歯間ブラシやフロスが面倒くさい時は歯ブラシ1本で代用できる裏技!

口の中のトラブル
スポンサーリンク




フロスや歯間ブラシを使うのって面倒だな…。

 

あなたも歯医者で、「フロス」や「歯間ブラシ」を使って歯磨きするようすすめられた経験はありませんか?

 

わたし達歯科衛生士がフロスや歯間ブラシをおすすめする1番の理由は、歯の間の汚れを取ってほしいから。

 

とは言っても、実際に、歯ブラシ以外の道具を使うとなると、面倒ですし使い方も微妙に難しいのでなかなか続きませんよね。

 

そこでこの記事では「歯の間がクサイのは嫌!」「でも、フロスや歯間ブラシを使うのは面倒くさい!」と思っているあなたに、歯ブラシだけで歯の間の汚れを取る方法を歯科衛生士が紹介していきます!

 

他に道具を増やす必要もなく、歯ブラシだけで手軽に歯の間の汚れを取れるのできっとあなたも無理なく続けられますよ♪

 

スポンサーリンク

フロスや歯間ブラシが難しいなら歯ブラシで代用しよう!

フロス代用品

口臭や虫歯や歯周病の原因となる、歯の間の汚れ。

 

だからと言ってフロスや歯間ブラシを使おうと思っても、

「歯間ブラシがすぐに折れてしまう…」

「歯の間に上手く毛先が入らない…」

「フロスの使い方が難しい」

 

と、なかなか習慣にならないことも多いですよね?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

それもそのはず!

歯間ブラシやフロスは、慣れていないと本当に扱いが難しい道具なんです(泣)

 

▼フロスの使い方はこちらにまとめています▼

7種類のフロスの効果を比較!おすすめの選び方と使い方を写真で解説!
フロスの種類と選び方を説明します。デンタルフロスには種類があります。滑りが良いワックスタイプ・プラークの除去効果が高いアンワックスタイプ・ホルダータイプ・口の中の唾液で膨らんで歯の間に入れるときの滑りも良くプラーク除去効果高いのエクスパンドタイプ・フッ素加工タイプ・細い線維でプラークを絡め取る効果が高いマイクロファイバータイプ・フィラメントタイプ。歯並びや器用さで選ぶ種類が変わるので目安になるポイントをご紹介します。

 

 

▼歯間ブラシの使い方はこちらにまとめています▼

歯の間の臭いと汚れをごっそり取る!誰でもできる歯間ブラシの使い方
歯間ブラシのサイズの選び方は歯の間に入れた時に①ワイヤー部分が歯に当たらないこと②毛先が両隣の歯に適度に当たっていること③入れた時「気持ちいい♪」感覚があることの3つのポイントを意識して選んでみて下さい。歯の間を掃除する歯間ブラシの効果的な使い方と注意点を紹介します。歯と歯の間や1番奥歯の後ろやブリッジの下や矯正装置のボタンの周りに使えて便利です。持ち手も前歯の掃除にはI字型、奥歯の掃除にはL字型がオススメ。ワイヤー部分は折り曲げる事が出来て、角度の調節が可能で使い方も簡単です。

 

 

ところであなたは、自分の「歯の間の汚れのニオイ」を嗅いだことはありますか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

ぜひ歯間ブラシフロスを使ったあとに、ニオイを嗅いでみて下さい。引くほどクサイですから(汗)

 

クサイ汚れを取らずに放置していれば、虫歯や歯周病の原因になるのはもちろん、口臭の原因にもなってしまいます…。

 

そこで提案があります!

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯間ブラシやフロスが苦手なら、歯ブラシを使って歯の間を磨いてみませんか?

 

使う道具も、もちろん歯ブラシだけなのでとってもお手軽です!

 

歯の間を磨くときに使いやすい歯ブラシは、

①毛先が細くなったタイプペンフィット

 

②2列の歯ブラシの2列植毛歯ブラシ

の2種類が個人的には使いやすいのでおすすめです。

 

歯ブラシの準備ができたら、早速実践してみましょう!

 

毛先を歯の間に入れて押す・引く磨き方

歯間ブラシ代用

歯ブラシで歯の間を磨く方法は、毛先を歯の先に少し傾けて、歯の間に押し込むように入れて・出して磨いていくだけなので本当に簡単です!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

「押して引く」ような動作を繰り返すことで、歯の間のプラークを効率的に取ることができるんですよ♪

 

最大のポイントは毛先を歯に当てて動かすのではなく、歯の間で押して引いてを繰り返すこと!

 

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯の間に毛先を入れ込む磨き方!ということを意識して磨いてみて下さいね♪

歯の間の磨き方

特に下の前歯の裏側は、唾液の出口があって歯石がたまりやすい場所。

 

そのため、横磨きだけでは「歯の間」まで毛先が届きにくいので、歯ブラシの毛先を歯の間に入れ、押したり引いたりをくり返すことで、楽に歯の間の汚れを取ることができるんです。

 

しつこいですが、ポイントは歯ブラシの毛先を歯に当てて動かすのではなく、歯の間に歯ブラシの毛先を入れて、押して引くように磨きましょう!

 

特別な道具も必要なく、歯の間の汚れが取れる磨き方なのでぜひ実践してみて下さいね♪

 

 

せっかくなら「歯磨き粉」も歯の間までしっかり汚れを落とす善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉に変えてみるといいですね!

 

細かい粒子が歯の間の汚れを効果的に取ってくれる優れものの歯磨き粉なので、一緒に使うことでより歯の間の汚れが取れやすくなりますから♪

 

詳しい使い方は、下の記事↓を参考にしてみましょう!

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
家で自分でできる虫歯や歯周病予防。歯ぐきがブヨブヨする、口臭が気になる、歯磨きすると歯ぐきから血が出る歯周病や、虫歯がよくできる。虫歯や歯周病になる原因は歯に付いているプラークが取り切れていないから。特に歯の間のプラークを取ることが予防の第一歩!歯磨き方法やポイントを詳しく説明しています。

 

 

フロスや歯間ブラシが使いにくい時の解決策まとめ

歯の間の汚れは、虫歯や歯周病の原因になったり口臭の原因になってしまいます。

 

そんな歯の間の汚れを取るには

  • 歯間ブラシを使う
  • フロスを使う

方法がありますが、これらの道具は慣れてないと使いこなすことが難しいため、あなたも習慣的につかうのが面倒に感じるかもしれません。

 

そんなときは、歯ブラシで歯の間の汚れをとっていきましょう!

 

歯磨きの目的は、「歯に付いた汚れを綺麗に取ること」です。

 

間違った方法で歯間ブラシやフロスを使ってしまうくらいなら、歯ブラシを使って確実に虫歯や歯周病や口臭予防をした方が賢い選択です!

 

あなたもぜひ、歯ブラシの毛先を歯の間に入れ込む磨き方を意識して磨いてみて下さいね♪

 

そのときはぜひ、歯の間の汚れがとれる歯磨き粉も併用して、さらに歯の間をスッキリさせましょう!

 

▼歯の間の汚れをとる歯磨き粉はこちらから確認できます▼

 

 

 

 

▼隙間時間にできる口臭予防!口の中を10秒でスッキリさせる方法も一緒にぜひ♪▼

低刺激のマウスウォッシュで朝の口臭やネバつきが予防できる納得の理由
シシュテックは刺激が少なく低刺激のマウスウォッシュです。歯周炎予防、歯肉炎予防、口臭予防、歯を白くする、虫歯を防ぐ、口の中を浄化する、口の中を清潔にするなど7つの効果が期待できるマウスウォッシュです。使った後もピリピリせず続けやすいのも特徴です。実際に使ってみた感想や感じたデメリットを分かりやすく解説します。夜念入りに歯磨きしても朝の口のニオイが気になっている方はニオイとストレスを軽減させる為にもシシュテックを使う意味は大きいです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました