泡立たない歯磨き粉選びはコンクールのジェルコートFがおすすめ!ジェル歯磨きの効果と特徴。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯磨き粉のイラスト

歯磨き粉を使うとき、「泡立って磨きにくい…。」と感じる方もいらっしゃると思います。

あなたがもし「泡立たない歯磨き粉」を探しているなら、ジェル歯磨きのジェルコートFをぜひ試してみて下さい(^^)/

ジェルコートFは、発泡剤や研磨剤が入っていないので、泡立たずに時間をかけて磨ける歯磨き剤。

さらに塩酸クロルヘキシジン(殺菌剤)とフッ化ナトリウム(フッ素)のダブルの効果で、虫歯や歯周病予防の効果が期待できます(^^)/

歯医者でも使われている製品なので、家のケアでも使うことでさらに効果的に使えますよ\(^o^)/

この記事では、ただジェル歯磨きの良さを紹介して終わるようなことはしません。あなたの口の中の環境に合わせた使い方や道具も紹介しますので、ぜひじっくり読んでみて下さい!

スポンサーリンク



口の中が泡だらけにならないジェル歯磨き!コンクールジェルコートFの効果

お出かけセットのイラスト

ジェルコートFは炎症を抑える効果があるので、

がある人には特におすすめです。

また研磨剤が入っていないので電動歯ブラシにも使えるし、歯ぐきが下がって知覚過敏になりやすい部分にも使えます(^^)

一方、研磨剤が入ってないので、頻繁にコーヒーやワインなどを飲む方は、どうしても歯が着色しやすくなるデメリットもあります。

でも安心して下さい!

もし着色が気になる時は、着色除去はもちろん、ホワイトニング効果も高い【プレミアムブラントゥース】を使ってみましょう!

研磨剤が入ってないジェルタイプの歯磨き剤なので、歯を守りながら歯を白くしたい方は、ジェルコートFより【プレミアムブラントゥース】の方が嬉しい効果を感じやすくなるはずです!

実際にわたしも使っていますが、今ここまで白くなっています\(^o^)/

▼わたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

泡立ちがない歯磨き剤を使いたいけど着色が気になる方は、【プレミアムブラントゥース】を試してみる価値は十分ありますよ\(^o^)/

ジェルコートFは知覚過敏になりやすい歯ぐきが下がった場所にも使えます

「安心・安全」のマーク

歯ぐきが下がって歯の根っこが出ている部分は、歯の表面よりやわらかく弱くなっています。そのため、研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシ磨けば歯の表面が削れやすく、「しみる!」「痛い!」など、知覚過敏の症状がでやすくなることがあるんです(><)

でもジェルコートは研磨剤なしの歯磨き粉。削れやすい歯の根っこ部分の汚れも優しく落としてくれる効果があります\(^o^)/

一方で、ジェルコートには知覚過敏を抑制する効果はないので、知覚過敏をの方はシステマセンシティブを使いましょう。

症状が軽いうちの方が、歯磨き粉だけでも効果が実感しやすいですから♪

関連記事→歯がしみる知覚過敏の原因は?プロおすすめの2つの歯磨き粉で劇的に予防する方法。

ジェルコートFの効果的な使い方

「ポイント」のマーク

ジェルコートFの使い方は、まず歯ブラシに半分くらいつけて磨き、使った後は数回ブクブクうがいをします。(塩酸クロルヘキシジンの殺菌効果で、プラークをとる効果があります)

さらにポイント!

歯磨きが終わった後に、ジェルコートFをもう一度歯ブラシにつけて、虫歯になりやすい「歯の間」や「歯ぐきとの境目」を中心に磨いてみましょう。終わったら、1度だけ軽くうがいをして下さい。


うがいをしてもフッ素が歯の表面に残っているので、虫歯予防の効果の持続が期待できますよ\(^o^)/

ヘッドの細い歯ブラシを選ぼう

ジェルコートFをより効果的に使いたいときは、歯ブラシは毛先が細いものを選びましょう(^^)/

プロフィッツなら細かく動かすことで毛先が歯の間にも入りやすいので、プラークが取れやすく、ジェルコートFも歯の間に届きやすくなりますよ♪

ジェルコートFは舌の白い汚れの舌苔をとる時も使えます

舌ブラシを使っている女性のイラスト

ジェルコートは、口臭の原因になる舌の汚れの舌苔(ぜったい)を取るときにも使えます(^^)

舌ブラシに水をつけ、少しジェルコートをつけて舌を掃除してみましょう。

ポイントは1日に1度、優しく磨くこと(^^)

一気に全部取ろうとすれば力が強くなるので、「気にならなくなったら止める」くらいで大丈夫です(^^)

ただし舌の表面は柔らかい粘膜ですから、1日に何度も磨くと舌を傷をつけてしまう可能性があります…(汗)

あくまで優しく軽い力で、奥から手前にかき出すように1日に1回磨きましょう(^^)/

ちなみに口臭は朝起きたときが一番強いので、舌磨きの時間は「朝食前」がおすすめです。
もちろん、汚れが気にならない時は毎日磨く必要はありませんよ(^^)

▼歯磨きしても口臭が気になる時は、こちらを参考にして下さい▼

合わせて読みたい→口臭を早く消したい時のおすすめグッズ!息が臭い4つの原因と改善方法のまとめ。

舌を磨くときの姿勢

舌を磨く時は、奥までブラシを入れてしまうと『オエッー!』となる方もいらっしゃると思います。

吐きそうにならないためには、少し前かがみになった姿勢で、舌をめいっぱい出してから磨くのがコツです。

汚れがブラシについたら、途中で水で洗いながら優しく磨いてみて下さい(^^)

まとめ

ジェルコートFは、発泡剤や研磨剤が入っていないので、泡立たずに時間をかけて磨ける歯磨き剤です。

さらに塩酸クロルヘキシジン(殺菌剤)とフッ化ナトリウム(フッ素)のダブルの効果で、虫歯や歯周病予防の効果が期待できます(^^)/

ジェルコートFで磨いた後は、殺菌剤やフッ素の働きで歯がツルツルになって、口の中がスッキリします(^^♪

  • 歯周病予防
  • 虫歯予防
  • ドライマウス
  • 口臭の原因の舌の汚れ(舌苔

に効果的なジェルコートを、あなたもぜひ使ってみて下さい\(^o^)/

▼虫歯や歯周病予防にきく「基本の歯磨き方法」も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする