないんです。

 

また、歯並びの状態によってはインプラント矯正の適用ではない人もいますので、自分はインプラント矯正ができるのがどうか、気になる方は担当医とよく相談してみることをオススメします。

 

インプラント矯正はわたしが働いていた病院でもよく行っていた治療ですが、矯正歯科によっては取り扱っていない病院もあるので、最初によく確認しておきましょう(^^)/

 

 

矯正治療は患者さんの協力なしには成功しません

矯正治療は、患者さんの協力があって初めて成功します。

  • きちんと通院して、最後まで治療する
  • 虫歯や歯肉炎にならないよう歯磨きをする
  • ゴムの使用を必要とする時は患者さん自身に着脱してもらうため使用方法を守る
  • 装置が外れた・外れかけているなど、トラブルがあればすぐ連絡する

 

と、注意点を守ってもらうことが、治療をスムーズに進めるポイントです♪

 

 

矯正治療は大変な面があるのも事実ですが、本人の「綺麗な歯並びになりたい!」という気持ちがあると、長期的な治療もスムーズにいっていい結果にもつながります(^^)/

 

 

まとめ

骨に埋め込むインプラントを使えば「強い固定源」になるので、矯正治療中の歯を効率的に動かせるメリットがあります(^^)

一方で、お手入れを丁寧にすることや、簡単ではありますが手術が必要になるデメリットもあります。

 

矯正治療でインプラントを勧められたときには、きちんとメリットとデメリットを理解した上で治療に取り入れることをオススメします(^^)

 

矯正治療は数年続く長い治療になりますから、通やすく信頼できる歯医者さん選びも大切です。

どんな場合でも、治療は納得してから始めるようにしましょう。正直、ハズレの歯医者もありますから…。

 

 

歯並びや矯正治療の相談は東京辺りでは精密審美歯科で、他の地域は自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者を探しましょう(^^♪

 

 

▼矯正中の歯磨き方法のポイントやおすすめ歯ブラシはこちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→矯正治療中も使って安心!プロおすすめの歯磨きグッズと虫歯予防の磨き方。

 

 

 

 

あなたにピッタリの歯磨き粉の選び方まとめ

歯磨き粉の効果を最大限に引き出す使い方と、口の中のトラブル別の歯磨き粉選びの方法を紹介します。

あなたの歯磨き粉の使い方は、今の方法で合っていますか?

答え合わせをしてみませんか?(^^)

 

 

 

 

 



矯正治療
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント