上あごの真ん中や下の歯の裏にできた硬いコブの様なできもの(出っ張り)の原因と治療方法

注意したい歯並び
スポンサーリンク




あれ?口の中にできた硬く膨れた「コブ」のような塊がある…。

このコブ、放置していていいの?!

という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします!
結論から言えば、
  • 上あご
  • 下の歯の裏

にできた硬い『コブ』の正体は、骨の出っ張りかもしれません。

 

骨の出っ張りなら、基本的に治療する必要はないので、そのまま放置することも多いんですよ^^

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、骨が出っ張っている部分の粘膜は薄くなっています。

 

そのため、入れ歯や食べ物が当たる刺激で痛みを感じることもあるし、

生活に支障があるときは、出っ張った骨を削る治療が必要になります…。

 

 

この記事では、なぜ口の中に骨の出っ張りができるのか…について、歯科衛生士が紹介します。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

骨の出っ張りを予防する方法も紹介するので、参考にしてみてくださいね^^

 

ただし、コブの表面が柔らかかったり、急に大きくなったなどの症状があれば、他に原因があるので、歯医者で相談しましょう!
スポンサーリンク

上顎や下の歯ぐきにできる骨の出っ張りの原因

上あごの真ん中(上の写真の位置)にあるコブのような出っ張りや、

 

下の歯の裏側によくできる硬く膨らんだコブ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

触ってみると硬いし、痛みなどの自覚症状もありませんよね…。

 

とはいえ、口の中にコブができれば「もしかして、悪い病気…?!」と心配になってしまいますよね(汗)

 

でも結論から言えば、この硬いコブのような出っ張りは骨隆起(こつりゅうき)という骨の出っ張りです。

 

コブのように膨らんでいても、その正体は「骨の塊」なので、
基本的に、触っても痛みなどの自覚症状はありません^^

 

 

骨のコブができる原因はハッキリとは分からないとされていますが、遺伝加齢(中高年の方)によって現れやすくなる…とも言われています。

 

他にも、骨の出っ張りのある人の多くは、日頃から

  • 歯ぎしり
  • 噛みしめ

などの「異常な力」を歯やあごの骨にかけている可能性が高いです。

 

『歯ぎしり』や『噛みしめ』をすると、歯はもちろん周りの骨にも大きな力がかかります。

 

その「噛みしめ」などの異常な力に耐えるために
歯の骨膜が刺激され、骨が時間をかけてコブのように出っ張ってしまった!と考えられているんですよ。

 

上顎の骨に出っ張りがある人は歯を噛む癖がある

歯科衛生士
歯科衛生士

実は最近、子ども達の中にも、上あごに骨の出っ張りがある子が多くなっているんです…。

 

同じく考えられる原因の1つに、
歯を噛む「噛みしめ」が、普段から『癖』になっている可能性が高いんです。

 

 

だからもし、あなたの口の中の

  • 上あご
  • 下の歯の裏

などに硬いコブがあるなら、普段から『歯を噛む癖』がないか、確認してほしいんです。

 

 

とはいえ、きっとあなたも

『え?でもわたし、歯を噛む癖なんてないし、歯ぎしりなんてしないわよ?!』

と思ったかもしれません…。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、歯を噛む『噛みしめ』は『癖』になっていることがほとんど。

 

多くの人が無意識におこなっているため、自分が噛んでいることに気づいてないんです。

 

 

とくに

  • 集中しているとき
  • ストレスがあるとき

に噛んでいるので、自分では噛んでいる自覚がまったくないんですよ…。

 

 

とつぜんですが、

『今』あなたの歯は、当たって(噛んで)ますか?

それとも、

離れていますか?

もし、少しでも歯が当たっていれば、今まさにあなたは噛みしめをしていました。
歯科衛生士
歯科衛生士

このように、無意識に歯を噛んでることって、すごく多いんですよ…。

だからこそ、骨の出っ張りをこれ以上大きくしないため
そして、歯や周りの骨に異常な力をかけないためにも、『噛みしめ』の癖を疑って、直していきましょう!

 

なお、

  • 歯を噛む癖に気づく方法
  • 1秒で歯を離す方法

については下の記事でまとめているので、合わせて参考になさってくださいね!

 

歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!
気付くと歯を噛んでいることが多い…。 寝ている間も噛んでいるのか、朝起きるとあごがダルイ…。 歯を噛む癖って、どうすれば直せるの? という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 結論から言えば、「歯を噛みしめ...

 

上顎や下の歯の裏の骨の出っ張りによるトラブルと治療法

上あごや下の歯の裏にできる、コブのように出っ張ったものの正体は骨なので、普通は痛みなどの自覚症状はありません。

 

しかし骨が出っ張っているぶん、他の部分より歯ぐきが薄くなっているので、
食べ物が当たる刺激で痛みを感じることがあるんです(汗)

 

つまり、骨の出っ張りができた場所や大きさによっては、

  • 喋りにくいなどの「発音の問題」
  • 食べにくいなど「食事の問題」
  • 出っ張り部分の歯ぐきが薄いので、食べ物が当たって「痛みが出る問題」

 

などのトラブルが起こってしまうのです(汗)

 

わたしの担当した患者さんの中には、

上あごに食べていたお煎餅が刺さって痛みが出て「コブ」の存在に気付いた!

という方もいらっしゃいました。

 

もし口の中に出っ張りがあるせいで、日常生活に支障がでる場合は、歯医者で相談することをおすすめします。

 

骨の出っ張りの治療方法

繰り返しますが生活に支障がなければ骨の出っ張りは取る必要はなく、
そのまま様子をみておいても大丈夫です^^

 

しかし生活に支障がでる場合は、麻酔をして骨の出っ張りを削って除去する治療が必要になります。

 

 

骨の出っ張り(骨隆起)はそのままにしておいても小さくなることはありません。

 

少しずつ大きくなるか、変化ぜずそのままの状態になっています。

 

骨の出っ張りを今以上大きくしないため、今日から出来ることは「噛みしめ」の癖を直すことです^^

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

普段から歯や骨に力をかけないようにして、コブをこれ以上大きくしないようにしましょう!

 

 

  • 歯を噛む癖に気づく方法
  • 1秒で歯を離す方法

については下の記事でまとめているので、合わせて参考になさってくださいね!

 

歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!
気付くと歯を噛んでいることが多い…。 寝ている間も噛んでいるのか、朝起きるとあごがダルイ…。 歯を噛む癖って、どうすれば直せるの? という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 結論から言えば、「歯を噛みしめ...

 

 

上顎の骨の出っ張りの原因まとめ

下の歯の裏側や上あごにできる硬いコブ。

 

「悪い病気かも…!」と心配になってしまいますが、原因は骨の出っ張りです。

 

骨の出っ張りは、「噛みしめ」や「歯ぎしり」など、
異常な力が歯や骨にかかっていることで起こりやすくなる!と考えられています。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

骨の出っ張りなので、口の中にあっても痛みなどの自覚症状はありません。

 

でも、骨が出っ張っている部分の粘膜は薄くなっています。

 

そのため、入れ歯や食べ物が当たる刺激で痛みを感じることもあるので、
必要以上に刺激したり触って傷つけないようにしましょう!

 

そして、『骨の出っ張りのせいで入れ歯が入らない…』なんて未来にしないためにも、
今のうちから虫歯や歯周病予防をして、歯をなくさない努力をすることも大切ですよ^^

 

 

▼虫歯や歯周病を予防する歯磨き方法は、こちらが参考になります!▼

歯磨き下手さんも磨き残しが減る!歯磨きのコツを歯科衛生士が解説
時間をかけて磨いてるのに、虫歯ができる…。 歯医者で歯磨きが下手だと言われた…。 歯磨きのコツが知りたい…。 こんな疑問に、歯科衛生士13年の経験からお答えします。 結論からいうと、歯磨きが下手な人は『どこを磨けばいいか...

 

 

 

▼歯周病予防におすすめ!歯磨き粉の選び方はこちら!▼

緑の薬用歯磨き粉!プロポリス配合のプロポデンタルEXを使った感想・レビュー!
この記事では、歯周病予防や口臭予防に効果があるとされている「プロポデンタルEX」の 特徴 使ってみた感想 について紹介しています! 歯科衛生士 歯科衛生士目線で、使い心地をご紹介しま...

 

 

▼忙しいときでも、10秒で口の中がスッキリするマウスウォッシュはこちら▼

https://a-kachan.net/hamigakiyakume

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました