3分で納得!ホワイトニングで歯が白くなる仕組みと黄色い歯の色を白くする方法。

白い歯になる

小さな子供がいると、独身時代よりすっぴんでいることが増えたり、メイクをしてもファンデーションと眉だけ…など手を抜くことが多くなってしませんか?

 

平日は旦那さんに「メイクをした姿」を見せずに終わることも多いですよね。

 

そのままでは、あなたの女子力がどんどん低下してしまいます!ママになってもキレイでいたい!でも旦那さんの出勤までにメイクを仕上げる時間もない…。

なんてママも多いのではないでようか?

 

まさにわたしと同じです。

 

さらに歯が黄ばんでいれば、ますます顔の印象は暗くなり、鏡を見るたびに「あれ?わたし老けたかな…」なんてため息がでる毎日になってしまいます。

 

そんなイケてない毎日にならないように、まずは歯を白くしてみませんか?実は、歯が白くなれば顔のトーンを明るくすることができるんです!

 

これって、すごいことだと思いませんか?

 

顔の印象が明るくなれば、ファンデーションを何層も重ねたりハイライトで白くする必要もなくなりますよね(^^)

 

小さい子を育児中のママにとっては、本当に有り難いことですよね(^^)

 

しかし残念ながら歯医者でクリーニングするだけでは、着色汚れは取れますが「歯そのものの色」は変わらないんです(汗)

 

歯の色を白くするには、歯を漂白して白くする「ホワイトニング」をするしか方法はありません。

 

ホワイトニングには

 

2つの方法があり、どちらも歯を白くする効果があります。

 

でもホワイトニングは、どうやって歯を漂白しているのでしょうか?

 

歯そのものの色が白くなるって、何だか不思議ですよね?

 

歯が白くなるメカニズムを知っていれば、あなたも安心してホワイトニングが始められるはずです♪

歯を白くして顔のトーンを明るくしたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい(^^)/

 

スポンサーリンク

ホワイトニングで歯を真っ白にはできない理由

最初に、驚くべき事実をあなたに話さなければいけません(汗)

 

実はわたし達の歯の色は、照明にもよりますが「真っ白」ではないんです。わたし達の自然の歯の色は、少し黄色味がかったアイボリー色。

 

その理由は、歯の中の「象牙質」の色が見えているから。

 

歯の表面のエナメル質は比較的透明な色なので、光が透過してしまうんです。その為、下の象牙質の「アイボリー色」が見えて、歯は「黄色味がかった色」に見えるんです。

 

しかも歯の形は、真っ直ぐではなく微妙に「曲面」になっていますよね。

 

つまり同じ歯でも、場所によってエナメル質や象牙質の厚さが違うため、歯の色味も「歯ぐき側」と「歯の先」とで微妙に変わる!ということ。

 

1本の歯でも場所によって微妙に色味が違っている。

 

わたし達の歯って、真っ白ではないし全部同じ色ではないんですよ(^^)

 

黄ばんだ歯を白くしたい!歯が白くなる仕組み

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みは

  • 歯の表面を漂白する
  • 歯の表面構造を変化させる

ことで白くしていきます。

 

でもホワイトニングをすると、なぜ歯は白くなるのでしょうか?

 

その仕組みは、歯に塗ったホワイト二ング材が分解して活性酵素が発生し、歯の着色を分解していくから。

 

とは言っても、エナメル質の色が無色透明になっただけでは、下の象牙質のアイボリー色が見えて、結局歯は白く見えませんよね(汗)

 

そこで!ですよ。

 

歯の表面を「曇りガラス」のように変化させる裏技が発揮されるんです(^^)

 

表面が曇りガラスのようになれば「マスキング効果」で光が乱反射し、わたし達の目には「歯が白く」見えるようになる!というわけです\(^o^)/

 

文字で書いても分かりにくいので、絵を書いてみました(笑)
img_1366

つたない絵ですが…なんとなく伝われば嬉しいです(笑)

 

 

もちろん、ホワイトニングすることで歯がもろくなったり、弱くなる心配はありませんので安心してホワイトニングを行って下さいね(^^)

 

さらに朗報!

 

加齢による歯の黄ばみも、ホワイト二ングで白くすることができるんです♪あなたも、「年だから…」とホワイトニングを諦めるには早すぎます(^^)

 

まだまだあなたの歯は白くなりますから、ぜひホワイトニングをチャレンジしてほしいと思います\(^o^)/

 

ホワイトニング前に歯のクリーニングをする意味

ホワイト二ングをする前は、歯がツルツルになるPMTC(歯のクリーニング)の嬉しい4つの効果でも書いたように、歯石やステインを綺麗に取り除いていきます。歯の表面を綺麗にすることで、その後のホワイト二ングを効果的に行うことができるんですよ(^^)

 

 

ちなみに矯正治療をしている場合は、治療が終わってからホワイト二ングを始める方がオススメです。保定装置を使っている場合は、矯正医に相談してから開始しましょう(^^)

 

ただし、ホワイトニング効果のある歯磨き粉なら、矯正中でも使うことができます♪詳しくはあとで説明しますね(^^)

ホワイト二ングの効果は1度ではでない

残念ながらホワイト二ングは、一度では効果は出ません。

  • オフィスホワイトニングで、1回~4回通ってもらう(希望の白さによって来院回数が変わります)
  • ホームホワイトニングで、1日2時間の装置の使用で2週間ほど使ってもらう

など、ホワイトニングの効果を実感できるまでには、どうしても時間がかかってしまうんです(><)

 

またホワイトニングできない人効果が出ない人の12例!歯が白くならない原因でも書いたように、歯の変色が濃い場合はホワイトニングの効果が得られないこともあり、効果が続く期間も個人差が出てしまいます(汗)

 

変色が強い歯や1日で歯を白くしたいときは、歯の表面に直接ホワイトニング材を塗る歯のマニュキアもあるので、歯科医院で確認してみましょう(^^)

 

 

白い歯を長持ちさせる方法。ホワイトニング後に色のつくものや酸性の飲食物は控える

ホワイト二ング材には、歯の表面を保護している膜(ペリクル)を除去する働きがあります。

 

そのためホワイトニング後の歯を顕微鏡で見ると、表面が荒れてデリケートな状態になっているんです(汗)

 

特にお酢やスポーツ飲料も!歯を溶かす食べ物・飲み物の3つの上手な取り方でも書いたように、コーラやお酢など「酸性の飲食物」は、エナメル質を脱灰する可能性があるので、ホワイトニング後に飲食する際は要注意!

 

他にも処置後にすぐ、

  • コーヒー
  • 赤ワイン
  • ソース
  • ケチャップ

など色の濃い飲食物を控えることが、色を長持ちさせる秘訣ですよ\(^o^)/

まとめ

ファンデーションで顔の色味を明るくしなくても、歯が白くなれば顔のトーンを明るくすることができます(^^)

 

ホワイトニングで「どうやって歯を白くしていくのか」が分かれば、もっと気軽にホワイトニング治療が楽しめるようになりますね(^^)

 

ただし変色が強い場合は(特にグレー色)人によっては「思うような効果」が出ないこともありますので、ホワイトニングを始める前によく説明を聞いて、納得してから治療を始めていきましょう(^^♪

 

 

ホワイトニングは自費治療です。期待する結果になるように、東京辺りではホワイトニングに力を入れている精密審美歯科で相談してみるといいですね(^^)/

 

その他の場所では、口コミ歯科・歯医者で信頼できる歯医者を探しましょう。

 

 

歯の色を気にしている人は是非ホワイトニングにチャレンジしてみて下さい\(^o^)/

 

 

 

安く歯を白くする裏技!家で手軽にホワイトニングできる歯磨き粉

ホワイトニングは自費治療のため高額です。(わたしの場合は4万円もかかりました)

 

もしあなたがもっと安く歯を白くしたいときは、歯磨き粉で歯を白くする方法もあります!

 

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ\(^o^)/

 

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)今まで使ったどの歯磨き粉より歯が白くなりました(^^)

 

1ヶ月で、ここまで白くなっています(^^)

 

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/

 

わたしのように、育児中でなかなか自分の歯のケアに時間が取れないママには特におすすめです!普段の歯磨き粉の代わりに使うだけなので、時間の縛りもストレスなく続けることができますよ♪

 

使っているから言えます!簡単だから続けられる【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

 

あなたもぜひ、口元の印象を明るくして顔のトーンをあげましょう\(^o^)/

 

 

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

 

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→家で歯を白くする歯磨き粉の効果。歯が白くならないと諦めてたあなたも1ヶ月試してみて!

 

 

 

 

 

 

コメント