着色しやすい歯の汚れの落とし方。衛生士が実践する自宅で簡単3つのステイン予防法。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯ブラシや歯磨き粉の使い方を見直せば、歯の着色や黄ばみを自宅で取ることができます!

わたしは歯医者で働いていたので、ホワイトニングをしたり、ステイン除去用の歯磨き粉を使ったりと、他の方よりは歯のメインテナンスに力を入れていました。

しかし、子供を産んでからは「自分の歯のケアの時間」が前より取れなくなったこともあり、月日が経つにつれて歯の黄ばみが気になるように…(汗)

でもそんなわたしも、今は自分の歯の色に満足しているんです(^^)その理由は、家でできるケア方法に変えたから。

そう!わたしが試した「歯を白くする方法」は、家でできることばかりなんです!

「歯の黄ばみや着色が気になるけど、歯医者に行く時間はないし、ホワイトニングは高いし、でも白い歯になりたい」という方は、ぜひ参考にしてみて下さい(^^)

育児中でも手間や時間やお金を節約しながら、家で歯を白くできますから(^^)

歯の色が明るくなれば、顔の印象も明るくなるし口元もイキイキします!育児で疲れた顔になっている方は、特にじっくり読んでみて下さい(^^)

スポンサーリンク



着色汚れが付きやすい人と付きにくい人の差

歯の着色汚れは、虫歯や歯周病に直接は関係ありません。しかし、歯に着色がついていると、歯の表面がザラついているので、プラークや新しく着色がつきやすくなってしまいます(汗)

もちろん着色が歯についていると、見た目にも「いい印象」はありませんよね。

実は、歯の着色汚れは

  • 歯並び
  • 唾液の出る量
  • 歯磨き粉の使い方
  • 歯ブラシの種類
  • 食生活
  • 嗜好品

の6つによって、付きやすい人と付きにくい人に「差」が出てしまいます。

そもそも着色がつく原因は、着色の原因となる有機物が、水や油や歯磨き粉に含まれる成分にも溶けない状態になって、歯の表面にくっついてしまうから。

つまり着色を落とすためには、着色より硬いものでこすり落とす必要があるんです。

そこで、歯ブラシ!

でも、歯ブラシならどれでもいいわけではありません。選び方が重要です。

実は歯ブラシの毛は同じ材料でも、

  • 細いと柔らかく
  • 太いと硬く

感じてしまうんです。

つまり歯ブラシの毛の太さが、効果的に着色を落とせるかどうかに関係していた!ということ。

関連記事→歯ブラシのかたさの種類の意味!やわらかめ、ふつう、かための選び方と実際の使用感に違いを感じる理由。

細い毛先の歯ブラシは歯の間まで毛先が入りやすい特徴がありますが、力を入れると毛先が倒れてしまい、歯の表面に毛先が当たらず着色が取れにくいデメリットがあります。

そのため、歯の表面の着色除去には向いていない歯ブラシです。

一方、太い毛先の歯ブラシは、歯の表面の汚れや着色汚れに効果的に毛先が届きますが、歯の間に毛先が入りにくいデメリットがあります。

つまり、自分がどの部分に着色が多いのかで、歯ブラシの種類も変えた方がいい!ということ。

もし歯ブラシ選びに迷っている方は、まずはホワイトニング効果のある歯ブラシを使ってみてください(^^)

歯の間もつきやすい着色汚れを効果的に落とす歯磨き方法

着色が気になると、つい硬い歯ブラシでゴシゴシ磨きたくなりますよね。でも、ゴシゴシ磨きは、歯や歯ぐきを傷つけてしまう磨き方。当然、おすすめできません(汗)

しかもゴシゴシ磨きでは、歯ブラシの毛先が歯の間や歯並びの悪い場所に届きにくく、磨き残しが増える可能性があります。

あなたの歯が着色する場所は、いつも同じ場所のはず。つまり、いつも同じ部分に歯ブラシが当たっていない!とういことになります(汗)

着色汚れは、歯の間や歯並びの悪い場所から付いていきます。

特に歯の裏側や内側に入っている歯は、歯ブラシの毛先が届きにくく、着色が多くついてしまう場所。

また、前歯でも、

  • 歯ぐきに近い部分にだけ着色がある場合は、歯ぐき側に歯ブラシが当たっていない。
  • 歯の先端部分にだけ着色が付いている場合は、歯ブラシが歯の先端に当たっていない。

