歯に着色がすぐつく原因と除去方法。自宅でできる茶色い汚れの取り方3選

歯磨き方法
スポンサーリンク




何度も歯に付く着色を見るたび、うんざりしていませんか?

歯の黄ばみが気になって、いつも手で口元を隠していませんか?

市販の歯磨き粉をつかっても、なかなか効果を実感できない…と悩んでいませんか?

 

とくに育児をしていると、

「歯の黄ばみが気になるけど、歯医者に行く時間もないし、ホワイトニングは高いし…」

と自分のケアを諦めてしまうことも多いですよね…。

 

そこでこの記事では、育児中の歯科衛生士が実践している「歯の黄ばみや着色を家で取る方法」をご紹介します!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯の色が明るくなれば、顔の印象も明るくなるし口元がキレイな女性になれます!

 

育児で疲れた顔になっているママこそ、歯を美白して女性としての自信を取り戻しましょう!

 

スポンサーリンク

着色汚れが歯に付きやすい人におすすめの歯ブラシ

歯が着色しやすい人の原因

歯の着色汚れは、虫歯や歯周病に直接関係ありません。

 

しかし歯に着色がついていると、歯の表面がザラつくため、汚れや新たに着色がつきやすくなってしまうんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん着色が歯についていると、見た目にも「いい印象」はありませんよね(汗)

 

でもなぜあなたの歯には、着色汚れがついてしまうのでしょうか?

 

歯に着色がつく理由は、着色の原因となる有機物が、水や油や歯磨き粉に含まれる成分にも溶けない状態になって、歯の表面にくっついてしまうから。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり着色を落とすためには、着色より硬いものでこすり落とす必要があるんです。

 

そこで、歯ブラシ!

でも、歯ブラシならどれでもいいわけではありません。選び方が重要です。

 

実は歯ブラシは「同じ材料の毛質」でも、

  • 細いと柔らかく
  • 太いと硬く

感じてしまうんです。

 

つまり、下の記事でも紹介したように、歯ブラシの毛の太さが、効果的に着色を落とせるかどうかに関係していたのです。

 

歯ブラシのかたさの種類!やわらかめ、ふつう、かための選び方と実際の使用感に違いを感じる理由。
薬局やスーパーにいくと、様々な種類の歯ブラシが売られていますよね。 種類が多すぎて、「何を基準にしたらいいの?」と迷ってしまいませんか? 結論から言えば、歯ブラシは「自分にあったもの」でないと効果を発揮できないし、逆...

 

例えば、細い毛先の歯ブラシは歯の間まで毛先が入りやすい特徴がありますが、力を入れると毛先が倒れてしまうので、歯の表面に毛先が当たらず着色が取れにくいデメリットがあります。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまり、歯の表面の着色除去には向いていない歯ブラシです。

一方で、太い毛先の歯ブラシは、歯の表面の着色汚れを効果的に落とすことができますが、歯の間に毛先が入りにくいデメリットもあります。

 

まとめると、

  • 歯の間に着色が付きやすいなら、「細い毛先の歯ブラシ」
  • 歯の表面に着色が付きやすいなら、「太い毛の歯ブラシ」

という具合に、自分がどの部分に着色が多いのかで、歯ブラシの種類も変えてみましょう!

 

もし歯ブラシ選びに迷っている方は、まずはホワイトニング効果のある歯ブラシを使ってみるといいですね。

 

 

歯の着色汚れを効果的に落とす歯磨き方法

着色しにくい歯磨き方法

歯に着色がついてしまうと、つい硬い歯ブラシでゴシゴシ磨きたくなりますよね。

歯科衛生士
歯科衛生士

しかしゴシゴシ磨きは、歯や歯ぐきを傷つけてしまう磨き方。当然、おすすめできません(汗)

 

しかもゴシゴシ磨きは、歯ブラシの毛先が歯の間や歯並びの悪い場所に届きにくく、磨き残しが増える可能性があるんです。

 

あなたの歯が着色しやすい場所は、

  • 下の前歯の裏側
  • 引っ込んでいる歯

など、いつも同じ場所ではありませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

つまりそれは、いつも同じ部分に歯ブラシが当たっていない!とういことを意味しているんです!

 

また前歯でも、

・「歯ぐきに近い部分」にだけ着色が付いている場合は、歯ぐき側に歯ブラシが当たっていない。

・「歯の先端部分」にだけ着色が付いている場合は、歯の先端に歯ブラシが当たっていない。

 

という具合に、着色が残っている場所を見ることで、自分の磨き癖を発見するキッカケにもなるんですよ。

 

もし同じ場所につく着色汚れが気になるなら、意識的に「その歯」に歯ブラシの毛先当てたり、いろんな角度から毛先が当たるように磨いてみましょう!

 

たったこれだけで、グッと着色汚れが付きにくくなりますから。

 

なお、磨き残しが減る歯磨き方法は、下の記事↓に写真付きで紹介していますので、ぜひ参考になさってくださいね!

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
毎日磨いているのに、繰り返す子供の虫歯に悩んでいませんか? 乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、 前歯が生え変わる 6歳臼歯が生える まだ乳歯がたくさん残っている …と、子供の口の中は大きな変化を迎える...

 

 

歯の着色汚れを取るおすすめの歯磨き粉

歯が白くなる歯磨き粉

歯を美白するためには、歯ブラシ選びや歯磨き方法を見直すと共に、ぜひ、歯磨き粉も「歯が白くなるもの」に変えてみましょう!

 

ママ
ママ

でもどんな歯磨き粉を選べばいいの?

今までいろいろ試したけど、あまり効果がなくて…。

 

たしかに、ドラックストアやスーパーなど、見渡せば数え切れないほどの歯磨き粉がありますよね。

 

その大量の歯磨き粉の中から、あなたの歯が白くなるものを見つけるには、時間がかかりすぎてしまいますし、効率も悪いです。

 

もしあなたが「これだ!」という歯磨き粉に出会えてないなら、わたしが使っているプレミアムブラントゥースを試してみましょう!

 

歯を白くするおすすめの歯磨き粉はプレミアムブラントゥース

わたしがプレミアムブラントゥースをおすすめしている理由は、結果をみてもらえれば分かって頂けると思います。

 

1ヶ月前のわたしの歯は、全体的に黄ばみがありました…。

歯の黄ばみ

 

しかし1ヶ月後、歯磨き粉を変えただけでここまで白い歯になれたんです!

もちろん画像加工は一切していません)

白い歯になる歯磨き粉

歯科衛生士
歯科衛生士

この変化は嬉しかったですね♪

夫にも「たしかに白くなったね!」と言われたのは、久しぶりに褒められた気がして「よっしゃ!」と思わずテンションが上がりましたから(笑)

 

しかもこのプレミアムブラントゥースの最大の魅力は、毎日の歯磨きの中で、歯を守りながら美白ができるということです。

 

市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉の多くは、「研磨剤」で歯の表面の汚れを取っていきます。

 

しかし研磨剤が入っているので、磨きすぎると歯の表面を削ったり歯ぐきにもダメージを与えてしまう可能性があるんです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかも歯の表面が傷つくと、傷ついた部分にステインなど着色汚れが入りやすくなってしまうデメリットもあります。

 

 

 

たとえば水道の蛇口も、タワシでゴシゴシこすれば一時的にキレイになりますよね。でも、こすってできた小さな傷の間には、水垢やカビが入り込みやすくなりませんか?

 

それは歯も同じ。

 

だからこそ、ホワイトニング用の歯磨き粉を選ぶ時は、歯を傷つけず、着色を効率的に落とせるものを選ばなくてはいけないのです。

 

▼歯を優しく美白してくれる歯磨き粉は、こちらから確認できます▼

 

 

プレミアムブラントゥースが研磨剤なしで着色汚れが落とせる理由

プレミアムブラントゥースには研磨剤が入っていないので、歯の表面が傷つくことなく、傷ついた部分からまた汚れがつく心配もありません。

 

それどころか歯についた汚れを包み込んではがしてくれ、天然素材の力で汚れをつかないように歯を守ってくれる効果もあるんです!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん、磨いた後は歯がツルツルになりますよ♪

 

まとめると

①育児中でも手軽に歯を白くできる

②歯を守りながら白い歯になれる

③歯医者のホワイトニングより安価

という3点で、歯を美白するの歯磨き粉としてはかなり使いやすいです!

 

歯医者でのホワイトニングは4万円〜6万円と高価ですし、通院も必要になります。

正直、育児中のわたしにとっては高い金額ですし、小さな子をつれて何度も通院するのも大変なことです。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でもプレミアムブラントゥースなら、普通の歯磨き粉代わりに使うだけなので、小さな子どもがいるわたしでも、毎日ストレスなく歯の白さを維持することができているんですよ♪

 

プレミアムブラントゥースの価格は?

プレミアムブラントゥースの通常価格は9980円ですが、初回はなんと6000円OFFで3980円!

 

2回目以降も4980円で、通常価格の50%OFF!5000円も安く買うことができるんです!

 

最低3回の使用料金を合計すると13940円になりますから、正直、普通の歯磨き粉より割高に感じますよね。

※価格は税別価格で表示しています。

 

しかしプレミアムブラントゥースを使う目的は、歯の美白です!

歯医者でのホワイトニングの料金(約4万円〜6万円)と比べれば、そのお得さはハッキリ分かりますよね!

 

しかも1日あたりの使用量で考えると、かかるコストはなんとたったの155円!

 

ママ
ママ

1日155円で歯が白くなるなら、かなりコスパがいいわね!

でも、本当に効果がでるか不安ですよね…。

安心してください。

プレミアムブラントゥースには90日間の返金保証がついているので、効果をじっくり試すことができるんです!

 

以下は返金保証についての説明の引用です。

弊社商品は、様々なお客様へ安心してご使用いただけるよう こだわって開発した商品となっております。
しかしながら、誰でも初めて使用する商品にはご不安があるかと存じます。
そんな方々にも安心してお申込み・ご利用いただけるように、 初めてのお客様限定で返金保証制度をご用意しております。

 

市販の歯磨き粉は、買ってから「失敗した!」と後悔しても、返品することはできませんよね。

 

しかしプレミアムブラントゥースなら、実際に自分の歯で効果を試せるので、納得してから使い続けることができるんです!

 

アフターサポートがしっかりしていることをみても、1度つかってみる価値は十分にありますよ。

 

 

▼すぐに確認したい方はこちらから覗いてみて下さい▼

 

歯の着色汚れを落とす方法まとめ

いかがでしたか?

 

「歯の黄ばみや着色が気になるけど、歯医者に行く時間はないし、ホワイトニングは高いし、でも白い歯になりたい」という方は、

①歯ブラシの選び方を見直す

②着色がつきやすい場所を知る

③歯磨き粉の選び方を見直す

の3つの方法を実践していただければ、家にいながらにして着色汚れがかなり気にならなくなるはずです!

 

この3つの方法は、歯科衛生士のわたしが実際に試した方法なので、自信を持っておすすめできます。

 

歯の着色はそのままにしていても白くなることはありません!

 

わたしは黄ばんだ歯を鏡で見るたびに「暗い気持ち」になっていました。

だからそ、手軽になるべく安く「歯を白くする方法」を探したんです。

 

日に日に綺麗になる歯を鏡で見ていくことは、女性としての自信にもなるし、口元を隠す必要もなくなります!

 

ママになっても「キレイな女性」でいるために、あなたも口元のケアをはじめませんか?

今行動すれば、それだけ早く白い歯が手に入るんですから!

 

3つとも手軽にできる方法なので、ぜひ試してみて下さいね!

 

▼美白ができる歯磨き粉の詳細は、こちらから覗いてみて下さいね▼

 

 

 

 

 

 

コメント