唇を舐める・舌を噛む癖や頬杖も!子供の歯並びが悪くなる7つの原因

注意したい歯並び
スポンサーリンク




子ども達を「キレイな歯並び」にしたいなら、「歯」だけを見ていてはダメです!

それはなぜか。

 

その理由は、歯が生える「あご」が成長してないと、歯はキレイに生えることができないからです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり、子どものあごをどれだけ正しく成長させられるかが、子ども達の歯並びの良し悪しを決める大きな要因なのです!

 

そこでこの記事では、子ども達のあごを正しく成長させるためのポイントについて解説していきます。

 

実は、無意識に子ども達がおこなっている「頬杖」や「唇を舐める癖」など多くの「癖」が、あごの成長を邪魔する原因になっていたのです。

 

だからこそ、まだまだあごの骨が成長中の子どもの頃から邪魔な癖を取り除いてあげれば、この先子ども達の歯並びは、キレイになっていく可能性が高くなるんですよ♪

 

スポンサーリンク

子供の歯並びが悪くなる2つの原因

子どもの歯並びが悪くなる原因

実は歯並びは、

 

  • あごの骨の大きさや歯の形などの遺伝的な原因
  • 癖や姿勢などの環境的な原因

 

の2つが原因で悪くなってしまいます…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

例えば、あごや歯に力がかかる癖があると、簡単に歯並びが悪くなったり、あごが曲がる原因になってしまうのです…(汗)

 

子ども達に次のような癖はありませんか?

  1. 頑固な指しゃぶり
  2. 唇を舐めたり噛む
  3. 舌で歯を押す
  4. 口呼吸
  5. 噛みしめ
  6. 片方ばかりで噛む
  7. 頬杖をつく

 

もし上の7個のような癖が習慣になっていると、「異常な力」が歯やあごに長時間かかり続けて筋肉のバランスが崩れてしまい、歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうのです!

 

では、1つずつ解説しますね!

歯並びを悪くする癖!指しゃぶりで歯並びが悪くなる理由

指しゃぶりで歯並びが悪くなる

歯科衛生士
歯科衛生士

「指しゃぶり」を長期間していると、歯並びが悪くなる可能性があります。

 

指しゃぶりをすると上下の歯の間に指を挟んで、強めに指を吸いますよね?

 

すると

①出っ歯になる

指を挟んで強く吸えば、歯やあごに強い力がかかって、上あごと前歯は前に押し続けられ、口の中が狭くなり上の歯が前に出て「出っ歯」になってしまいます。

 

子供が出っ歯になる原因は遺伝と5つの癖!治療時期はいつから考える?
子供達や赤ちゃんを「出っ歯」にしたくないなら、「あの癖」を早めに直してあげましょう! 前歯や上あごが前に出て「出っ歯」になってしまうと 口が閉じにくい 前歯や歯ぐきが乾燥してしまう 虫歯や歯周病になり...

 

②開咬になる


指しゃぶりをすると、上の歯は前に倒れて下の歯は内側に倒れることで、上下の歯の間に隙間ができて、歯が噛み合わなくなります。

前歯がかみ合わない歯並びの治療方法!麺類が噛みきれない5つの原因
麺類が前歯で噛み切れない…。 とんかつなど、お肉料理が噛み切れない…。 など、あなたも前歯がうまく使えない歯並びに悩んでいませんか? とくに外食や人と食事をするときは、食べてる姿をみられたくないし、恥ずかし...

 

③上あごが狭くなる

指しゃぶりが長引くとあごの側面が常に圧迫されるので、あごが横の成長が邪魔されて、上あごが狭くなってしまいます。

 

④奥歯のかみ合わせがズレる

上あごの幅が狭くなると下あごとのバランスが悪くなり、横にずらして噛む癖がついて奥歯のかみ合わせがズレてしまいます。

奥歯の異変を見逃すな!子供のかみ合わせが左右にズレたり反対になる原因と7つの癖
前歯は綺麗でも、奥歯が反対のかみ合わせになっている子がいるんです! 正常なかみ合わせは、噛んだときに「上の歯」が「下の歯」を全部覆っていますよね。 でも中には上の図のように下の奥歯が「部分的に上の歯に覆いかぶさっているか...

 

⑤上の唇がめくれ上がる

指しゃぶりをすると、鼻がつまってなくても口が開いていることが多くなり「口呼吸」になりやすく、その結果、上の唇がめくれ上がってしまいます。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

そう。指しゃぶりが長引くと、こんなにも歯並びに影響が出てしまうのです(汗)

 

指しゃぶりは4歳までは様子をみて大丈夫

頑固な指しゃぶりは歯並びが悪くなる原因になります。とはいえ、2~3歳までの指しゃぶりは自然なものなので、そのままにしておいても問題ありません。

 

一方で、4~5歳以降も続くようなら早めの対策が必要です!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも「早くやめさせなきゃ!」と無理に止めさせようとすると、子ども達の心にもよろしくないし、むしろ逆効果になることもあります(汗)

 

指しゃぶりをやめさせたいときは、下の記事を参考にして、子どもの気持ちにも配慮しながらやめさせる方法を考えましょう!

赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで?3歳4歳までにやめさせる9つの方法
指しゃぶりで歯並びが悪くなるって本当? 何歳までにやめればいいの? 指しゃぶりを止めさせる方法はあるの? と、あなたも赤ちゃんの指しゃぶりが気になっていませんか? 指しゃぶりをやめさせたいと思っていて...

 

 

唇や舌をかむ癖で歯並びが悪くなる

唇を噛む癖で歯並びが悪くなる

上の写真↑のように、唇を前歯で噛む癖や舌を噛む癖があると、歯並びが悪くなってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

唇や舌が上下の前歯の間に頻繁に入ることで、前歯に力がかかってしまいますよね(汗)

その結果、前歯が倒れてしまい前歯の間に隙間ができるかみ合わせになってしまうのです…。

舌で歯を押す癖(舌突出癖)や口呼吸も歯並びが悪くなる癖

舌を出す癖で歯並びが悪くなる

上の↑写真のように前歯を舌で押したり、上下の前歯の間に舌を挟んでしまう癖も、前歯が閉じないかみ合わせ出っ歯になってしまう癖です(汗)

 

歯科衛生士
歯科衛生士

指しゃぶりや口呼吸を長く続けていると、この癖になりやすくなります。

 

本来、わたし達の正しい舌の位置は、上の写真の↑黒丸のように上の前歯の少し後ろに軽く舌の先がついているのが正常な状態です。

 

でも口呼吸が習慣になっていたり、舌が歯の間にいつも入っていると、舌が下の歯の裏など低い位置にあるため、舌で歯を押すようになり、歯が前に倒れたりあごの成長にも悪影響を与えてしまうのです。

 

口呼吸や口が普段からあいている子は、下の記事を参考に早急に口を閉じる練習をしましょう!

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法
子ども達が口を開けて「口呼吸」をしている姿が気になっていませんか? でも、いつか勝手に直るだろう…と、そのまま放っていませんか? 断言します! 子ども達が口呼吸をしているのを発見したら、絶対にやめさせて下さ...

 

噛みしめや歯ぎしりも歯並びが悪くなる習慣

普段、何気なくやっている

  • 噛みしめ
  • 歯ぎしり
  • 食いしばり

も、歯並びが悪くなる癖です。

 

実は歯は1日24時間のうち、23時間以上は「噛んでいない」のが正常な状態です。

 

食事で「一瞬」噛むくらいなら問題はありませんが、それ以外の時間も歯が長時間当たっていれば、周りの筋肉が緊張して力が入り、歯や組織に大きな負担がかかり続けてしまうのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

さらに「歯を噛む癖」を続けていると、歯が内側に倒れて口の中が狭くなり、歯並びが悪くなる原因になってしまいます(汗)

 

「歯を噛む癖」は大人の方にも多い癖です。

 

あなたも口の中を鏡で見てみてみましょう。

 

  • 舌に歯型は付いていませんか?
  • 頬っぺたの内側に噛んだような痕は付いていませんか?
  • 奥歯は内側に倒れていませんか?

 

もし、当てはまるものがあれば、噛みしめが癖になっている可能性が高いです!

早急に下の記事で紹介している方法を実践して直しましょう。

1秒でできる歯を離す方法!家でできる噛みしめ癖やくいしばり治し方
最近下の前歯がズレてきた気がする…。 歯の間に隙間があいてきた…。 薬を飲んだり整体に行っているのに、頭痛や肩こりが直らない…。 あなたもこんな症状に悩んでいませんか? 実はこれらの症状は、あなたが普...

 

片方ばかりで噛んでいるとであごが曲がったり歯並びが悪くなる

片噛みで歯並びが悪くなる

食事を片側ばかりで噛んでいると、使っている方の歯やあごに負担がかかったり、かみ合わせがズレたり顔が曲がる原因になってしまいます。

 

子ども達の口元を「正面」から見てみましょう!

