歯周病の予防方法と2つの原因。歯医者で歯周病が治らない理由は全身の病気が関係しているから

スポンサーリンク




「歯が浮く感じがする〜」

「歯ぐきから出血する〜」

「口臭が気になる〜」

 

あなたもこんな症状はありませんか?

その原因、「歯周病」かもしれません。

 

関連記事→痛くないのに「奥歯が浮く感じがする」原因は?放っておくと後悔する理由とは。

 

 

大人の約8割がかかっていると言われている歯周病。

 

歯周病は虫歯と違って、穴が開いたり色が変わるなど「見た目」で判断がしにくい病気です。

 

しかも、長い時間をかけてゆっくり進んでいく病気なので『あれ?』と、痛みや違和感が出た時には、症状がかなり進んでいる事も多いんです(涙)

 

歯周病は細菌による感染症。

つまり理論上、細菌がいなくなれば歯周病にはなりませんよね。

 

しかし、口の中には数百種類の細菌たちが住み着いています。なんと耳かき一杯のプラーク(歯垢)には数億もの細菌がいて、しかも同じ量のウンチより細菌の数が多いと言われていると考えると…。

 

想像するだけでゾッとしませんか…?(汗)

 

でも、安心して下さい(^^)

 

わたし達の体には「免疫機能」があるので、ある程度細菌がいても病気になることはありませんから(^ ^)

 

しかし細菌の数が増えると、個人差がありますが、歯ぐきが腫れたり出血して歯周病になる確立はグッと上がります(汗)

 

細菌の数を0にすることはできませんが、食生活や歯磨きや歯医者でのクリーニングで細菌の数を減らすことは可能ですよね(^^)

 

 

歯を守るためにも、細菌の数を減らして歯周病のリスクを下げましょう\(^o^)/

 

スポンサーリンク

歯周病の2つの原因と歯周病菌を減らす方法

腫れた歯茎のイラスト(歯石あり)

 

歯周病の原因には

①口の中の細菌が原因で起こる歯周病


歯磨きが不十分で、歯にプラークや歯石が付いて細菌の毒素で炎症が起こります。

 

②全身的な要因で起こる歯周病


糖尿病など病気が原因の歯周病です。口の中だけの治療では改善が難しく、全身的な問題を改善する必要があります。

 

の2つが大きく考えられます。

 

詳しく1つずつ見ていきましょう(^^)

①歯磨きしても出血や腫れが起こるのは、歯磨き方法が悪いから

歯の磨き残しのイラスト

プラークが歯に付くと歯ぐきに炎症が起こります。

 

でも、プラークが付いても初期段階なら、炎症は歯ぐきに留まっているため歯磨きで症状は改善していきます。

 

しかし、そのまま炎症が続けば、歯ぐきの奥深くにプラークや歯石が溜まって、炎症は周りの骨や組織にまで広がってしまいます(汗)

 

炎症は体の防御反応。

防御反応のおかげで、細菌や細菌の出す毒素が体の奥に入るのを防いでくれています(^^)

 

しかし炎症は体を守る反面、自分の細胞も破壊して歯周ポケットを深くしてしまうデメリットも持っています(汗)

 

歯周ポケットを深くしないためにも、違和感があれば早めに歯医者で診てもらいましょう(^^)

 

②糖尿病やタバコも歯周病を悪化する原因に

歯磨きや治療も頑張ってるのに歯周病が進んでいる場合は、

  • タバコ
  • 貧血
  • 糖尿病

など全身的な問題が原因かもしれません。


歯磨きや歯石取りで回復する歯周病は細菌が原因ですが、全身的な問題の歯周病は、歯石取りや歯磨きだけでは解決せず、治療してもまた悪くなる可能性があります。

 

歯ぐきの治療はもちろん、食生活の改善や病気の治療も並行していかなくては、症状は改善しないんです…(><)

 

歯磨きで歯周病予防する方法

歯磨きをしている犬のキャラクターのイラスト

歯磨きは、自分で出来る歯周病治療です(^ ^)

 

歯磨きのポイントは、プラークが残りやすい

  • 歯の間
  • 歯と歯ぐきの間

に磨き残しがないこと。

 

 

でも、コレが案外難しいんです…(汗)

 

プラークが残ったままということは、言い換えれば、細菌が残ったまま。ということですよね。そのままでは歯ぐきに炎症が起こるのは当然!です。

 

 

歯磨きに自信がない人は、電動歯ブラシを使ったり、歯科衛生士に歯磨きのアドバイスをもらいましょう♪

 

関連記事→迷ったら電動歯ブラシはソニッケアーが絶対おすすめ!プロ達も使い続ける6つの理由!

 

歯周病予防には食生活の問題も大切

野菜のイラスト「カゴに盛られた野菜」

 

歯周病は「食生活の問題」も関係しています。

  • 脂っこいもの
  • 甘いもの
  • 柔らかいもの
  • 加工食品

ばかりの食事では、当然プラークが付きやすくなりますよね。

 

 

しかも加工食品は健康にも悪影響だし、体の免疫低下にもつながります。

そのままでは歯の周りの組織も生命力が低下して、歯周病になっても悪化しやすく治りにくくなってしまいます…。

 

もし、忙しくてなかなか食事の準備時間がとれない時は、加工食品に頼らなくても、有機・低農薬野菜の定期宅配らでぃっしゅクラブを使えば、手間を減らして健康的な食事が作れますよ(^ ^)

 

 

ネットで注文するだけで、新鮮な野菜・果物、お肉や魚、そしてお惣菜まで届けてくれるので、大幅に家事の時間が短縮できます\(^o^)/

 

買い物時間や献立を考える時間、調理時間が短縮できれば、空いた時間で子どもに絵本を読んであげたり、ゆっくりお風呂に入る時間が増えると思いませんか?

 

時間に余裕がある生活は、それだけで人生が今以上に豊かになります。

 

ママが「無理なく食事が作れる環境」を整えることが、結局、家族の為にもなる(^ ^)

 

まずはらでぃっしゅクラブから詳細を確認してみましょう(^^)

 

▼妊娠中や3歳未満の子供がいれば配送料無料▼

 

関連記事→子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!今日から簡単に出来る方法とは

 

まとめ

歯周病の原因には

①口の中の細菌が原因で起こる歯周病

②全身的な要因で起こる歯周病

の2つの原因が大きく考えられます。

 

 

歯周病の原因はプラークです。予防にはプラークを溜めないことが一番(^^)

 

病気を治すことはもちろん、他にも

  • 普段の食生活
  • 歯磨き方法

を見直すだけでも、プラーク(細菌)の量を減らすことができます(^ ^)

 

 

しかも歯周病は口臭の原因にもなります。口臭があれば、人と話すのも億劫になってしまいますよね(汗)

 

いつまでも健康な歯や歯ぐきを守るために、まずはできることから始めませんか?

 

 

▼歯磨きしても口臭が気になる人には、こちらが参考になります▼

合わせて読みたい→口臭を早く消したい時のおすすめグッズ!息が臭い4つの原因と改善方法のまとめ。

 

 

 

▼簡単に実践できる虫歯や歯周病予防にきく歯磨き方法は、こちらにまとめています▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 



口臭対策
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント