【実践編】哺乳瓶のちくびを新しく変える方法とタイミング!おすすめの種類はビーンスターク!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)


赤ちゃんの哺乳瓶。あなたはどんなものを使っていますか?

実は哺乳瓶選びは、あなたが考えているよりも重要です!

その理由は、哺乳瓶の選び方で「その後の赤ちゃんの口の使い方」が決まるから。

赤ちゃん時代にどれだけしっかり口を動かしておっぱいやミルクを飲んだか…で、将来の歯並びや食べ方にまで「差」が出てしまうのです!

「まさか〜。そんなことで?」

と、あなたは思っているかもしれません。でも本当なんです!

実は「母乳を飲む時の口の動かし方」「吸って飲む哺乳瓶の口の動かし方」とでは、天と地ほどの差があります!

今まで何百人もの赤ちゃんの哺乳指導をしてきた歯科衛生士からのお願いです!哺乳瓶を選ぶときは「乳首の形」を重視して下さい(><)

この記事では、

  • 正しい哺乳瓶の選び方
  • 途中から哺乳瓶を変える時のコツ

について解説していきます。

ミルクで育てる予定があるママは、ぜひ最後までじっくり読んでみて下さい(^^)

今知っておけば、赤ちゃんの将来の「歯並び」や「口の使い方」にまでいい影響を与えることができますから(^^)

スポンサーリンク



哺乳瓶の乳首(ニプル)の種類!どれにするか迷った時のオススメの選び方

哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃんのイラスト

一般的な「ちゅうちゅう吸えば簡単にミルクが飲める哺乳瓶」は

  • 赤ちゃんも楽にミルクが飲める
  • ミルクをよく飲むので体重も順調に増えていく

ため、一見ママにも赤ちゃんにも嬉しいことだらけですよね。

しかし「吸って飲む乳首」は、その分だけ赤ちゃんの「あご」や「口の周りの筋肉」の発達を遅らせる可能性があるのです!

知らないと後悔!【間違った哺乳瓶選び】が子供の歯並びに悪影響になる理由にも書いたように、あごや口をしっかり動かせなかった赤ちゃんは、成長してからも離乳食がうまく食べられないなど、正しく口を使えない子になる可能性があります。

「吸って飲む乳首」は、赤ちゃんの口にとってデメリットだらけ…(泣)

食べ物を噛んだり飲み込む練習は、おっぱいやミルクを飲むときから始まっています!

赤ちゃん時代に楽をすると、その後のツケはとても大きいのです(汗)

100均の哺乳瓶はダメ!新生児に使ってほしいランキング1位の乳首はビーンスターク

哺乳瓶のイラスト(赤ちゃん)

哺乳瓶の乳首もいろんな種類があるので、選ぶときに迷ってしまいますよね。

よく見かける乳首の種類は

  • 穴がポツンとあいただけのもの
  • クロスカットのもの

が多いと思います。

しかし穴が開いただけの乳首は、例えるならストローのように吸ってミルクが飲める乳首。

簡単にミルクが飲めてしまう乳首なので、赤ちゃんは十分にあごや舌が使えません。

哺乳瓶選びで大切な事は、「母乳を飲む時と同じ口の動かし方ができる」哺乳瓶を選ぶことです!

実は赤ちゃんはママの乳首を吸っておっぱいを飲んでいるのではなく、舌を上あごに押し付け、乳首を搾リ出すように飲んでいるんです。(吸って飲む哺乳瓶とは、口の動かし方が全然違います)

もし仮に生まれたての赤ちゃんに「吸って飲む乳首」でミルクをあげても、うまく飲むことができません。それだけ母乳との飲み方(口の動かし方)に違いがある!ということ。

だからこそミルクで育てるときは、「おっぱいを飲む時と同じ口の動きができる乳首」を選んでほしいのです!

結論から言えば、赤ちゃんにオススメの哺乳瓶はビーンスタークです(^^)

ビーンスタークの哺乳瓶は内側に「弁」が付いているので、吸うだけでは飲めない構造なっています(^^)

そう!ビーンスタークはおっぱいを飲むように、舌で搾り出しながら飲める乳なんです♪

もしミルクで育てる予定のある方は、最初からビーンスタークを使うことをおすすめします。

 途中から哺乳瓶のちくびを変更する方法

「チェック」のマーク

ここまで読んで頂いた方は、哺乳瓶をビーンスタークに変えよう!と思ってくれているはずですよね(^^)

でももし途中から哺乳瓶の乳首をビーンスタークに変えたい時は、どうすればいいのでしょうか?
スムーズに変えられるのでしょうか?

