甘いもの(チョコ)や冷たい水や風で歯がしみる症状は虫歯!原因と3つの治療方法

口臭対策

全ての虫歯が「痛い!」わけではありません。

 

歯の表面が白く濁ったり茶色や黒い点だけの虫歯なら、「痛み」などの自覚症状もなく治療も短時間で終わります(^^)

 

 

でも、もし

  • 明らかに穴があいている
  • 舌で触ると引っかかる場所がある
  • 冷たい水やうがいでしみる
  • チョコや飴など甘いものがしみる
  • 風がしみる
  • 痛みがある

 

なら、歯の中の象牙質という組織まで虫歯が進んだC2(シーツー)と呼ばれる状態になっている可能性が高いです(汗)

歯の中まで虫歯が侵入してしまえば、見ただけで虫歯になっていると分かるだけでなく、「冷たいもの」や「甘いもの」でしみたり、痛みが出てきてしまうんです(汗)

 

今回は前回の歯の表面の虫歯に続いて、もっと進行した「C2」状態の虫歯の治療方法や原因についてご説明しますね(^^)

 

前回の記事→痛くない!歯の茶色や黒い点の原因は虫歯?着色?治療方法と3つの予防法

スポンサーリンク

歯が痛いだけじゃない!甘いものや冷たいものがしみる虫歯の原因

繰り返しますが、歯の表面だけの虫歯なら「痛み」などの症状はありません。しかし、歯の中(象牙質の中)にまで進行した虫歯になれば、甘いものや冷たいものがしみる症状が出てきてしまいます(汗)

その理由は、象牙質には「象牙細管」という細い管が神経と直接つながっているため、象牙質が刺激を受けると痛みが出てしまうから(汗)

 

当然、神経に近い部分にまで虫歯が進行すれば、より一層、刺激が歯の神経に伝わって「ズキズキ」した痛みがあなたを襲います!!

 

とは言っても、まったく痛みを感じない人もいるので、痛みがないからと虫歯をそのままにしておくことだけは絶対にやめて下さいね。

 

見た目には小さく見える虫歯でも、歯の中(象牙質の中)で横に広がり、見た目以上に被害が広がっていることも多いですから…(汗)

 

しかも歯の中(象牙質)は歯の表面より柔らかく隙間も多いので、虫歯になれば一気に進んでしまいます!!

 

異変を感じたら早めに治療しましょう(汗)

 

 

神経まで進んでいない虫歯の3つの治療方法

象牙質までの虫歯の治療なら、実はそれほど大変ではありません(^^)

 

それに、しみたり痛みがあるなど「自覚症状」を感じてすぐ歯医者に行けば、治療回数も数回で終わりますし、費用も少なくすむんですよ(^^)

 

歯の表面の虫歯なら麻酔なしで治療ができましたが、C2の象牙質まで進んだ虫歯は麻酔をして治療することが多く、虫歯の進行具合やできた場所によって

 

①歯科用プラスチックで詰める

②歯型を取って詰め物 をする

③被せ物をする

 

3つの方法で治療をおこないます。1つずつ見ていきましょう\(^o^)/

 

①歯科用プラスチックで詰める

小さな虫歯の場合、虫歯部分を削って歯科用プラスチックで穴を埋めて治療をします。(歯科用プラスチックは合成樹脂でできていて、前歯など目立つ部分によく使われています)

 

治療の手順は

  • 虫歯部分を削る
  • 歯科用プラスチックで削った穴を埋める
  • 特殊な光でプラスチックを固める
  • 埋めた部分の表面を綺麗に磨いて終了

 

と治療は大体1回で終わります\(^o^)/

 

②歯型を取って詰め物 をする

歯医者のドリルのイラスト

もう少し大きな虫歯や奥歯のかみ合わせ面などの虫歯なら、「型」をとって金属や白い材料を詰める治療を行います(^^)

 

治療の手順は

  • 虫歯になった部分を削る。(型をとってはめ込むので、虫歯部分より少し大きめに削ります)
  • 粘土のようなものを口の中に入れて、削った部分の「型」を取ります。
  • 1日目は「型」を取った部分に仮詰めをして帰宅します。
  • 次の来院日に、出来上がった金属(白い詰め物)を口の中に入れて、かみ合わせの調整をします。
  • 問題なさそうなら歯科用セメントで詰め物をくっつけます。

 

金属の詰め物は見た目の問題を気にしなければ、とても丈夫なメリットがあります(^^)

でも中には「金属より白い詰め物の方がいい」という方もいらっしゃいますよね。

 

白い詰め物は歯の色に近いので、治療後も自然な仕上がりになるメリットがある一方で、金額が高かったり、強度が金属より劣るデメリットがありますから、担当医とよく相談の上、詰め物の種類を決めていきましょう\(^o^)/

 

③被せ物をする

銀歯のイラスト(歯の治療)

虫歯に侵されている歯の面積が大きい場合は、全体を覆う「被せ物」を入れる場合もあります。

 

麻酔をして歯の全周を削って粘土のようなもので「型」をとり、仮歯などで削った部分を覆って1日目は終了です。(ただし、削る量が多いので刺激で神経が炎症を起こし痛みが出ることもありますから、型取りは別の日にすることもあります)

 

被せ物ができたら、かみ合わせの調整をして歯科用セメントでくっつけます(^^)

 

保険の材料では銀歯になることが多くなりますが、保険外の材料であれば「白い材料」で作ることもできますよ(^^)ただし値段が高くなりますので、担当医によく確認してみましょう。

 

まとめ

虫歯は治療したら終了ではありません。

 

詰め物や被せ物をした歯でも、メンテナンスが悪いとまた虫歯になってしまうことは忘れないで下さいね。(金属は歯よりも硬いので、金属と歯の間に段差ができやすく、虫歯になりやすいんです…)

 

 

そんな悲しいことにならないように、

  • 明らかに黒い穴があいている
  • 冷たいものがしみる
  • 甘いものがしみる
  • 風がしみる
  • 痛みがある
  • 舌で触ると引っかかる場所がある

 

などの異変がある時は、痛みがあるなしに関わらず早急に歯医者へ行きましょう。と同時に、虫歯がこれ以上広がらないように、普段からBRIAN(ブリアン)でケアすることが歯の寿命を延ばすコツですよ\(^o^)/

 

 

▼虫歯や歯周病予防の歯磨き方法は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

歯の神経まで虫歯になった「C3」の記事に続きます。→眠れないほどの歯痛!歯ぐきから膿が出てズキズキ痛い虫歯の原因と治療方法

 

 

 



口臭対策
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント