顔の歪みやあごが曲がっている原因は?そのコンプレックス、矯正治療と手術で治ります!

矯正治療

鏡を見る人のイラスト(悲しそうな女性)

鏡を見た時、

顔が曲がっている…。

あごが曲がっている…。

歯の真ん中がズレている…。

 

と、気になったことはありませんか?

実は噛み癖や歯並びなどで、大なり小なりわたし達の顔は曲がっています。しかし中には、大きくあごや顔が曲がってしまい、悩んでいる方がいらっしゃるのです(汗)

 

でも安心して下さい\(^o^)/

あごや歯の位置がズレていても、矯正治療で直すことができますから(^^)

 

ですが、あごのズレ幅が大きくなってしまうと、残念ながら矯正治療だけでは直すことができません。手術が必要になってしまいます。(その理由は、後ほど説明します)

 

 

わたしが働いていた病院でも、矯正治療とあごの手術を併用し、整った顔を手に入れた患者さんがたくさんいらっしゃいました(^^)

 

あなたの曲がった顔やあごのズレは直せます!

 

あごが曲がっている…と悩んでいる人はぜひこの記事を読んでみて下さい(^^)

あなたの悩みは美容整形ではなく、矯正治療で直る可能性がありますから。

 

 

スポンサーリンク

あごの骨がズレている(歪み)顎変形症とは

顎変形症(がくへんけいしょう)とは、字のごとくあごの大きさのズレや、あごが上下・左右・前後などにズレている状態のことです。

 

 

例えば

 

などあごの骨のバランスの悪さが原因で、かみ合わせが悪くなっている状態のことです。

 

あごがズレているので、当然、歯並びも悪くなって前歯で食べ物を噛み切ることが難しいなど、日常生活にも支障が出る可能性があります…(汗)

 

さらに、あごのバランスが悪いと「顔つき」にも影響が出てくるため、コンプレックスを感じてしまう方も多いんです…(汗)

 

子供の場合はあごの成長をコントロールできる

成長期のイラスト

実はあごの骨が成長中の子ども達なら、早めの矯正治療であごの成長をコントロールすることができます!

受け口になりそうな子や顔が曲がっている子は、矯正治療であごの骨の成長を抑えたり促進して、バランス良くあごが成長できるように導いてあげるんです(^^)/

 

関連記事→子供の受け口の原因は3つ!知っておきたい年齢別ベストな治療時期とは。

 

こんな風に書くと、「じゃあ子どもはみんな、矯正治療であごの成長をコントロールしないといけないの?」

 

なんて、思ってしまいますよね(汗)

 

もちろん、全員が矯正治療をする必要はありません(^^)

むしろあごのバランスを整える方法は、日常生活の中でもできます\(^o^)/

 

例えば、赤ちゃんだったらおっぱいをしっかり飲ませてあげたり、食事をよく噛んで食べることであごの幅を広げることで、あごをバランスを良く成長させることができるんです\(^o^)/

 

 

おっぱいをしっかり飲んだり、よく噛んであごをよく動かすことが、将来の顔つきや歯並びにを決めることは、パパやママは絶対に知っていてくださいね\(^o^)/

大人の場合は外科手術と矯正治療を組み合わせて治療する

手術前の訪問のイラスト

あごが成長中の子ども達と違い、骨の成長が止まった大人の場合は矯正治療だけではかみ合わせや見た目など、満足のいく治療結果を出すのが難しい場合があります…(汗)

 

そんな時は矯正治療と外科手術を組み合わせて、あごの骨を短くしたり長くして、顔つきや歯並びのバランスをとっていく方法を考えていきましょう。

 

症状が(あごのズレが)大きい人ほど、手術をして矯正治療が終わった後の顔つきは劇的に変わります\(^o^)/

しかも、保険で治療できるからありがたいですよね(^^)

 

 

あごの外科手術は入院が必要になる

あごの手術は形成外科や口腔外科で行います。

そのため手術の前後には矯正歯科だけでなく、形成外科や口腔外科でも検査をしたり、打ち合わせのために何度か通ってもらうことになります…(汗)

 

 

外科手術と言っても、症状によって

  • 上下のあごを同時に手術
  • どちらか一方のあごだけの手術

と、患者さんによって手術の内容は変わります。

 

もちろん手術ですから、2週間前後の入院が必要になったり、手術後は安静を保つため1週間ほどあごが動かないように針金で固定しなければいけません。

 

当然口は開かないので、食事は流動食になるし歯磨きも満足にできない状態…(汗)顔もしばらく腫れて、手術後の痛みも続きます(;_;)

 

「こんな手術するんじゃなかった…。」と、ここで誰もが一度は後悔します(汗)←いや…100回くらい後悔します(;_;)

 

でもこの時期を乗り越えると、痛みも腫れも落ち着いてきます!踏ん張りどころです!