残念ながら答えは…「NO」です。

始めに言っておくと、新しい乳首で赤ちゃんが上手に飲めるようになるまでは、ママと赤ちゃんの「根比べ」が必要になります!

でも、赤ちゃんの口の成長の為には乳首を変更することは大切なこと。根比べは必要ですが、ママにはぜひ頑張っていただきたいです!

では、どんな風に乳首の変更していけばいいのでしょうか?

具体的に見ていきましょう\(^o^)/

乳首をビーンスタークに変更する具体的な方法

まず赤ちゃんがお腹を空かせたら、新しく変更したビーンスタークの乳首でミルクをあげます。

最初は赤ちゃんが上手に飲めなくて泣くと思いますが…20~30分は頑張ってみて下さい!

20〜30分ビーンスタークでミルクを飲ませた後は、今まで使っていた乳首でミルクを飲ませましょう。

「新しい哺乳瓶」と「今までの哺乳瓶」を使いながら、徐々に「新しい乳首」に慣れていってもらうんです(^^)

そう…。すぐに変更できる魔法なんてありません(汗)

それに赤ちゃんはお腹が空いていれば、新しい乳首でも「どうにかして飲んでやろう!」と努力します。その試行錯誤の中でうまく飲めるように「口の動かし方」も覚えていくんですよ(^^)

ちなみに「新しい乳首」は何個かをローテーションで使いましょう。同じのを使い続けると劣化し、穴が大きくなって簡単に飲めるようになってしまいますから(汗)

いつから哺乳瓶を使う?最初はなかなか体重が増えなくてもビーンスタークを使ってほしい理由

粉ミルクのイラスト(缶入り)

赤ちゃんが「新しい乳首」に慣れるまでは、なかなかミルクが飲めないかもしれません。十分ミルクが飲めないので、体重が増えないことを心配するママもいらっしゃると思います。

しかし、赤ちゃんの体重の10分の1の量のミルクを飲めるようにすれば、極端に体重が減る心配はありません。

それに、飲み方に慣れてくれば自然に体重も増えてきます(^^♪

乳首の変更は、時期が遅いほど赤ちゃんが慣れるまでに時間がかかります。

一方で早いうちに(出来れば生後3ヶ月頃までに)変更できれば、よりスムーズに乳首の変更ができるので、赤ちゃんとママの負担も少なくなりますよ♪

もし最初からミルクで育てる予定があるなら、初めからビーンスタークで始めることを全力でおすすめします!

たとえ乳首の変更に時間がかかっても…。

ママ!諦めないで!!

物事を習得するには「適した時期」があります。時期を逃してあとから「口の機能」を取り戻そうとすることは、かなりの努力が必要になってしまいますから(汗)

まとめ

哺乳瓶にはいろんな種類がありますが、「どれを選んでも同じでしょ?」と思ってはいけません。。

「ちゅうちゅう吸って簡単に飲める乳首」を使い続けることで

などのツケが、将来の子供達に必ず跳ね返ってきます(汗)

途中からビーンスターク に変えることは根気のいる作業です。赤ちゃんもなかなかミルクが飲めずに泣くと思います。

ママも泣かれると苦しいと思いますが…。でも、諦めちゃダメ!

口の動かし方を学べる時期には「適正な時」があります!

この時期を逃してしまうと、後から取り戻すことはかなりの努力が必要になります(汗)

今の「楽さ」だけを見て判断せずに、ぜひ広い視野で哺乳瓶の選び方を考えて頂けると嬉しいです!

おっぱいが出にくいママへ

万が一ママの母乳が出にくい時は、ママに必要なDHAや葉酸や乳酸菌など栄養が摂れる妊娠中からできる母乳ケア「すくすく母乳の泉」で体質を改善して、母乳が出やすい体を作っていきましょう(^^)/

母乳をしっかり飲んで口を動かした赤ちゃんは、あごが順調に成長して歯並びのいい子に育つ可能性が高くなるんですよ\(^o^)/

理由がない限りは、口の成長や歯並びのためにも母乳育児を検討してみませんか?

妊娠中からできる母乳ケア「すくすく母乳の泉」は母乳が出やすい体をつくる、ママと赤ちゃんに嬉しいサプリメントです(^^)/ 

▼詳しくはこちらから確認できます▼

美味しいお茶で母乳が出やすい体になる方法は、こちらが参考になります

合わせて読みたい→味も美味しいノンカフェインタンポポ茶は妊婦さんや母乳育児をしたいママの水分補給におすすめ!

▼すぐに確認したい方はこちらから覗いてみましょう▼

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする