歯が伸びた?プロが教える歯茎が痩せる・下がる4つの原因と予防方法

歯磨き方法
スポンサーリンク




「最近、歯ぐきが下がってきた気がする…」

「歯が長くなってきたし、伸びてきた気がする…」

「最近よく歯がしみるなぁ…」

 

なんて、あなたも思い当たることはありませんか?

でも、「年のせいだから仕方ない…」なんて諦めていませんか?

 

その答え…半分正解で半分ハズレです!

実は歯ぐきが痩せて下がる原因は、歯ぐきや周りの骨に大きな刺激や力がかかっているからです。

 

しかも歯ぐきの下がり方が大きくなれば、歯の根っこ部分が歯ぐきの上に出てしまう可能性もあります(汗)

 

歯ぐきが下がった歯が虫歯になりやすい理由

実は歯ぐきの上に出てきた根っこは、歯の表面より「ザラザラ」しているため、汚れがつきやすいんです。

 

そのため虫歯リスクが高くなるだけでなく、冷たいものや歯ブラシの刺激で痛みが出る「知覚過敏」の原因にもなってしまうのです(汗)

 

そう!

歯ぐきが下がることは、デメリットしかありません!

 

もちろん毎日きちんとケアしていれば、歯ぐきが下がる速度を遅らせることもできます。

しかし、それでも歯ぐきが下がるなら、

①歯磨きの方法が間違っている

②歯周病

③歯ぎしり

④加齢

の4つの原因を疑ってみましょう!

 

しかも4つ全ての原因は誰にでも当てはまることですし、症状に合った方法で解決していかないと、歯ぐきはこの先も下がり続けてしまいます。

 

そんな悲しいことにならないよう、早速4つの解決方法を見ていきましょう!

 

▼なお歯がしみる時の対策方法は、こちらが分かりやすいです▼

歯がしみる知覚過敏の原因は?プロおすすめの2つの歯磨き粉で劇的に予防する方法。
「歯がしみるっ!」 「歯磨きすると歯が痛いっ!」 あなたもこんな症状に悩まされていませんか? もし虫歯や神経の炎症など他に問題がないのに、歯がしみたり痛い場合は知覚過敏の可能性を疑ってみましょう(&...

 

スポンサーリンク

1、強い歯磨きが歯茎が下がる原因になる

歯が伸びたように感じる理由

汚れを取ろうと、強い力で「ゴシゴシー」と歯磨きをしていると、歯や歯ぐきが傷つき、歯ぐきが下がる原因になってしまいます。

 

残念なことに、真面目な人ほど力が強すぎる傾向があるんです。歯磨きのモチベーションが高いだけに…残念すぎますよね(泣)

 

 

「力が強いかな?」と感じるときは、下の記事を参考に、やわらかめの歯ブラシを使ったり、歯ブラシの持ち方や磨く場所を変えてみましょう!

 

毛先がすぐ広がる!歯ブラシが1ヶ月でだめになる原因と3つの対策方法
あなたの歯ブラシ!すぐに毛先が広がるなら、磨き方が「強すぎる」可能性があります! 歯ブラシの交換時期の目安は、およそ1ヶ月に1回です。 でももし、1ヶ月も経たないうちに歯ブラシの毛先がダメになるなら要注意! あなたの歯...

 

 

2、歯周病の炎症で骨が溶けて歯ぐきがなくなる

歯周病で歯ぐきが下がる理由

歯ぐきが下がってしまう1番の原因は歯周病です!

 

歯ぐきは骨の裏打ちがあって存在しているので、歯周病で骨がなくなると一緒に歯ぐきも下がってしまうのです。

 

しかも歯周病は、初期の段階では自覚症状がないため、自分で気づきにくい病気です。症状が出た時には「すでに骨が無くなっていた!」なんてこともよくあります。

 

歯周病予防には、

  • 歯磨き方法
  • 食生活

の2つを見直してみましょう!

 

それはなぜか。

 

答えはとってもシンプルで、「いくら歯磨きが上手でもダラダラ間食をしていれば、常に口の中には汚れが残ったままになってしまうから」です。

 

 

いつも口の中に食べ物があれば、歯ぐきが炎症を起こすのは当然ですよね(汗)

 

「でも、間食はやめられない〜!」という方は、下の記事を参考に「おやつの食べ方」を工夫してみましょう。

歯科衛生士流!簡単献立でおやつとご飯で子供を体と口の中を健康にする方法!
知っていますか? 実は、虫歯になりにくいおやつの選び方や食べ方があるんです! 子供達はお菓子が大好き!でもママとしては虫歯の問題も気になりますよね。 虫歯は、虫歯菌が食べ物の中の糖をエサにして「酸」をつくり...

 

 

歯磨きでおこなう歯周病予防

そしてもう1つ!

歯周病予防には、やはり歯磨きが大切です。

 

でもいくら歯科衛生士が「フロス」や「歯間ブラシ」の大切さを訴えても、毎日使ってくれる人はごくわずか。

 

使っていても途中で脱落してしまう人が多いんです…(汗)

 

もしあなたが、歯間ブラシやフロスを毎日使えないときは、発想を変えて、「歯磨き粉」で歯周病予防をしてみましょう!

 

歯科衛生士のおすすめは、BRIAN(ブリアン)です!

 

なぜわたしがBRIAN(ブリアン)をおすすめするかというと、市販のペーストの歯磨き粉は「泡」で汚れを落としていくものが多いのに対して、BRIAN(ブリアン)は「粉」の歯磨き粉。

 

そのため細かい粒子で、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所まで粒子が届いて、プラークを取り除いてくれるからです。

 

他に道具を増やす必要もなく、歯ブラシだけで歯の間の虫歯予防ができれば、毎日続けやすいですよね!

 

フロスや歯間ブラシを使えば、歯磨き時間はその分どうしても長くなります。

歯磨きに時間をかけられる方なら問題ありませんが、歯磨き自体が「面倒だな…」と感じているなら、歯ブラシ1本で歯周病予防ができる方法を考えてみませんか?

 

ママ
ママ

たしかに面倒臭がり屋のわたしでも、「歯磨き粉」なら毎日使えるわ♪

 

毎日無理なく続けられる方法でケアしていった方が、歯周病予防には効果があります!

 

歯周病はそのままにしていても絶対に治りません!だからこそ、無理なく続けられるケア方法でなければ意味がないのです。

 

▼詳しくはこちらから、成分などが確認できます▼

ブリアンのデメリット

 

せっかくなので、わたしが感じたBRIAN(ブリアン)のデメリットも紹介しておきますね。

 

BRIAN(ブリアン)は珍しい「粉」の歯磨き粉です。そのため、粉を小皿に出して歯ブラシにつける行程は、ペーストの歯磨き粉より正直手間です。

 

しかし、歯間ブラシやフロスを使うことを考えると、手間の時間は圧倒的に少なくなります!

 

もう1つのデメリットは、歯磨き粉の中では値段が高いことです。

歯磨き粉なんて安いと数百円で買えますよね?

「なぜわざわざ高いものを使う必要があるの?」と思いませんか?

 

でも物の値段や価値は、考え方次第だとわたしは思っています。

 

わたし自身、患者さんを治療する中で「正しくケアしていれば、歯を残せたはずなのに…」と、何度も悔しい思いしてきました…。

 

「歯周病や虫歯になっても、治療すればいいんじゃないの?」とあなたも思うかもしれません。

 

でも、1度削った歯は2度と元には戻らないし、歯周病で痩せた歯ぐきが元に戻ることは難しいのです!

 

「今」あなたが虫歯や歯周病で歯ぐきが下がっているなら、「何か」を今までと変えないと、残念ながらこの先も状況は変わりません!むしろ悪くなっていきます!

 

特に歯周病の治療は時間がかかるため、何度も歯医者に通うことになってしまうんです(汗)

 

だったらまずは歯磨きでケアした方が、時間もお金も節約になると思いませんか?

 

▼詳細はこちらから確認できます▼

 

 

 3、歯ぎしりや噛みしめで歯ぐきが痩せる

歯ぎしりで歯ぐきが下がる理由

多くの人が無意識でやっている、「歯ぎしり」や「噛みしめ」のような歯に力がかかる癖も要注意です!

 

「噛みしめ」などで歯に強い力がかかると、歯を支えている骨が吸収され、歯ぐきが下がる原因になります。

 

実は歯が少しでも当たっていれば(噛んでいれば)、歯や周りの組織や関節に大きな負担をかけてしまうんです。

 

たかが歯が当たっているだけ!…ですが、「歯ぎしり」や「噛みしめ」は絶対に侮ってはいけない癖です!

 

噛みしめの癖が続けば、歯ぐきが痩せるだけでなく、歯の寿命も短くすることは忘れないで下さい…(汗)

 

なお噛みしめの直し方は、1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法とはを参考にしてみましょう!

 

 

4、歳をとって歯ぐきがやせる

加齢で歯ぐきが痩せる理由

人によって程度は違いますが「加齢」によって、全体的に歯ぐきがやせることがあります。

実は歯ぐきは、10年間で「2mm」も下がるとも言われているんです!

 

 

ママ
ママ

でもたった2mmでしょ?

と、あなたもきっと同じことを思ったはずです。

 

しかし、口の中での2mmはかなり大きい数字です。例えば、髪の毛が1本口に入っただけでも違和感がありますよね?

 

それだけ口の中は繊細な場所です。

 

さらに加齢とプラスして「歯周病」や「噛みしめの癖」が加われば、もう最悪です!

あなたの歯ぐきは、ものすごいスピードで下がってしまいます!

 

程度の違いはあれ、加齢で歯ぐきが下がることは誰もが経験すること。

 

でも、

  • 歯周病予防をする
  • 噛みしめの癖を治す

 

ことで、早いうちからのケアすれば、歯ぐきが下がる速度を落とすことができる!ということは、ぜひ知っていてくださいね。

 

 

歯ぐきが下がる原因まとめ

歯ぐきが下がってしまう原因には

①歯磨きの方法が間違っている

②歯周病

③歯ぎしり

④加齢

の4つの原因が考えられます。

 

しかも歯ぐきが下がった場所は汚れがつきやすく、虫歯のリスクが高くなります!

他にも、冷たいものや歯ブラシの刺激で痛みが出る「知覚過敏」の原因にもなってしまうんです。

 

1度下がった歯ぐきを元に戻すことは、簡単なことではありません!

 

確かに、麻酔をして他の場所から歯ぐきを切り取り、やせた歯ぐきに張りつける…という治療法もあります。

 

しかし、そんな大掛かりな治療をしなくていいように、

 

  • 正しい歯磨き方法や力加減を知る
  • 噛みしめをしない
  • 歯周病にならないように普段からケアする

 

ことから「歯ぐきが下がらない」予防を始めませんか?

 

どれも今日からできることばかりですし、身につけば「一生の宝物」になることは間違いありません!

 

なお、歯周病予防ができるBRIAN(ブリアン)は使って気に入らなくても、60日間の返金保障もあるので安心して試せます。

 

歯ぐきが弱ってしまうと、「ジクジク」したり、歯が浮いた感じになるなど違和感がいっぱいです。他にも、口臭の原因にもなってしまいます!

 

そんな悲しい口の中にならないよう、あなたも歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』で歯周病ケアを始めてみませんか?

 

しみたり痛みやを感じずに、何でも食べられる歯や歯ぐきがあることは、本当に幸せなことなんですよ♪

 

▼まずはこちらから詳細を確認してみましょう!▼

 

 

 

 

 

コメント