ひどい虫歯で歯がボロボロでも痛みなし!根っこだけ残った歯の治療法は抜くしかないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

ズキズキする虫歯の激痛で苦しんでいたのに、「あれ?前より痛みがなくなった!」と安心していませんか?

それ、非常に危険です!

もし、

  • 頬っぺたが腫れる
  • 口の中から膿の嫌なニオイがする
  • 歯がボロボロで根っこだけの状態

に当てはまっていれば、重度の虫歯のC4(シーフォー)と呼ばれる状態になっています(汗)

歯の根っこだけ残った状態では、すでに歯の役割は失われていますよね。しかも歯の大部分が虫歯でボロボロなので、見るも無残な状況で歯の神経も死んでいます。

神経が死んでいるので、あれだけ痛かった「歯の痛み」も不思議と感じなくなります。

ここで痛みがないので「治った!」と勘違いされる方もいますが、決して治ったわけではありません!!

そこからさらに虫歯が重症化すれば、あごの骨にまで細菌が感染し、頬っぺたが腫れたり、歯の根っこが化膿して口の中から嫌なニオイがでる可能性があることは忘れないで下さい…(汗)

もし歯の根っこがまだ使えるなら、治療をして「被せ物」をする方法もありますが、使い物にならなければもう歯を抜くしか道はありません。

今回は、前回の「C3」よりさらにむし歯が進行して歯がボロボロになった、「C4」の虫歯のお話です。

▼これまでの記事▼

歯の表面の虫歯の「C1」についての記事→痛くない!歯の茶色や黒い点の原因は虫歯?着色?治療方法と3つの予防法

歯の中まで虫歯になった「C2」についての記事→甘いもの(チョコ)や冷たい水や風で歯がしみる症状は虫歯?原因と3つの治療方法

歯の神経まで虫歯になった「C3」についての記事→眠れないほどの歯痛!歯ぐきから膿が出てズキズキ痛い虫歯の原因と治療方法

スポンサーリンク



痛みが消えた虫歯。歯の根っこだけになった虫歯の状態

歯のほとんどが虫歯で崩壊された状態になると、歯髄炎( しずいえん)のときのような「ズキズキする激しい痛み」は不思議と消え、 硬い物を噛んだときや食べ物が詰まったときに「鈍い痛み」がでたり、歯ぐきの炎症で起こる「腫れ」や「違和感」のような症状になります。

これを治ったと勘違いされる方もいますが、決して治ってはいません!

そこからさらに虫歯が重症化すると、虫歯菌が骨のほうへ移動して根っこの先に膿が溜まってしまうのです。(写真の赤丸部分が膿の袋)

img_1284

膿の袋が小さいときは症状はほとんどありませんが、そのまま放置していれば膿の袋が大きくなり、今度は激しい痛みがでたり、歯ぐきから膿がでたり、頬っペたが腫れる可能性があります(汗)

膿の袋ができて痛みがでる理由は、出口のない袋の中で膿が外に圧力をかけるから。でも「C3」の時と同じく歯ぐきを切って溜まった膿を出せば、中の圧力が下がって痛みは引いてくれます(^^)

痛みがおさまったら神経を取って薬を詰め、金属の土台を入れて「型」を取り、金属や白い被せ物を歯科用セメントでくっつける治療をします。

銀歯のイラスト(歯の治療)

ただし、もう歯が使い物にならない場合は残念ながら歯を抜かなくてはいけません…(汗)

抜いた後の治療方法についても見ていきましょう(^^)

虫歯で歯を抜いてしまった後の治療方法

抜歯のイラスト

歯を修復することが不可能な場合は、歯を抜かなくてはいけません(汗)

歯を抜いた後は

①ブリッジにする

②部分入れ歯にする

③インプラントにする

の3つの方法で、歯のない部分を補っていきます。

詳しく見ていきましょう\(^o^)/

①ブリッジを入れる場合

歯を抜いた部分には、ブリッジを入れる方法があります。

写真の人工歯で歯のない部分を補い、抜いた歯の両側を削って支えにし、橋のようにつなげていきます(^^)

ブリッジは歯科用セメントでしっかりくっつけているので、自分で取り外しができません。ただし、歯磨きが難しくなったり、隣の健康な歯を削るデメリットがあります。

部分入れ歯を入れる場合

部分入れ歯のイラスト

抜いた場所に、部分的に入れ歯を入れる方法もあります。抜いた歯の部分は、プラスチックの歯や歯ぐきで補って両側の歯に針金をひっかけて使います(^^)

ブリッジと違って、隣の健康な歯を削らなくていいメリットがある一方で、口の中に入れると違和感を感じる方が多いのがデメリットです。

インプラントを入れる場合

インプラントのイラスト(歯の治療)

歯がなくなっても「入れ歯」にしたくない場合は、インプラント(人工歯根)を入れる方法もあります。

あごの骨の中に特殊な金属を埋め込んで歯の根っこの代わりにし、その上に人工の歯をつくる方法です(^^)

自分の歯のような噛み心地や見た目が得られる一方で、手術が必要になったり高額だったり、メインテナンスが面倒などのデメリットがあります(汗)

まとめ

虫歯は早い段階で治療をすれば、決して怖い病気ではありません!

しかし痛みがないから、痛みがなくなったから…と放置していれば、歯がボロボロになるだけでなく、周りの歯ぐきや歯の根っこの先にまで被害が広がることを忘れてはいけません!

歯を残せるかどうかは時間との勝負!

歯の根っこの状態によっては、被せ物をしてまた歯が使える可能性がありますから、違和感を感じたら早めに歯医者へ行くことはもちろん、家でも普段からBRIAN(ブリアン)でケアをして歯の寿命を延ばしましょう\(^o^)/

▼今日からできる虫歯や歯周病予防の歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

▼歯磨きしても口臭が気になる時は、こちらに対策方法をまとめています▼

合わせて読みたい→口臭を早く消したい時のおすすめグッズ!息が臭い4つの原因と改善方法のまとめ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする