歯列矯正の治療中、虫歯や親知らずが生えてきた時の抜歯や治療のタイミング。

矯正治療
スポンサーリンク




矯正治療は順調に治療が進んでいく!と思っていませんか?

 

残念ながら、すべての人が何のトラブルもなく矯正治療を終えることはできません(汗)

「え?どういうこと?」と思いますよね?

 

実は矯正治療中の患者さんの中には、

  • 虫歯ができた
  • 親知らずが変な向きで生えてきた

など、トラブルを抱える方が多くいるんです(汗)

 

親知らずは、20歳前後の大人になってから生え始めることが多い歯。

 

そのため矯正治療中に生えてきたり、矯正治療後に生えてくることも多い歯なんです。

 

変な向きで生えた親知らずは、食べカスが詰まる原因になったり、歯ぐきが腫れる原因になってしまいますよね…(汗)

 

しかも矯正器具が付いている口の中は、虫歯リスクが普段よりも高い状態になっています。

 

わたしも経験者だから分かりますが、食事をするとワイヤーや装置の周りや歯の隙間に、お肉やネギやニラなど繊維が多い食べ物やパンやご飯粒まで引っかかって、なかなかとれません…。

 

 

そう。矯正装置はお手入れ方法を間違えると「虫歯発生装置」に変身してしまう器具なのです(汗)

 

 

虫歯にならないように歯磨きを徹底することはもちろん、矯正治療中に万が一虫歯になったときの対処方法や、親知らずが生えてきた時の対処方法についてまとめました。

 

今、矯正治療をしている方はもちろん、これから矯正治療を考えている方も、矯正治療中のトラブルについてぜひ参考にしてみて下さい(^^)

 

 

スポンサーリンク

歯列矯正治療の途中で親知らずが生えてきた!歯を抜く時期やタイミング

横向きに生えた親知らずのキャラクター

矯正治療は2年半〜3年かかる長い治療です。当然、治療途中に親知らずが生えてくることもあります。

 

親知らずって、何かと悪者扱いされる歯ですよね(汗)

 

もちろん親知らずもまっすぐ生えれば問題ない歯です。

 

しかし、最近の子供たちはあごが小さいので、親知らずが真っ直ぐ生えることはほとんどなく

  • 斜めに生える
  • 真横に生える

など、正常に生えないことの方が多いんです。

 

関連記事→子供の歯並びがガタガタになる3つの原因。綺麗な歯になれるかは親の意識次第だった

 

まっすぐ生えない親知らずのせいで、

  • 虫歯や歯周病の原因
  • かみ合わせに問題が出てくる

などトラブルになるため、抜いた方がいい場合が多くなります。

 

 

矯正治療との関係で言えば、あごが小さいと親知らずの生える隙間がなかったり、手前の歯を並べるときに邪魔になる可能性が出てくるので、将来を見越して先に親知らずを抜いてもらう場合もあります。(特に下の親知らずは、早めに抜いてもらうことが多い歯です。)

 

状況によりますが歯ぐきの中に埋まっている親知らずも、歯を並べる時に邪魔になる場合は抜いてもらうこともあります。

 

埋まっている親知らずを抜く場合は、口腔外科に紹介することが多いです。

 

矯正治療中に虫歯になったときの対処方法

むし歯のイラスト

繰り返しますが、矯正装置の付いた歯はきちんとケアしないと「虫歯発生装置」になる危険があります(汗)

 

矯正治療中はいつも以上に歯磨きを丁寧に行わないと、装置の周りに汚れが溜まったり、歯の間に食べカスが溜まりやすくなってしまうんです。(もちろん親知らずの周りも)

 

 

また、矯正治療が進んでガタガタだった歯が並ぶ中で、歯の影に隠れていた虫歯がひょっこり出てくる場合だってあります。

 

 

虫歯の大きさによって対処方法も変わりますが、万が一虫歯になってしまった時は部分的に装置やワイヤーを外して、一般歯科での虫歯治療を優先してもらいます。(矯正専門医の場合、虫歯の治療や歯を抜く時は一般歯科にお願いする場合がほとんどです)

 

 

虫歯治療で矯正治療を一時的に中断すれば、その分どうしても治療期間が長引いてしまいますよね(汗)

 

 

早く矯正治療を終わらせるためにも、矯正器具を付けている間は普段より丁寧に歯磨きに時間をかけていきましょう(^^)

 

わたしの知っている患者さんの中には、あまりに虫歯が広がりすぎて、途中で強制的に治療を終わらせた方もいらっしゃいました。そのまま矯正治療を続けた方が、歯が危ないと判断したんですね(汗)

 

矯正治療中の歯磨き方法

矯正器具が付くと、歯の周りは特に磨きにくくなります(汗)

 

矯正中、特に磨き残しが多い部分は

  • 矯正装置の周り
  • 歯の間
  • 歯ぐきとの間

の3か所。

 

 

もちろん、大人も子供も要注意の場所です。

せっかく「歯並びが綺麗」になっても虫歯になってしまっては、残念すぎるしもったいないと思いませんか?(泣)

 

悲しいフィナーレにならないためにも、家でのケアを大切にしましょう(^^)/

 

ケア方法は矯正治療中も使って安心!プロおすすめの歯磨きグッズと虫歯予防の磨き方にまとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい(^^)

 

まとめ

矯正治療中の患者さんの中には、

  • 虫歯ができた
  • 親知らずが変な向きで生えてきた

など、トラブルを抱える方が多くいます。

 

さらに親知らずが矯正治療の邪魔になる場合は、治療開始の段階で抜いてもらう場合も多くなります。(歯を動かすのに邪魔になる場合は、埋まっている親知らずでも抜いてもらう事もあります)

 

そして虫歯ができれば、一旦矯正器具を外してからの治療になるので、その分どうしても治療期間は延びてしまいます(汗)

 

だからこそ矯正治療は、患者さんの協力なしには成功しません!

 

トラブルなく綺麗な状態で矯正装置をはずせるように、ぜひ日頃のケアを徹底しましょう\(^o^)/

 

 

矯正治療中でも使える!家で手軽にホワイトニングできる方法。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

普通ホワイトニングは矯正治療後におこないますが、矯正治療中でも歯を白くする方法があるんです\(^o^)/

 

歯医者でのホワイトニングより手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていきましょう。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ(^^)

 

【プレミアムブラントゥース】は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

今はここまで白くなっています\(^o^)/

安い市販の歯磨き粉を使うくらいなら、ぜひ一度試してほしい歯磨き粉です\(^o^)/

 

 

普段の歯磨き粉として使うだけなので、手間やストレスは全く気になりません!

 

使っているから言えます!【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

 

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

 

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

 

 

 

 



矯正治療
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