 

術後の痛みの辛い時期を乗り越えれば、「新しい自分の顔」と出会えますよ\(^o^)/

 

特に、あごのズレや受け口がひどい症状の人は、術後に見違えるほど顔つきが変わります。新しい自分の顔を鏡を見て、思わず「にやり」としてしまうんです♪そんな患者さんを、わたしも何人も見てきました\(^o^)/

 

 

術後は食事や口を開ける練習を始めていく

あごを固定してた針金が取れたら、食事も流動食から「食べられるもの」に戻していきます。口が開くので、歯磨きもできるようになりますよ(^^)

 

 

でも…手術後は骨折した状態と同じなので、当然、口が開きにくい状態になっています。その為、術後に少しずつ口を開ける練習を開始していきましょう。練習しておかないと、ますます口が開きづらくなってしまいますから…。

 

 

目標は、人差し指・中指・薬指の3本が、縦に入るくらい口が開くようになること。毎日少しずつ練習していきましょう♪

 

顎変形症の矯正治療は、術前と術後矯正があります

顎変形症の治療には、「術前矯正」「術後矯正」があります。

 

手術前の術前矯正で「あごをどの位置にするか」決めていき、手術後の術後矯正で治ったかみ合わせの調整をしていきます。

 

かみ合わせが改善されれば、普通の矯正治療と同じように装置を外して、後戻りしないように保定装置を入れます(^^)/

 

顎変形症は保険で治療でき高額療養費の対象になる

「重要」のマーク

顎変形症の治療は、国の認定を受けている病院では「保険」で矯正治療ができます。その場合には、外科手術や入院費も保険の適用になります(^^)/

 

でも手術をせず、矯正治療だけでかみ合わせが直る場合は「自費治療」になるので注意が必要です。

 

(ちなみに保険適用施設の指定をされるには、5年以上の矯正の臨床経験がある歯科医で、一定の施設基準を満たしていることが条件になっています)

 

さらに手術費用は高額療養費の対象になるので、申請すれば一部返還されます。ぜひ、確認しておくことをおすすめします♪

 

高額療養費とは、同じ病院で支払った1カ月の医療費が一定額を超えたら、手続きで超えた分の金額が戻ってくる制度です。

 

また医療費控除も使えるので、領収書は必ず保管しておいて下さいね♪

 

まとめ

手術は大変ですし手術後の痛みは辛いです…。当然、お金もかかります。
でもそこを乗り越えると、顔の筋肉や脂肪の付き方も変わって、生まれ変わった新しい顔と出会えるんです(^^)

 

顔つきが変わって、表情まで明るくなった患者さんをわたしは何人も見てきました(^^)/

 

特に女性はコンプレックスがなくなったことで、見違えるほど皆さんイキイキした表情になっていましたよ。嬉しかったなぁ〜(^^)

 

もしあごのズレや顔つきに悩みがあるなら、思い切って矯正歯科で話を聞いてみるのはいかがでしょうか?(^^)

 

歯並びの相談は【大塚駅前歯科】自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』を使って、信頼できる歯医者で相談してみましょう♪

 

矯正治療は2~3年続く長い治療になりますから、病院選びは慎重に!

 

ただしどの矯正歯科でも保険適用になるわけではないので、国の認定を受けている病院かの確認も忘れずにお願いします♪

矯正中の歯磨き方法のポイントやおすすめ歯ブラシをまとめました。

矯正中は虫歯のリスクが高くなります。

矯正装置が付いていても、効果的に歯磨きする方法をご紹介しますね\(^o^)/

 

実際に、矯正治療中にわたしが実践していた方法です(^^)

合わせて読みたい→矯正治療中も使って安心!プロおすすめの歯磨きグッズと虫歯予防の磨き方。

 

家で手軽にホワイトニングしたい人へ。歯科衛生士も愛用中のおすすめ品

手軽に安く歯を白くしたい人には、歯磨き粉で歯の黄ばみや汚れをとっていく方法があります。

研磨剤なしで歯の色自体を白くできる方法なので、毎日使えば簡単に歯の白さを持続させることができますよ。

 

歯が白くなる歯磨き粉は、わたしも今、使っていますが確かな効果を実感中(^^)

 

今、ここまで白くなっています\(^o^)/

 

使っているから言えます。【プレミアムブラントゥース】は本当に白くなりますよ(^^)

 

▼詳しくはこちらから、成分なども確認できます▼

 

▼実際にわたしが使った時の様子は、こちらにまとめていますのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

 

 



 

 

 

 

 

コメント