口臭ケアは自分でできる。口がクサイしネバネバすると感じたら4つの方法を試してみて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

自分の口臭って気になりますよね…。

しかも「口臭」の問題は、人には相談しにくいもの(汗)

口臭を気にして、「クサイと思われてたらどうしよう…」と口に手を当てて話したり、自然と家族や友達とも距離をとって、息がかからないようにいつも気を使っていませんか?

口臭があるだけで、ストレスが溜まりますよね。

でも、あなたの本当の口臭の原因を突き止めないと、問題は解決しません!

例えば口の中が乾燥して口臭の原因になっているのに、アルコール成分が強いうがい薬でうがいをしていては、逆に口の中の粘膜を傷つけてますます口の中が乾燥してしまうなど逆効果になっている場合もあるんです。

だからこそ、自分の口臭の種類をしっかり見極めた上で対処をしていかないと、いつまで経ってもあなたの悩みは解決しません。

口臭は大きく分けて

  • 虫歯
  • 歯周病
  • ストレスなどによる自律神経系の不調
  • 食べ物
  • 口の中の乾燥

が原因に考えられますが、中でも唾液の量が減ることは口臭の大きな原因になります

そう。口臭と唾液の量には深~い関係があります(><)しかも唾液の量が減れば、虫歯や歯周病の原因にもなり、まさに悪・循・環…(汗)

唾液の量を増やす方法口臭の改善方法について歯科衛生士がまとめたので、口臭で悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい(^^)/

ただし、明らかに虫歯や歯周病が原因の方はまずはこれならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法を先に読んで下さい。

スポンサーリンク



唾液の量が減る9つの原因!薬の副作用も関係する

口臭の原因になる唾液の量。唾液の量が減る原因には

が考えられています。

さらに他にも

  • 花粉症の薬
  • 血圧を下げる降圧剤
  • 睡眠薬

など薬の副作用で、唾液の量が減ることもあります。

でも、自己判断で勝手に薬をやめることはできませんから、口の中の乾燥が気になったら、必ず担当医と薬の種類を変えられないか相談してみましょう。

口呼吸は唾液の量が減って口の中が乾燥する。鼻が詰まると口呼吸になりやすい

口呼吸になると口の中が乾燥して、口の中の細菌が増殖し口臭の原因になります。

予防方法は、まずは【口呼吸の治し方】子供でも出来る6つ改善策を今すぐ試してみよう!を参考に口呼吸を直すこと(^^)

また、風邪や花粉症で鼻がつまっている期間が長いと口呼吸が癖になり、口の中が乾きやすく細菌の繁殖が活発になり、ますます口臭が強くなってしまうのです(泣)

さらに鼻水がたまると、細菌も繁殖しやすくなるから困ったもの…(号泣)

まずは、体調を整えることが一番ですが、

ことで口臭のリスクを下げていきましょう(^^)

ドライマウスで口や息が臭くなる

唾液の分泌が減る「ドライマウス」。

実はドライマウスになると

  • 口臭が強くなる

  • 虫歯になりやすい
    (唾液による再石灰化効果がなくなります)

  • 歯周病になりやすい
    (ドライマウスで、歯周病細菌が活発になります)

  • 舌が乾燥して痛くなることがある
    (細菌が多い口の中は唾液で細菌の活動を抑えています。でもドライマウスで、唾液の量が減って細菌が活発になれば、カンジダ菌が増える原因になってしまいます)

  • 飲み込みにくい
    (唾液が少ないと、スムーズに飲み込めなくなります)

の症状が出てくる可能性があります。

こうして見るだけでも「唾液」はわたし達の体や口にとって、とても大切な働きをしてくれていることが身に沁みますよね…(ありがたや~)

口臭対策!唾液の量を増やすために出来る4つの方法

唾液の量が減ると口臭の原因になることが分かりました。でも、唾液を増やすには具体的にどうすればいいのでしょうか?

対策方法は4つ(^^)

  1. 唾液腺のマッサージ
  2. よく噛んで食べる(特に繊維が多い野菜など)
  3. ガムをよく噛む
  4. あいうべ体操で口や舌を動かす 

の4つを試すことで、唾液の出る量を増やすことができるんです♪

たまに口臭を気にして、あまり喋らなかったり食事を控えてしまうなどの間違った対策をしてしまう方がいらっしゃるのですが…ダメです。

逆に唾液が減って、口臭が強くなる可能性がありますから(><)

具体的な方法を見ていきましょう。

唾液腺マッサージの方法

唾液を出す効果のある「唾液腺マッサージ」。

やり方は簡単です♪

まず、4本の指を頬っぺたに当てて上の奥歯辺りを10回ほどグルグル回してマッサージします。

上の奥歯辺りには唾液腺があり、刺激することで唾液の分泌が多くなります(^^)/

image

次は、両手の2本の親指で「グッー」とあごの下を押します。あごの下(舌の下)にも唾液腺があるので、刺激することで唾液が出やすくなりますよ(^^)/

唾液は口の中を正常に保つ大切な役割をしてくれています。
唾液の量が少ないと細菌が繁殖して虫歯や歯周病や口臭の原因になるだけでなく、唾液中の細菌の濃度が濃くなって、ネバネバした唾液になってしまいます(泣)

唾液の量が減ることは百害あって一利なし!

トローチで口臭を予防する方法もあります

お菓子のような美味しさで、舐めるだけで口臭予防ができるトローチもあります。

10日間全額返金解約保証もついているので、迷っている方も安心して試せますよ\(^o^)/

\詳しくはこちらから確認できます/

口臭予防のまとめ

唾液の量が減ると口臭の原因になります。

しかも、歯周病になりやすく舌苔も付きやすいので、ますます口臭が強くなる原因になります(汗)

口臭予防には口の中を清潔に保つことはもちろん、

  • 唾液腺のマッサージ
  • よく噛んで食べる(特に繊維が多い野菜などを)
  • ガムをよく噛む
  • あいうべ体操で口や舌を動かす 

で、唾液を出す生活を心がけることが大切なんですね(^^)/

口臭の悩みは口臭外来へ→《口臭》誰にも言えずに悩んでいませんか?バイオクリニックにご相談ください

▼歯磨きしても口臭が気になる人には、こちらが参考になります▼

合わせて読みたい→口臭を早く消したい時のおすすめグッズ!息が臭い4つの原因と改善方法のまとめ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする