前歯が長くなった気がするのはなぜ?歯ぐきが下がる4つの原因と対策方法

口臭対策
スポンサーリンク




なんか最近、歯ぐきが下がった気がする…。

前歯が長くなった気がする…。

これ以上、歯が長くなったらどうしよう…。

という悩みに、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします!

あなたも、前より長くなった前歯が気になっていませんか?

そして、元に戻したいな…と思っていませんか?

 

結論から言えば、長くなった前歯を元に戻すことは難しいです。

でも今以上、前歯の歯ぐきを下げないよう予防することはできます!

 

ここでは、

  • 前歯が長くなる原因
  • 歯ぐきが下がるのを防ぐ方法

について紹介していきます。

 

原因にあった対処法を知っておかないと、あなたの歯ぐきはこの先も下がり続けてしまいます。

そんな悲しい口の中にならないよう、対策方法はぜひ知っておきましょう!

 

スポンサーリンク

前歯が長くなる4つの原因

歯が伸びたように感じる理由歯ぐきが下がってしまう原因は、歯ぐきや周りの骨に大きな刺激や力がかかっているからです。

 

その主な原因は

①歯磨きの力が強い

②歯周病

③歯を噛む癖

④加齢

の4つです。

 

歯磨きの力が強い

あなたも虫歯にならないよう、強い力で「ゴシゴシー」と歯磨きしていませんか?

歯や歯ぐきはとてもデリケート。

そのため強い力で歯磨きしていると、歯ぐきが下がる原因になってしまうんです。

 

とくに「歯並びがガタガタになっている場所」の歯磨きは、優しくおこないましょう!

ママ
ママ

え?なんで?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯並びが悪い場所は、下の図↓のように、歯が内側や外側にはみ出していますよね。

歯がはみ出すと、そのぶん歯ぐきも薄くなります。

そこに歯ブラシが強く当たると、歯ぐきが下がる原因になってしまうのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

歯ぐきを下げないためにも、歯磨きの力加減には十分注意しましょう。

とくに歯ブラシの毛先が1ヶ月以内でダメになるときは、力が強すぎる可能性があります。

 

ぜひ下の記事を参考にして、力加減を修正しましょう!

歯ブラシの毛先がすぐ広がる!1ヶ月でダメになる原因と3つの対策方法
なんでわたしの歯ブラシ、すぐに毛先が広がってダメになるんだろ… という悩みに、何百人もの歯磨き方法を改善してきた歯科衛生士が13年の経験からお答えします! 結論から言うと、歯ブラシがすぐダメになる原因は、磨くときの力加減が「強すぎる...

 

歯周病

歯ぐきが下がってしまう1番の原因は歯周病です!

歯周病になると、歯ぐきだけでなく歯ぐきの下にある「骨」も下がってしまいます。

しかも歯を支えている周りの骨が減ってしまえば、とうぜん歯は支えを失ってしまいますよね。

その結果、どんどん歯ぐきが下がってしまい、最悪の場合、歯が抜けてしまうのです。

歯科衛生士
歯科衛生士

いくら立派な家を建てても、ぬかるんだ土地では家が崩れてしまいますよね。

歯周病にもそれと同じです。

しかも歯周病は、初期の段階では自覚症状がありません。

そのため、自分で気づきにくい病気なんです。

歯科衛生士
歯科衛生士

だから症状が出たときにはすでに、「周りの骨がなくなっていた!」なんてこともよくあるんですよ。

 

歯周病を予防するためにも、ぜひ

  • 歯磨き方法
  • 食生活

の2つを見直してみましょう!

 

歯磨きが不十分だったり、ダラダラお菓子やジュースをつまんでいる生活では、口の中がいつも汚れてしまいます。

歯科衛生士
歯科衛生士

そんな状態では、歯ぐきが炎症を起こすのは当然ですよね(汗)

「でも、どうしても間食はやめられない〜!」という方は、下の記事を参考に「おやつの食べ方」を工夫してみましょう。

歯科衛生士流!簡単献立でおやつとご飯で子供を体と口の中を健康にする方法!
知っていますか? 実は、虫歯になりにくいおやつの選び方や食べ方があるんです! 子供達はお菓子が大好き!でもママとしては虫歯の問題も気になりますよね。 虫歯は、虫歯菌が食べ物の中の糖をエサにして「酸」をつくり...

 

なお詳しい歯磨き方法は、下の記事を参考にしてみましょう!

写真付きで丁寧に磨き方を解説しています♪

正しい歯磨きで歯周病と虫歯予防!磨き残しを減らすコツを写真で解説
歯磨きって、結構適当にやってるんだけど大丈夫かな…。 虫歯や歯周病が予防できる正しい歯磨き方法が知りたい…。 こんな疑問に、歯科衛生士13年の経験からお答えします。 歯磨きって気づけば自己流になってしまい、上手く磨けて...

 

 

歯を噛む癖

歯ぎしりで歯ぐきが下がる理由

無意識に「歯を噛む癖」があっても、歯ぐきが下がる原因になります。

 

「歯を噛む癖」があると、常に強い力が歯にかかり続けてしまいます。

その結果、歯を支えている骨が吸収されてしまい、歯ぐきが下がる原因になってしまうんですよ。

歯科衛生士
歯科衛生士

たかが歯が当たっているだけ…なんて思ってはいけません。

「歯を噛む癖」にはデメリットしかないんですから。

 

歯を噛む癖を続けていれば、歯ぐきが下がってしまうだけでなく、歯が割れたり歯周病が悪化するなど、歯の寿命が短くなってしまいます。

 

とは言っても、

ママ
ママ

でもわたし、歯なんて噛んでないわよ?

ときっとあなたも今、同じことを思いましたよね。

でもちょっと意識してみましょう。

 

あなたの歯は今、当たっていますか?
それとも離れていますか?

もし少しでも当たっていたあなたは、まさに歯を噛むことが癖になっています!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

このように、「歯を噛む癖」は無意識におこなっている人が多いため、自分で噛んでいることに気づけないんです。

あなたも、自覚がないだけできっと歯を噛んでいます。

ぜひ下の記事を参考にして、歯を噛む癖を直しましょう!

 

歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!
気付くと歯を噛んでいることが多い…。 寝ている間も噛んでいるのか、朝起きるとあごがダルイ…。 歯を噛む癖って、どうすれば直せるの? という疑問に、歯科衛生士歴13年の経験からお答えします。 結論から言えば、「歯を...

 

 

加齢

人によって程度は違いますが「加齢」によって、全体的に歯ぐきがやせることがあります。

実は歯ぐきは、10年間で「2mm」も下がるとも言われているんです!

ママ
ママ

でもたった2mmでしょ?

と思いますよね。

 

でもね。

口の中の2mmって、かなり大きい数字なんですよ。

たとえば、髪の毛が1本口に入っただけでも違和感がありますよね?

それだけ口の中は繊細な場所なんです。

 

さらに加齢とプラスして「歯周病」や「歯を噛む癖」が加われば、もう最悪です…。

あなたの歯ぐきは、ものすごいスピードで下がってしまいます。

 

程度の違いはあれ、加齢で歯ぐきが下がることは誰もが経験すること。

もちろん下がった歯ぐきを元に戻す方法として「歯ぐきがない場所に、他の部分から歯ぐきを引っ張る手術」もあります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、状況によっては周りからの血液供給が少なく、歯ぐきがうまくくっつかない場合も多いんです…。

だからこそ

  • 歯磨き方法を見直す
  • 歯周病予防をする
  • 歯を噛む癖を直す

ことで、早いうちからのケアすれば、歯ぐきが下がる速度を落とすことができる!ということは、ぜひ知っていてくださいね。

 

歯ぐきが下がっている場所は虫歯になりやすい

歯ぐきが下がった歯が虫歯になりやすい理由

歯ぐきが下がってしまうと、歯の根っこ部分が口の中に見えてきます。

 

しかも歯の根っこは、虫歯になりやすい場所。

歯科衛生士
歯科衛生士

なぜなら歯の根っこは、歯の表面より「ザラザラ」しているため、汚れがつきやすいからです(汗)

 

まとめると、歯ぐきが下がった歯は、他の歯に比べて

  • 根っこ部分がザラザラしているため、汚れがつきやすい
  • 歯ブラシが当たりにくいので汚れがたまりやすい
  • 虫歯になりやすい

というデメリットがあるんです。

しかも歯周病で歯ぐきが下がった場合は、歯磨きに問題がある場合がほとんど。

歯磨き方法を直さないと、歯周病がますます進んでしまい、虫歯にも苦しめられてしまいます(汗)

 

歯ブラシの当て方

繰り返しますが、歯ぐきが下がっている歯は、歯ブラシが当たりにくく汚れが残りやすい場所です。

だからといって、ゴシゴシ磨きでは、柔らかい歯の根っこが削れたり傷ついてしまいます。

 

歯を傷つけず汚れをとるためにも、下の写真のように、歯ブラシを歯と歯ぐきの間にまっすぐ当てて優しく磨くようにしましょう。

そのとき、歯や歯ぐきをこれ以上傷つけないためにも、歯ブラシは「やわらかめ」をつかって優しく磨きましょう。

 

 

なお、歯ブラシの毛先がチクチク当たっていたいときは、上の写真↑のように少し歯の方向に毛先を向けて磨くくらいが、負担がかからずちょうどいいかもしれません。

 

 

研磨剤なしの歯磨き粉で虫歯や歯周病予防をしよう

歯ぐきが下がって長くなった歯は、研磨剤入の歯磨き粉でゴシゴシ磨くと削れやすくなってしまいます。

そのため、歯磨き粉を選ぶときは、研磨剤が入ってない歯に優しいものを選びましょう。

 

とくにBRIAN(ブリアン)なら、研磨剤が入ってなく口の中の環境を整えて、虫歯や歯周トラブルを防いでくれる歯磨き粉です。

 

さらに細かい粒子が、歯の間や奥歯、歯ぐきの間の歯ブラシが届きにくい場所の汚れを取り除いてくれるんです。

歯科衛生士
歯科衛生士

歯ブラシだけで歯の間の虫歯予防ができれば、毎日続けやすいですよね!

 

ママ
ママ

たしかに面倒臭がり屋のわたしでも、「歯磨き粉」なら毎日つかえるわ♪

歯周病はそのままにしていても絶対に治りません!

だからこそ、無理なく続けられるケア方法でなければ意味がないのです。

 

▼研磨剤なしで歯に優しい歯磨き粉で、ケアを始めましょう!▼

ブリアンのデメリット

歯科衛生士
歯科衛生士

せっかくなので、わたしが感じたBRIAN(ブリアン)のデメリットも紹介しておきますね。

BRIAN(ブリアン)は珍しい「粉」の歯磨き粉です。

そのため、粉を小皿に出して歯ブラシにつける行程は、ペーストの歯磨き粉より正直手間です。

 

しかし、歯間ブラシやフロスを使うことを考えると、手間の時間は圧倒的に少ないと思います。

 

もう1つのデメリットは、歯磨き粉の中では値段が高いこと。

歯磨き粉なんて、安いと数百円で買えますよね?

なのに「なぜわざわざ高いものをつかう必要があるの?」と思いませんか?

歯科衛生士
歯科衛生士

でもね。

わたしは、物の値段や価値は考え方次第だと思っているんです。

わたし自身、患者さんを治療する中で「正しくケアしていれば、歯を残せたはずなのに…」と、何度も悔しい思いしてきました…。

 

「歯周病や虫歯になっても、治療すればいいんじゃないの?」とあなたも思うかもしれません。

 

でも、1度削った歯は2度と元には戻らないし、歯周病で痩せた歯ぐきが元に戻ることは難しいのです!

 

「今」あなたが虫歯や歯周病で歯ぐきが下がっているなら、「何か」を今までと変えないと、残念ながらこの先も状況は変わりません!

むしろ悪くなっていきます!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

とくに歯周病の治療は時間がかかるため、何度も歯医者に通うことになってしまいます。

だからこそ、家でもケアしておかないと、時間もお金も余計にかかってしまうのです。

 

▼詳細はこちらから確認できます▼

 

ママ
ママ

でも、実際つかってみないと効果なんて分からないし、もし買って失敗したら嫌だしな…。

と、あなたも不安になっているかもしれませんね。

 

でも安心してください。

なぜなら初めてブリアンを注文する方は、初回特別特価で買うことができるし、60日間の返金保証もついているからです!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

だから、安心して効果を試すことができるんですよ♪

お得に買えるのは公式ページからなので、ぜひ覗いてみてくださいね。

 

アマゾンや楽天でも販売されてない商品ですから、歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』から確認してみてください♪

 

▼お得に買える公式ページはこちらから確認できます▼

 

前歯が長くなる理由まとめ

歯ぐきが下がる主な原因は、

①歯磨きの力が強い

②歯周病

③歯を噛む癖

④加齢

の4つです。

歯ぐきが下がった場所は虫歯のリスクが高くなり、歯や歯ぐきも傷つきやすい部分です。

 

だからこそ

  • まっすぐ歯ブラシを当てる
  • 優しく磨く
  • 研磨剤なしのBRIAN(ブリアン)をつかう

の3つの方法で、これ以上歯ぐきが下がらないように注意する必要があるんですよ。

 

1度下がってしまった歯ぐきを戻すことは難しいです。

でも、今以上に歯ぐきを下げないよう予防することはできますから、あなたもできることから実践してみましょう!

 

▼研磨剤なしで歯に優しい歯磨き粉で、ケアを始めましょう!▼

▼より詳しい歯磨き粉のつかい方は、こちらが参考になります▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
毎日歯磨きしているのに、 歯ぐきがブヨブヨする 口臭が気になってきた 歯磨きすると歯ぐきから血が出る 歯磨きしていても虫歯が繰り返しできる と、気になっていませんか? これら虫歯や歯周...

 

 

 

 

 



口臭対策
スポンサーリンク
まみんをフォローする
歯歯ママ

コメント

タイトルとURLをコピーしました