ゴム製歯間ブラシと針金タイプの歯間ブラシはどちらがおすすめ?違いと効果を比較!

歯磨き方法

歯間ブラシの使い方

ワイヤータイプの歯間ブラシが苦手なら、ゴムタイプの歯間ブラシに変えてみませんか?

実は虫歯や歯周病など、口の中にトラブルを抱えた方のほぼ100%が、歯の間の汚れが取りきれていないんです(汗)

 

虫歯や歯周病の原因は、歯の間の磨き残しです。

とは言っても、歯の間って磨きにくいですよね。

 

しかも歯間ブラシを使おうと思っても、

 

「使い方がよく分からないし面倒…」

「歯間ブラシは痛いから使いたくない…」

 

などの理由で、歯間ブラシがつかえない方も多いんです(汗)

 

「歯ぐきの炎症を良くしたい!」と思っても、あなた自身が苦痛や不満を感じてしまえば意味がありませんし、歯間ブラシを使うこと自体が難しくなってしまいます(汗)

 

歯間ブラシなどのケア用品を使い続けるためには、あなた自身が

 

「あれ?最近歯ぐきの出血が少なくなった!」

「歯磨きしても歯ぐきの痛みがなくなった!」

 

など、口の中の変化を自分で実感し、やる気やモチベーションをアップさせることが大切なんです(^^)

 

残念ながら、これまでの自己流の歯磨き方法を続けた結果が、今あなたが抱えているお口のトラブルの原因をつくってしまいました…。

 

今より快適な口の中にするためには、あなた自身の普段のケア方法を見直す必要があります。

 

もしあなたが「ワイヤータイプ」の歯間ブラシが使いにくい…と感じているなら、もっと気軽に歯の間の掃除ができる「ゴムの歯間ブラシ」を使って、歯周病予防をしてみませんか?

 

スポンサーリンク

歯間ブラシが痛いならシリコーンタイプを使おう!

ゴムタイプの歯間ブラシの使い方

ゴムタイプの歯間ブラシは、特にこんな方にオススメです。

 

  • ワイヤータイプの歯間ブラシが苦手な方
  • 歯間ブラシを初めて使う方
  • 歯の間が狭い方
  • フロスが使いにくい方
  • 知覚過敏の方
  • インプラントが入っている方
  • 鏡がない場所でも気軽に歯の間の掃除がしたい方

 

は、ゴムタイプの歯間ブラシを使ってみましょう。

 

中でも知覚過敏がある方は、ワイヤータイプの歯間ブラシを使えば「チカチカ」痛みが出たり不快感を感じることもあると思います。

 

でもゴムタイプの歯間ブラシなら、歯の間に入る部分がシリコーンコーティングされているため、歯や歯ぐきへの負担も少なく痛みも感じにくいんです(^^)

 

何より使いやすいので、歯間ブラシを使ったことのない方でも簡単に使うことができますよ♪

 

今まで「歯間ブラシってなんだか難しそう…」と、使うことを躊躇していた方にもおすすめできる歯間ブラシです!

 

ゴムタイプの歯間ブラシの特徴

ゴムタイプの歯間ブラシの使い方

では次に、歯科衛生士のわたしが実際に使って感じた「ゴムタイプの歯間ブラシ」の特徴も紹介しておきますね。

 

①使いやすさ

まずは何と言っても使いやすさです。

 

ワイヤータイプの歯間ブラシを使っている方の中には、

  • 歯の間に入れる方向を間違えてうまく入らない
  • 歯ぐきを傷つけてしまう
  • すぐに毛先が曲がってしまう

など、正しく使えてない方も多いと思います(汗)

 

でもゴムタイプの歯間ブラシなら、適度な長さと弾力で歯の間の掃除がしやすく、とても使いやすい構造になっているんですよ(^^)

 

②歯や歯ぐきに優しい

歯や歯ぐきに優しいことも大きなメリットです。

 

ワイヤータイプと違ってしなやかな毛先なので、歯の間に入れやすく歯ぐきにも優しい使い心地になっています。

 

実は歯の間の汚れを取ろうとして、逆に歯ぐきを傷つけ炎症を起こしてしまう方も多いんです。

ケアの意識が高いだけに残念すぎますよね…(汗)

 

歯や歯ぐきに優しい使い心地なことも、ゴムタイプの歯間ブラシをおすすめできる理由です。

 

③いろんな歯の間の隙間に対応している

「ゴムタイプの歯間ブラシは、ワイヤータイプに比べてサイズが少ないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安心して下さい!

 

あまりに歯の間が広い人には不向きですが、それ以外の方は、歯の間の大きさに対してサイズを選んで使うことができます。

 

使った後は衛生面から使い捨てをおすすめしていますが、先がダメになるまでは、洗って何回か使えますよ(^^)

 

ワイヤーの歯間ブラシとゴムタイプの歯間ブラシのどちらを使うか迷った時の選択方法

歯間ブラシの選び方

ゴムタイプでもワイヤータイプでも、歯間ブラシの役割は「歯の間の汚れを落とすこと」。

 

でも歯間ブラシを使いたいけど、種類がたくさんあって「どの歯間ブラシを使えばいいのか」迷ってしまいますよね。

もし選び方で迷ったら、次のポイントを参考に選んでみてください。

 

歯ぐきに出血や腫れなどのトラブルがなく健康な場合は、「ゴムタイプの歯間ブラシ」の方が歯の間の掃除に向いています。

 

一方、歯周病で歯ぐきにトラブルがあったり、歯の間の隙間が広い時は「ワイヤータイプの歯間ブラシ」を使ってみましょう!

 

歯間ブラシの基本的な使い方は、歯間ブラシの効果とおすすめの使い方。歯の間に隙間があいてしまう本当の理由にまとめていますので、合わせて参考になさって下さいね。

 

ゴムタイプの歯間ブラシの特徴まとめ

歯間ブラシを初めて使う方や使ったことのない方は、

 

「歯を削ってしまうのでは?」

「歯の間に隙間が開いたらどうしよう…」

 

と不安になる方もいらっしゃっると思います。

 

でもゴムタイプの歯間ブラシなら柔軟性があるので、歯ぐきを傷つけず心地いい刺激を与え、歯の間を丁寧に掃除することができるんです。

 

歯磨きしにくい歯の間は、汚れが残りやすい部分です。そのままでは歯周病になって口臭の原因にもなってしまいます。

 

口臭がするママになんてなりたくないですよね。

 

だからこそ歯間ブラシを上手に使って、歯ぐきの炎症や出血のない快適な口の中を手に入れましょう!

 

歯間ブラシがきっとあなたの味方になってくれますよ(^^)

 

▼歯の間の隙間が狭い方はXSとSを選びましょう▼

 

▼歯の間が少し広い方はMとLサイズを選びましょう▼

 

▼歯間ブラシが毎日使えない方は、こちらの記事が参考になります▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

 

 

 

コメント