奥歯の異変を見逃すな!子供のかみ合わせが左右にズレたり反対になる原因と7つの癖

注意したい歯並び

前歯は綺麗でも、奥歯が反対のかみ合わせになっている子がいるんです!

正常なかみ合わせは、噛んだときに「上の歯」が「下の歯」を全部覆っていますよね。

 

でも中には上の図のように下の奥歯が「部分的に上の歯に覆いかぶさっているかみ合わせ」になっている子がいるのです(汗)

 

奥歯のかみ合わせが逆になっていても、正面からは見えにくく気づきにくいですよね(汗)そのため、歯医者に行って指摘され初めて気づく方も多いんです。

反対のかみ合わせになった奥歯は、そのまま放っておいても直ることはありません(;_;)

 

しかもかみ合わせがズレていることで、噛む力が均等に伝わらずあごの発達にも影響が出る恐れもあるのです(汗)

 

この記事では、奥歯のかみ合わせが反対になってしまう原因や治療方法について解説していきます。

 

「反対のかみ合わせ」は誰でもなる可能性がある歯並びなので、予防の意味を込めてぜひじっくり読んでみて下さい(^^)

 

スポンサーリンク

噛んだときに奥歯が逆になるかみ合わせになる原因

上の奥歯が下の歯の内側に入り込んで、横にずれた噛み合わせの状態のことを、専門用語で交叉咬合(こうさこうごう)クロスバイトと呼んでいます。

 

当然「かみ合わせ」が悪いので、上手に噛むことが出来なかったり、あごの関節にも負担がかかって、「顎関節症」になる可能性も高くなります(;_;)

 

関連記事→突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因

 

かみ合わせが逆になってしまう歯並びの原因は、遺伝的な問題もありますが、片方だけに力がかかってしまう癖も大きな原因になります。

 

例えば

  1. 頬杖をつく
  2. 片方だけ顔を机に押し付けて字を書く
  3. 片方ばかりを下にして眠る
  4. 片方ばかりで爪を噛む
  5. 片方ばかりで食事を噛んでいる
  6. 指しゃぶりをする
  7. 同じ方ばかり向いてテレビを観ている

 

そう。ついやってしまう日ごろの癖や食事の噛み方が、かみ合わせがズレる原因だったのです(;_;)

もし子供達に上のような癖があるようなら、すぐに止めるように注意しましょう!

 

子供のあごは、まだまだ成長途中!

順調にあごが成長するためにも、偏った力が「あご」にかからないようにすることは、とても大切なんですよ(^^)

 

中でも⑥の「指しゃぶり」が原因でかみ合わせがズレる理由について解説していきますね。

指しゃぶりで奥歯が交叉咬合になる理由

指しゃぶりは奥歯のかみ合わせに悪影響を与える癖の一つです。

 

指しゃぶりをしていると、上の歯の歯列は糸切り歯の辺りで狭くなることが多く、その結果、下あごに「横」のズレが出て、常に奥歯を横にズラして噛む習慣がついてしまうのです(泣)

 

しかも、下あごのズレが続けば、歯の生え変わりやあごの成長とともに、今度は骨格自体がズレてしまいます(汗)

 

骨がズレてしまえば、歯列や顔が左右非対称になってしまいますよね。さらに顎関節の動きやの形態にも負担がかかってしまうかもしれません…(泣)

 

「成長したらズレも自然に治らないの?」と考えてしまいますが、残念なことに奥歯のズレた歯並びは、成長とともに直りにくくなり自然に直ることはほとんどありません(汗)

 

もし3歳以降も直らない指しゃぶりがある時は、赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで大丈夫?3歳〜4歳までは歯並びに影響が出にくい驚きの理由を参考に、子供達が自然に止めるように家庭でも工夫してみましょう\(^o^)/

 

奥歯のかみ合わせが逆になった時の治療方法

奥歯のかみ合わせが反対になった場合

  • 上下の歯並びやあごがズレている場合

矯正治療で上あごを広げ、上下のかみ合わせを正常な位置に戻していきます。

 

  • 上下のあごが大きくズレている場合

矯正治療と外科手術で、上下のかみ合わせのバランスを整えていきます。

 

と、症状の程度によって治療方法が変わります。

 

もちろんあごのズレが小さい方が治療しやすいので、「奥歯が反対のかみ合わせ」になりそうなときや発見したときは、早めに自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で相談してみましょう!

 

まとめ

あごの正しい成長は、綺麗な歯並びをつくるためにとっても大切です(^^)

 

もし

  • 奥歯のかみ合わせがズレている
  • 前歯の中心がズレている

 

ことに気づいたら、早めに矯正歯科での相談をオススメします。あごが成長途中の子供達の場合なら、治療であごの骨を広げることが出来ますから(^^)/

 

 

また

  1. 頬杖をつく
  2. 片方だけ顔を机に押し付けて字を書く
  3. 片方ばかりを下にして眠る
  4. 片方ばかりで爪を噛む
  5. 片方ばかりで食事を噛んでいる
  6. 指しゃぶりをする
  7. 同じ方ばかり向いてテレビを観ている

 

 

のような「あごに負担がかかる癖」がある場合は、早めに癖を止めることが、歯並びを悪化させずにすむ方法です。

 

ママは仕上げ磨きの時に、子供達の「かみ合わせチェック」も習慣にして、早期発見につなげましょう(^^)/

 

矯正治療は数年続く長い治療になりますから、通やすく信頼できる良い歯医者さん選びも大切です!

 

どんな場合でも、治療は納得してから始めるようにしましょう(^^)/

 

 

▼仕上げ磨きの時にかみ合わせをチェックすることで「異常」に気づきやすくなります!おすすめの仕上げ磨きの方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

 

▼育児の間に口臭予防!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

 

コメント