歯ブラシの毛先は細い・太いどっちを選ぶ?毛の硬さの種類と違いを徹底比較!

口の中のトラブル
スポンサーリンク




歯科衛生士のイラスト(職業)

あなたは歯ブラシを買う時、どんな基準で選んでいますか?

「どれを使っても同じじゃない?」と適当に選んでいませんか?

 

 

ちょっと待ってください!

歯科衛生士としては「自分に合った歯ブラシ」を選べば、もっと効率的に歯磨きできる!と、知ってもらいたいのです。

 

 

虫歯や歯周病の原因のプラーク(バイオフィルム)は、歯の表面にしっかりとくっついています。

 

しかも、頑固なバイオフィルムになれば、もう歯ブラシでは取れません!歯医者で機械(PMTC)で取ってもらうしかないのです…(汗)

 

虫歯や歯周病予防には、プラークが薄いうちに歯磨きで取り除くことが一番です!

 

プラークを効率的に取るためにも、今までなんとなく歯ブラシを選んでいた方は、ぜひ「歯ブラシの選び方」を見直すキッカケにしてみて下さい。

あなたの「歯並び」や「歯ぐき」の状態に合った毛先を選んだ方が、結果的に口の中のトラブルを解決しやすくなりますから(^^)

スポンサーリンク

歯ブラシ選び方迷っていませんか?自分の歯に合った歯ブラシ選びと力加減

歯ブラシのイラスト

せっかくの歯磨き。効果的に磨くために大事なことは、

  • 歯ブラシ選び
  • 歯磨きの力加減

の2つです。

 

「なんだ〜。そんなことか…」と思ったあなた!
侮るなかれ!

 

「歯ブラシ選び」「力加減」とは、なかなか奥が深いのであります。

 

例えば、歯磨きの力加減が弱いと、毛先が噛み合わせ面・歯の間・歯ぐきに届きにくくなって汚れを効率的に取ることができません…(泣)

 

これ、もったいないですよね?

 

だからこそ綺麗に磨くためには、ある程度の力が必要になるのです。

 

しかしその一方で、力が強すぎると

  • 磨き残しが多くなる
  • 歯や歯ぐきが傷つく

心配が出てくるから困りもの…。

 

では、具体的に「あなたに合った歯ブラシの硬さ選びのポイント」についてお話しますね\(^o^)/

 

歯ブラシの毛の「細い・太い」でメリットとデメリットがある

女の子の表情のイラスト「疑問」

虫歯や歯周病の予防には、

  • 噛み合わせ面
  • 歯の間
  • 歯ぐきの間

のプラークをしっかり取り除くことが大切です。当然歯ブラシを選ぶときにも、細かな部分までよく取れるものを選びたいですよね。

 

でも歯ブラシの毛が「細い・太い」のメリットとデメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

 

毛が細いやわらかめの歯ブラシ

毛が細い歯ブラシには

  • 歯周病など歯ぐきが弱っている部分の歯磨きに適している
  • 細かいところまで毛先が届く

メリットがある一方で

  • 太い毛に比べると短時間で十分にプラークが取れない
  • 時間をかけて丁寧に磨く必要がある

のデメリットもあります。

 

ペンフィットのような毛の細い歯ブラシは、歯周病など歯ぐきに炎症があるときにオススメの歯ブラシです。

 

細い毛は「柔らかい」ので、細かい場所まで毛先が届くメリットもありますが、一方で力が強いと毛先が倒れてしまい、十分汚れが取れないデメリットもあります(汗)

 

また、太い毛に比べてプラークの除去効率が悪いので、出来たら「5分以上」は磨いてほしいところ…。

 

そのため歯磨き時間が短い方や力を入れて歯磨きしている方には、細い毛の歯ブラシはオススメしません…(汗)

 

毛が太いかための歯ブラシ

毛が太い歯ブラシは

  • プラークや着色を効果的に取ることができる
  • 手の力が弱い人にオススメ

のメリットがある一方で

  • 細かいところに毛先が届きにくい
  • 力が強いと歯ぐきを傷つける

 

デメリットもあります。

 

太くて硬い歯ブラシは、高いプラーク除去や着色除去効果が期待できますが、一方で細かいところまで毛先が届きにくく、強い力で磨くと歯や歯ぐきを傷つけてしまうデメリットもあります(汗)

 

もし使うなら、歯磨きの上級者の方や歯磨きの力が弱い方にオススメです(^^)

 

歯ぐきに傷ができたり、歯周病など歯ぐきに炎症がある時には、ライカブルのようなヘッドが大きくて毛が細く密集している歯ブラシの方が、歯や歯ぐきへの負担が減るのでオススメですよ(^^♪

 

 

歯磨きの正しい力加減を覚えよう

 歯間部の歯垢のイラスト

効率よく歯磨きするには「力加減」も大切なポイントです。

まずは、どのくらいの力で磨けばいいのか、体で覚えてしまいましょう\(^o^)/

 

 

実は、歯磨きの力加減は150g~200gくらいが良いと言われています!

と言っても分かりにくいですよね。

 

実験してみましょう(^^)

白い矢印に注目!

150gでは毛先が倒れてないですよね。

image

でも、390gになれば毛先が倒れています。つまり「力が強すぎる!」ということ。

 

image

実際やってみると分かるのですが「150gってこんなに軽い力なんだ!」と思うほど軽い力です(^^)

 

もし「計り」があるなら、ぜひ実験して体感してみてください(^ ^)

 

わたしはよく患者さんにも「計り」で力加減を体感してもらい、適切な力を覚えてもらっていました。実際に体感してしまえば、驚くほど歯磨きの力加減をコントロールしやすくなりますから(^ ^)

 

歯ブラシも使う面によって力のかかり具合に差が出る

歯の溝の汚れのイラスト

歯磨きの力とは、歯ブラシの毛先にかかる力のことです。(なんか文章にすると、ややこしい感じがしますね…笑)

 

 

例えば、150gの力を守って歯磨きをしても、ヘッドが小さな歯ブラシで磨く場合は、狭い範囲に力が「グッと」集中するので、より軽い力で磨いた方が良い場合があります。

 

しかし、ふつうサイズの歯ブラシで磨いていても安心するのはご用心!

歯ブラシの「つま先」や「わき」など、毛先の「一部」を使って磨くときも、一点に力が「グッ」とかかるので、軽い力で磨かないと歯ぐきを傷つける可能性があるんです…(汗)

 

要はどんな歯ブラシを使うにしても、毛先が倒れない力加減で磨く必要がある!ということなんですね(^^)

まとめ

歯ブラシ選びで大切なことは、

  • 歯ブラシの選び方
  • 使う時の力加減

の2つです。

 

両方のバランスが保てた時、高い清掃効果が発揮されます!

 

また、歯ブラシの毛の「つま先」「かかと」など一点で磨くときも、力加減を知っていないと無意識のうちに、強い力で磨くことになることは忘れないで下さいね。

 

ちょうどいい力加減や、口の状況に合わせた歯ブラシ選びで、ぜひ効果的に歯磨きをしましょう(^^♪

 

まとめると、

  • 歯や歯ぐきにトラブルがないときは、普通の歯ブラシ
  • 歯ぐきにトラブルがあるときは、毛の細い歯ブラシ
  • 手の力が弱い人は、毛の太い歯ブラシ

を基準に歯ブラシを選んでみて下さい(^ ^)

 

歯ブラシ1つだけでも細かく見ていくと「奥が深い~」ですね。だから歯磨きって面白いんです\(^o^)/

 

 

 

あなたにピッタリの歯磨き粉の選び方まとめ

歯ブラシと一緒に、あなたにピッタリあった歯磨き粉も見つけましょう\(^o^)/

歯磨き粉の効果を最大限に引き出す使い方と、口の中のトラブル別の歯磨き粉選びの方法を紹介します。

今のあなたの歯磨き粉の使い方では、「大きな損」をしているかもしれません(汗)

答え合わせをしてみませんか?(^^)

合わせて読みたい→【歯磨き粉】歯科衛生士が本当におすすめする、症状別の選び方と効果が出る使い方。

 

 

 

 

コメント