虫歯にならないお菓子がある!チョコレートや飴やガムで虫歯予防ができる秘密。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

虫歯にならないお菓子があったら素敵だと思いませんか?

実は、そんな夢のようなお菓子があるんです!

甘いものを食べる時間は、至福のひと時♪ですよね。

特にストレスがあったりリラックスしたい時など、わたし達大人にとっても「甘味料」はなくてはならない存在です。

甘いものは、わたし達の体や心を癒してくれるのはもちろん、その一方で、虫歯や歯肉炎のリスクも高めてしまう存在でもあります…(汗)

例えばチョコレートやキャラメルは、食べた後も「長時間」歯に残りやすいので、虫歯になりやすい食べ物です。

一方でアイスやゼリーは口の中に残りにくいので、チョコに比べて虫歯になりにくいおやつ!と言えますよね(^^)

つまり「虫歯」になるかどうかは、その食べ物の

  • プラークを作る力
  • 酸を作る力の強さ
  • 食べている時間
  • 食べ終わっても口の中に作用する時間の長さ

の4つの要因で決まるんです(^^)

「でもどうしてもチョコはやめられない…!」というあなたに伝えたい!実は「虫歯にならないチョコや飴」があるんです!

口さみしい時にぜひ食べてほしい「虫歯にならないチョコや飴」について今回は紹介させて下さい\(^o^)/

スポンサーリンク



おやつと虫歯の関係。虫歯になりにくい甘味料となりやすい甘味料

フレンチクルーラーのイラスト(チョコがけ)

実は、同じ甘いものでも「キシリトール」など代用甘料を使った「虫歯にならないガムや飴」があるんです(^ ^)

他にも

  • キシリトールなどの糖アルコール
  • パラチノースなどのオリゴ糖
  • ステビアなどの天然甘味料

などの甘味料は、虫歯菌のエサにならない甘味料です(^^)

(ただし、キシリトールは食べ過ぎると一時的に下痢の症状が出てしまう可能性があります。例えば体重50Kgの人なら15g以上食べないようにするなど、量には注意して食べましょう)

関連記事→もう迷わない!ポスカとリカルデントとキシリトールガムの効果と違いを徹底比較。

逆に虫歯になりやすい「歯に悪い甘味料」は

  • ブドウ糖
  • 果糖
  • ハチミツ
  • ショ糖

これらの甘味料は、虫歯菌のエサになり「酸」で歯が溶ける原因になります(汗)

特に注意すべきは、普段からよく食べられいるハチミツ。

糖質やビタミンやミネラルを多く含んでいて、さらに果糖やブドウ糖やショ糖も含まれているので、頻繁に食べていると虫歯のリスクが高まってしまうのです…。

関連記事→ハチミツはいつから赤ちゃんに食べさせていいの?1歳までの子供に食べさせてはいけない理由。

「健康にいい!」と言われているハチミツも、食べ方には注意しましょう(汗)

歯にいいとされる特定保健用食品(トクホ)は安全なの?

トクホのお茶のイラスト

体にいい食品の選ぶ基準として、特定保健用食品の「トクホ」があります(^ ^)

実は歯科関連のトクホに使われている甘味料は、虫歯になりにくい代用糖を使っているので「歯にいい甘味料」と言えるんです(^ ^)

例えば、歯科関係のチョコレートやガムや飴は、虫歯の原因になりにくく、さらに歯の再石灰化が期待できるおやつです\(^o^)/

「虫歯になるのは嫌だけど、甘いものは食べたい…」という方は、ぜひ、代用糖を使ったおやつを選んでみましょう\(^o^)/

でも、上にも書いたように歯にいいトクホも、食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまうことがあります…。食べるときは、量の取りすぎにも注意しましょう。

一度に食べていい量は商品の説明欄にきちんと表記されていますので、食べる前に一通り目を通しておくと安心ですね(^^)

勘違いしてはいけないことは、トクホは薬ではなくあくまでも「食品」だということ。

もちろん、トクホの商品を食べたからといって病気が治るわけではありません。

トクホの効果も大切ですが、食べ方や「何を食べるか」を考えることはもっと大切なことなんですよ(^^)

ポスカは初期虫歯を治してくれるガム

ボトルガムのイラスト

ご飯やお菓子をダラダラ食べて、口の中の酸性状態が続くと、歯からカルシウムが失われ「初期むし歯 」になってしまいます。

実は歯から溶けたカルシウムは、「唾液に溶けたカルシウム」からしか補給ができません(汗)

でもまだ穴の開いてない初期虫歯なら、POs-Ca(ポスカ)のガムを噛むことで治る可能性があるんです\(^o^)/

ポスカは、唾液に溶けやすい「水溶性のカルシウム」。

つまり、ポスカを噛むことで、

  • 唾液の中のカルシウム濃度が増え、初期虫歯を修復してくれる
  • 唾液の量が増え虫歯予防になる

の2つの効果で、初期虫歯(歯の表面に穴があく一歩手前)のある歯も、健康な歯と同じ結晶に修復してくれる効果が期待できるんですよ(^^)

しかしせっかくのポスカの効果も、ガムの味がなくなったからと、すぐ捨てては効果も半減です。最低15分~20分噛むようにしましょう!

まとめ

 疲れた時の甘いものは格別ですよね(^^)
でも、甘いものは虫歯の原因になってしまいます(汗)

だからこそ、おやつの選び方や食べ方を変えることで、楽しみながら虫歯予防ができることを知ってほしいんです\(^o^)/

虫歯予防のためにも、キシリトール入りのチョコや飴でストレスや疲れを癒したり、初期虫歯を治してくれるポスカを取り入れて、上手に虫歯予防をしていきましょう\(^o^)/

▼虫歯や歯周病予防には普段からの歯磨きも大切です!歯科衛生士おすすめの歯磨き方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする