手作りダンボールハウスの作り方。子供も大喜びの落書き部屋にもなる。

家の中での遊び

狭いところに入って遊ぶのが大好きな娘。

気づけばよく隙間に入り込んで「ニコ」っとこちらを見ている。

「クッ…!可愛い奴め」(笑)

そんな狭いところ大好き娘に「ダンボールハウス」をプレゼント(^^)/

 

ぬいぐるみとダンボールハウスの中に入って遊んだり、窓から顔を出してこっちを見て隠れたり…(笑)

 

 

材料も少ないし作り方の工程も簡単なので、子供のお昼寝中に作業していけば、邪魔されることなく作業に没頭できますよ(^^)

 

出来上がってみれば、想像以上に喜んでくれたので、本当に作って良かったです~♪

 

 

 

スポンサーリンク

段ボールでつくるの家の材料は?初心者でも簡単に作れます

ダンボール工作も気づけば第五段!

関連記事→第一弾。段ボールで手作り滑り台は500円で完成

関連記事→第二弾。材料5つで、段ボール木馬は作れちゃいます。

関連記事→第三弾。段ボールキッチンで子供とままごと。不器用でも作れます。

関連記事→第五段。手作りダンボールレンジの作り方と材料は?100均と家にあるもので作れます。

 

 

いやぁ~。よく作ったものです(ほとんど夫が)

 

今回はトイレットペーパー用の大きいダンボールをいただけたので、2枚で作れました。

 

 

トイレットペーパーやティッシュペーパーが入っているダンボールは、しっかりしていて大きめで、おまけにキレイ!

なので、ダンボール工作の際はぜひ、トイレットペーパーやティッシュペーパー用のダンボールを探してみてください(^^)

 

 

 

さて、ダンボールハウスの材料は

  • 大きめのダンボール2枚
  • カッター
  • ガムテープ
  • 飾り用のシート
  • 色画用紙もろもろ
  • ハサミ
  • 表面テープもあると便利です

 

基本的には飾り用のシートだけの購入で、後は、家にあるもので作れるお手軽さがいいですよね(^^)/

 

ダンボールハウスの作り方

今回も簡単に作るのが目標!なので工程もシンプルでした。

 

 

下の壁の部分は、ダンボールを組み立ててそのまま使う。

②屋根部分は、もう一つのダンボールを裁断して、幅や高さを決めてガムテープでつぎはぎ。

③屋根部分を壁部分と合体させ、外からと中からガムテープでつなぎ合わす。

④最後に飾り用のシートを貼る。

 

 

最後に飾り用のシートで目隠しするため、下地部分は大胆にかつ大雑把でOKです\(^o^)/

 

ドア部分と窓部分の製作

③までの工程が終わったら、ドアと窓を作っていきます。ドア部分と窓部分の形を決めたら、下書きをしてカッターで切っていきましょう。

窓部分は、棚も一緒につくるため、下の部分だけは切り取らずに残しておいてくださいね\(^o^)/

窓の切った部分に飾り用シートを貼って、外側にむかって三角に折り曲げ、ガムテープで固定します。(窓のフチはダンボールが切りっぱなしになるので、白いガムテープで囲っています。)

 

 

 

ドアは丸く可愛く作りました\(^o^)/

カッターでの裁断も、ダンボール1枚のため女性でも割りと簡単に切ることができますよ。

強度がほしい時は、同じ大きさのダンボールをもう1枚使って、ボンドとガムテープで固定すればしっかりします。

ドアノブは余ったダンボールをくるくる巻いてシートを貼り、強力両面テープで固定します。

屋根部分は、飾り用シートを貼ったあと、「味気ないな…」と思って、ナミナミに切ってみました(^^)

 

 

ダンボールハウス完成

おおかた完成しましたが、まだ娘が寝ていため、余った色画用紙で時計やクマさんやトリを作って屋根や壁に貼りました\(^o^)/

 

 

と、お昼寝から覚めた娘。

すぐに自分の部屋を発見して、テンションアゲアゲ(笑)

