歯磨きがめんどくさいし苦手な大人の方必見!短時でスッキリする裏技

歯磨き方法
スポンサーリンク




歯を磨いて寝ようと思っても、毎日育児や仕事に追われて、夜はクタクタ…。朝も眠い…。

 

さすがに「歯磨きしないとマズイよな…」と思っていても、「やっぱり歯を磨くより眠りたい…」という気持ちが勝つときもありますよね。

 

また、重い腰を上げてせっかく歯医者に行っても、磨き残しを指摘され、

「歯ブラシを細かく動かしましょう!」

「歯ブラシを当てる角度に気をつけて磨きましょう!」

など、面倒くさそうなテクニックや磨き方ばかりを教えられて、ますます歯磨きが面倒に感じていませんか?

 

ママ
ママ

そうそう!

そのときは教えてもらった磨き方を実践しようとするけど、時間が経てばすっかり忘れて、また面倒くさくなってしまうの…(汗)

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

今までの習慣を変えることって簡単ではありませんし、むしろ意識しないと続かず新しい習慣が負担に感じることだってありますよね。

 

もちろん、歯磨き時間が1分の人が長く磨けるようになれば最高です。

 

でもあなたが「歯磨きが面倒くさい」と思っているのなら、考え方を変えて、1分の歯磨きの中で「より効率的な磨き方」をさがしませんか?

 

そのためには、歯ブラシや道具の選び方を変える必要があるんです。

 

そこでこの記事では、あなたの口の中に合った歯ブラシを紹介しています。

自分に合った歯ブラシをつかえば、歯磨きが「面倒くさい」と感じている口の中を、短時間でサッパリさせることができますよ。

 

スポンサーリンク

大人の歯磨き嫌いも克服!歯磨き時間が短い人の歯ブラシの選び方

歯磨きが面倒くさい時の対策方法

歯磨き時間が短い方や面倒くさい方は、歯ブラシの幅を大きなものに変えてみましょう!

 

ママ
ママ

え?でも歯ブラシって、幅が細いものや小さいものの方が良いんじゃなかったっけ?

 

たしかにその通りです。

 

でも、歯磨き時間が短い方や歯磨きが面倒くさい方の場合は、ブラシの幅が広いDENT.EX システマゲンキのような歯ブラシを選ぶと、歯に当たるブラシの面積が広くなるので、短い時間でも効率よく歯が磨けるようになるんですよ。

 

 

 

歯と歯ぐきの間を磨くのが苦手な人はヘッドの大きい歯ブラシがおすすめ

歯と歯ぐきに磨き残しが多い時の歯磨き方法

あなたの歯ぐき、出血したり赤みがあったりしませんか?

 

歯と歯ぐきの間は、意識してないと歯ブラシが当たりにくい場所。しかも磨き残しがあると、歯ぐきから出血したり炎症を起こしやすく、歯肉炎や歯周病の原因になってしまうんです。

 

でも、歯と歯ぐきの間を磨くなんて面倒ですよね…。

 

そんなときも、先ほどと同じようにDENT.EX システマゲンキのような幅が広く毛先が細く加工している歯ブラシを選べば、歯の間にも毛先が届きやすくなります♪

 

歯科衛生士
歯科衛生士

幅が広いぶん、歯に当てるだけで歯ぐきの間にも毛先があたるので、小さい歯ブラシ使うより、磨き残しを減らすことができるんですよ♪

 

 

 

不器用さんや歯ブラシを動かすのも嫌な方の歯ブラシの選び方

歯磨きが面倒な人におすすめの歯ブラシ

不器用さんで歯ブラシがうまく動かせない方や、もう歯ブラシをシャカシャカ動かすのも面倒な方は、超音波歯ブラシのソニッケアーを使いましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

上手に使えば、手で磨くよりも歯磨きの効率も「グッ!」とアップしますから。

 

他にも、

  • 歯磨きの力が強い人
  • お年寄りや体が不自由な人
  • 矯正中やインプラントの治療中の人

のような方には、電動歯ブラシはオススメです!

 

ただし、電動歯ブラシを使うときは、手で磨く歯ブラシとは使い方が違うので注意しましょう。

 

電動歯ブラシの使い方は、

  • 歯ブラシの毛先が歯ぐきにも当たるように軽くブラシを当てる
  • 歯ブラシを動かさない

の2つのポイントを守ることが大切です。

 

電動歯ブラシは、手で磨く歯ブラシのように前後に動かしてしまうと、歯の間や噛み合わせ面の溝のプラークを磨き残してしまう可能性があります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ブラシを動かさず、毛先を歯の間や噛み合わせ面に当て、しばらく動かさないように使うと、すみずみまでキレイに磨けますよ♪

 

きちんとブラシを当てているだけで汚れを取ってくれるので、歯磨きが面倒な方にはうってつけの道具ですよね。

 

電動歯ブラシの選び方であなたの口が快適に!歯科医も使うおすすめ品
電動歯ブラシってどれを選べばいいの? 電動歯ブラシの方が丁寧に磨ける気がするけど、丸型のブラシや音波ブラシと種類も多いし、どれを選べばいいのかわからない…。 普通の歯ブラシより大きいのに、前歯の裏側や奥歯の脇まで...

 

 

 

歯磨きすら面倒くさいときはマウスウォッシュでうがいをしよう

マウスウォッシュの使い方は10秒でいい

もし歯磨きすら面倒なときは、最悪マウスウォッシュでうがいをして寝るようにしましょう。
歯科衛生士
歯科衛生士
そのときはぜひ、殺菌効果の高いマウスウォッシュでうがいをしてください。

 

歯科衛生士のわたしが愛用しているシシュテックは、高級2大成分と呼ばれる

  • 殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)
  • 抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム)

が含まれているマウスウォッシュです。

 

そのおかげで細菌の働きを抑えたり、細菌のエサになるプラークをコントロールすることで、歯周病や虫歯、口臭からあなたを守ることができるんです♪

 

また抗炎症成分が口臭を爽やかにして、嫌な歯ぐきの腫れや炎症を防いで歯ぐきを健康に保ってくれます♪

歯科衛生士
歯科衛生士

しかもたった10秒のブクブクうがいでいいので、歯磨きが面倒なあなたのよきパートナーとなってくれるでしょう。

 

ただし、マウスウォッシュは本来、歯磨きできた状態で使うことで効果を発揮します。

 

しかし歯磨きせずに眠るくらいなら、マウスウォッシュで10秒だけでもうがいをして寝ることを歯科衛生士はおすすめします。

 

 

 

▼すぐに確認したい方はこちらから確認できます▼

 

 

歯磨きが面倒くさい時の対処方法まとめ

毎日クタクタ…。歯を磨くのも面倒になるときもありますよね。

歯磨きが面倒なときは、発想を少し変えて道具にこだわってみましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたの口の中に合った歯ブラシをつかえば、今までより楽に磨けるようになりますから♪

 

歯磨きしても出血しない口臭がしない、歯ぐきの状態が良くなる経過を実感するのは、とても気持ちが良いですよ。

 

歯磨きが面倒に感じているあなたは、まず自分に合った歯ブラシとの出会いからはじめてみませんか?

 

▼10秒うがいで口の中がスッキリするマウスウォッシュは、こちらから確認できます▼

 

 

 

▼歯ブラシの選び方が分かったら、歯科衛生士愛用中の虫歯や歯周病予防にきく歯磨き粉も一緒に使ってみましょう▼

毎日の歯磨きで血が出る原因は?突然の出血を止める2つのテクニック
毎日、歯磨きの度に血が混ざった唾液を吐き出していませんか? 「歯磨きしてもなんだか口の中もスッキリしない…」 「この出血は一体いつ治るの?」 「なんでわたしの歯ぐきは出血するの?」 そんないつ治るか分...

 

 

 

 

コメント