ダメな母親と思わないで!育児ストレス爆発前に実践すべき対策法 

家族から学んだこと
スポンサーリンク




いつも綺麗に片付づいた部屋。手をかけた料理が並ぶ食卓。

わたしも、子供とゆっくり話したり遊んであげられる母親にならなきゃ!

 

でも今の自分は、家事も中途半端で離乳食を作るのもやっと。家族の食事も、ありあわせやのものや品数が少ないメニューばかり…。

理想の母親とはほど遠い…。

なんでわたしはこんなにダメな母親なの?ちゃんとした母親にならなきゃ…。

 

あなたも自分への劣等感がいっぱいで、毎日を辛い思いを抱えながら過ごしていませんか?

「こんなママでごめんね…」と、いつも思っていませんか?

 

ここでは、自分のことを「ダメな母親」と思ってしまうあなたの気持ちが軽くなる方法を紹介します。

 

あなたは十分頑張りすぎています。

決して自分をダメな母親だと思う必要はありません!

 

本文を読んで、子供だけでなくあなた自身も「毎日楽しい!」とイキイキ送れる人生を取り戻しませんか?

 

スポンサーリンク

海外の子育てと日本の子育ての違い

ダメな母親とおもってしまう理由

あなたが自分を「ダメな母親」と決めつける前に、1度広い視野で「子育て」というものを考えてみてほしいんです。

 

たとえば、海外ドラマや絵本の中にも書かれているように、アメリカなど欧米などでは、生まれた直後から赤ちゃんとママは別の寝室で寝かされています。

 

またフランスでは、授乳も「おっぱいで育てるのが1番!出るまで頑張って!」と、指導される日本とはまったく違う考え方でおこなわれています。

 

フランスでは、おっぱいが出る女性と出ない女性がいるのは当たり前だし、仕事の都合もあるので、「おっぱいで育てるかミルクで育てるかは、その家庭で選択することだ!」と指導されているんです。

 

こう聞くだけでも海外の女性は、かなり楽な様子で育児を進めていると思いませんか?

 

またアメリカでは、離乳食はスーパーで購入したり、夕飯も冷凍食品を温めてチンしたりお惣菜を利用することもよくあるそうです。

 

一方日本の女性は、離乳食は薄味にして柔らかくしたり、赤ちゃん用に別メニューで作るのは当たり前のことだと指導されていますよね。

 

また家族の夕食も何品も手作りするのが当たり前とされています。

そのためあなたも、毎日休憩なく料理をつくって育児をしている「ブラック企業」のような日々を過ごしているのではないでしょうか…。

 

でも海外の育児方法から見ると、あなたが毎日が当たり前のようにやっている「家事や育児」は、それだけで価値のある凄いことなんです!

 

でもこんなにすごい「育児や家事」を毎日こなしていることに気付かず、「わたしはダメな母親だ…」と罪悪感を感じている女性が多くいます。

 

まさにあなたも頑張りすぎているのに、「わたしは何もかも、ぜんぜん出来てない…」「ダメな母親だ…」と思っていませんか?

 

でも海外から見れば、あなたの育児や家事は丁寧すぎます。世界的に見れば、もっと手を抜いて育児や家事をしても、本当はいいわけですよね。

 

だからあなたも、自分を責めてはいけません!

 

むしろ「わたしは十分頑張っている!」と思っていいんです!

 

まずはあなたが当たり前におこなっている、家事や育児はすごいことなんだ!とあなた自身が認めて、これまで抱えていた「ダメな母親」という思いを解放してあげましょう!

 

 

ワンオペ育児の解消方法

ワンオペ育児解消法

そもそも「ダメな母親」とあなたが思ってしまう根本的な原因は、時間と気持ちに余裕がないことにあります。

 

あなただって、気持ちに余裕があれば、子供が部屋を汚しても「やってくれたなぁ〜♪」と、笑顔で片付けしているはずです。

 

でも、同じことをされてもあなた自身の気持ちに余裕がないと「はぁ…勘弁してよ!何度言えば分かるの!」とイライラして、子供を怒鳴ってしまいたくなりますよね。

 

怒鳴ったあと冷静になったとき「やっぱりわたしってダメな母親なんだ…」と劣等感を感じてしまうことになるのです。

 

育児や家事を全ておこなっている今のあなたは、いわゆるワンオペ状態。

 

まずは、「どうすればワンオペ状態を解消することができるのか」を考えていきませんか?

 

でも真面目なあなたは、もうすでにネットの情報や育児本をいくつも読んでいると思います。

その中にはたいてい、家事を手早くこなせるように、時短料理の方法や家事の簡略化を紹介している記事がたくさんありますよね。

 

でも、この記事は裏を返せば「あなた1人でもっと効率的に家事や育児をこなしましょう!」と言われているようなものです。

 

このような記事を読む度に、わたし自身、ますますしんどく感じていたのです。

 

ではどうすれば、あなた1人が抱えている育児や家事の負担を減らすことができるのでしょうか?