 

さっそく中に入って、窓からのぞいてかくれんぼ♪

くぅ…!可愛い奴め(にやり)

 

 

追記。

 

窓は1つだけ作っていましたが、ドアを閉めると部屋の中が暗いため、急遽、屋根にも窓を作りました\(^o^)/

 

窓を支えている棒は、画用紙をくるくる巻いてテープで固定しました。

さっそく、窓の中から「こんにちわ」してますね(笑)

 

 

自由にお絵かきできるスペースに大満足

娘のブームはお絵かき。でも、目を離せば画用紙を飛び出して部屋の壁まで広がっていることも…(汗)

 

でも段ボールハウスの中なら、いくら汚しても怒られない♪娘にとっても、嬉しいスペースができました(^^)/

 

気づけばダンボールハウスの中で、集中しながら本を広げたり、ままごと遊びもするように(^o^)

 

ちなみに、家の中見えますか?

 

お絵かきしやすいように、白いコピー用紙を貼ってみたんです。

 

でも、一瞬で剥がされたので、コピー用紙を貼るのはおすすめしません(汗)

 

あと、画用紙で作ったクマさんも手の届く場所に貼ってしまうと、一瞬で剥がされてしまいました。(屋根の上に貼っておけば良かった…)

 

 

追記。

ダンボールハウスを作って約1年経ちますが、まだまだ遊んでくれています(^^)でも、ドアや窓部分の強度がなくなってきたので、あえなく撤去。

 

ドアや窓部分は、ダンボール2枚で作っておくなど、最初から強度を出しておくと修理の手間が省けそうです(^^)

 

また、身長が伸びてくるので、部屋の中で立つと窮屈になってきました。長く使う予定なら、身長の伸びも考えた高さで作ることをおすすめします。

 

段ボールハウスのメリットとデメリット

ダンボールハウスを作ったことで感じたメリットは

  • 要らなくなったとき、処分が楽にできる
  • オモチャなど散らかったものを、とりあえず放りこんでおける
  • 中に入って、子供が一人遊びをする時間が増えた

この3つでした(^^♪

 

 

唯一感じたデメリットは

小さい子供は、飾り用のシートをちぎって口の中に入れることがある。

ということです。

 

でも口の中に入れないように注意すれば、大喜びのオモチャになりますよ\(^o^)/

 

 

簡単に作れて子供も大喜びのダンボールハウス、ぜひお試しあれ♪

 

増えすぎたオモチャは買い取ってもらおう

子供がいると知らない間にオモチャが増えてしまいますよね。

壊れてないオモチャって、何だか捨てにくいから、つい一か所にまとめて置いてしまいませんか?まぁ邪魔になるんですけど…(笑)

そんな時は【買取専門店トレジャー】で買い取ってもらえますよ(^^)/

 

 

「捨てるのはちょっと…。」というときには、買い取ってもらえるのはうれしいですよね。部屋もキレイになって良いことしかありません(^^)

 

 

 

歯科衛生士の本業からよく読まれている記事。子どもの虫歯予防のコツ

乳歯は虫歯になりやすいって知っていますか?

 

歯科衛生士も我が子に実践中の、子どもの仕上げ磨きや歯磨き方法のコツをまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい(^^)

 

合わせて読みたい→プロが教える!劇的に虫歯が減る歯磨き方法と予防テクニックのすべて!

 

 

 

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

子供がいると、ホワイトニングに時間をかけている暇がありませんよね(汗)

でも、歯の色は顔の印象を決める大切な要因です!

 

手軽に安く歯を白くしたいパパやママには、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります。

 

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使うことで白さを長く持続することができるんです。

 

歯が白くなる歯磨き粉は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

1ヶ月で、ここまで白くなりました\(^o^)/もちろん、画像加工は一切していません!

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい\(^o^)/

合わせて読みたい→家で歯を白くする歯磨き粉の効果。歯が白くならないと諦めてたあなたも1ヶ月試してみて!