歯医者が怖い!大泣きで嫌がる子供に効果があるプロ実践克服方法6選

妊娠・赤ちゃんの歯
スポンサーリンク




子どもの歯医者嫌いに困っていませんか?

 

待合室では機嫌がいいのに、いざ診療室に入ると

  • 大泣きする
  • 嫌がって動かない
  • 口を開けない
  • 椅子に座らない

…などなど。

 

そんな状態の子ども達をみていると、あなた自身も子どもを歯医者に連れていくのが嫌になってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、何百人もの子ども達と関わってきた歯科衛生士が、歯医者嫌いの子ども達の克服方法について紹介していきます。

 

歯医者にいくことが楽しくなる工夫も紹介しますので、ぜひ実践してみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

歯医者嫌いになる原因!泣く、嫌がる、口を開けない子供にしないためにできること

歯医者を嫌がる子供のイラスト

実は歯医者嫌いな子の中には、口の中を見られたり触られるのが苦手な子がいるんです。

 

仕上げ磨きをするとき、口の周りが手や歯ブラシに触れると「ビクッ!」としたり、首を振って嫌がることはありませんか?

 

口の周りや口の中を触られることに「過敏」になっている子は、まずは手足など口や顔以外の場所を触ってあげたりマッサージしてみましょう。

 

そして徐々に顔周りや口周り、口の中など触るなど、マッサージの延長で顔や口の周りを触りながら「過敏」をとっていく方法がおすすめです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

小さいうちから顔や口の中を触られることに慣れさせておくことも、子ども達を歯医者嫌いにしない予防策です!

 

またパパやママ以外にも、おじいちゃんやおばあちゃんなど、他の人に口の中をみられることに慣れさせておくのも良いでしょう。

 

もちろんひどい虫歯や怪我など緊急の場合以外は、歯医者でも子ども達の様子をみながら治療を進めていきますから安心してください。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

慣れないうちは、歯科衛生士に歯磨きをしてもらったりフッ素を塗ってもらうなどして、本格的な治療の前に少しずつ口の中を触られることに慣れることから始めていきましょう♪

 

 

子供を無理やり歯医者に連れて行かなくていいようにする方法

子供の歯医者嫌い克服方法

子ども達が早くから歯医者に慣れるためにも、パパやママの治療の付き添いで歯医者に連れていき、病院の雰囲気に慣れさせるのもいい方法です。

 

そのとき可能なら、スタッフに頼んで診察室の様子を見せてもらえるといいですね。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

わたしが働いていた歯医者では、可能な限り診療室の中の様子を子ども達に見せていましたよ。

 

「ここは口の中の写真を撮る部屋だよ~」
「これは虫歯を取るドリルで、こっちは水を吸う掃除機だよ」

 

など説明しながら実際に触ってもらうことで、子ども達も興味をもってくれ病院の雰囲気に慣れることにとても効果的でした。

 

歯医者に対してネガティブな言葉を使ったり、嘘をついたり、無理やり連れていくのは逆効果

言葉の暴力のイラスト(女から男)

そもそも子どもが歯医者嫌いになる理由には、

 

①嘘をついて歯医者に連れていく

②嫌がる子どもを無理やり連れていく

③「歯医者=怖い所」というイメージを持っている

 

など3つの原因があります。

 

①嘘をついて歯医者に連れていく

虫歯に行くとき「口の中を見るだけでなにもしないよ」「削ったりしないよ」などと言って、子ども達を歯医者に連れて行くことは楽ですよね。

 

でも、もし「なにもしないよ」と言っていたのに、治療が必要になった場合、子ども達は信頼していたあなたに対して不信感をもってしまう可能性があるんです。

 

そうなってしまえばますます歯医者にいくことを拒んだり、嫌がってしまう原因になります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

3歳頃である程度言葉の意味も分かるような年齢なら、嘘をつくのではなく正直に歯医者にいく理由を説明してあげましょう。

 

「虫歯を直してもらって、ご飯を美味しくたべようね!」など、治療することで「ご飯が美味しく食べられる!」「口の中がキレイになる!」などポジティブなイメージになるように言葉がけをしてあげることも、歯医者を嫌がらない子になる効果がありますから。

 

②嫌がる子どもを無理やり連れていく

歯医者に行くことを嫌がったり、機嫌が悪いときに無理やり連れて行くと、もっと怖がったり、次に連れて行くときも苦労することになってしまいます…。

 

対策方法は眠くない時間やお腹が空いてない時間帯を見計らって予約を入れておくこと。そうすれば、比較的機嫌良く治療できる場合が多いです。

 

③「歯医者=怖い所」というイメージを持っている

子どもを叱るときに「そんな悪いことするなら、歯医者さんで注射してもらうよ!」「歯を抜いてもらうよ!」などの言葉は、「悪い子としたら鬼が来るよ!」と同じように子ども達が怖がるので有効な言葉かもしれません。

 

しかし【歯医者=悪】のようなネガティブな言葉を使ってしまうと、歯医者嫌いを加速させます。

 

子ども達にとって「ママの言葉」の影響は絶大です!

