健康な歯が指で揺らすと動く!動揺が起きる意外な原因と治療方法とは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

突然ですが…。

指で前歯を押して揺らしてみて下さい。
少し動きませんか??

実は健康な歯でも歯は動揺するんです\(^o^)/

健康な歯も動くことを知っていないと「あれ?もしかしてわたし歯周病?」なんてビックリしますよね 汗)

でも「歯周病が原因」での歯の動揺なのか、「健康な歯」の動揺かを判断する基準はあるのでしょうか?

歯周病になった歯はもちろん、健康な歯が動く理由についてご説明します(^^)歯の動揺の原因は知っていて「損」はありませんから、ぜひじっくり読んでみて下さい(^^)

スポンサーリンク



健康な歯と歯周病になった歯が動揺する理由

健康な状態でも歯が動揺する理由は、歯と骨の間に歯根膜という膜があるから

歯根膜には、外からの衝撃を吸収して歯を守ってくれる「クッション材」の役割があります。

(もし「ピタッ」と歯と骨がくっついていたら、衝撃がダイレクトに歯に伝わってしまいますよね)

つまり「歯根膜の幅」の分だけ、健康な歯も微妙に動揺する!ということ。異常なことではないので安心して下さいね(^ ^)

ちなみに奥歯より前歯の方が歯の動揺が大きいです

歯周病で歯の動揺が大きくなる原因

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(女性)

歯周病は「細菌の感染症」で、歯を支えている周りの骨を溶かしていく病気です。

もし歯周病で歯を支えている周りの骨が溶けたら、歯はどうなるのでしょうか?

まだ歯周病が軽い状態なら、歯の状態は変わりないかもしれません。
しかし重度の歯周病になれば、支えている骨の吸収が進んで歯の動揺が大きくなるのは明らかです(汗)

例えば家の土台(骨)が弱ってしまえば家(歯)は支えを失い、グラグラで不安定な状態になりますよね?(><)

それは歯も同じ。

また歯ぐきにも歯を支える役割があるので、もし歯ぐきに炎症があれば、炎症がない歯に比べて歯の動揺は大きくなります(汗)

歯周病が原因の歯のグラグラ!治療方法と家でできる改善方法

レントゲン写真を見せるお医者さんのイラスト

歯周病がひどくなるほど、歯の動揺も大きくなります。

歯周病が原因で歯が動く場合は、レントゲンを撮って確認してもらうことはもちろん、歯ぐきの状態も検査して出血の有無を確認してもらいましょう。

歯医者での歯周病の治療と合わせて、家でもこれならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法を参考に丁寧な歯磨きを繰り返していけば、歯の動揺は小さくなる可能性は十分あります(^ ^)

歯が動揺してもケア次第で今より必ず良くなります!諦めないで!

噛みしめなど噛む力で歯が動揺した時の改善方法

実は歯周病以外にも

など歯に大きな力がかかった場合も、動揺が大きくなることがあります。

歯は一方から強い力がかかると、力から逃げようとして歯と骨の間の隙間を広げてしまう性質があるんです。

そう。「噛みしめ」など歯に大きな力がかかり続けると、歯と骨の隙間は広がり続けて歯の動揺はさらに大きくなります!

この状態、どう考えたって「異常」ですよね(汗)

対策方法は、

  • 噛みしめを直す
  • 強く歯が当たる部分は「噛み合わせの調整」をして歯にかかる力を弱くする

こと(^ ^)

1番最悪なのは、「歯周病」と「力の問題」のダブルパンチが起きた時!

負の相乗効果で動揺は加速し、歯を失う可能性が「グッ」と高くなってしまいます…(汗)

その他の歯が動揺の原因

「チェック」のマーク

動揺の原因は他にも

でも動揺が起こってしまいます。

早く原因を突き止めて対処しなくては、最悪の場合、歯を失うことだってあるんです…。

歯医者での歯の動揺の確認の方法

歯医者のイラスト「治療中」

歯医者で歯の動揺を確認する方法は、

  • ピンセットで歯を挟んで、動揺の大きさを確かめる
  • 前歯に指を当てて歯の当たる強さを確かめる

2つの方法があります。

注意すべきはブリッジなどの固定装置が入っていることで、歯の動揺が分からない場合があること(汗)

動揺の原因となる骨の吸収や歯ぐきのチェックは、

  • レントゲン撮影
  • 歯ぐきの検査
  • 出血の確認

で調べていきます。

まずは炎症の原因を取り除くことを考えていきましょう(^ ^)

まとめ

健康な歯も微妙に動揺しますが、病的に動揺する歯は、原因によって治療方法が変わります。
それを見極めて「原因に応じた対処」をすることがとても大切なんですね(^^)/

  • 歯周病
  • 噛みしめ
  • 外傷

などの病的な動揺の場合は、そのまま放っておいても絶対に良くなりません(汗)

しかし1秒でできる噛みしめ癖の治し方!を参考に噛みしめを直したり、歯周病治療と丁寧な歯磨きを繰り返していけば、歯の動揺が小さくなる可能性は十分あります!

動揺の発見につながるかみ合わせの状態や歯周病をチェックするためにも、半年に1度は口コミ歯科・歯医者で信頼できる歯医者で定期検診を受けましょう♪

歯を動揺させない!虫歯や歯周病予防にきく歯磨き方法

歯の動揺を大きくしないためには、日頃から歯や歯ぐきを健康に保つことが何より大切です(^^)

「歯の間」の汚れはしっかり取り切れていますか?

歯科衛生士オススメの虫歯や歯周病予防の歯磨き方法をご紹介します。簡単な方法なので、ぜひ参考にして下さい\(^o^)/

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする