どうする?子供のきつい口臭の対処法。蓄膿症や病気が原因でも口が臭くなる理由。

唾液の効果
スポンサーリンク




「子供の口がクサイ…!」と悩んでいませんか?

 

大人の口臭の原因で多いのは「歯周病」です。

 

しかし、子供たちがひどい歯周病になっている可能性は低いですよね。

では、子供のキツイ口臭の原因は何なのでしょうか?

 

 

 

結論から言えば、子供たちの口臭で考えられる原因は、

  1. 舌の汚れ
  2. 歯磨きが不十分
  3. 虫歯
  4. 口呼吸
  5. 溶連菌、蓄膿症
  6. ストレス
  7. 体調不良
  8. 便秘
  9. 食べ物

の9つが考えられます。

 

しかも「子供の口臭」は、子供本人よりパパやママの方が気になっている場合も多いんです。

 

だからこそ、子供の口臭に悩んでいるパパやママにはぜひ知っていてほしい「子供の口臭の原因と対策」について、歯科衛生士が解説しますね(^^)

 

早速、1つずつ見ていきましょう\(^o^)/

 

スポンサーリンク

①舌の汚れが口臭の原因になる

舌の汚れの舌苔(ぜったい)は、口臭の大きな原因になります。

 

例えば、

  • 口の中が不潔な状態の時
  • 風邪で熱が出た時

 

など歯磨き不足や体調が悪い時に、子供の舌に「白い汚れ」が付くことがあります。舌は細菌が繁殖しやすい場所。当然、汚れをそのままにしていれば、口臭の原因になってしまいますよね(汗)

 

もちろん舌の汚れ(舌苔)は、歯ブラシや専用のブラシで取ることが出来ますが、1つ注意点があります。

 

子供の舌はデリケートで傷つきやすいため、舌ブラシで磨くと刺激が強すぎたり傷つく可能性があるんです(汗)

 


そのため、「どうしても…」のときだけ、子供用の毛が柔らかい歯ブラシを使って、優しく舌を磨いてあげましょう(^^)/

 

 

子供の舌を前に出すときは、ガーゼなどで舌の先をつまむと安定して磨きやすくなりますよ(^^)

舌磨きの3つの方法!舌の汚れを取るなら舌ブラシや舌ヘラがオススメ!にも書いたように、優しく軽~い力で「奥から前へ」磨くのがポイントです♪

 

 

②③歯磨きが不足や虫歯が原因での口臭

汚れが残った口の中は、口臭の原因になります(汗)
特に夜寝てる間は、唾液の量が減って細菌が繁殖しやすい時間帯です!

 

その為、朝の口臭が強くならないように寝る前は必ず歯磨きをしましょう。さらにしっかり歯磨きをして、水を飲むことも口臭予防になりますよ(^^)

 

でももし仕上げ磨きをしても口臭が改善しない時は、虫歯が原因かもしれません。

 

なかなか消えない口臭がある時は、早めに歯医者さんで「虫歯のチェック」をしてもらうことをおすすめします。

 

家ではBRIAN(ブリアン)を使って、プラークが溜まりやすい部分を徹底して綺麗にしていきましょう\(^o^)/

 

 

④口呼吸による口臭

子供たちに多く見られる「口呼吸」。

 

テレビを観たりゲームの最中に、気づけば口がポカーンと口が開いている子も多いですよね。それ…非常にマズイです(><)

 

 

唾液には口の中の汚れを洗い流してくれたり、細菌の増殖を抑える役割があります。

 

しかし口呼吸になると、口の中が乾燥し口の中を綺麗にしてくれる働きの唾液が減ってしまいます…(;_;)

 

その結果、口の中で細菌が繁殖してしまい、口臭以外にも虫歯や歯肉炎の原因になってしまうのです(汗)

 

口呼吸は百害あって一利なし!