 

 

家事や育児を夫に分担してもらう思わぬ効果

わたしが実践して1番効果があった方法を紹介します。

 

それは夫に協力してもらうことです。

 

「え?何を言うかと思えば…そんなこと分かってるよ。でも仕事が忙しいとか言われてるから、結局わたし1人で家事も育児もすることになるのよ…」と、きっとあなたも思ったはずです。

 

でも、今のあなたの心に「余裕」を取り戻すには、夫の協力は必ずです!

 

そして夫に家事や育児をスムーズに分担してもらうには、まずあなたの大変さを知ってもらうことが絶対に必要です!

 

育児の大変さを夫に知ってもらうためにも、できれば1日。無理なら半日の間、夫1人で子供の世話をしてもらいましょう。

 

あなたが口でいくら「家事や育児を手伝ってほしい」と言っても、「俺も仕事で疲れてる…」と話をはぐらかされる可能性があります。

 

そんなとき、実際にオムツを変えたり、食事の世話、泣き出したらあやすなどの一連の育児を、夫がたった1人でやってみることで、自分のペースで物事が進まない大変さやストレス、1人で子供の世話をするあなたの大変さを自然と理解できるようになります。

 

夫に家事と育児を任せている間は、あなたの自由時間です。

カフェでゆっくりコーヒーを飲みながら好きな本を読む。子供用品ではなく、あなたの服を見に行く。

久しぶりの1人の自由な時間を満喫しましょう!

 

でも、「何もできない夫にまかせても大丈夫なの?」とあなたも心配で任せることに抵抗があるかもしれません。

 

しかし、夫だってもう一人前の大人です!

 

あなただって最初のうちは、うろたえたり失敗したり悩みながら子供の世話を覚えていきましたよね。だったら夫のことも、信頼して任せてみましょう!

 

それに、たった半日(もしくは1日)です。

 

この半日は、夫婦がお互いの役割を再確認できる「意味のある時間」です。

 

きっとあなたが帰宅する頃には、夫もあなたの大変さを身をもって理解してくれ、家事や育児を手伝ってくれたり、少々部屋が散らかってても分かってくれるようになりますよ。

 

わたしも1人の時間をつくって子供と離れることで、帰宅後、子供を愛おしく思う気持ちが倍増しましたし、夫への感謝の気持ちを取り戻せるようになりました。

 

家に子供と引きこもって、話し相手は夫だけ。そんな生活から「自分の時間」を過ごすことで、「わたしはダメな母親だ…」と劣等感を抱えていた自分を、認めてあげることができるようになったのです。

 

夫に育児と家事を任せることは、あなたにとっても夫にとっても価値観を変えるターニングポイントに必ずなります!

 

https://white-ha.net/jikan

 

家事分担表で家事のイライラが解消できる

家事を分担する方法

とはいえ、夫が家事を手伝ってくれるようになっても、家事や育児の割合があまりにもあなたに偏ってしまうこともあります。

 

そんなとき「もっと夫に手伝ってほしいな…」と感じたら、どちらが何を担当しているか紙に書き出して「見える化」してしましょう。

 

夫は自分の中では「家事や育児をやっているつもり」になっているので、「俺は十分手伝っている」と思っています。

 

なので、あなたがいくら「もう少し手伝ってほしいんだけど…」と言っても、なかなか聞き入れてもらえないのです。

 

でも、家事や育児の「分担表」をつくって役割を表にかき出せば、それぞれの負担が一目で分かるようになります。

 

我が家もこの表をかき出すことで、わたしの負担の多さが「見える化」され、「けっこう手伝ってるつもりだったけど、これだけ明確な差があったんだな」と理解してもらえましたよ。

 

夫側はもう十分家事や育児をやっているつもりになっているため、満足しています。

その思い込みと現実とのギャップを埋めるためにも、家事や育児の分担表をぜひ作成してみましょう!

 

言葉でいうだけでは、あなたの意見は決して伝わりません。

そしてそのままうやむやにしていれば、あなたが抱えている小さなストレスはいつか爆発してしまいます。

 

その爆発したストレスの先が、子供を怒鳴ったり叩くなどの形で現れる可能性だってあるんです。

 

https://white-ha.net/ikari

 

 

小さなストレスを潰していくためにも、この記事を読んだらすぐ紙とペンを用意して「家事や育児の分担表」をつくってみましょう。

 

「またあとでやろう。」「明日やろう。」とそのまま流してしまえば、ほぼ確実にあなたは「表」を作ることはないでしょう。

 

そして「ちょっとは気を利かせて手伝ってよ…」「なんでわたしばっかり」と、また小さなストレスを抱える生活に戻ってしまうでしょう。

 

面倒でも、現実を向き合おうと意識と行動を変えないと、周りの環境もあなたも気持ちも変化はしません!

 

変化の「風」は他人が起こしてくれるものではなく、あなた自身が「風」を起こさなくては状況は変わらないのです!

 

ダメ出しはしない!高いレベルの家事や育児を求めない

夫に家事をやらせる方法

せっかく夫が家事を手伝うようになっても、あなたのように完璧にできるまでには、まだまだ時間がかかります。

 

不完全なことも多く、「やっぱり自分でやるほうが早い…」と思ってしまうかもしれません。

 

しかも「ここに汚れが残ってるよ」「まだ片付いてないの?」とダメ出しとしてしまうと、夫もやる気を失ってしまう可能性もありますよね。

 

でもちょっと考えてほしいのです。

 

最初に紹介したアメリカやフランスの子育てや家事のやり方に比べて、あなたは1人で高いレベルの家事や育児をしています。

 

そのレベルを夫側にも求めてしまえば、お互いが苦しむだけです。

 

たとえ出来てないことが多くても、ダメ出しではなく「もっとこうしてくれたら、嬉しいな♪」というように、お互いを認め合って褒め合うことを心がけた方が、あなた自身も夫も毎日気持ちよく過ごせるようになりますよね。

 

 

いくら言っても家事や育児を手伝わない夫はどうすべき?

夫が家事を手伝わない

中にはどれだけ説得しても時間があっても、家事や育児を分担してくれない夫もいますよね。

 

そんなときは、さっさと他の人の力を借りましょう。

 

たとえば、保育園や幼稚園では一時預かりを受け付けているところもあるので、気軽に利用してみるのもいいでしょう。

 

仕事や用事など特に理由がなくても、「母親のリフレッシュ」という理由でも利用することができますから。

 

金額は施設によって異なりますが数千円と利用しやすい金額なので、あなたのリフレッシュ時間を兼ねて、1度気軽に試してみましょう。

 

または、家事代行を頼むのもいい方法です。

もちろん家事代行はコストがかかりますが、月に1度くらいなら安いものです。

 

それに、水回りやカビ取りなど、普段手がかけられない見て見ぬふりをしていた場所も、「月に1回プロが掃除してくれる」と思うだけで、「まぁ掃除もこのくらいでいっかな」と、気持ちに余裕ができませんか?

 

「でも料金がかかるし…」というときは、リーズナブルな値段のCaSy(カジー)を試してみましょう。

CaSy(カジー)は1時間2190円の低価格の家事代行サービスです。

 

▼登録するだけなら無料!30秒でできるので、いざ使いたくなった時の為に、先に登録だけでもしておきましょう!▼

 

 

CaSy(カジー)はしっかりした研修体制が整っているので、満足するサービスを受けることができるんです。

 

もちろん掃除だけでなく、お料理代行も行っています。

 

家族の好きなものや苦手なもの、アレルギーの対策まで細かい配慮でバランスの良い料理を提供してくれるので、自分で作るには時間がかかるメニューも気軽にオーダーすれば、食卓も一気に楽しいものになりますよ。

 

他にも「作り置きサービス」もあるので、数日分の常備菜を用意してもらっておけば、あなたの家事の負担を一気に減らすことができます。

 

もちろんスマホで24時間365日いつでも予約できますし、キャンセルや変更も簡単です!

 

 

しかも当日の3時間前までに依頼も可能ですから、「もう限界!」と思った瞬間に予約することもできるので、思い立ったときに使えるように、先に登録だけでもしておくといいでしょう。

 

▼登録するだけなら無料!30秒でOK!いざ使いたくなった時の為に、先に登録だけでもしておきましょう!▼

 

 

ダメな母親と思った時の対処法まとめ

アメリカやフランスの子育てや家事のやり方に比べて、あなたは1人で高いレベルの家事や育児をしています。

まず、その事実をみとめて自分を褒めてあげてほしいんです。

 

それでも「わたしはダメな母親」と思ってしまうなら、その根本的な原因は、時間と気持ちに余裕がないからです。

「家事分担表」をつくって、夫にも家事や育児に参加してもらったり、家事代行サービスを使いながら、あなたが1人になれる時間を確保してみましょう。

 

面倒でも、現実を向き合おうと意識と行動を変えないと、周りの環境もあなたも気持ちも変化はしません!

今のマイナスな気持ちの自分が嫌なら、今この瞬間、あなた自身がなにか行動しなければ事態はかわりません!

また同じような毎日が続いてしまうでしょう。

 

そんな毎日、あなたが望んでいた生活ではありませんよね?

 

まずは無理矢理にでも、数時間でも1人の時間をつくってみましょう。

 

もし夫が協力してくれないときは、一時預かりや家事代行をうまく活用してみましょう!

 

「明日やろう」「今度やろう」と先延ばしにすることは簡単です。

でも、あなたがイキイキした毎日を送りたいなら、今日1つだけでも行動してみませんか?

 

 

▼【無料】登録は30秒でOK!あなたの心に余裕を取り戻しましょう▼