 

頬っぺたや口角は、左右どちらが上がっていますか?

上に上がっている方が普段よく使っている(噛んでいる)側です。

 

そう。そのまま片噛みを続けていればよく噛む方に顔が引っ張られ、いずれ顔は曲がってしまいます。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

左右の顔が非対称では美しくありませんよね(汗)

 

片方噛みの改善策は、食事をよく噛むことです!

 

噛める食事の作り方は下の記事↓に簡単な方法をまとめているので、今日から早速実践してみましょう!

食事を噛まない子供に100%効果あり!噛む回数が増える食事の作り方!
食事の度に「よく噛んで食べなさい!」と子供に注意していませんか? 毎回同じ注意ばかりしている自分に、嫌気がさしていませんか? でも実は、「よく噛みなさい!」と注意しなくても、 子供の早食い 噛まずに丸飲み...

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あとは、ガムを噛むのもいい方法です!

特にキシリトールガムは、虫歯予防にも効果的なので積極的に噛んでみましょう。

ただし、味がなくなったからとすぐに捨てては意味がありません。最低15分は噛みましょう!

 

正しいガムの噛み方は下の記事で紹介していますから、ぜひガムを効果的に噛んでみましょう!

 

キシリトールガムの効果!おすすめの噛み方4選と虫歯予防になる7つの理由
虫歯予防の効果があるキシリトールガム。 あなたもせっかくキシリトールガムを噛んでいても、「ガムの味がなくなったから…」とすぐに捨てていませんか? 実はその噛み方、とても「もったいない噛み方」だったんです! ...

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

キシリトールの効果を最大限に発揮させる噛み方をご紹介していますから♪

 

 

 

頬杖も歯並びが悪くなったり顔が曲がる原因になる

頬杖で顔が曲がる

頬杖も歯並びを悪くする癖です!

それはなぜか。

頬杖をつくと、手を顔に当てますよね?

すると、あごに力がかかりあごが曲がる原因になるのです。

 

骨は「弱い力」でも、力がかかり続ければ変形してしまいます…。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

頬杖は、言うなれば「自分で顔を曲げている」のと同じこと(汗)

 

それに頬杖をすると歯が接触してしまいます。

そう!「歯を噛む癖」と同じことが起きているのです!

 

何気なく頬杖をついていた子は要注意!

そのまま頬杖を続けていては、「左右対称の綺麗な顔」にはなれません…。

 

ちなみに、あごを机や枕に乗せて本を読んだり、スマホを操作することも「歯が接触する」のでよろしくない癖です。

 

歯並びが悪くなる癖まとめ

普段の何気ない癖や習慣でも、簡単に歯並びが悪くなったりあごが曲がる原因になってしまいます。

 

ママ
ママ

しかも癖や習慣になっているから、直すのも一苦労よね…(汗)

特に

  1. 頑固な指しゃぶり
  2. 唇を舐めたり噛む
  3. 舌で歯を押す
  4. 口呼吸
  5. 噛みしめ
  6. 片方ばかりで噛む
  7. 頬杖をつく

 

の癖で「異常な力」が歯やあごに長時間かかり続けると、筋肉のバランスが崩れてしまい歯並びや噛み合わせに問題が出てしまいます!

 

しかも成長途中の子ども達の骨はまだ柔らかいので、変な力をくわえると簡単に変形してします!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だからこそ上に書いたような癖や習慣を見つけたら、早くやめるように声をかけていきましょう!

 

でも、ただ「やめなさい!」と注意するより、

  • 癖をしないように、他に意識を集中できる楽しい環境をつくる
  • 癖による害についてきちんと説明してあげる

などストレスなく子ども達自身で癖をやめられるように、家族でサポートお願いします!

 

 

▼虫歯にしないことも綺麗な歯並びには欠かせません!仕上げ磨きにも使える虫歯予防に効く歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

 

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
毎日磨いているのに、繰り返す子供の虫歯に悩んでいませんか? 乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、 前歯が生え変わる 6歳臼歯が生える まだ乳歯がたくさん残っている …と、子供の口の中は大きな変化を迎える...

 

 

▼子育て中でもできる!自宅で歯を白くする方法は、こちらにまとめています▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
「歯磨きしてるのに歯の黄ばみが気になる…」 「歯がもっと白くなったらいいな…」 と、女性なら誰でも思いますよね。 独身の頃なら、自分の歯のケアにも時間がかけられたかもしれません。 でも子供が生まれると...

 

 

 

 

コメント