子ども達の中に「歯医者の悪いイメージ」が出来上がってしまえば、後から良いイメージに変えるのは大変になりますよね…。

 

だったら最初から変な言い回しより、正直に「虫歯の治療のために歯医者に行くんだよ」と伝えてあげたほうが、子ども達も納得して歯医者に行けるようになります。

 

最初から「歯医者は怖いところではないんだよ」と子ども達の中に良いイメージをつくるためにも、また歯医者に行くのが楽しくなるように

 

  1. 何日も前からママと歯医者に行く約束をする
  2. ママと歯医者さんごっこで遊ぶ
  3. 歯医者に行く日に、お気に入りのシールを貼る
  4. キッザニアのような体験コーナーで遊ばせる

 

の4つの方法を交えながら、子ども達が「歯医者に行きたい~」と思える工夫をしてあげましょう。

 

歯医者の治療前や治療後の子供への接し方

いざ歯医者に行っても、治療前に子ども達が緊張している場合があります。

そんなときは、「お口の中キレイにしてもらおうね♪」などリラックスした気持ちで子どもが治療できるように、気持ちを整えてあげるようにしてあげてください。

 

そして無事に治療が終わったら、抱きしめたり「やった♪虫歯なくなったね♪」とポジティブな言葉をかけてあげて、大袈裟なほどたくさん褒めてあげましょう。

 

また家族の前でも上手に治療ができたことを褒めてあげると、子ども達も自信がついて次の治療もスムーズに進められるようになりますよ。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

たとえうまく治療ができなかった場合も、責めたりせず、診療台に座れたなど1つでもできたことを褒めて、次の治療につなげていきましょう!

 

そして次の診察日が決まっている場合は、次の予約日が分かるようにカレンダーに目印をつけたりシールを貼りながら、心の準備ができるようにしておきましょう。

 

 

子供を歯医者嫌いにしないための方法まとめ

歯医者の治療は子どもだけでなく大人の方の中にも嫌な人は多いです。

 

だからこそ、子どもを歯医者嫌いにしないためには

  1. 小さいときから口の中を触れられることに慣れさせておく
  2. パパやママの歯科治療に一緒に連れて行って、歯医者の雰囲気に慣れさせておく
  3. 嘘をついて連れて行ったり、嫌がるのに無理に連れていかない
  4. 「歯医者=悪」のようなネガティブな言葉を使わない
  5. ごっこ遊びなどで、歯医者に行くのが楽しくなる工夫をする
  6. 少しでも治療ができたら大袈裟に褒める

など、歯医者が怖いところではないイメージが持てるようにしてあげましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もちろん、最初からうまく治療できる子は少ないので、うまくできなくても焦らず、時間と回数を重ねながらできることを増やしていきましょう!

 

子ども達が嫌がれば、ママのストレスにもなってしまいます。

なるべく子ども達がストレスなく通えるように、わたし達歯科衛生士もサポートしていきますから!

 

 

最後に。子供に優しい歯医者さんを見つけよう

歯科医や歯科衛生士も人間です。

正直言うと、中には子どもが嫌いな歯科医や歯科衛生士だっています…。

 

わたしの知っている歯科衛生士の中にも、嫌がる子に「痛くないから!」と無理やり口を開けさせていた人もいましたし(後で苦情を受けていましたが…)また、ある先生は大の子ども嫌いで、子どもが泣くと裏で壁を殴っていた…。という人たちもいました。

 

わたしの中では、絶対に自分の子どもを診てほしくない衛生士と先生NO.1。

 

子ども達と歯医者の相性が悪ければ、早く違う歯医者に変えるべきです。だって、歯医者はコンビニより多い…と言われているんですから。

 

口コミ歯科・歯医者を上手に使って、親身になって向き合ってくれる歯医者に出会ってほしい!と思っています。

 

良いスタッフとの出会いが、子ども達の歯医者嫌い克服には1番良い方法かもしれませんね!

子供の虫歯予防のおすすめ方法

歯医者で痛い思いをしないためには、家での虫歯予防は必須です!

 

歯科衛生士が我が子に実践している歯磨き方法をまとめました。仕上げ磨きのテクニックにもつかえる簡単な方法なので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
毎日磨いているのに、繰り返す子供の虫歯に悩んでいませんか? 乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、 前歯が生え変わる 6歳臼歯が生える まだ乳歯がたくさん残っている …と、子供の口の中は大きな変化を迎える...

 

 

▼歯磨きでよく歯ぐきから出血する方は、こちから参考になります▼

毎日の歯磨きで血が出る原因は?突然の出血を止める2つのテクニック
毎日、歯磨きの度に血が混ざった唾液を吐き出していませんか? 「歯磨きしてもなんだか口の中もスッキリしない…」 「この出血は一体いつ治るの?」 「なんでわたしの歯ぐきは出血するの?」 そんないつ治るか分...