子供にチョコやグミを食べさせて良し!お菓子で虫歯予防ができる理由

フッ素・キシリトールの効果
スポンサーリンク




虫歯になるから子供にお菓子は食べさせたくない…。でも外出先で子供が大泣きしていると、ついお菓子に頼って気をそらせることもありますよね。

 

もちろんわたし達大人にとっても、ストレスがあったりリラックスしたいときの「甘味料」は、なくてはならない存在です!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

しかし甘いものは、わたし達の体や心を癒してくれる反面、虫歯や歯肉炎のリスクを高めてしまう存在でもあります…(汗)

 

そこでこの記事では、歯医者さんがつくった虫歯にならないお菓子を紹介していきます。

 

「でもどうしてもチョコはやめられない…!」

「子供が虫歯になるからお菓子をあげたくない!」

というあなたはぜひ本文で紹介しているお菓子を選んで、甘いものを楽しみながら虫歯予防をしていきましょう!

 

スポンサーリンク

虫歯になりにくい甘味料となりやすい甘味料

虫歯にならない甘味料

実は同じチョコでも「キシリトール」などの代用甘味料をつかったお菓子なら、虫歯にならずに「甘いもの」が楽しめるんです。

 

他にも

  • キシリトールなどの糖アルコール
  • パラチノースなどのオリゴ糖
  • ステビアなどの天然甘味料

などの甘味料は、虫歯菌のエサにならない甘味料です。

 

 

逆に虫歯になりやすい「歯に悪い甘味料」は

  • ブドウ糖
  • 果糖
  • ハチミツ
  • ショ糖

これらの甘味料は、虫歯菌のエサになり歯が溶けて虫歯になる原因になります。

 

例えばチョコレートやキャラメルは、食べた後も砂糖が「長時間」歯に残りやすいので、虫歯になりやすい食べ物です。

 

特に注意すべきは、普段からよく食べらているハチミツ。

 

糖質やビタミンやミネラルを多く含んでいて、さらに果糖やブドウ糖やショ糖も含まれているので、頻繁に食べていると虫歯のリスクが高まってしまいますから注意しましょう。

 

ハチミツはいつから赤ちゃんに食べさせていいの?1歳までの子供に食べさせてはいけない理由。
蜂蜜は1歳まで赤ちゃんに与えてはいけない理由を紹介します。食中毒の原因のボツリヌス菌が混じった蜂蜜が赤ちゃんの突然死を起こす原因になっています。何でも吸収してしまう赤ちゃんの未完成な腸では、ボツリヌス菌も吸収してしまい「害」になって「乳児ボツリヌス症」になる可能性があります。赤ちゃんの安全のためにも、ハチミツは1歳を過ぎるまでは与えず、もし赤ちゃんの手などにハチミツが付いたときは口に入る前に洗うなど注意しましょう。

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

「健康にいい!」と言われているハチミツも、食べ方には注意しましょうね!

 

歯科医考案の虫歯にならないチョコレートやグミやキャンディー

虫歯にならないチョコレート

体にいい食品の選ぶ基準として、特定保健用食品の「トクホ」があります。

 

実は歯科関連のトクホに使われている甘味料は、虫歯になりにくい代用糖を使っているので「歯にいい甘味料」と言えるんです。

 

 

例えば、歯科関係のチョコレートやアメは、虫歯の原因になりにくいおやつですし、あとで紹介する「ポスカのガム」は、虫歯になりかけの歯を修復する効果があるおやつです。

 

歯医者さんがつくったチョコレート

「歯医者さんがつくったチョコレート」は、なんとチョコレートで虫歯予防ができるおやつです。

 

チョコなのに虫歯予防ができる理由は、虫歯の原因となる砂糖がつかわれていないから。

砂糖がまったくつかわれてないかわりに、甘味料を100%キシリトールにすることで、口の中で虫歯菌が歯を溶かす「酸」をつくれないため、チョコレートを食べながら虫歯予防をすることができるのです。

 

しかもキシリトールは、虫歯菌の働きをおさえるだけでなく、歯を強くする働きもあります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯磨き後や寝る前に食べると効果的なので、ゆっくり舐めながら食べるようにしましょう!

 

またガムのように、噛んだあとに吐き出す必要もなく、口に入れて溶かすだけなので、子供達も気軽にキシリトールで虫歯予防ができるんですよ。

 

もちろんちゃんとチョコの味もしますし、口の中もスッキリしますから、ぜひキシリトール入りのチョコレートに変えて美味しく虫歯予防をしてみましょう!

 

 

歯医者さんが作ったデンタルグミ

甘味料にキシリトールをつかったグミもあります。

 

しかも普通のグミより固いので、子供の噛む力を鍛えることができるグミです。味もイチゴやマスカットやレモンの3種類から選ぶことができますから、お好みの味を選んで美味しく虫歯予防をしましょう。

 

歯医者さんが作った棒キャンディー

アメも虫歯になりやすいお菓子です。

 

しかし「歯医者さんが作った棒キャンディー」は、虫歯になりやすい砂糖をつかったアメと違い、虫歯の原因になる砂糖は一切つかっていないため、安心して舐めることができるキャンディーなんです。

 

ただしこちらはキシリトール100%ではありません。しかし甘味料にはキシリトールをはじめ、虫歯にならない還元パラチノースやマルトースなどがつかわれています。

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

虫歯になるのは嫌だけど、甘いものは食べたい方や子供を虫歯にしたくない方は、ぜひ、代用糖を使ったおやつを選んでみましょう!

 

ただし、歯にいいトクホも食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまうことがあります…。食べるときは、量の取りすぎには注意しましょうね。

例えば、キシリトールは食べ過ぎると一時的に下痢の症状が出てしまう可能性があります。体重50Kgの人なら15g以上食べないようにするなど、量には注意して食べましょう!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

1度に食べていい量は商品の説明欄にきちんと表記されていますので、食べる前に一通り目を通しておくと安心ですよ♪

 

勘違いしてはいけないことは、トクホは薬ではなくあくまでも「食品」だということ。

 

もちろん、トクホの商品を食べたからといって病気が治るわけではありません。トクホの効果も大切ですが、食べ方や「何を食べるか」を考えることはもっと大切なことなんですよ。

 

 

ポスカは初期虫歯を治してくれるガム

ポスカのガムで初期虫歯予防

ご飯やお菓子をダラダラ食べて、口の中の酸性状態が続くと、歯からカルシウムが失われ「初期むし歯 」になってしまいます。

 

実は歯から溶けたカルシウムは、「唾液に溶けたカルシウム」からしか補給ができません。

 

しかしまだ穴の開いてない初期虫歯なら、POs-Ca(ポスカ)のガムを噛むことで治る可能性があるんです!

 

ポスカは、唾液に溶けやすい「水溶性のカルシウム」。

 

つまり、ポスカを噛むことで、

 

  • 唾液の中のカルシウム濃度が増え、初期虫歯を直してくれる
  • 唾液の量が増え虫歯予防になる

 

の2つの効果で、歯の表面に虫歯の穴があく一歩手前のある歯も、健康な歯と同じ結晶に修復してくれる効果が期待できるんです!

 

しかしせっかくのポスカの効果も、ガムの味がなくなったからと、すぐ捨てては効果も半減です。最低15分~20分噛むようにしましょう!

 

もう迷わない!ポスカとリカルデントとキシリトールガムの効果と違いを徹底比較。
ポスカとリカルデントとキシリトールの違いや特徴をまとめました。ガムを噛む時のポイントや時間などまとめています。キシリトールは砂糖の代わりに虫歯になりにくい甘味料のキシリトールが使われていますが、脱灰を修復する効果はありません。リカルデントやポスカは、再石灰化効果があり初期虫歯の修復が期待できます。ガムを噛むなら虫歯になりにくいキシリトールを噛んで、虫歯修復や口の中の環境の改善のためにリカルデントやポスカを選ぶのがオススメです。

 

 

虫歯ならないお菓子の選び方まとめ

 子供にお菓子はあげたくないけど、大泣きされたときや外出先で静かにしてほしいときは、おやつに頼ってしまうこともありますよね。
しかし、甘いものを頻繁に食べていると虫歯の原因になってしまいます。

 

だからこそ、おやつの選び方や食べ方を変えることで、楽しみながら虫歯予防ができることを知ってほしいのです。

 

虫歯予防のためにも、キシリトール入りのチョコやアメでストレスや育児疲れを癒したり、初期虫歯を治してくれるポスカを取り入れて、子供達と一緒に虫歯予防をしていきましょう!

 

 

 

 

▼虫歯や歯周病予防には普段からの歯磨きも大切です!歯科衛生士おすすめの歯磨き方法も一緒にぜひ参考になさってください♪▼

毎日の歯磨きで血が出る原因は?突然の出血を止める2つのテクニック
口臭や歯周病予防に効果的な歯みがき粉を紹介します。なたまめ柿渋歯磨きは、合成界面活性剤や合成発泡剤など不要な成分は一切配合してない、自然派の歯磨き粉です。そのため口臭予防はもちろん歯周病などで傷ついたデリケートな歯ぐきにも安心して使うことができるんです。効果的な使い方や成分など実際に使った写真を混ぜて丁寧に紹介しています。

 

 

▼子供が嫌がらない歯磨き粉の選び方は、こちらの記事が参考になります▼

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。
うがいの出来ない赤ちゃんの歯磨き粉はの選び方を紹介します。赤ちゃんの歯磨き粉を選ぶポイントは①まだうがいができないので、飲み込んでも安全なもの②研磨剤なしで歯を傷つけないもの③虫歯予防に効果があるものの3つのポイントで考える必要があります。「どれでも一緒でしょ?」と適当に選ぶと、泡立ちが多くて歯磨きしにくかったり、赤ちゃんが飲み込んでも安全なものではないかもしれませんから。チェックアップフォームはフッ素配合、研磨剤なし味もマイルドで泡が口の隅々まで行き渡ります。フッ素は歯質を強化し酸に溶けにくい歯にしてくれます。

 

 

 

 

コメント