 

 

口呼吸になる原因は、口の周りの筋力不足が原因の場合も多いので、

 

 

をして口の筋肉を動かす事も、口呼吸改善に有効な方法ですよ♪

 

詳しい口呼吸の治し方は、【口呼吸の治し方】子供でも簡単に出来る6つの改善方法を今すぐ試そう!にまとめているので、参考にしてみましょう\(^o^)/

 

 

また子供たちの中には、風邪や鼻づまりで鼻から息ができずに「口呼吸」になる場合も多いので、口呼吸が癖になる前に原因を取り除いてあげることも大切です。

 

もし鼻呼吸ができないくらい鼻づまりが苦しい時は、すーすー茶で一刻も早く鼻の通りを良くしましょう!

 

⑤蓄膿症や溶連菌が原因の口臭

蓄膿症(ちくのうしょう)や溶連菌(ようれんきん)が原因で、口臭が出ることもあります。

鼻がつまり奥に膿がたまってしまうと、膿のニオイが口臭の原因になってしまうのです…(><)ヨダレがにおう時は、早めに耳鼻科で診察をしましょう。

 

※溶連菌は、溶連菌という細菌がのどに感染して、のどの痛み、熱、体や手足に発疹が出る病気です。

⑥ストレスや緊張でも口臭の原因になる

ストレスを感じたり緊張することで、唾液の分泌が低下することもあります。
その結果、口臭が強く感じることもあるので子供たちの様子をよく観察してみて下さい。

 

⑦風邪で体調を崩している

風邪など体調が悪い時は免疫力が低下し、口の中の細菌が増えやすくなり、口臭の原因になることがあります。

 

まずは、体調を戻すことが先ですね(^^)

 

⑧便秘が原因の口臭

便秘や胃や腸の調子が悪い場合も、口臭の原因の原因になります。

食生活を見直して、便秘改善に努めましょう(><)

 

 

⑨食べ物が原因

食べ物が原因の口臭は、ニンニクやニラ、アルコールなどの飲食物が原因で起こる口臭です。

食べ物が消化されたとき「ニオイの原因物質」が体の中で溶け出し、肺や粘膜を通って吐き出され、口臭を感じてしまうんです。

 

 

でも、食事や嗜好品による口臭は誰にでもあるもの。一時的な口臭ですから心配はいりません(^^)

もちろん、神経質になり過ぎないで大丈夫ですよ(^^)/

 

 

まとめ

大人の口臭の原因は歯や口の病気(歯周病)が多いですが、子供が歯周病がひどいことはまれですし、唾液の量も大人より多いはず。

 

 

子供たちの口臭で考えられる原因には、

  1. 舌の汚れ
  2. 歯磨きが不十分
  3. 虫歯
  4. 口呼吸
  5. 溶連菌、蓄膿症
  6. ストレス
  7. 体調不良
  8. 便秘
  9. 食べ物

の9つが考えられます。

 

もし子供の口臭が気になったら、

  1. 口呼吸を治す(鼻づまりが苦しい時は、すーすー茶で鼻の通りを良くする)
  2. BRIAN(ブリアン)で丁寧に歯磨きをしてプラークを落とす
  3. 食事やガムを噛むことで唾液を増やす
  4. 水を飲む

 

など、口の中を清潔にして唾液を増やすことから始めてみましょう(^^)/

 

▼口臭や虫歯予防に効果的な歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

 

中には、耳鼻科の病気が原因のこともあるので、「膿」のニオイがするときは早めの受診をして下さい。

 

 

子供の口臭は、本人よりも、ママやパパ大人の方が気になっている場合が多いです。だからと言って、子供に『口がくさいよ!』などストレートに伝えると、傷ついたり気にしてしまう可能性がありますよね…。

 

気持ちの配慮も忘れずに、口臭改善に努めましょう\(^o^)/

 

トローチで子供の口臭を予防する方法もあります

お菓子のような美味しさで、舐めるだけで口臭予防ができるトローチもあります。

10日間全額返金解約保証もついているので、迷っている方も安心して試せますよ\(^o^)/

 

子供の口臭が気になっている方は、ぜひ試してみて下さい!お菓子のように甘いので、子供達も嫌がらずに口臭予防ができますから(^^)

 

\詳しくはこちらから確認できます/

 

コメント