という具合に、着色が残っている場所を見ることで、自分の磨き癖を発見するキッカケにもなります。

着色汚れが気になるなら、意識的に歯ブラシの毛先を縦にしたり、いろんな角度から磨くことが有効な方法になりますね(^^)

磨き残しが減る歯磨き方法は、プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!を参考にしましょう。

歯の着色汚れを取るおすすめの歯磨き粉

歯ブラシ選びや歯磨き方法を見直すと共に、ぜひ、歯磨き粉も「ホワイトニング専用」のものにしていきましょう(^^)

もちろん、歯医者でクリーニングする方法もありますが、時間がかかったり、定期的に通院する必要があるので、子供を持つママや忙しい方には負担になってしまいますよね。

わたしも自宅でホワイトニングをしていた時期がありますが、これが予想以上に面倒でした(汗)

仕事終わりに1日2時間。何も食べられないし飲めない状態が続くため、もっとスマートに歯を白くしたい!と、とても不満を感じていたんです…。

でも、ホワイトニング専用の歯磨き粉に変えてから、ストレスゼロで歯を白くすることに成功したんです!!

その結果をご紹介します\(^o^)/

おすすめの歯磨き粉はプレミアムブラントゥース

わたしが使って良かったホワイトニング用の歯磨き粉はプレミアムブラントゥースです!

まずは結果から。

1ヶ月前は、全体的に黄ばみがある歯でしたが…

1ヶ月後、歯磨き粉を変えただけで、ここまで白い歯になれたんです!(もちろん画像加工は一切していません)

わたしが感じた最大の魅力は、毎日の歯磨きの中でホワイトニングできるということ(^^)

市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉は、「研磨剤」で歯の表面の汚れを取っていきますよね。でも研磨剤が入っているので、磨きすぎると歯の表面を削ったり歯ぐきにもダメージを与えてしまう可能性があります。

しかも歯の表面が傷つくと、傷ついた部分にステインなど着色汚れが入りやすくなってしまうデメリットも…。

ホワイトニング用の歯磨き粉を選ぶ時は、歯を傷つけず、着色を効率的に落とせるものを選ばなくてはいけないのです。

気になる方は、ぜひこちらからも覗いてみて下さいね(^^)

初回6,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』

プレミアムブラントゥースが研磨剤なしで着色汚れが落とせる理由

プレミアムブラントゥース研磨剤が入っていないので、歯の表面に傷が付くこともなく、傷ついた部分からまた汚れが付く心配もありません(^^)

それどころか、歯に付いた汚れを包み込んで剥がしてくれ、天然素材の力で汚れをつかないように歯を守ってくれる効果があり、磨いた後も歯がツルツルになるんです(^^)

まとめると

①時間のしばりがなく手軽に歯を白くできる

②歯医者でのホワイトニングにかかる時間を節約できる

③歯医者のホワイトニングより安価

という3点で、ホワイトニング用の歯磨き粉としては、かなりおすすめです\(^o^)/

歯医者でのホワイトニングは4万円と高価ですし、通院も必要になります。

でもプレミアムブラントゥースは普通の歯磨き粉代わりに使うだけなので、小さな子どもを子育て中のわたしでも、毎日ストレスなく歯の白さを維持することができています(^^)

まとめ

いかがでしたか?

「歯の黄ばみや着色が気になるけど、歯医者に行く時間はないし、ホワイトニングは高いし、でも白い歯になりたい」という方は、

①歯ブラシの選び方を見直す

②自分の歯で着色が付きやすい場所を知る

③歯磨き粉の選び方を見直す

の3つの方法を実践していただければ、家にいながらにして着色汚れがかなり気にならなくなるはずです!

わたしが実際に試した方法なので、自信を持っておすすめできます!!

今行動すれば、それだけ早く白い歯が手に入ります!!

日に日に綺麗になる歯を毎日鏡で見ていくことは、なかなか気持ちが良いものですよ(^^)

ホワイトニングより安く手軽にできる方法を探しているなら、もう迷う必要はありません!

あなたも早速試してみて下さい!

気になる方は、ぜひこちらからも覗いてみて下さいね(^^)

初回6,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』

▼詳しくはこちらからも成分や使い方が確認できます▼

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする