知れば100倍得!歯が動く期間と仕組み。1カ月で進むスピードはどのくらいなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

歯並びが悪いと人からの視線も気になるし、口元を手で隠したりいつもうつ向き加減の姿勢になってしまいます。

そんな生活、楽しくありませんよね…(汗)

もし今、あなたが「歯並び」で悩んでいるのなら、矯正治療で綺麗な歯並びを手に入れることを考えてみてほしいんです(^^)

でも…歯はどうやって動くのでしょうか?

なぜ、綺麗に歯を並べることができるのでしょうか?

分からないことも多いですよね(汗)

実は「歯が動く仕組み」を知っていれば、矯正治療が終わった後も長い間、綺麗な歯並びをキープすることができるんです(^^)/

反対に「歯が動く仕組み」を知っていないと、残念ながらあなたの歯並びは「今以上に悪化する」可能性があります!(これは冗談でなく、本当に!)

矯正治療をしていないあなたにも当てはまる「歯が動く仕組み」を、矯正経験者の歯科衛生士が分かりやすくまとめたので、ぜひじっくり読んでみて下さい(^^)/知っていれば必ず「得」になりますから(^^)

スポンサーリンク



歯列矯正はワイヤーで歯を動かしていく治療

歯はとても硬いのに、なぜ硬い骨の中を動くことができるのでしょうか?

考えると不思議ですよね。

実は歯は、

  • 歯ぐきの上に出ている歯の頭(歯冠 しかん)
  • 歯ぐきの中の根っこ(歯根 しこん)

の2つの部分に分かれています(^^)

矯正装置を付けるのは、歯ぐきの上に出ている歯の頭部分。

矯正治療は、歯1本1本にブラケットチューブ(上の写真の銀色の装置)を歯科用のボンドで付けることから始まります。

装置の真ん中にはワイヤーが入る溝があり、アーチ状のワイヤーを通して、ワイヤーが「元に戻ろうとする力」を利用することで歯を「適正な位置」に動かすことができるんです(^^)

もちろん最初から硬いワイヤーを入れると痛いため、最初は柔らかいワイヤーを使い、歯が並んできたら徐々にワイヤーの太さや強さを変えてゆっくり歯を動かします。

月に1回程度、ワイヤーやゴムを変えて調整しながら少しずつ歯を「目的の場所」に動かしていきます(^^)

歯が動く仕組みを知っていくと、なんだか面白いですよね(笑)

速く歯を動かせるの?矯正治療で歯が動く仕組み

歯の根っこの周りには、上の写真のように歯根膜というクッション材があります。歯根膜があるおかげで、歯にかかる衝撃を和らげ歯は守られています\(^o^)/

矯正器具を付けて歯に力がかかると、力がかかった方の歯根膜は縮みます。でも、縮んだ歯根膜は元の厚みに戻ろうとして、歯の周りの骨を吸収してしまうのです。

反対に、写真の左側の引っ張られて伸びた歯根膜は、元の厚みに戻ろうとして周りの骨を新しく作っていきます。

つまり矯正治療は、

  • 骨を作る
  • 骨を溶かしていく

「骨の代謝」を繰り返すことで、少しずつ歯を動かしていたのです(^^♪

矯正治療で歯が動くスピードと距離は1カ月に1mm程度

矯正装置で継続して力をかけることで、歯はスムーズに移動することができます(^^)

でも、矯正治療で歯が動く距離は1カ月にどれくらいなのでしょうか?

その答えは、約1mm程度。

「え?たった1mm?」と思いますよね(^^)

でも、考えてみて下さい。口の中の1mmって結構大きな数字だと思いませんか?

だからと言って、強い力をかければ早く動く…というわけではありません。それに強い力では、周りの組織に負担がかかってしまいます(汗)

周りの組織に負担をかけずゆっくり歯を動かしていくので、矯正治療はどうしても2~3年の期間がかかってしまうのです。

歯は弱い力でも継続して力をかけると歯並びが悪くなる

歯は「弱い力」でも継続して力をかけ続ければ、必ず動いてしまいます!

例えば日常的に、舌で歯を押し続けていれば歯は前に倒れてくるし、噛みしめをして歯を噛んでいれば歯は内側に倒れて、歯並びはガタガタになります(;_;)

つまり、矯正治療が終わっても、

  • 舌で歯を押す
  • 噛みしめ

などの「歯に力がかかる癖」があれば、あなた自身で歯を動かしてしまい綺麗な歯並びが崩れてしまうのです…(汗)

つまり矯正治療中はもちろん、矯正が終わってからも「歯に力がかかる癖」をしないことが、生涯「綺麗な歯並び」でいられる秘訣なんですよ\(^o^)/

歯に力がかかる「噛みしめ」をしている方は、1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法を参考に、今日から噛みしめを直しましょう!

まとめ

矯正治療で歯が動く理由は、骨の代謝を利用しているから。

でも、一気に動かすと周りの組織に負担がかかるので、1ヶ月に1mm程度ずつゆっくり動かして歯を並べていくんですね(^^)/

ちょっと長い?矯正ライフになりますが、長い人生の2~3年を矯正ライフに当てれば、そのあとは「綺麗な歯並びで過ごせる♪」とポジティブに考えて、矯正治療も前向きに考えてみましょう(^^)/

繰り返しますが、矯正中はもちろんその後も一生、歯に力がかかる「悪い癖」をしてはいけません!

舌で歯を押したり噛みしめをしていると、歯が思ったように動かないため治療期間が無駄に延びてしまいます…(汗)

それに矯正治療が終わった後も、「噛みしめ」や「舌で歯を押す癖」があれば、歯並びがまたガタガタになってしまうことは忘れないで下さい!(そんな患者さんを、わたしはたくさん見てきました…)

歯は力をかければ簡単に動く!ということを知っていれば、他にも

  • 頬杖
  • 同じ向きばかり下にして寝る
  • 唇を噛む
  • 口呼吸

の癖でも、歯並びが悪くなったり、顔が曲がる原因になる理由が分かりますよね(汗)

合わせて読みたい→子供が唇を噛む・舐める癖、頬杖も要注意!歯並びが悪くなる習慣を知ろう!

歯に力をかける「悪い癖」を直すことと矯正治療で、綺麗な口元を手に入れましょう\(^o^)/

矯正治療をした後は鏡を見るのが楽しくなるし、歯磨きも楽になりますよ(^^)もちろん、写真うつりも良くなります(^^)

わたし自身矯正治療をして、本当に良かったと思っています\(^o^)/

矯正治療は数年続く長い治療になりますから、通やすく信頼できる良い歯医者選びも大切です。

変な歯医者に当たらないように、どんな場合でも治療は納得してから始めるようにしましょう(^^)/

矯正治療中でもできる!手軽に歯の色を白くする方法

歯の色も、口元や顔の印象を決める大切な要因です。

矯正治療中はマウスピースを入れてホワイトニングはできません。でも、手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります\(^o^)/

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ。(普段使いはもちろん、矯正治療中でも使えます)

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

今、ここまで白くなっています\(^o^)/

普段の歯磨き粉として使うだけなので、子育て中や仕事で忙しくても手間やストレスは全く気になりません!

まさに、歯医者でのホワイトニングとは比べ物にならないほどの快適さで「歯を白く」することができますよ\(^o^)/

歯の色の変化を実感することは、テンションが上がるし「歯を綺麗にしたい!」というモチベーションにもなります(^^)

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい!

使っているから言えます!【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ\(^o^)/

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→家で歯を白くする歯磨き粉の効果。歯が白くならないと諦めてたあなたも1ヶ月試してみて!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする