歯の治療費が高いのはなぜ?自費診療と保険診療の後悔しない選び方でトラブルを防ごう!

歯ぎしりとイビキ

歯の治療費って、歯医者によって金額が全然違いますよね?

 

風邪で病院に行っても、どこの病院もそんなに治療費に違いはないのに、歯の治療は病院によって金額が大きく変わってしまうことがあります。

 

特に「詰め物」や「被せ物」や「入れ歯」を入れる時は、安くて数千円から、自費診療になると数十万円かかることだってあります(汗)

 

あなたも歯医者に行くとき、「痛くされないかな?」「先生は優しいかな?」という不安はもちろん「治療費は高くないかな?」と心配した経験があると思います。

 

でもなぜ歯医者の治療費は、病院によってこんなにも「差」があるのでしょうか?

 

わたしが今回一番お伝えしたいことは、歯の治療は決して歯医者任せだけにしないでほしい!ということです。

 

あなた自身も治療に「参加する」気持ちでいなければ、満足する結果にならず、最悪の場合、治療をやり直す結果になるかもしれません(汗)

 

やり直しになれば、時間もお金も余計にかかるだけでなく、大事な歯をまた削る可能性だってありますよね…。

 

自分自身の治療はもちろん、子ども達の歯の治療も決して「歯医者に任せっきり」にしないでほしい理由を、歯科衛生士の経験からお話しします。

スポンサーリンク

歯医者の自費治療が高い理由と保険治療のメリットとデメリット

自費で歯の治療をしようと思うと、保険診療に比べて値段が高くなります…。

 

自費診療は保険診療より材料費が高いことはもちろん、技術料も追加されたり、金額の設定も歯医者ごとに設定できるので、病院によって料金に「差」が出てしまうんです。

 

もちろん保険の治療でも、問題なく歯に「被せ物」や「詰め物」はできます(^^)

 

しかし、見た目の問題や使っている材料の耐久性まで細かく見ていくと、患者さんによっては満足いく結果が得られないこともあるのです…(汗)

 

あなたがもし歯に「被せ物」をするなら、どんな基準で被せ物の種類を選びますか?

値段の安さで選ぶ方もいるだろうし、見た目の問題を一番に気にする方もいますよね(^^)

 

例えば保険診療は、場所によっては白い材料が使えないデメリットがありますが、金額が安く治療できるメリットもあります。一方で、自費診療になると被せ物の金額は高くなりますが、耐久性や見た目の問題では満足のいく治療ができます(^^)

 

間違ってほしくないのは、自費診療があなたにとって一番いい治療というわけではない!ということ。

 

保険診療だから自費診療だからと選ぶのではなく、「あなたにとって満足する治療方法」を選ぶ事が、歯医者側も患者さん側もお互いに満足いく治療のゴールにつながるんです(^^)

 

 

歯医者側の説明不足やコミュニケーション不足がトラブルの原因になる

満足いくゴールにならないと、治療後にトラブルが起きてしまいます(汗)

 

例えば、わたしが勤めていた歯医者では昔、保険治療で被せ物をした患者さんが治療後に鏡を見て「笑った時に、こんなに金属が見えるなんて思わなかった…」と治療結果に満足いかず、結局治療をやり直したことがありました(汗)

 

保険治療で使う材料は金額が安い分、どうしても耐久性や審美性が劣ってしまいます。

 

奥歯だから目立たないだろう…と保険内の材料で被せ物をした結果、笑った時に金属が思ったより目立ってしまい、結局「白い被せ物」にやり直した患者さんも少なくありません(汗)

 

口元の印象は顔の印象にまで影響します。

 

だからこそ、保険でも自費診療でも「被せ物」を入れた場合のメリットやデメリットをきちんと歯医者側が説明しておく必要があるのです!

 

  • なぜその治療が必要なのか
  • どんな方法で行うのか
  • どんな結果になるのか
  • 審美性
  • 耐久性
  • 患者さんが負担する費用

 

などを考慮した上で治療を進めないと、患者さんが満足してくれない上に、二度とその歯医者には来てくれないでしょう。患者さんも歯医者側にとってもマイナスしかありまんよね。

 

一方で、歯医者側がしっかり説明しているのに、患者さん側が説明を十分理解してないまま治療が進んでいる場合もあります(汗)

 

せっかくの治療を満足いくものにするためにも、治療は全て歯医者任せにするのではなく、患者さん側も希望をしっかり伝えたり積極的に治療に参加することが、満足できるゴールにつながるんですよ(^^)

 

治療しても虫歯が再発する原因

最後に1つだけ知っていてほしいことがあります。

 

残念ながら「治療すれば一生安心!」という治療はありません(汗)

 

治療後のケアを怠っていれば、当然、虫歯や歯周病が再発してしまう可能性がありますよね。

 

だからこそ治療した歯を長持ちさせるためにも、歯医者でメインテナンスしたり、家では善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉を使ってケアすることが、治療した歯を長持ちさせ、他の健康な歯の寿命を延ばすことにつながるんです(^^)

 

実際の具体的な歯磨き方法は、これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法にまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい\(^o^)/

 

 

まとめ

間違ってほしくないことは、自費診療が必ずしもあなたにとって「一番いい治療」というわけではない!ということ。

 

保険だから自費診療だからと選ぶのではなく、あなたにとっての満足する治療方法を選ぶ事が、歯医者側も患者さん側もお互いに満足いく治療のゴールにつながります(^^)

 

だって、金額を安くしたい患者さんに「白い被せ物」をしても満足はしませんよね。反対に、入れ歯が嫌な人にインプラントを入れることは、満足する結果につながります(^^)

 

 

患者さんのことを大切にしてくれる歯医者なら、

  • 自費診療で得られる効果
  • そこにかかる金額
  • なぜその治療が必要なのか

を丁寧に説明してくれるはずです(^^)あなた自身も、しっかり説明を聞いて納得した上で治療方法を選んでいきましょう。

 

治療は決して歯医者任せにせず、歯医者の言いなりにならないように「自分にとってこの治療は、満足出来るゴールになるのか」を、一瞬でも考えて治療に参加して下さることを願っています(^^)

 

 

口元の印象を明るくしたいあなたへ

口元の印象を大きく変える歯の色。

黄ばんだ歯の色では、口元が暗く見えるだけでなく顔の印象も暗くなってしまいますよね(汗)

 

でも、ホワイトニングは高いな…と感じる時は、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります\(^o^)/

 

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ\(^o^)/

 

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中!今まで使ったどの歯磨き粉より歯が白くなりました!

 

1ヶ月で、ここまで白くなっています(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい!普段の歯磨き粉として使うだけなので、毎日続ける手間やストレスは全く気になりません(^^)

 

まさに、今までのホワイトニングとは比べ物にならないほどの快適さで「歯を白く」することができますよ(^^)

 

 

あなたもぜひ簡単だから続けられる【プレミアムブラントゥース】で口元の印象を明るくしましょう!使っているから言えます!ニヤニヤするくらい変わりますよ\(^o^)/

 

 

▼詳しくはこちらから、成分や使い方が確認できます▼

 

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

 

 

コメント