歯間ブラシやフロスが使いにくい時は、歯ブラシ1本で歯の間の虫歯を予防する裏技。

口の中のトラブル

フロスや歯間ブラシを使うのって面倒だな…。

あなたも歯医者で「フロス」や「歯間ブラシ」を使って歯磨きするよう、勧められたことはありませんか?

 

わたし達歯科衛生士がフロスや歯間ブラシをおすすめする一番の理由は、歯の間の汚れを取ってほしいから。

 

あなたは自分の「歯の間の汚れのニオイ」を嗅いだことはありますか?

ぜひ歯間ブラシフロスを使ったあとに、ニオイを嗅いでみて下さい。引くほどクサイですから(汗)

 

クサイ汚れを取らずに放置していれば、虫歯や歯周病の原因になるのはもちろん、口臭の原因にもなってしまいますよね。

 

関連記事→口臭の悩みは舌の黄色や白い汚れを磨けば解決!ニオイが気になる時に使えるおすすめスプレー!

 

歯の間の汚れを取ったほうがイイのは分かっているけど、どうしてもフロスや歯間ブラシを使うのは面倒くさい…と思っている方も多いと思います。

 

この記事ではフロスや歯間ブラシが使えない方のために、歯ブラシだけで歯の間の汚れを取る方法を歯科衛生士が紹介していきます。

 

フロスや歯間ブラシが苦手な方は、特にじっくり読んでみて下さい(^^)

 

スポンサーリンク

歯ブラシで代用!フロスや歯間ブラシの代わりに歯ブラシで歯の間を磨く方法

口臭や虫歯や歯周病の原因となる、歯の間の汚れ…。

 

でも、

「歯間ブラシがすぐに折れてしまう…」

「歯の間に上手く毛先が入らない…」

「フロスの使い方が難しい」

 

と、歯間ブラシやフロスを使おうと思っても、なかなか習慣にならない方も多いんです(汗)

 

それもそのはず!

歯間ブラシやフロスって使いこなすのって、慣れないうちは結構難しいですから…(泣)

そこで提案があります(^^)

 

歯間ブラシやフロスが苦手なら、歯ブラシを使って歯の間を磨いてみませんか?

 

使う道具は…、そう歯ブラシだけ。

お手軽ですよね\(^o^)/

 

使う歯ブラシは

①毛先が細くなったタイプペンフィット

 

 

 

②2列の歯ブラシの2列植毛歯ブラシ

 

の2種類が個人的にはおすすめです。

歯ブラシの準備ができたら、早速実践してみましょう\(^o^)/

 

毛先を歯の間に入れて押す・引く磨き方

歯ブラシで歯の間を磨く方法は、毛先を歯の先に少し傾けて、歯の間に押し込むように入れて・出して磨いていきます(^^)/

 

「押して引く」ような動作を繰り返すことで、歯の間のプラークを効率的に取ることができるんですよ(^^)

最大のポイントは毛先を歯に当てて動かすのではなく、歯の間で押して引いてを繰り返すことです。

歯の間に毛先を入れ込む磨き方!ということを意識して磨いてみて下さいね(^^)

 

img_1596

特に下の前歯の裏側は、唾液の出口があって歯石が溜まりやすい場所です。

 

だからこそ歯ブラシの毛先を歯の間に入れ、押したり引いたりをくり返すと、普通の横磨きより楽に歯の間の汚れを取ることができるんですよ\(^o^)/

 

しつこいですが、ポイントは歯ブラシの毛先を歯に当てて動かすのではなく、歯の間に歯ブラシの毛先を入れて、押して引くことです。

特別な道具も必要なく、歯の間の汚れが取れる磨き方なのでぜひ実践してみて下さい\(^o^)/

 

 

せっかくなら「歯磨き粉」も歯の間までしっかり汚れを落とす善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉に変えてみましょう!

 

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法で詳しく解説していますが、細かい粒子が歯の間の汚れを効果的に取ってくれる優れものの歯磨き粉なので、ぜひ一緒に使うことをおすすめします(^^)

 

まとめ

歯の間の汚れは、虫歯や歯周病の原因になったり口臭の原因になってしまいます(汗)

歯の間の汚れを取るには

  • 歯間ブラシを使う
  • フロスを使う
  • 歯ブラシを使う
  • 歯磨き粉を使う

 

の4つの方法があります(^^)/

 

でももし歯間ブラシやフロスを使うことが難しかったら、別の道具や方法で磨いていきましょう(^^)

 

歯磨きの目的は、「プラークを綺麗に取ること」。

 

間違った方法で歯間ブラシやフロスを使ってしまうくらいなら、歯ブラシを使って確実に虫歯や歯周病や口臭予防をした方が賢い選択ですよ(^^)/

 

 

▼隙間時間にできる口臭予防!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

 

 

コメント